viva cinema

ゴダールの喜劇「女は女である」の反復

BeauMale
2011.11.28

この映画は「勝手にしやがれ (1959)」、「小さな兵隊 (1960)」、に次ぐ長編三作目で多分初めてのカラー作品だったと思う.アンナ・カリーナの「小さな兵隊」に次ぐ二作目の作品である.冒頭に COMÉDIE、FRANÇAISE、MUSICAL、THÉÂTRAL、SENTIMENTAL、OPÉRA、LUBITSCH といった言葉が並び、この喜劇は、アンナ・カリーナ、ジャン・ポール・ベルモンド、ジャン・クロード・ブリアリの女一人に男二人のルビッチ「生活の設計」と同じ組み合わせであるなという事に気付いたが、それ以上のことは解らない.

YouTube - Une Femme est une Femme | Title Sequence | 1961 | Jean-Luc Godard

この映画は封切り時に観ていたが、今、DVD で観てみてこれは 2007 年に放映されたものを録画したものであるが、放送に使っている素材自体がよくなくて色彩が非道く色が沈んでいる.この映画の題名「UNE FEMME EST UNE FEMME」は英語なら「A WOMAN IS A WOMAN」で語の繰り返しである.そう思ってみてみるとこの喜劇は反復の喜劇であるように見えた.


幾つかの街中のショットの連続に続いて出だしは本屋の店先でアンナ・カリーナが立ち読みしているショットで、これは後で気付くのだが、妊娠出産に関する本のようである.アンナ・カリーナはジャン・クロード・ブリアリを愛して彼と同棲しているが、子供を欲しがっている.

Hosted by Picasa

この本屋の店員であるジャン・クロード・ブリアリはアンナ・カリーナを愛しているが子供は欲しくない.

Hosted by Picasa

ジャン・ポール・ベルモンドはジャン・クロード・ブリアリの友達であるがアンナ・カリーナを愛していてしょっちゅう彼女に言い寄っている.

Hosted by Picasa

アンナ・カリーナはこのストリップ小屋といえばよいのか両側に飲み物の出る座席が並んで中央で踊って歌い脱ぐ仕事をしている.

Hosted by Picasa

彼女はこんなポーズを歌いながら見せてくれるが、映画で裸は見せない.一番上を脱ぎ捨てて、その後白い布をぐるぐる振り回すところまで映され、観客の表情から脱いだと解るのだが中には双眼鏡で眺めるお客もいるのであるがその先は見せない.

Hosted by Picasa

彼女の合図で顔に色の付いた照明が当てられ、これだとか、

Hosted by Picasa

これと云った美しい色彩に照らされて彼女は歌う.彼女の赤い服といいこれらの色彩は後の「気狂いピエロ (1965)」や「彼女について私が知っている二、三の事柄 (1966)」に繋がっていると思う.アンナ・カリーナは何よりも赤い服なのである.

Hosted by Picasa

何となく観ていると彼女は歌っているだけでストリップ孃ではないと思ってしまうが、楽屋に戻るときのタオルにくるまった姿やこの素早くさっと挿入される彼女の次の出番の女性が裸で歩む姿で確かに脱いでいたと云うことが解る細かい演出をしている.

Hosted by Picasa

この映画パリの街の中を俯瞰で撮る画面が割と多いのであるがこれもその一つ、凱旋門の前を歩むベルモンドと、アンナ・カリーナの姿が小さく見える.ストリップが終わる彼女を待っていたベルモンドである.

Hosted by Picasa

これが最初の反復である.ベルモンドは「勝手にしやがれ」同様何をやっているのか解らないぶらぶら男であるが、車に駐車違反か何かの張り紙の仕事をしていると、男が近づいて来てホテルの宿代を払えと云ってくる.ゴダールらしくベルモンドは払ったかどうか日記に書いてあるとその箇所を読み上げ、ホテル代を踏み倒すと読み上げ、君の言う通りだったとは言うが、では払えという言葉に嫌だよと応えて通りを渡り出す.男も別の方向に通りを渡りだして、お互いに青手の悪口を言いながら渡るのだがその反復が交互にキャメラが切り替えられて映される.男が「ちんぴら」といえば、

Hosted by Picasa

ベルモンドは「しみったれ」、男は「ろくでなし」、ベルモンド「まぬけ」、男「バカ野郎」、ベルモンド「けちん坊」、男「ファシスト」、ベルモンド「うるさい」と二人が道路を渡りきるまで繰り返される.

Hosted by Picasa

ベルモンドは何故待っていてくれなかったのだと、アンナ・カリーナに追いつくと暫くして彼女は走り出した.彼女はいきなり走り出し服装が変わって赤い傘を手にミュージカルに出たいといって、シド・チャリシーと一緒に、ジーンケリーと一緒に振り付けはボブ・フォッシーとタップを踏む.

Hosted by Picasa

その画面はそれだけでまた二人は歩みを続けて、今度は彼女が私のマネが出来るかと要求すると次のようにミュージカルの踊りのポーズをアンナ・カリーナとベルモンドが左右対称にとって、それ自体が反復であると同時にさっきのミュージカル画面の反復なのである.

Hosted by Picasa

YouTube - ANNA KARINA - LIKE CYD CHARISSE AND GENE KELLY (UNE FEMME EST UNE FEMME de Jean-Luc

これはアンナ・カリーナとクロード・ブリアリの同棲するアパートメントの下から見上げた図である.俯瞰に対する反復とまでは言わないが、アンナ・カリーナの赤い服が見えて友達がしたから呼んで今は一寸駄目なので後でというところであるが、この画面が後に反復される.

Hosted by Picasa

アパートに戻ったアンナ・カリーナは隣の娼婦に貰ったローストビーフをオーブンに入れて火を点ける.隣の娼婦の所には電話があって電話はそこで呼び出しなので度々訪れる.この 1960 年代というのは日本でもそうであったが何処の家にも電話があるというわけではなく、持っていなければ、隣が電話があれば呼び出し電話を頼んでおいて、人にはその番号を教えておいて、電話が来たら呼び出して貰うのである.この娼婦は非道く繁盛していて、電話や、ローストビーフのお礼に言って扉が開くとその度に男が出てくるか入っていくかなのである.

彼女が手にしているのは避妊のために排卵期を知らせる道具で貰ったばかりのこれを概説書片手にセットしている.彼女は避妊のためではなく妊娠のために排卵期を調べているのである.そしてその日が今日であると解る.

Hosted by Picasa

よし張り切るぞと思っているところにブリアリが戻ってきたがサッカーのラジオを聞いておいてくれという依頼を彼女は忘れていた.そこで喧嘩になるが、彼女は先ずは挨拶からだと言って、観客の我々に向かって挨拶する.

Hosted by Picasa

喧嘩と言ってもどういうことない.その中食事にしようと思うが、彼女はローストビーフを焦がしてしまった.これは反復と言ってよいかどうか、二項対立を持ち出してくる.彼女「お魚とお肉とどっちが良い?」、彼「魚」、彼女「お肉だとして、子牛と普通の牛とどっちが良い?」、彼「子牛」、彼女「普通の牛だとしてビフテキとローストビーフのどっちが良い?」.彼「ビフテキ」、彼女「ローストビーフだとしてレアーとウェルダンのどっちが良い?」、彼「レアー」.彼女はあなたはついていないとと言って黒焦げのローストビーフを皿に盛ってくるが彼は手を出さない.半熟でも作ろうかというが]卵も落として割ってしまう.

結局昼ご飯抜きで彼女は子供が欲しいと言い出す.彼は結婚して子供を作るかというと彼女は喜ぶが、喜ぶのは早い、子どもでも出来れば結婚でもするがと論理をひっくり返す.どうしても子供が欲しいと彼女は言い張り、彼の大声が気にくわないという、その中彼は彼女の R の発音が非道いという.確かに最初のストリップ小屋での彼女の唄を聴くと彼女の R の発音は舌足らずである.彼女のデンマーク語訛りのフランス語がコケティッシュに聞こえて、例えばルノワールの「ゲームの規則」の侯爵夫人のドイツ語訛りのフランス語、「勝手にしやがれ」のジーン・セバーグのアメリカ英語訛りのフランス語、トリュフォーの「突然炎の如く」のオスカー・ウェルなーのドイツ語訛りのフランス語、同じくトリュフォーの「恋のエチュード」の二人のイギリス娘の英語緒訛りのフランス語と同じに映画に魅力を添えるもので監督はそれを知っている.小津安二郎の笠智衆の話し方も同じ事ではと思うがどうであろう.

彼女は私は R の発音は得意だと言って「エール」と R を発音してみせると、

Hosted by Picasa

彼の方がそんなの駄目だと言って「ルルルルルルルルルルル.......ル」とやってみせる.お互いにそれを何度も反復する.

Hosted by Picasa

子供が欲しい、駄目だの言い合いの末、彼女は出て行くというと、彼は彼女の声と仕草を真似て彼女の言うことを反復するので喧嘩にはならない.

Hosted by Picasa

下にベルモンドが来ているので彼は彼女にベルモンドに子供を作って貰えといって彼を呼んでしまう.ベルモンドが現れるのを待つ二人である.

Hosted by Picasa

彼女がベルモンドを入れてやるが何の用だと訊くベルモンドに応えられない.クロード・ブリアリが用があるのだという.

Hosted by Picasa

クロード・ブリアリはアンナ・カリーナが用があるのだと、お互いに自分からは言い出せないが根負けしてブリアリは彼女に子供を作ってやってくれと言い出す.ベルモンドはにんまりしたいところだが素知らぬ顔で良いのかと訊いて二人はバスルームに閉じこもってしまう.気が気ではないブリアリは扉の前で本を読む振りをして座っているが、中からは変な叫び声や笑い声が聞こえて堪らず外に行くぞといって出て行こうとすると、ベルモンドも飛び出してきて俺も一緒に行くと出て来てしまう.

Hosted by Picasa

男二人が出て行ってしまって彼女は枕を腹に入れてまるまるした腹を鏡で見る.

Hosted by Picasa

その晩二人はベッドに入りお互いに背を向けて明かりを消すがアンナ・カリーナは直ぐ明かりを点けて、大きいスタンドを持って本棚から本を物色してきてベッドに戻ると本の表紙の「怪物」という言葉を彼に示す.、今度は彼が動作を反復する.表紙の「女はうせろ」という言葉を彼女に示す.更に二人は同じ事を反復しては本の表紙を見せ合って相手を非難する.これ自体も反復であるがこのことは最後にもう一度反復されるであろう.

Hosted by Picasa
Hosted by Picasa

YouTube - Woman is a Woman (Book Scene)

明くる朝先に仕事に出たブリアリから電話があって二人は罵り合う.キャメラは素早く切り返して双方を交互に映す.その後今度はベルモンドからの電話である.彼女はちょうど目玉焼きを焼いているところであった.電話に出る前にフライパンを持ったまま出て行く前にフライパンの卵を空中に飛ばす.電話に出て一寸待ってくれと部屋に戻って空中から落ちてくる卵をフライパンで受け取り皿に移して電話に戻るという随分古典的なギャグを入れる.

Hosted by Picasa

ベルモンドが電話しているバーのカウンターでずっと後ろ向きだった女性が電話の終わりにこちらを向くと彼女はジャンヌ・モローであった.ベルモンドは彼女にポールとジムはと訊くと会っているわと返事をしてきた.ポールとジムはトリュフォーの「突然炎の如く」の二人の主人公の男性である.この映画のの原題は「ポールとジム」である.この映画も仲の良いポールとジムに一人の女性ジャンヌ・モローが加わった、男二人に女一人の映画でジャンヌ・モローは二人の中一人を伴って無理心中してしまうのである.それを知っている人はこの喜劇でまさかとは思うがアンナ・カリーナはどちらかと死んじゃうのかと思わずにはいられない.

Hosted by Picasa

電話で約束したその同じバーでアンナ・カリーナとベルモンドは会って話をする.彼はどうやったら君は僕が君を愛していることを信じてくれるか、壁に頭をぶつければ信じてくれるかと、バーから出て道の向かいのビルの壁に頭をぶつけてくる.ジャンヌ・モロー効果はこれなのかなと思う.彼女はもう時間で行くと云うが彼は僅かしか金がない.彼女もスカンピーだという.ここでベルモンドは面白いことをする.

バーテンに向かって、これから質問するが、君が Oui(はい)と応えれば僕が君に一万フラン貸そう、もし Non(いいえ)なら一万フラン貸してくれと持ちかけたら、バーテンは承諾する.彼の質問「僕に一万フラン貸してくれますか?」、バーテンの応え「Non」でまんまと無銭飲食出来た.

Hosted by Picasa

彼女はアパートメントに戻るが窓の日除けが下がったらまた戻ってくるという.彼は下から日除けを注視しながら煙草を吸って待つがここでまた反復のギャグが挿入される.ひっきりなしに人がやってきて彼の火のついた煙草から火を借りに来る.彼は吸う間もなく一本終わらせてしまう.このひっきりなしの火を借りる人のギャグはマルクス兄弟の船の船室にひっきりなしに人がやってきて足の踏み場もなくなるギャグを思い出させる.

Hosted by Picasa

一方日除けはどうなったかというとこちらもひっきりなしに伸びて下がったりまた戻されたりで訳が分からない.

Hosted by Picasa

その日ブリアリはアンナ・カリーナと街に出て道行く男性に誰彼なく彼女を妊娠させてくれないか頼むものだから彼女はどこかに行ってしまう.いきなり妊娠させてくれと云われて男達は何と応えるか、今は忙しいと応えるのである.

彼女が見つからなくてやけになった彼はこういう所に行くのである.

Hosted by Picasa

部屋に上がると頻りに出来心からだと言い訳している.

Hosted by Picasa

アンナ・カリーナの方はとある部屋のドアーを十字を切った後思い切ってノックするのである.

Hosted by Picasa

翌朝になってどこだか解る.ベルモンドの部屋であった.彼女もブリアリと同じ事を反復していたのである.

Hosted by Picasa

その晩戻ったアンナ・カリーナはベッドインするが彼女はベルモンドとのことを告白するがブリアリは信じないという.ベッドインするがまた本探しが反復される.

Hosted by Picasa

本探しは前回同様である.彼女が先に立ってスタンドを担いでいくと、後からブリアリが追いついてスタンドを受け取りまた別の本棚に行く.

Hosted by Picasa

本を集めるが今度は本による悪口の言い合いはやらず、彼女は許しを請うが彼は妊娠が心配だという.彼女は良いことを思いついたという.二人で子供を作れば子供は二人の子であなたはお父さんだ.そこで明かりが消され事は成就したのであろう、もう一度点けられた明かりの下で彼は彼女に君は infâme だという.つまりこの語は語は腐敗堕落しているという意味である.彼女はこれを un femme と受け取った.nfâme と un femme はどちらも「アンファム」と発音する.フランス語の名詞は男性女性があって、不定冠詞は男性名詞なら un を附けて、女性名詞だったら une を附ける.だから彼女は un femme と言われれば、そうじゃない une femme と応えるのである.字幕ではこれが解らない.「君は堕落した女だ」に対して「私は普通の女だ」と応えている.本来なら「君は infâme だ」に対して「私は un femme ではなくて une femme」なのである.いずれにせよ、コシ・ファン・トゥッテ(女は皆こうしたもの)である.

Hosted by Picasa

繰り返し反復は喜劇の重要な要素であって、この映画は反復に充ち満ちている.併しそれでこの映画の魅力が全て語れるわけではない.

参考:Panorama // Une Femme est une femme (1961)

top