viva cinema

ボリス・バルネット「青い青い海」の真珠の首飾りから零れる真珠

BeauMale
2012.2.26

これは他に書いたのだがいつもと反対にそちらからの転載である.

昨日人と Skype で映画の話のメッセージ交換をしていて、ボリス・バルネット の「青い青い海 (1935)」のヴィデオが YouTube に載っているのを発見した.初めてこの映像を観たときは目から熱いものがこみ上げて来る体験であったが、まさにその真珠の首飾りが切れて真珠がはらはらと床に落ちる画面、それが載っていたのである.その画面だけ載っているというのは、世界には同じように涙に暮れて載せた人がいたのだと感動せずにはいられない.それは YouTube - U samogo sinego morja — Pearls である.その映画を観てから何年も経ってゴダールが「映画史 (1998)」にこの真珠の画面を引用しているのを観るという感動を味わった.何故これがそれ程良いのか解らない人は映画には縁がないと諦めて貰うしかない.良いものは良いのだと云うしかない.

これを書いて数ヶ月経って、ゴダールの「新ドイツ零年」を DVD で観た.すると何ということかボリス・バルネットの真珠の首飾りが切れて真珠がはらはらと床に落ちる画面はこの映画で引用されていた.そしてそれを劇場で観た時の感動も思い出した.「映画史」で観た時の記憶は定かではないことを考えると、「映画史」には無かったのだろうか.しかし無かったとも言えない.もう一つ、「新ドイツ零年」の DVD にはゴルバチョフが映っていない.ゴルバチョフの映っていたことはほぼ確実に記憶にある.もしゴルバチョフが引っ込めろと抗議したのであったら愚かな話である.チャーチルが議員生活何十周年かのお祝いに彼自身の肖像画をイギリス一の画家としてフランシス・ベーコンの描いたものを同僚議員から送られたが受け取りを拒否した.それと全く同じに愚かなことである.

U SAMOVO SINEVO MORYA Hosted by Picasa

U SAMOVO SINEVO MORYA Hosted by Picasa

この海はカスピ海でその海の映像も YouTubu にあった.YouTube - Nicole Brenez on By the Bluest of Seas である.いうまでもなくこの海の表情も素晴らしい.

昼間ボリス・バルネットの零れる真珠の映像に再会して、夜はジガ・ヴェルトフ「カメラを持った男(1929)」を観た.ゴダール が商業映画を止めてジガ・ヴェルトフ集団を作ったが、この時代の作品は残念ながら一本も観ていない.併し、「カメラを持った男」を見たら如何に強く影響を受けているかが解る.下のように脈略無くキャメラを抱えた男が各地で撮った写真の集大成で何とも素晴らしい.この映画は、全編が YoouTube に載っている.YouTube - The Man with a Camera.昨日は映画の女神が微笑んでくれた一日である.

THE MAN WITH A MOVIE CAMERAt Hosted by Picasa

THE MAN WITH A MOVIE CAMERAt Hosted by Picasa

THE MAN WITH A MOVIE CAMERAt Hosted by Picasa

THE MAN WITH A MOVIE CAMERAt Hosted by Picasa

top