viva cinema

アスガー・ファルハディ「別離」を観に行った

BeauMale
2012.5.26

この映画の監督アスガー・ファルハディという名は初めて聞くし何の予備知識も無しに最終日の金曜に最後の回に駆けつけた.駆けつけたと云っても大して期待していたわけではない.予告編も見ていない.イランの監督はアッバス・キアロスタミ以外には何人かの作品を見ているが大体小品でキアロスタミに匹敵するような作品は見たことがない.この作品もそんなものなのだろうかと思っていたが観て吃驚した.これは凄い、こんな監督がいたのだと自らの無知を思い知らされた.劇場で初めて見る監督の作品に驚かされるのは何年ぶりであろうか?後でこの監督の作品はどんなものがあるのか調べたらこの作品が五作目であるがもう巨匠の風格である.この映画の DVD は未だ出ていないだろうなと探したら二本目の作品「彼女が消えた浜辺(2009)」というのがあったので即刻安くはなかったが購入した.

Bunkamuraル・シネマ「別離」予告編 - YouTube - Bunkamuraル・シネマ「別離」予告編


これが冒頭のシーンである.二人の男女が横に並んでこちらに向いて議論している.その画面がずっと映されここでこの監督はただ者ではないと解る.言い争っているのは妻、シミン(レイラ・ハタミ)と夫、ナデル(ペイマン・モアディ)である.こちらから二人の議論の舵取りをしている人物がいてその声だけが聞こえるのであるがその声の主が裁判官でここは家庭裁判所のような場所である.シミンの主張は夫婦で娘の教育のため外国で暮らすのにその許可証を方々に手を回してやっと手に入れ有効期限が後四十日しかない.そんなときになって夫は外国に行かないと言い出す.だから離婚だという.夫はアルツハイマーの父を残して行けないだろう、離婚したいならそれでも良いという.妻は娘に立派な教育を受けさせたいので娘を連れて行くという.裁判官はイランでは立派な教育が受けられないとでも云うのかと遮るが、きっとそれで咎められるかと思ったらイランはそんな野蛮な国ではない.裁判官のそんな言葉は無視である.夫は娘は私に頼り切っているのだから行かせるわけには行かないと主張.この話の堂々巡りで進展しないので、それだったら自分たちで話し合って決めろと二人を追い返す.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

結局、妻シミンは出ていく.出て行くといっても外国にではなく実家に戻るのである.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

これが二人の娘、テルメー(サリナ・ファルハディ、 監督の実の娘である)は出て行く母のを黙って見送る.その佇まいも良い.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

夫、ナデルも同様である.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

出て行く前に妻シミンは姉の紹介の家政婦のラジエー(サレー・バヤト)を頼んでおく.夫は仕事だし、娘は学校がある.その間アルツハイマーの父を観ている人間が必要なのである.彼女の家は遠く娘を連れて早朝出てくるので最初朝七時に来てくれと頼むがそれは無理で朝八時と云うことになる.家は二人が出掛けた後隠してある鍵で入るのである.彼女は時間のことも料金のこともしっかりと自分で決められる.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

娘はとても可愛い.このシーンで観客は家政婦のラジエーが妊娠していることを知る.娘のアップから、

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

ロングに切り変わる.後で重要になる家政婦のラジエーの妊娠はこの家の娘テルメーの家庭教師かと思っていたら学校の先生で、その先生とラジエーとの会話でも解るのであるが、こうしたこと憶えておかないと後で観客が裁判の証人であるかの錯覚に陥って記憶力のなさを嘆くことになる.その意味でもこの映画の脚本は良くできているし観客の記憶力が試される.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

アルツハイマーの父は酸素ボンベから酸素を吸入しているが、

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

家政婦のラジエーの娘が勝手に螺子を回して酸素が水を通るぼこぼこした音を面白がっている.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

酸素の急な吸入量の変化に父は驚いて眼を覚ますと娘はこともなげに「こんにちは」というがそのの屈託のなさが実に可愛い.アルツハイマーの父の看護は大変である.父がお漏らしをしてしまって家政婦のラジエーはどうしたものかと妻のシミンに電話すると身体を洗ってやって着替えさせてくれと云われる.彼女はまた別の所に電話してそういうことをして罪にならないかどうかを訊く.それで許可が出たのであろう、妻の云うようにする.夫のナデルはどういうことなのかよく解らなかったが外で彼女の夫にヘルパーに来てくれるよう依頼していた.身体を洗った翌日はその夫が来るはずがラジエーが来たのでどうしたのか訊くと彼女の夫は急用で来られなくなったという.また、彼女は昨日の身体を洗ったことを告げてああいうことは手に余るから止めたいと言い出す.だったら明日からは夫に来て貰うと云うが夫は来られるかどうか解らないが、そう頼んでくれという.私が来ていることは夫には内緒にしてくれと云う.そしてまたの日今度は老人は一人で外に出てしまった.ラジエーは往来に捜しに行くと老人は車の通りの激しい道を渡ろうとしていた.彼女はは四六時中老人を見張っているわけではなく掃除や塵出しなどもやっているのである.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

その翌日夫ナデルと娘テルメーが帰って来ると鍵が掛かって鍵は隠し場所にもない.声を掛けても誰も出ない.車から鍵を取って来て中に入りテルメーは心配になって祖父の部屋に真っ先に行く.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

そこで彼女は室内を見て悲鳴を上げる.ナデルが駆けつけて室内を観ると父はベッドから落ち片手はベッドに括り付けられ失神している.息をしていることを確かめて二人で父をベッドに戻す.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

その後に家政婦のラジエーが戻って来た.急用があったのでああしてベッドに縛り付けておくしか手がなかったという.ナデルは怒り出す.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

散々彼女を詰るが彼女は負けていない.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

娘のテルメーの見ている前で彼女に出て行けという.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

ラジエーの娘の見ている前で彼女を外に押し出そうと相手の身体に触れる.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

飽くまで自分に咎はないと主張する彼女を玄関のとの外に押し出す.この辺りのこともしっかり見ておかないと後で証言台に立たされる.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

暫くすると玄関の硝子戸の向こうに人が来た.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

彼女が戻ってきたのが磨りガラス越しに見えおずおずと戸が開けられる.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

そして彼女の背後に切り替えられ彼女が入って行く.彼女は今日の給料を要求した.ナデルは給料分の金を盗んだと云って払おうとしない.彼女は自分の無罪を主張し続けるが結局また追い出される.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

翌日妻から連絡があって姉から怒られたという.一体何があったのだという.ラジエーが流産をしたという.ナデルは妻シミンと病院に見舞いに行くが彼女の夫がいてナデルに対して怒り狂って殴り掛かってくる.

そしてことは訴訟沙汰になった.関係者一同判事の前に集められる.殺人容疑である.ナデルがラジエーに暴行を振るい流産させたのだと云うことで裁判である.冒頭のシーンは家庭裁判所なのであのような判事の前に当事者が来て議論するのかと思ったが殺人事件でも同様なのであった.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

これが判事(ババク・カリミ)で前に集まった当事者や証人が勝手に議論するのを舵取りする.ナデルは手錠さえ掛けられる.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

ラジエーの夫はナデルが妻を突き飛ばしたのが原因で妻が流産したと訴える.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

ナデルはラジエーの妊娠を知らなかったと主張する.争点は突き飛ばしたのか、妊娠を知ってのことかである.突き飛ばしたかどうかは実地検証でラジエーが押し出された後階段に座り込んだのを近所の人が見ていた.ナデルはたとえ突き飛ばしたにしても階段まで飛ぶわけがないと主張する.また、妊娠を知っていたかどうかについて妊娠のことを話した娘テルメーの先生がが証人として呼ばれるが、ナデルは二人の話し声は聞いていなかったと主張する.この裁判の辺りは観客が果たしてどうだったのか観ていた画面を思い出してみることになる.

妻シミンの奔走でナデルは保釈される.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

娘のテルメーは父が本当に妊娠のことを知らなかったかどうかを疑っていて父に問い質す.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

父は知っていたと告白する.そのため先生は証言を翻して彼が妊娠を知っていたと証言する.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

妻シミンはこんなごたごたうんざりで金で解決する道を選び夫にも同意させる.ラジエーの一族はその方を望んでいる.そうと決まったときシミンの許にラジエーが尋ねて来て、お金の話しになって怖くなったといって、本当は彼らの父が外に迷いだしたとき、車に引かれそうだったので身代わりになって私が引かれその後具合が悪くなったのだと告白しに来たのである.また父をベッドに縛り付けて出掛けたのは急に具合が悪くなって病院にいったのだという.その車のシーンは車に引かれそうになりながら道路を渡ろうとする老人に彼女が近づこうとするところでカットされたことを思い出す.また、老人ベッドに縛り付けて急用だと出掛けたその急用が何であったかの話が全く出てこないのも後から考えれば変な話であった.

そして示談の日ラジエー方の一族が集まる中ナデルとシミンの夫婦は出掛けたが、ナデルは冒頭ラジエーに自分が君を突き飛ばして流産させたのは本当だとコーランに手を載せて誓うように要求する.彼女はコーランを取ってくると出て行くが中々戻らない.夫が彼女の許に行き何があったか云えと平手打ちを何度も浴びせその音が集まった全員にも聞こえる.彼女は車に引かれて流産したことを告白し、嘘をついたら娘の身に害が及ぶという.これでこの一件は終わりである.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

終わりであるがナデル、シミン、そして娘のテルメーの今後の話しが冒頭の振り出しに戻るのである.三人はまた裁判所で結局娘テルメーがどちらと共に過ごしたいかを決めると云うことになる.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

テルメーは両親の前で決心を述べられず夫婦は判事の部屋から出る.二人は一体娘がどう判断するのかをじりじりしながら待たされる.その二人を映していると唐突に映画は終了する.この終わり方も実に賢いやり方である.

Nader and Simin, A Separation Hosted by Picasa

この映画脚本がよいことが先ず眼に着く.そして計算ずくなのであろうが裁判の様々な証言であれはどうであったかを観客に思い出させるという作り方は非常に巧妙で他にこういう映画はあったのだろうか.脚本は監督自身である.どの俳優も皆演技がよいし、キャメラの動きはとても追う暇がなかったが非常に素早く的確だったと思う.この映画は文句の付けよう無く素晴らしい.

top