viva cinema

ロベール・ブレッソン「湖のランスロ」を観た

BeauMale
2012.8.10

ロベール・ブレッソンの「湖のランスロ Lancelot du Lac (1974)」を観た.この映画は「ジャンヌ・ダルク裁判 (1962)」に次ぐ時代劇であるが日本未公開で DVD しか観られない.アーサー王の話は誰でも知っているであろうが、筆者は子供の頃この物語に夢中になっていた.その為アーサー王の映画は出来るだけ見ているがどれもがっかりしていた.アーサー王の居城のあるキャメロットは実在するものと子供の時はイギリスの地図で必死に探した.ずっと後になってアーサー王伝説を集大成したのはイギリスではなくフランスだということを知ったのだが.とは云ってもイギリスとかフランスとかは未だ曖昧な存在であった時代である.

子供の頃読んだ何冊ものアーサー王の話は皆英語からのものでアーサーを始め王妃はギュイネヴィアであり湖の騎士はランスロット、円卓の騎士の一番の知恵者はガウェイン、聖杯の騎士パーシヴァル、魔術師マーリンなのだが、この映画では字幕もフランス語風でそれぞれアルテュス王、ギュエニヴェール、ランスロ、ゴーヴァン、ペルスヴァル、メルランとなっているので以下それで行く.アーサー王の物語は聖剣エクスカリヴァーを少年アーサーが引き抜き王となるのだが、この映画はアーサー王の王国が滅びる直前から始まるのである.

YouTube - Lancelot du Lac


これは未だタイトルの出る前であるが二人の鉄の甲冑を着た騎士が剣で闘うところから始まる.片方が剣を落とすと相手はその騎士の首を切り落とすのであるが血が噴き出して首が飛ぶ.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

そして地面に頽れ止めどもなく血が噴き出すのである.ブレッソンの映画でこんなのは観たこともない.「ラルジャン」の最後主人公が老婆に水平に鎌を振るうのであるが、壁に血が飛ぶところまでで、人体から血が噴き出すといった場面はない.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

次はいきなり腹に剣を突き立てこれも血が噴き出す.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

兜の上からあたまを打ち砕かれた男が血を噴きながら仰向けに倒れる.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

こうした残虐行為の行われる度に一団の騎乗の騎士が左から右へと森の中を馬を駆ける様子がキャメラのパンで捉えられる.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

甲冑を着けた儘吊されもうあらかた骨になった騎士を烏が貪っている.この場合は騎士の一団はゆっくりこの死体を眺めて移動していく.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

黒焦げに焼かれている二人の人物の前をこの場合も騎士達はゆっくり移動する.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

教会に馬の儘乗り入れた騎士が教会のものを破壊していく.この後に黒いバックに金色の聖杯を中央に配して真っ赤な文字で、これはランスロの冒険物語であり、魔術師のメルランの死の直前の予言では磔になったキリストの血を受けた聖杯がブルターニュにあり、アルテュス王の円卓の騎士はそれを探索するのだが率いるのは最強のランスロではなくペルスヴァルだというもの.それで円卓の騎士は探索に出掛けるのだが沢山が殺され負傷して散り散りになりペルスヴァルとは二度と会えなくなるとが書かれている.

あの騎馬の騎士の一団は円卓の騎士であろうが残虐行為も彼らによるものとしか思えない.お話では正義そのものの円卓の騎士であるがこのように偶像破壊が行われる.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

この老婆は予見能力があってランスロの最期も彼女の予言であった.彼女は足音が先に聞こえて現れた者は年内に死ぬという.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

この少女は孫娘なのだろうか、馬の足音でもそうかと訊くと、老婆は馬の足音でもだと応える.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

そこに馬に乗った騎士が現れ道に迷ったというがこの時は足音と現れるのは同時であったと思う.彼は仲間とはぐれたランスロで老婆が案内する.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

他の騎士達が戻った後最後にランスロが戻って来た.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

荷馬車で運ばれてきた負傷者が運ばれる.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

この映画何度か馬がこういう大写しになる.ブレッソンは馬たちはこの映画のために充分に訓練されたものだとインタビューで語っている.馬は何かに興奮しているようで、

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

並んで繋がれている馬たちも嘶いている.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

騎士達は王城の廻りにテント暮らしをしているのだが、臨戦態勢だからなのかその辺は解らない.ランスロを最初に出迎えた騎士が王城から出て来たアルテュス王(ウラディミール・アントレク=オレスク)にランスロを伴って帰還を知らせる.ランスロは王の前に跪いて成果の無かった聖杯探索を知らせる.王は直ぐに王妃に知らせてやれと云う.貴婦人は皆自分のお気に入りの騎士を持っていてランスロは王妃ギュエニヴェールの騎士である.プラトニックが原則である.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

朝目が覚めたランスロ(リュック・シモン)は自分のテントから出ると未だミサまでには時間があることを知る.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

そこで王宮の王妃ギュニヴェール(ローラ・デューク・コンドミーナ)の許に出掛ける.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王妃が現れるとランスロは跪き王妃の服の裾に口吻をする.ブレッソンはこの映画は全く時代考証はしていないと云っているのでこれが当時の習慣なのかどうかは解らない.騎士達の鎧兜も恐らくもっと後の時代のものかと思う.中世の初期の甲冑は重くて乗馬の際は起重機でつり下げて乗ったという話を聞いているがこの映画では従者が片足を支えるが基本的に一人で馬に乗ることの出来る軽い鎧である.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

挨拶が終わると王妃は階段を登って二階に行く.二階は納屋のような感じで辺り一面に藁が置いてある.これが当時の寝室だという想定なのかも知れない.王妃は腰掛けランスロに二度まで愛しているといわせ、

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロがその通りに愛しているという言葉を二度発すると、その言葉は信じるという.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

そして手を見せろというので彼は片手ずつを差し出すが、王妃の指輪が無いと云って彼を詰る.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロはあるところで聖杯を見たのだがその時神の声が王妃との不義を散々非難しその声は未だ耳に残っているという.それで彼はもは不義を続けないと誓ったのだという.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王妃は神のために恋の誓いを破って良い訳が無いと彼を非難する.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロはその為恋の誓いを解いて貰いたいと懇願するが王妃は私はお前に全てを与えたとだけいって彼の願いを無視して彼の許から離れていく.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ここは教会でこの足はランスロのものである.ブレッソンの映画は人物の足から映すということを多用する.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

既に集まっている騎士達の足下を映してその脇を彼の足が歩みを進め一番前まで行くとカメラは上昇し、ミサを行う神父と王と王妃の座っている姿が映る.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王妃はランスロの到来に気付いて彼女がアップで映され、教会のシーンはここまでである.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

アルテュス王はランスロとゴーヴァン(アンベール・バルザン)という最も信頼を置く二人の騎士を伴って円卓の部屋にやってくる.死んだ騎士達の椅子に触れてはその名前を口にし最早壊滅的打撃だという.ゴーヴァンは騎士の再編を進言するが、王は彼らに匹敵する騎士などいない、今は身を慎み自分を高めるときだという.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

その時モルドレット(パトリック・ベルナール)が入ってきて、聖杯探求は止めるべきだと進言すると、ゴーヴァンはお前は参加もしなかったくせに何を言うと食って掛かる.モルドレットはだから非難はしないといって王に引き下がった方が良いかと尋ねると王はそうしろと冷たく追い帰す.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロとゴーヴァンは王の最も信頼する騎士であるが二人もお互いを尊敬している.二人は鎧を脱いで語り合う.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ゴーヴァンは卑劣漢のモルドレットを軽蔑しているが彼が何か良からぬことを企てゴーヴァンの弟もそれに加わっているが今の中に何とかすべきとランスロに促すがランスロはその積もりはない.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロが王妃ギュニヴェールの許を訪ねると必ずこの鳥が窓の外で囀りその姿が映される.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロは再び王妃に愛の誓いの解除を申し出るが王妃は許さない.ランスロは今や責任を負っているので愛の誓いは守れないと云うが、王妃は神は愛を禁じないと応じる.これが運命だとも云うが王妃はそれはそなたの心の病であるとまでいう.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

私に敵対するのかというランスロに王妃は私は何時もそなたを助けてきた、共に虚無に対して闘ってきたではないかと応える.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

更に、私を必要としていると云ったのはそなたの方ではないかというと彼は取られた手を振り解き孤独を選ぶという.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王妃は孤高を気取るのか、それはそなたの本意ではないという.ランスロは聖杯を持ってくるという使命があると云うが、大事なのは聖杯ではなく神なのだ.神は持って帰れないと王妃は言い返す.そして、そなたらは殺し略奪し放火をした.相手構わずの狼藉だと事の本質を見抜いている.そしてその災厄が我らの愛の所為とでも云うのかという.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

救済の代償として愛を捨てよというのか、それは出来ぬ事.最早何も求めぬから私のために死ぬと云えというが彼には応えられない.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王妃は肩掛けを残していく.これが伏線となる.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

次に月の映像だが、ものからものを映す映像がこれらは空ショットではない.月を見上げる騎士達の映像が後に来る.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロはモルドレッドの許を訪れ和解を申し出る.そこに王妃の肩掛けがあるのを見つけるが彼には王妃のものだと気付かなかった.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

モルドレッドの方はランスロの和解の申し出を受けない.ランスロは我々は平等であるからこそ円卓に連なるのだと云うがモルドレッドは王は私の進言を受け入れないと云って差し出す握手の手に応えようとしない.この話を聞いてゴーヴァンは憤慨する.そのような侮辱であなたは一突きで相手を殺したのにと云うがランスロは武器を携帯しないで会ったという.ゴーヴァンは罪の露見を恐れたのかと思わせぶりを云う.何の罪だとランスロは訊き返すがゴーヴァンは知らぬと応える.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロは祭壇で抗いがたき誘惑から我お守り給えと祈る.その後二人の騎士が城にやってきて騎馬試合を申し込む.ランスロが受けて立つ.

ランスロは王妃にまた呼び出される.彼女は恋が終わったので最後に一目会いたかったという.いつものように二階に上るが王妃は肩掛けが無くなっているのに気付く.ランスロはいきなり甲冑を脱ぎ捨て王妃を抱きしめる.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

彼女の身体を求めると王妃は禁断の身を解放してくれと云う.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

窓の外にはモルドレッド一味が足音を忍ばせやって来ていた.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

併し何時もの鳥が鳴く.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

二人はこうなるが王妃は明日の試合は出場するなと云い、明日まで待てと云う.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

モルドレッドはランスロを暗殺しようと王妃の部屋の近くに二人の刺客を置いている.暗殺して王妃との不義の現場を押さえたといい、ランスロがいなくなり、アルテュス王の騎士達に動揺が起きたところで国を乗っ取ろうと計画している.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

モルドレッドは仲間とともに敵対するゴーヴァンやランスロの見方の騎士達の前でランスロを誹謗している所にランスロが現れ試合には出場しないと宣言する.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

この画面足下の木製のたらいから段々とキャメラは上昇して侍女達に身体を洗わせている王妃の姿であるが全身の裸の後ろ姿が全部見えるが最後の所で手鏡に映る王妃の顔が見える.この演出は素晴らしい.王妃はこうしてランスロを待つ.併し観客は無防備なランスロを襲う刺客のいることを知っている.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

笛の音で騎乗槍試合(トーナメント)が始まると誰も見たことのない謎の騎士が現れる.騎乗槍試合は柵で二つに分かれた所を柵に沿って反対側に位置する騎士同士が馬を駆って水平に構えた槍でお互いの楯を突き勢いに押された方が落馬して勝負が付く.それぞれの騎士の印の旗が揚がり騎乗の武者は馬を疾走してぶつかりあう.この謎の騎士は無敵である.試合の様子は決して全貌を映さず馬の躍動や槍と盾がぶつかり砕ける場面や、敗れた騎士が地面に投げ出される場面といったように運動そのものを描写しているようである.この映画全体を通して馬の躍動を表すシーンが非常に多い.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王とゴーヴァンは試合を見物しこの謎の騎士が相手を馬から打ち落とす度にゴーヴァンはあれはランスロだというと王は頷く.モルドレット本人もその仲間達も悉く敗れる.闘う相手がいないと見ると謎の騎士は森にさっと姿を消す.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

謎の騎士はランスロである.従者にこっそりと未だ人の知らない鎧兜を運ばせていた.森に逃れたランスロは落馬してその場で横たわる.モルドレットの一味が剣を使って彼を刺していたのである.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロの姿は見えなくなって、王妃は彼が約束を破ってどこか遠くに行ってしまったのではないかと疑い意気消沈しているが、ゴーヴァンが慰めに来る.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

二人はそれがランスロであるかのように一本の柱を掴んで話し合う、こういう演出も素晴らしい.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

そしてゴーヴァンが帰った後のこの扉を閉める一瞬の隙間に囲まれたこの映像も美しい.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

これは王妃の部屋の窓であるが多くの騎士がこの窓を見上げてあのお方というのであるが王妃はそれ程にも慕われその王妃の慕うランスロは特別な存在なのである.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ゴーヴァンは何人かの仲間の騎士を森にランスロの探索に送っていたが彼らは手ぶらで戻り森は悪魔だという.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

その直後に雷の音がして風雨急に強く吹き荒れる.従者達は大慌てでテントが飛ばないように杭を深く打ち付ける.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

外の嵐とランスロの行方不明は王妃をまんじりともさせない.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

風によって扉ががたがたと音を出すところが映される.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

翌朝、騎士達の各テントは旗印が掲げられているがそれらの旗が破られたりしている様子を見てモルドレットは満足げである.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ゴーヴァンは王妃にモルドレットが隠し持っていたという王妃の盗まれた肩掛けを取り返してくる.王妃にこのランスロと一緒にいた場所にいるのはモルドレット一味の思う壺だから離れた方がよいと忠告するが王妃は私は身も心もランスロのものだからここを離れず彼の帰りを待つといって聞かない.ゴーヴァンは我が身で良ければ命に替えて王妃をお守りするという言葉を残して出て行く.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

モルドレットの王妃の不義に就いての讒言で王は彼らを従えて王妃の許にやってくるが、二階から降りてきたゴーヴァンに諭される.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

再度ランスロの探索に騎士達が森に入って冒頭に出て来た未来を予言できる老婆に出会うが、実は彼女はランスロを家で介抱していたがそれは話さない.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

老婆はランスロは死ぬ運命だというが彼はここを生きて出るというので鎧を持ってきてやる.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

孫娘も足に填める鎧の部分を持ってきて身につけるのを手伝う.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

未だ傷の癒えていないで血を流しながらランスロが騎馬で出立すると孫娘は地面に口吻する.彼の死を悼んでなのか彼に恋心を抱いたのか或いはその両方なのかも知れない.大筋に関係なぃこういう画面が入るのである.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロは仲間の騎士と王妃を連れ出しにいき血を流しながら彼女を抱き上げ拠点にしている館に行く.ここには武器も食料も十年持ちこたえるだけあるという.騎士達の話でランスロを暗殺しようとしていた二人のモルドレッドの配下の騎士は刺殺したという話がなされる.その一人はゴーヴァンの弟である.ランスロはここで留まるより打って出ると言い張る.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

戦闘場面はないが、ゴーヴァンはランスロによって瀕死の重傷を負わされていた.見舞いの王に彼はランスロは悪くないと訴える.王と同様に私は王妃を救いたかったのだという.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王側から使者が来てゴーヴァンが死んだことを告げ、王妃を帰しランスロが立ち去るなら罪を問わないという申し出が来る.そしてそれは騎士達の総意であるともいう.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王妃は王は今となっては大嫌いであるが王の許に私を帰せよランスロに云う.ランスロは彼女を手放すことは出来ないと云うが彼は王妃と論争しても勝ち目はない.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

戦闘中断の白旗が掲げられる.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王妃はランスロに私を支えてくれと云ってランスロの腕に手を預ける.この映画何度となく王妃の手が映っている.二人はその姿勢で王の待つ陣営へと赴く.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王の待つ姿が見えると王妃は手を離し一人王の許に向かう.その様子がロングで捉えられこの映像も素晴らしい.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

王の許に到着するとランスロに切り変わり彼はさっと背を向いて帰っていく.王妃は一度も振り返ることなく王と共に一番近くに見えるテントに入る.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

ランスロが館に戻ると騎士達が事態の急変を告げる.モルドレットが王宮で反乱を起こしたのだという.ランスロは直ちに王を救いに行くと馬にまたがり騎士達も彼に従う.その直後の映像がこれである.草原の向こうの森の更に奥で煙が立ち上っている.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

森の中ではこの人の乗っていない馬が何度となくまるで不吉なことを知らせる使者のように森の中を駆け抜ける映像が差し入れられる.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

森の奥には笛と太鼓の音に歩調を合わせて進む歩兵の姿が見える.今まで兵士は騎馬の騎士だけでこんな歩兵は一度も出てこなかった.モルドレットの軍勢は一騎打ちの騎士の力ではランスロに敵うものではないがもっと近代化した集団戦に強い軍勢なのかも知れない.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

木々には狙撃手がいてランスロの騎士達は彼らの矢に射貫かれてしまったのであろう、そのシーンはないが騎士達に向かって矢が飛んできて辺りに突き刺さる様子があり、馬まで射貫かれて倒された騎士達の映像だけがあるばかりである.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

倒れた騎士達の中からランスロが馬の下から這いだし血だらけの剣を振りかざすが、

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

また騎士達の倒れている場所に戻り一言ギュニエーヴルと王妃の名を叫んで仰向けに頽れる.そして空には死臭を求める鳥が舞い、もう一度騎士達の倒れている場面でランスロががくりと最期の息を断つところで映画は終わる.

Lancelot du Lac Hosted by Picasa

この映画、出だしが騎士のロマンスではなく残虐性を示し一気呵成に彼らが滅びる所までもっていく.セルバンテスが騎士道の終焉を喜劇で描いたのをブレッソンは映像で描いたように見える.まるでギリシャ悲劇のような映画である.そしてそれを王妃の上目遣いで見る視線や、馬の運動感や、騎士達の甲冑の金属の重量が支えている.

top