viva cinema

ロベール・ブレッソン「ラルジャン」という映画の希望は?

BeauMale
2012.4.20

先月の末か今月の初めに読み終えた黒沢清監督の「21 世紀の映画を語る」という講演集への 衝撃については既に書いた その最後にあるこの映画ロベール・ブレッソンの「ラルジャン (1983) L'Argent」には希望があるという話し.それには途方に暮れた.この映画の結末の凄まじい暴力の何処に希望があるのだろうかとその事がずっと頭を離れなかった.それ以来いつか一度じっくり観て一体何のことか解明したいと思っていた.それで今回はこの映画を観ることにした.

ブレッソンの映画はといって沢山観ているわけでは無いが、「スリ(掏摸) Pickpocket (1959)」、「やさしい女 Une femme douce (1969) 」、「白夜 Quatre nuits d'un rêveur (1971) 」がドストエフスキーの原作で、この「ラルジャン」だけはトルストイの原作である.ロシア文学の饒舌と違ってブレッソンの映画は非常に寡黙であり、台詞は非常に少ない.また音楽も極力抑えられ、併し人の足音であるとかこの映画に関しては紙幣のこすれる音であるとか、あるいは車の音、監獄の檻の開け閉めの音などが非常にはっきりと音楽の代わりにリズムを刻み、固定画面の多いカットの積み重ねと人の感情を抑えた演技は画面に厳粛さとでも云ったものを醸し出している.

YouTube - bande-annonce [L'Argent] Robert Bresson YouTube - Robert Bresson Interview 01 L'argent 1983 英語字幕


これが出だしのショットである.窓枠が映されその奥からリセに通う男の生徒ノルベール(マルク・エルネスト・フルノー)がやってくる.木枠と硝子、これもこの映画に何度となく現れる画面である.

L'Argent Hosted by Picasa

硝子戸を半分開いたノルベールが中からの何の用だという父(アンドレ・クレール)の問いに対してその日が小遣いの支払日だと応えると切り替えされて父が紙幣を数え束ねてノルベールが受け取るのだが、その手と札束がアップで捉えられる.このようにものとそれを操作するしなやかで器用な手のアップはこの映画に非常に多い.「スリ(掏摸) Pickpocket (1959)」では当然ながら手の器用な動きが多く映されたがそれを想起させる.

L'Argent Hosted by Picasa

以下このものをアップにしているという画面を拾ってみた.ノルベールは前借りか小遣いの増額を父に求めるが鰾膠も無く断られる.それに父の部屋を出てから糞と悪態をつくのを母親(クロード・クレール)が気付いて理由を訊くと彼は友達に金を返さなくてはならないという.母はハンドバッグを開くが今はないという.そこで彼は早速友達に電話する.その電話機.

L'Argent Hosted by Picasa

彼らリセの生徒は多くがこういうオートバイを移動手段に使っている.バイクを始動させて発進するのを見送るようにキャメラは上に移動してこの画面は終わる.以下些か偏執狂じみているがモノをアップで撮っているところに注目してみた.

L'Argent Hosted by Picasa

次のショットがノルベールが借金の質に腕時計を差し出すところである.友達はいらないと云って、

L'Argent Hosted by Picasa

贋札を出してノルベールに見せ、それをやるという.一緒に行くからこれを使ってみようと唆す.

L'Argent Hosted by Picasa

これから直ぐ出掛けようと、友達はジャンパーを羽織る間にノルベールにはアルバムを見させておく.アルバムには女性の裸体が絵画や彫刻からの写真で貼り付けてある.

L'Argent Hosted by Picasa

二人の行った先は写真屋で棚にある安そうな額縁を見せてくれと応対に出た写真屋の女主人(ベアトリス・タブラン)に頼む.

L'Argent Hosted by Picasa

友達に促されてノルベールが贋札を出すと女主人はそれが贋札かどうかを調べる.友達の口上で贋札は受け取られ釣り銭を貰う.

L'Argent Hosted by Picasa

外には来たときに乗ってきた二人のバイクがおいてあり先回りしてキャメラはバイクだけをアップで映し二人は乗って立ち去る.

L'Argent Hosted by Picasa

次の画面はこの蛇腹の金属の格子戸でここは閉店後のさっきの写真屋である.

L'Argent Hosted by Picasa

写真屋の男主人(ディディエ・ボシー)がレジスターの札が贋札であるのに気付き妻のうかつさを詰り妻は餓鬼に騙されたと悔しがる.贋札はノルベールの渡した一枚だけではない.男主人は使ってしまおうという.

L'Argent Hosted by Picasa

昼間になって、ビルの外壁にある燃料注入口から男が注入し終えたところが映される.

L'Argent Hosted by Picasa

男は燃料運搬車に戻り請求書を書き、

L'Argent Hosted by Picasa

この内側から彼が硝子戸のノブを掴む所でここがあの写真屋だと解る.

L'Argent Hosted by Picasa

次のショットで漸く上半身が映され、この男がイヴォン・タルジュ(クリスチャン・パテ)でこの映画の主人公であるが請求書を出して受け取るのはこの店の従業員で白衣を着て現像なども行う写真技師のリュシアン(バンサン・リステルッチ)である.

L'Argent Hosted by Picasa

リュシアンが請求書を奥の男主人に渡すと出て来てレジを開き紙のこすれる音を立てながら札を数えて、

L'Argent Hosted by Picasa

差し出す.贋札が含まれていることは明白である.

L'Argent Hosted by Picasa

イヴォンは請求書の写しと受け取った金額を見比べるが贋札が含まれていようとはつゆも知らない.

L'Argent Hosted by Picasa

そして窓枠と奥に燃料車に戻るイヴォン.

L'Argent Hosted by Picasa

イヴォンはレストランで食事をすると支払いの時贋札だと云われ、貰ったところで払い戻して貰うというが店の主人はイヴォンの肩を掴み、

L'Argent Hosted by Picasa

思い切り突き飛ばす.

L'Argent Hosted by Picasa

その衝撃でテーブルが倒れ皿が割れるほどの強さで突き飛ばした.お前は贋札作りの一味だろうと警察が呼ばれるが警官が来るシーンはない.

L'Argent Hosted by Picasa

パトカーに乗せられてイヴォンは写真屋に実地検分に連れてこられる.

L'Argent Hosted by Picasa

警官のこの男を知っているかの問いに卑劣な男主人は答えず応対した若い者に訊くと云って暗室に入り、リュシアンが呼び出される.リュシアンは主人から云われたのだろう、イヴォンを否認する.

L'Argent Hosted by Picasa

それを聞いて、

L'Argent Hosted by Picasa

イヴォンは尚も請求書の写しを見せてこれを渡したのを憶えているだろうと云うがリュシアンは再び否認する.

L'Argent Hosted by Picasa

そして二人は立ち去り木枠に二人の乗ったパトカーが映される.

L'Argent Hosted by Picasa

イヴォンは留置されたわけではなかった.自宅に戻り鍵を扉の鍵穴に差し込もうとすると扉は内側から開いて幼い娘が出迎えた.普通なら抱き上げて口吻ぐらいはするだろうがブレッソンはそうした感情表現は避ける.

L'Argent Hosted by Picasa

食事の支度をしながら、妻エリーズ・タルジェ(キャロリーヌ・ラング)は夫に弁護士に相談することを薦める.

L'Argent Hosted by Picasa

併し、イヴォンは落ち込んである.

L'Argent Hosted by Picasa

弁護士に頼み裁判は結審する判決は起訴の破棄である.裁判長は相手は善良な市民なのだから控訴はするなと忠告する.

L'Argent Hosted by Picasa

善良なる市民は偽証したリュシアンを褒めて心付けを渡す.

L'Argent Hosted by Picasa

所がその後リュシアンはカメラの値段を高くして売り上げを盗んでいたのが発覚して写真屋を首になる.併し彼は確信犯の犯罪者なのである.首になって店から出て来たのを出迎える仲間に店と金庫の鍵の複製を作ったのを見せる.

L'Argent Hosted by Picasa

ある日最初に贋札を写真屋で使ったノルベールがオートバイに乗っている最中写真屋の女主人が眼に止まりあかんべ-をしてみせる.腹に据えかねた女主人は学校にお宅の生徒がと訴える.ノルベールが疑われ母親はそれを知り校長から何を云われても否定しろと息子に言い聞かせて写真屋にやって来て、店の女主人に陳謝する

L'Argent Hosted by Picasa

そして息子の名を出さないでくれと某かの金をおいていく.ノルベールは父親に外出禁止を言い渡され彼の話はこれでおしまいである.

L'Argent Hosted by Picasa

イヴォンは困ったことになっている.写真屋の贋札の一件が彼の無実が証明されていないので燃料の配給の仕事は首になってしまった.その彼にある男が金は回せないが仕事は回せると云って、地図を出されその場所で車で待機していると云うことであった.車で待っていると警察の車両が沢山やってきて銃声が聞こえる.この画面だけが挿入されて銀行強盗であることが解るが何がどうなったかの話の映像はない.警察の車両が戻っていくので犯人は射殺されたと想像するばかりである.

L'Argent Hosted by Picasa

イヴォンはこれは危ないと車で逃げ出そうとして捕まった.

L'Argent Hosted by Picasa

知らぬ間に銀行強盗の片棒を担わされていても今度は起訴され有罪の判決で禁固三年であり収監された.

L'Argent Hosted by Picasa

一方写真屋は泥棒に入られ金庫の中のものは盗まれた.犯行自体の映像はなくこれだけである.

L'Argent Hosted by Picasa

一味は奪った金をトランクに詰めてリュシアンを先頭に地下鉄を逃走する.

L'Argent Hosted by Picasa

獄中のイヴォンの所に妻エリーズが面会に来たが彼女は殆ど話をしない.離ればなれになるまで上手く行っていたと云うだけである.

L'Argent Hosted by Picasa

この木枠と硝子の画面切り替えされて、イヴォンはエリーズに出たら真面目に働く.また三人でやり直そうと云うが彼女は止めるのも聞かず立ち去ってしまう.

L'Argent Hosted by Picasa

こちらはリュシアン、ある男が ATM で金を引き出すのを伺っている.暗証番号を覗き見しているようである.

L'Argent Hosted by Picasa

金を引き出した後にキャッシュカードを取ろうとすると突然故障の表示でキャッシュカードが取れなくなって男は怒って行ってしまう.

L'Argent Hosted by Picasa

リュシアンはピンセットで男のカードを取り出し、

L'Argent Hosted by Picasa

辺りを窺いながら細工をした金属片を取り除き、

L'Argent Hosted by Picasa

そして盗んだキャッシュカードで金を引き出す.リュシアンという人物はイヴォンが意識せずに犯罪に巻き込まれたのに反して確信犯であるという対比のために設けた役柄のようである.

L'Argent Hosted by Picasa

この女達は刑務所に囚人宛の中央の篭に積まれた手紙を仕分けしてまた検閲しているのである.その中に一通イヴォン宛のがエリーズから来ていて、先日は言い出せなかったが娘が気管が詰まり医者が切開したが間に合わずに死んで非常に辛いという手紙があった.検閲官がそれを開いて内容を観客に知らせるという面白い演出を取っている.本人が読んでいるところを映せば感情の高まりを描写せざるを得ないということだろう.

L'Argent Hosted by Picasa

同じ手紙をイヴォンがベッドの脇に置いてあると同房の囚人がそれを取って盗み見する.こうしてイヴォンヌ鬱屈を表現している.

L'Argent Hosted by Picasa

そしてこの手紙の検閲風景は再度出て来てイヴォンが妻に書いた手紙が悉く戻ってきていることや、彼女からもう会いたくないという手紙が来ていることも描写される.

さて、写真屋夫妻は泥棒以来近所に別の写真屋が出来るしで景気が悪いと話している.平気で偽証するような奴を信用したのがわるかったとこぼしているが、リュシアンが荒稼ぎしてその金を貧乏人に施しているという噂を聞いて郵便受けを見るとリュシアンから来ていて小切手が入っている.あんたに偽証の片棒を担がされたが気の毒なあんたにと手紙にはある.リュシアンと云う男は確信犯であり義賊めいたこともしているのであった.

L'Argent Hosted by Picasa

監獄の食堂で妻への手紙が届かないと云うことを知った他の囚人達からイヴォンは散々からかわれてかっとなって囚人に食事を配る大きなスプーンを取って殴り掛かりそうになるが看守が来たのでそれを床に転がすと石の床を巨大なスプーンが金属音を立てながら滑っていく.

L'Argent Hosted by Picasa

その事で彼は懲罰房に入れられまた病になって病院に入れられる.リュシアンも捕まって裁判で正義のためだし人を殺したわけではないと主張したが有罪となりイヴォンヌのいる刑務所に収監されるが、彼が病院をて戻って来たのと同じ日であった.

リュシアンからイヴォンヌにミサに来いと誘いがあって、イヴォンの同房の男はリュシアンのインチキ性を見抜いていて行くなと忠告するが、彼は来て二人は隣り合わせに座る.リュシアンは脱獄の計画があるから出たら面倒をみる何でも望みは叶えると云うが、イヴォンヌは逃げるよりお前を殺したい、後ろめたいくせに償いをしろといって受け入れない.

L'Argent Hosted by Picasa

房に戻ると夜、警報が鳴ってリュシアンの脱獄が失敗したようである.同房の男はリュシアンは脱獄を吹聴していたので捕まるのは当たり前だと、これから沢山の刑務所を移動させられるというのでイヴォンは必ず見つけ出すと云うが、同房の男は復讐は目上の目上の者にするものだ、あんな虫けらは自滅すると諭される.

愛するものも復讐するものも失ってイヴォンは出所する.

L'Argent Hosted by Picasa

最初にこのホテルを訪れる.

L'Argent Hosted by Picasa

夜中に彼は階上から降りてきて手を洗うと水は血に染まる.そして血で汚れた服を畳んで袋に詰め地階の受付カウンターの内側で金を奪う.どう殺したのか、ホテルに入るときホテルを経営していると思われる夫婦らしい男女に出逢うがその二人を殺したのかどうか皆目分からない.

L'Argent Hosted by Picasa

街で玩具屋のショウウィンドウを見るとはなしに見ていると老婆(シルヴィ・ヴァン・デン・エルセン)にすれ違う.彼が彼女に視線をやると彼女の方見彼を見返す.何かに惹きつけられるように彼は彼女の後を追う.老婆は銀行に入り年金を受け取って銀行を出てくるとまた後を追う.

L'Argent Hosted by Picasa

老婆は人家の少ない草が多く生えている地帯に歩みを進め、橋を渡っていく.小さいながら川が流れている.これは外部との境界なのだろうかとふと思う.イヴォンは橋まで来たが渡らない.

L'Argent Hosted by Picasa

併し彼は夜になってやって来て黙って扉を開いて入ってきた.老婆はただ彼に座るように薦める.

L'Argent Hosted by Picasa

彼は人を殺してきたことを既に話していたようである.彼女はなぜ殺したのかの理由を尋ねる.彼の答えは快感と一言云って、奪ったのははした金だと付け加える.更に殺したときの様子を話す.二人とも身じろぎもせずイヴォンはスープを飲み続けながら話している.老婆もチーズ作りか何かの仕事をしている.隅々まで良く憶えている.男は扉の前で倒れ、女はナイフから逃れようと抵抗し恐ろしい姿だったと顔も上げずに話し続けた.手当しに戻らなかったのかと彼女の問い.彼は医者ではないと答える.彼女は許されるという.私が神なら全ての人を許すと云う.

その時大きな物音がして彼が立ち上がろうとするが、老婆は心配ないといって、妹夫婦が入り口を別にして一緒に住んでいるという説明をする.二階で物音がする.この家にはこの老婆の父親の老人でピアノの教師であった老人ともう一人足の悪い車椅子を使う小さな男の子がいるがこの子は妹夫婦の子供だと思う.更にもう一人外泊を続ける妹が屋根裏に住んでいるという.昼ご飯はこの老婆が作っているという.

L'Argent Hosted by Picasa

夜中に外では警察の車が動き回っているシーンが挿入される.

L'Argent Hosted by Picasa

そして朝になると真っ先にこのショットである.コーヒーポットが湯煎されフランス流のコーヒー茶碗が横に置いてある.この静寂そのものといったらよいショットは大好きである.

L'Argent Hosted by Picasa

このショットの中に老婆が現れコーヒーを茶碗に注ぐ.

L'Argent Hosted by Picasa

彼女はその茶碗を両手で持ち表に出て行くと父親の老人が道をふさいでいる.彼女はどいてくれ私に任せるように云うと父は平手で彼女の頬を打ち赤の他人だぞと云う.その衝撃にコーヒーが零れて彼女の手に掛かりさぞ熱いだろうが彼女は何も文句を云わない.

L'Argent Hosted by Picasa

彼女は奥の納屋のような所にしつらえたマットレスのベッドに眠るイヴォンの傍らにコーヒー茶碗を置く.

L'Argent Hosted by Picasa

父親はその様子を見ているが彼女が出てくるとそそくさと姿を消す.

L'Argent Hosted by Picasa

イヴォンは目覚めコーヒーを飲み干し立ち上がり蒲団を畳もうとして傍らに眼を遣ると、

L'Argent Hosted by Picasa

斧がおいてある.これぞ外部の侵入露呈であるともしこの映画を初めて見るなら恐れ戦く事である.

L'Argent Hosted by Picasa

斧の事など無かったように父の弾くバッハのピアノが鳴り響く.この老人は息子が死んでからアルコールに溺れて老婆が云うには私がいさめなかったのが悪いが生徒がどんどん減っていったという.老人はワインを傍らに置きピアノを続けるが、

L'Argent Hosted by Picasa

グラスは床に落ち何もしない老人の傍らで老婆がグラスの破片を片付ける.

L'Argent Hosted by Picasa

老婆は馬鈴薯を掘りエプロンに収穫物を入れていると、

L'Argent Hosted by Picasa

イヴォンはそれを手伝う.ある日の事老婆が街に出掛け老人が畑を見ている隙にイヴォンは部屋の中の金の隠し場所を探ったりもする.

L'Argent Hosted by Picasa

ある日小川の辺の洗濯場でイヴォンは老婆が全ての犠牲になっているという.川に身を投げたらどうだとまで云う.老婆はそれらの話には何も応じない.奇跡でも待っているのかと云う言葉には、

L'Argent Hosted by Picasa

何も待ってやしないと答える.

L'Argent Hosted by Picasa

老婆が洗濯物を干しに行くとイヴォンは木苺のような実を摘んで老婆の元に持って行き彼女に差し出す.

L'Argent Hosted by Picasa

彼女はなにも云わず彼の眼を見るだけで受け取り口に入れ、彼は物干しを手伝う.こうして嘘のように平穏な日が過ぎるが時間的経過は解らない.

L'Argent Hosted by Picasa

ある晩イヴォンヌは妹夫婦の部屋への入り口の扉をを斧でこじ開け二階に上っていく.そして血だらけになって降りてくる.

L'Argent Hosted by Picasa

彼の後には妹夫婦の惨殺死体が転がっている.父の老人も既に殺した後である.

L'Argent Hosted by Picasa

最後に老婆の寝室に来て金は何処だとまるで答えは期待していない口調で云い、身を起こしてたじろぎもしない老婆に、

L'Argent Hosted by Picasa

斧を振り上げる.

L'Argent Hosted by Picasa

次の瞬間斧は横殴りに振り下ろされその衝撃でスタンドが落ち落ちたスタンドの光で壁に血しぶきが飛ぶのが見える.明かりは直ぐに消え、斧が川に投げ入れられる.

L'Argent Hosted by Picasa

これが変な場所にある警察でバーと繋がっている.イヴォンは一杯飲んでから、ホテルで殺害をし、今は一家皆殺しにしてきたと自首をする.バーの客達は皆見物に行く.

L'Argent Hosted by Picasa

そして手錠を填められて出てくるのだが、これはさっきの警察の裏口という事なのだろうか.

L'Argent Hosted by Picasa

この衝撃的な惨殺という終わり方は不条理としか云いようがない.この何処に救いや希望があるのだろうかと思う.最初映画的な事なのかと思っていたがそれは解けない.もし映画的なところであるとすると最後の自首をする場所という事しか考えられないが映画的特別な符丁は見当たらない.物語上の事だったら、全てを許すと云う老婆である.この老婆は親鸞の 悪人正機 を唱えている.あるいは プロテスタンティズムである.ここに希望や救いがあるというのであろうか.全ての人間は悪を内包しているにも拘わらず救いはあると云う思想は筆者は大嫌いである.と云うわけで矢張り筆者にはよく解らない事であった.

そして黒沢清監督の直の言葉で解答を得た.
ロベール・ブレッソン「ラルジャン」という映画の希望は?-2

top