viva cinema

アキ・カウリスマキ「ル・アーヴルの靴みがき」を観に行った

BeauMale
2012.6.9

六月二日にあった映画美学校の初等科入学ガイダンスの後、間に合うかと思っていたが最終回に充分間に合って上の四階のユーロスペースでこのアキ・カウリスマキの新作「ル・アーヴルの靴みがき Le Havre (2011)」を観てきた.この映画観た瞬間からこれは紛れもなくアキ・カウリスマキだと思ったのだが、一体それを何処で見分けているのかを考えた.テレビのスウィッチを点けて映画をやっていた時、観たことのある映画であればほぼ確実に誰の映画か解るが観ていない映画でも監督が解る場合が多い.ということは確実にその監督がどういうように撮るかを知っていると云うことであるが、身体で解ってもここだと言葉で説明できない.何とも歯がゆいことである.

この作品今回は上映中でもあるので粗筋は一切語らず他の作品と比べて何処に特徴を見いだしたかを考えてみた.他の作品といっても観たことのあるカウリスマキ作品は、「カラマリ・ユニオン (1985)」、「マッチ工場の少女 (1990)」、「ラヴィ・ド・ボエーム (1992)」、「レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う (1994)」、「愛しのタチアナ (1994)」、「過去のない男 (2002)」、「10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス (2002)」の中の短編、そして「ル・アーヴルの靴みがき (2011)」だけでそれだけでは語る資格はないことは承知の上である.また持っている DVD はそれより少ない.

YouTube - Le Havre | Aki Kaurismäki | 2011 | Trailer 予告編


主人公はこの右の男(アンドレ・ウィルム)で靴磨きをして生計を立てているが文無しであるが、ドーバー海峡を渡って人に会いに行く金はいつの間にか作ったりもっと大金も手に入れて人のために使うということもできる.

Le Havre Hosted by Picasa

そしてこれは妻でカティ・オウティネンである.直ぐに入院しまう.この色彩は憶えておこう.

Le Havre Hosted by Picasa

そしてこの少年、アフリカからの密航者で彼は逃げて靴磨きの主人公が匿う.この少年が非常によい.この佇まいといい顔かたちといいこの少年がこの映画を成り立たせていると云っても良いほどに良かった.

Le Havre Hosted by Picasa

もう一枚、この少年は妻が入院中に来たのであるが妻と会う場面が絶対になくてはならないだろなと思っていたらそれが実現した.

Le Havre Hosted by Picasa

そしてこの男性、彼は冒頭に靴を磨かせる客として登場して彼が座っていると廻りに敵対するギャングらしいのが何人か登場してきて遠巻きにしていると靴磨きの途中で立ち上がって画面から姿を消すと銃声が聞こえる.それだけしか出演していないのであるがその顔立ちオールバックの髪型、その圧倒的存在感で辺りを圧倒している.これぞカウリスマキ的登場人物に思えたがそれは何処にあるのかと思った.

Le Havre Hosted by Picasa

次にはこの男である.観ている時は全く気付かなかったがこの男はトリュフォーやゴダールが撮った数々の作品に登場していたジャン・ピエール・レオであった.彼は密航者の少年が駅で靴磨きをしているのを密告する役である.ただそれだけしか登場しない.この二人に共通するのは髪型がオールバックだということである.カウリスマキは男性の髪型を気にしている作家だと感じる.

Le Havre Hosted by Picasa

以下は「レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う(1994)」のロックバンド、レニングラード・カウボーイズの前にせり出したリーゼントをポマードで固めている.

Leningrad Cowboys Meet Moses Hosted by Picasa

序でに彼らの靴も頭髪同様に先がとがって上にせり上がっている.このシーンも色彩を注意しておこう.

Leningrad Cowboys Meet Moses Hosted by Picasa

そしてモーゼの登場である.楽団はこれは観ていない「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ (1989)」で楽団のマネージャーの マッティ・ペロンパーが金を横領して逃げたのが今度はモーゼとして登場している.彼の髪型もレニングラード・カウボーイズと同じリーゼントである.

Leningrad Cowboys Meet Moses Hosted by Picasa

では長編二作目の「カラマリ・ユニオン (1985)」はどんな髪型かを観てみたが、この時は未だ髪型への意識はないらしく、それぞれとりどりでこれといった特徴がない.

Calamari Union Hosted by Picasa

Calamari Union Hosted by Picasa

Calamari Union Hosted by Picasa

Calamari Union Hosted by Picasa

Calamari Union Hosted by Picasa

Calamari Union Hosted by Picasa

Calamari Union Hosted by Picasa

Calamari Union Hosted by Picasa

Hosted by Wikipedia

カウリスマキを離れるけれども上の写真を観ていると写真写りの良いのはおでこが出ている髪型である.これは映画ではなくても絵画についても同じ事が言える.頭部は丸いのがよいのである.特に全面のおでこは丸く出ているのが写真写りがよい.矩形の枠に抵抗して丸い立体を主張しているということがよいのかとも思う.ヒッチコックの「ロープ (1948)」のジョン・チャンドラーはあのおでこを見ているだけで嬉しくなる.ヒッチコックの最高傑作だと思う「めまい (1958)」で前半の高貴なキム・ノヴァックと如何にも俗っぽいキム・ノヴァックは髪型で区別していた.高貴な彼女はおでこが出ている.

扨、カウリスマキの男性の髪型に戻ると、「過去のない男(2002)」の記憶喪失する男の髪型はオールバックであったと思った.これが「ル・アーヴルの靴磨き」の二枚の髪型に呼応しているのだろうと見直してみた.見知らぬ土地にやってきてどうしたものかとベンチに腰掛け考えあぐねている.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

そして眠り込んでしまったところを後ろから暴漢どもに殴られ金品を奪われ記憶を失ってしまうのである.この髪型はオールバックである.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

病院では死亡を宣告されるが蘇り頭の包帯も撮れた頃の髪型、真ん中で分けているが基本的にはオールバックである.髪型の話はここまででおしまいである.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

また、「ル・アーヴルの靴磨き」に戻ると、これはアフリカから密航して逃げている少年を靴磨きの男が自宅に連れて来たところである.この時妻のカティ・オウティネンは入院していて家にはいない.この画面の美しさは何であろうかと思う.

Le Havre Hosted by Picasa

次はこれである.左の八百屋は金を払わない靴磨きに店を閉じた振りなどしていたが妻の入院と少年を匿っていることで急に優しくなって食料を分けてくれる.

Le Havre Hosted by Picasa

そしてこの画面、この素晴らしさには思わず声を上げたくなるが、この三枚とも縦の構図である.この三枚これが映画の一ショットと知らなければそれぞれ一枚の絵画のように見える.併しここで問題にしたいのは色彩である.深くくすんだグリーンに赤とオレンジと黒の組み合わせである.オレンジと赤は両方はいる場合もそれぞれ片方の場合があるが基本はオレンジである.これをカウリスマキ色と名付けよう.

Le Havre Hosted by Picasa

この色の組み合わせが使われているのは既に「レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う」にも垣間見られる.これはモーゼが楽団一同に今後の作戦を伝えるところであるが不完全ながらカウリスマキ色の萌芽がみられる.

Leningrad Cowboys Meet Moses Hosted by Picasa

彼らがモーゼに率いられて故郷に向かうバスは特権的なオレンジである.

Leningrad Cowboys Meet Moses Hosted by Picasa

併し「過去のない男」ではカウリスマキ色はもっと圧倒的である.これは病院を逃げ出して倒れているところを助けてくれた殆どホームレスのような家族の小屋で手当をして貰った所である.カウリスマキ色全開である.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

これはその小屋の外でこの屋の主と話しているところ.暗い中ではなくこのように外光の許でもカウリスマキ色である.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

ホームレスを搾取する悪徳警官から借りたコンテナハウスを掃除して家具を置き電気を通しジュークボックスまで置き改装した時である.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

彼の恋人になる救世軍の女性カティ・オウティネンの自室に入るところ、入り口の扉の内側が特権的なオレンジで、その扉は彼女が開き閉じられるので見た目オレンジの面積が変わり余計目立って彼女が私はオレンジだといっているが如くである.「ル・アーヴルの靴磨き」で妻カティ・オウティネンがオレンジの服を着て登場する所と呼応している.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

彼女を家に呼んで食事を振る舞い、ソファーで音楽を一緒に聴くところ.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

救世軍の楽団を家に呼んで音楽のレパートリーをもっと抹香臭くないものに広げようと音楽を聴かせ、楽団の制服の色が紫っぽくて外れるが基本的にカウリスマキ色と調和している.彼が救世軍の幹部を説得してコンサートが度々開かれるようになる.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

これは彼女を初めて悪徳警官から借りた車でドライブに誘うところである.カウリスマキ色の手前に車の薄いブルーが映えて車を美しく際立たせている.良い映画作家の撮る車は必ず輝いている.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

所がこのシーンである.全くカウリスマキ色ではない.ある事件に巻き込まれて彼の写真が新聞に載ると彼の妻から夫であると云って来たのである.恋人のカティ・オウティネンは初恋であるが妻帯者とはつきあえないという.彼には妻の記憶は全くないが戻らなくてはならない.妻の許に戻ると事情が分かった.彼らは離婚するところであったが夫が行方不明になってしまったのである.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

妻の恋人も駆けつけてきた.恋人は決闘をするかというが彼はその必要はない.君が彼女を幸せにしてくれればよいといってこの非カウリスマキ色の世界とはお別れである.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

そして彼は恋人の許に戻る.そこは濃密にカウリスマキ色の立ちこめる世界である.

L'Homme sans Passé Hosted by Picasa

昔ルイス/マイルストンの「オーシャンと十一人の仲間(1960)」を観た時、オーシャンと十一人の仲間が幾つかのカジノを手分けして襲って金を奪う話であったが、それぞれの襲うカジノが何処を襲っているかが解るように色分けして示されていることに気付いた.併しこれは便宜的な区別である.カウリスマキのは情緒の奥深くに響くような色の使い方である.「ル・アーヴルの靴磨き」から出発して思わず「過去のない男」をもう一度観る結果になり、主人公にとって肯定的な場所と否定的な場所が色で区別されているということに気づかされるという結果を招いたことは嬉しいことだ..

top