viva cinema

加藤泰「江戸川乱歩の 陰獣」

BeauMale
2012.5.5

この映画は前から観たいと思っていたものである.幸い DVD がそれほど高くなかったので買うことが出来た.実はこれの前に鈴木清順の「悲愁物語(1977)」を観て苦手な鈴木清順のことを書こうと思ったのだが、筆者の映画的教養などたかが知れているとは言え余りにもかけ離れていて、何というか、とても耐えがったくてこれは無理と諦め加藤泰の「江戸川乱歩の 陰獣((1977))」を観たのである.偶然にせよ制作年が同じというのは後で気付いて驚いた.筆者としては加藤泰の方がずっとあっている.所でこの下の予告編と比べて DVD は横幅が短い.トリミングしているのであろうか.そうであれば非常に残念だし腹立たしい.加藤泰研究序説――奥行きを利用した映画の演出について は加藤泰の縦の構図は横幅が広くなった映画に対する一つの解答である旨が述べられている.

YouTube - Clip 江戸川乱歩の陰獣 (加藤泰)


売れっ子の探偵小説作家、寒川光一郎(あおい輝彦)は最近出て来た新趣向の怪奇幻想のまやかしは読者に迎合しているが、例えば大江春泥という作家に不満を持って自分はあくまで本格探偵作家を目指す旨を独白の形で述べる.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

そこに白い足袋に夏らしい白っぽい着物の裾がすっと一瞬手前に見える.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

直ぐに上半身を映してそれが美しい女性だと解る.縦の構図である.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

振り返る寒川光一郎の前を通り越したとき寒川の視線は彼女の背中に見える蚯蚓腫れに釘付けとなって、その女性が通り越すのが位置関係がよく解らないのだが、もう一度今度は女性が軽く会釈してた寒川の前を通り立ち止まり寒川は手前の方に来る.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

そして次のショットは帝室博物館(上野の国立博物館)の正面を手前の噴水のある池から撮って中程の樹木の下に寒川が立ち、奥の正面入り口からさっきの女性が日傘を差し出てくるという美しい構図である.加藤泰は他の映画でも水面ぎりぎりのローアングルの美しい映像があった.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

ここまでがタイトル前のシーンで、寒川の小説が映画化されその撮影が京都で行われて寒川や雑誌社のスタッフが京都に行き最後のクライマックスシーンの撮影見学や主演女優との対談や講演うというシーンの上をタイトルが流れる.

そして本編は東京に戻った寒川が古本屋で買い物をして外に出しなに博物館でであった美人と衝突して彼女が風呂敷に包んで持っていた本を落とすところである.二人供がそれを拾おうとして、

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

屈んで手が同時に伸びる.こうした一寸した画面が良い.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

その屈んだ弾みに寒川の眼はまた彼女の背中の蚯蚓腫れに向かうのである.彼女の持っていた本は映画化される彼の著作であった.二人は無言で並んで道を進むが女性から寒川先生で御座いましょと声を掛ける.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

二人はカフェーに入り彼女が大の寒川ファンで全ての作品を読んでいると知り口も軽くなり談笑する中に、彼女は実業家の小山田六郎(大友柳太朗)の妻静子(香山美子)であると自己紹介をする.夫は仕事で四年前に英国に渡り一年前に戻ってきたが文学には興味を持たないことが知らされる.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

二人の談笑する姿はテーブルを挟んで捉えられ、その前をい人が行き来する.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

それが今度は全く反対の外側から撮られ今度は二人より奥に他の客達が行き来するのが見える.静子が寒川に大江春泥と知り合いかと問われ寒川は不機嫌になるが、大江春泥こそ冒頭でまやかしと非難した作家である.併し、今後も手紙を出したりしても良いかの問いに機嫌を直して二人は別れる.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

外に出ると雑誌社の本田達雄(若山富三郎)に捕まって隅に置けない奴だとからかわれ、彼女は本当にシャンであるといわれ夫が凄い実業家だと云うこと改めて知らされる.また今日は締め切りだが原稿はどうだと云われて山の上ホテルに缶詰を言い渡される.この画面も面白い.廻りを様々に囲まれた狭い空間を作り出し、その中に二人を押し込めて撮る.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

小山田六郎が高級車で仕事から戻って来たところ出迎えた妻静子とねいやと呼ばれる女中が出迎えるところが車の中から撮られている.これも上と同じに囲われた狭い空間を作っている.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

夫はこれから碁を打ちに友人の所まで行くというので静子は女中に食事の準備を急がせる.この縦の構図もさっきのカフェーの縦の構図と同じに反対側からも取られる.反対だと食事をしているテーブルの奥に女中が見える.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

小山田六郎の訪問先は植草河太郎(仲谷昇)、植草京子(野際陽子)夫婦の許でそこにはイギリス人のヘレン・クリスティ(田口久美)が滞在していて小山田六郎はこの女と碁を打つのである.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

その光景がずっと寄ったキャメラに捉えられる.碁石が碁盤に当たる音が盛んにしている.植草河太郎が変なことを小山田がロンドン滞在中にヘレンに教えたものだと云えば、妻の京子はヘレンは何を小山田に教えたのかといって一同意味ありげな薄笑いを浮かべる.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

小山田はそれを引き取ってヘレンはこの石の音が堪らないのだと云うといきなりヘレンの顔がアップになる.そして二人はぴしりぴしりとまるで鞭の音であるかの如く競うように石を強く打ち付ける.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

こちらは山の上ホテル、缶詰で執筆するのを偵察に本田達雄がやって来た.原稿を見て締め切りに間に合いそうだと云い、家から持ってきた手紙を渡す.その中に小山田静子からのがあった.彼はそれに飛びつき、その日に彼女が彼の許を訪問するとあって慌てる.本田は編集員が撮ってきたと云って大江春泥の浅草の芸人に扮している写真を見せるが彼は違うという.その中家から電話があり女性のお客だと云われて寒川は飛び出す.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

笑顔の挨拶もそこそこに静子は神妙な様子で相談を聞いてくれと云う.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

三通の手紙が渡されそれを読んでくれと云われる.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

寒川が読み始めるとキャメラは彼の周りをゆっくりと回り始める

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

真横に廻り.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

真後ろに来て彼が熱い中駆けて来たたことが解るように着物の背と首筋に汗がにじむのが見える.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

更に彼の右半身を映し、

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

また正面に戻る.この一周は手紙を読み終える時間なのであった.こんなやり方で時間の経過を示すと同時に寒川の精神状態を表しているのだと思うが初めて見る手法である.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

手紙の最後が映され、そこには「復讐鬼 大江春泥」とあって彼は眼を見張る.彼女が云うには静岡で未だ女学生で十八の時本名を平田という大学生の春泥に恋をしたが彼を捨てて、父が事業を失敗したのを契機に静岡を離れその後両親は他界して小山田六郎に嫁いだ.併し夫には春泥のことは伏せて他の男は知らないと今でも嘘をついたままである.春泥はそうした私の居場所を見つけて復讐すると云っている.どうしたら良いかの相談である.寒川は今まで春泥を散々批判をしたが一言の反論もない.実際そんな復讐などやれる人間とは思えないといって安心させようとする.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

ということで雑誌社の本田と静子との三人で浅草を捜しに行くが、雑誌社の写真は違っていた.本田が云うには春泥は決して姿を現さず居場所も転々として捕まらない.原稿も戸の隙間から女房が渡すだけだという.それが映像として表されている.

そんなある日、静子から家まで来てくれと云ってきた.女中はこの日は休暇を与えていないという.春泥から新たな脅迫文が来たのである.お前の前で夫を殺してやる、お前の様子はずっと見張っていると云うものである.その二人が話す様子が低い位置から机の角が二人を分けるように撮られている.こういう画面も初めて見た.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

彼女は春泥が屋敷内にいると怯えている.上から腕時計の音がしたという座敷に行くと天井に隙間が見える.彼女の安心のためだと云って寒川は天井裏に登って点検することにした.埃の上に人の足や手の跡が残り、隙間も見る.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

隙間からは下の彼女の姿が見えすっかり怯えた彼女は下から春泥に許しを請い夫の命だけは助けてくれと云う.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

寒川はその隙間に顔を近付けて覗くところをしたから撮ってなかなかの不気味さを演出している.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

寒川はそこでボタンを一つ拾う.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

登ったのとは別の場所から降りると云って降りた場所は物置のような所で外への扉を開けるとそこには静子がいて暗がりで日の光には慣れない眼で見るとかくやといった露光オーバーの映像で彼女の顔が表示される.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

寒川は春泥は何も出来やしないとその晩は天井のない洋間で寝ることを薦め、

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

玄関で帰ろうとしているところに小山田六郎が車で戻ってきた.玄関の目の前に横付けした車の窓硝子に二人の姿が映り運転手が敵意を込めた視線を寒川に向ける.これなどは一度に捉えられない目線を並べて捉える工夫に反射を使っているように思える.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

その日なのかどうか解らないが、隅田川の吾妻橋で寒川はぼんやり河面を眺めていたら、

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

縛られ吊されるら女や、裸体で鞭打たれ悲鳴を上げる静子の姿が浮かんでくる.彼は彼女の背中の蚯蚓腫れしか知らないのでそれがトラウマとして脳裏に焼き付いているようである.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

隅田川の一銭蒸気の船着き場に一人の婆さん(菅井きん)がとんちんかんなことをいって係員(藤岡琢也)を困らせ船賃を五厘しか払わず便所に入ってしまった.便所の穴を見て人が死んでいると悲鳴を上げる.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

係員が見れば便所の穴の下は川にそのままだが死体が浮いている.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

引き上げられた死体は背中に刺し跡があって鬘を被っていた.死体は小山田六郎のものであった.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

通夜の夜寒川も駆けつける.手前に棺桶があり縦の構図で参列者がいる.寒川は違う人種のように人々の注目を浴びる.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

もう一人こちらは確かに違う人種のヘレン・クリスティもやって来た.彼女は棺を撫でて帰ってしまった.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

別室の洋間に寒川と静子は退き彼は春泥がそこまでやれるとは思わなかった不明を詫び、死んだ時の様子を聞き出す.鬘を被っていたことに彼女は注目させる.部屋に乗馬用の鞭があるのでそれを手にして小山田が乗馬をするかを訊くと一瞬慌てた様子だったが、無いと応える.鞭を柱に打ち付けてみると彼女はその音に堪らないというばかりに鞭を取り上げてしまい.昨晩ブラインドが降りていない窓から覗かれていたと話を変える.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

同情して口吻をするがそれは一瞬であった.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

寒川は通夜に来ていたヘレン・クリスティを追って横浜に行く.ホテルのバーのカウンターに彼女の姿が映る.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

そして彼は彼女のしている長い手袋のボタンが天井裏で拾ったのと同じだという事に気付く.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

部屋に戻る彼女を追うと彼女の方から彼を部屋に入れる.そしてまたしても鏡像である.鏡の前でボタンのことを尋ねる.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

その手袋はロンドンで小山田が彼女に買ってくれたものであり、小山田もお揃いの男物を買ったという.その話をしていながら彼女は服を脱いでいく.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

その脱いでいる最中に彼は彼女の背中にも蚯蚓腫れのあるのに気付く.彼女は服を全部脱ぎ捨て大きなトランクをベッドに投げ上げ、中のものをどんどん放りだして乗馬鞭を取り出して彼に自分を打つように云う.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

彼は彼女をしこたま打ち据えて彼女が小山田の愛人であり、サディズムは彼女が小山田に伝授したことを知る.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

寒川は静子にボタンやサディズムの話をするが、彼女は無関心である.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

彼は小山田が春泥の振りをしたと推理して窓から見ていたという男も小山田だという.そのための鬘であるという.小山田を殺したのはヘレンか静子のどちらかだがヘレンはもう日本を離れてしまったという.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

二人だけでいたいいという静子に応えて二人は関係を持つが、

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

寒川は狩猟民族は鞭で農耕民族は縄だと云っていたようにその最中に妄想する絵が挿入される.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

雑誌社の本田は尚も春泥の探索を続けていて静岡に来た

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

ここで加藤泰は小津安二郎へのオマージュを送っている.ちらりと映されたポスターは小津安二郎の「落第はしたけれど(1930)」で斎藤達雄や田中絹代の名が見える.これはサイレント映画である.因みに長編のトーキーは「一人息子 (1936)」からである.このポスターでこの映画の舞台が 1930 年であると解る.映画には関係無いが、寒川が缶詰にされる「山の上ホテル」はこの時代には存在しなかった.Wikipedia - 山の上ホテル によると、アメリカの進駐軍に接収され陸軍婦人部隊の宿舎であったが Hilltop と呼ばれていたことから「山の上ホテル」と命名されたとある.1930 年には建物もホテルもなかったのである.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

本田はその地で春泥の本名平田を好きだったという女性に話を聞く.彼女は静子が静岡を離れるときに平田にあったがげっそりやつれていて、静子が東京に一緒に連れて逃げてくれと云われていて彼は静子の執拗さに参っていた.その後ぷっつり姿を消して死んだと思っていたが大江春泥という名で世に出て驚いたと云う話である.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

次のは非道くうらぶれた場所の倉庫かと見間違えるような家屋で男女が睦み合っている.女の方は本田が以前会ったという春泥の妻である.終わって~彼女は彼に金を払い、せがまれて薬の瓶を与えている.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

傍らにある冊子には市川荒丸という役者名があってこの男らしい.このシーンはそれだけである.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

この女の顔は良く憶えておこう.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

次は歌舞伎座の前に小山田家の自家用車が止まった.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

降り立ったのは小山田静子である.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

そして彼女を向かいに出たのは寒川である.二人はこの日は観劇である.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

出し物は半裸の男女が群舞する創作舞踊のようなものである.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

舞台で踊る役者の独りが突然血を吐いて舞台から転げ落ちる.その役者は舞台の袖で薬を飲むところが映されている.市川荒丸である.遅れてきた本田が春泥だと叫ぶ.本田は原稿を取りに行くとき春泥夫婦を見ているのだ.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

寒川は本田から静岡でのことを聞いた.歌舞伎座を出てから寒川と静子の二人は静子が二人のために用意したという朱塗りの部家に行く.そこで彼は彼女の髷を解き、

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

鑑の前で眼鏡を掛けさせはに金歯を填めほおに膏薬のようなものを貼り付けると彼女は春泥の妻になった.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

そして漸く解けた謎を語り出す.春泥は存在せず、夫の英国遊学中に春泥の名で書いた作品が当たったものだからそれを今度は現実に再現しようとした.疎ましくなった夫を殺害したというと彼女の眼の中に落下していく夫の姿が映る.更に、邪魔になった市川荒丸を殺害して春泥だという平田も殺害していたのだ.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

静子は寒川に乗馬用の鞭を渡し打つように云い、すんでの所で打とうとしたが思い留まった.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

更に身体で誘惑されてむさぼるように抱きしめるが矢張り思いとどまり、部家の中央にある下に降りる階段を下りていく.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

静子の取る道はこれしかないであろう.断崖絶壁の先端に立つ.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

そして身を躍らせた.

江戸川乱歩の 陰獣 Hosted by Picasa

このどろどろとした物語.筆者は推理小説はまるで苦手で、勿論映画で推理などしようとも思わない.唯々導くままに従いていくだけである.物語の筋など直ぐに忘れてしまう.併し、どういう画面があるのかは忘れない.この映画は最後のどんでん返しを知っていても面白い.

top