viva cinema

ボリス・バルネットの「青い青い海」は生に溢れる

BeauMale
2012.9.1

今日は嬉しいものが来た.ボリス・バルネットの映画は昔「ボリス・バルネット映画祭」というのがあってその時主要な作品は殆ど観たと思うが、果たしてもう一度見ることが出来るのだろうか、観ているときは必死に全ての画面を頭に刻みつける思いであったが淀川長治さんでなければそんな事は出来ない.時々 DVD が出ていないのだろうかと思っていたが先ずスターリン時代のロシアの映画作家の DVD など出るはずはないと諦めていたが数ヶ月前に Amazon.co.jp: ボリス・バルネット傑作選DVD-BOX の予約受付があった.一も二まなく申し込んだが一月遅れで今朝届いたのである.BOX には三本入っていた.「帽子箱を持った少女 (1927)」、「国境の町 (1933)」、「青い青い海 (1935)」である.監督については Boris Barnet|ボリス・バルネット傑作選|監督紹介 にある.これで観に行ったのかこの開催日付の年号が無くこのリンク先の「ボリス・バルネット傑作選」だったのか 1980 年代か 1990 年代であればそうである.劇場はユーロスペースなので調べて見たら 2012 と今年の特集なのでここであるはずはない.

となると一体何処で何時観たのかが知りたくなった.映画のことをメモしてあるフォルダーを見たらメモがあった.それには ボリス・バルネット生誕100年祭 のリンクもあって上映作品は全部書いてあった.しかし、このファイルを作った日付は 2007 年であるからこの「ボリス・バルネット生誕100年祭(2002)」に行ってはいないと思う.行った年は記憶違いかと思ったがやはりもっと前である.検索しても見付からないし探しようがない.

Hosted by Picasa

YouTube - Nicole Brenez on By the Bluest of Seas 英語字幕


ボリス・バルネットの「青い青い海 (1935)」である.冒頭このように猛烈な嵐の海が映される.この海はカスピ海である.上のヴィデオで観られる.こんなつまらない文を読むよりそっちを観た方がよい.この荒波の様子だけでも一見の価値がある.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

たけり狂う波を映す一方ぼやけた太陽の前を鳥が行き交うところが映される.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

再び荒波と空と海が交互に映される.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

海も光の方向を変えて映される.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

この嵐で船が沈没して水に投げ出された二人の人物が木ぎれに捕まって必死に生き残ろうとしている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

その一人金髪の青年はアリョーシャ(ニコライ・クリューチコフ)で、

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

もう一人黒髪の方はユスフ(レフ・スヴェルドリン)である.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

二人は二晩南の方に流された.嵐も収まった夕暮れに漁船がやってきた.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

最初にアリョーシャが引き上げられる.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

次にユスフであるが冒頭の凄まじい波のうねりを見ればこの映画はさぞかし悲壮なものと思うが、ここでユスフは脇の下を持って引き上げられるときに「止めてくれくすぐったい」と叫ぶのでこの話は幾分喜劇なのかと観客は安堵する.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

その後の展開は映像になく風景で時間の経過が知らされる.アゼルバイジャンまで流されたようで二人はそこの島に用がある.二人は島まで小舟で送って貰うがぐっすり寝込んでいる.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

到着して起こされ船から下り浅瀬を横移動で進むがこの映画海に向かっての逆光の写真が美しい.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

そして浜に上陸して島の美しさを賛嘆する言葉を吐くが程なく奇妙な光景を目にする.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

二人の視線の先に見たものは女達が浜で這いつくばっている姿であった.時々銃声もする.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

銃声の主は鴨猟していた猟師でその銃声の度に皆伏せるのである.二人が背後から近づいた女性は大声で猟師に向かって死んだ鴨にも当たらない鉄砲、島の中をおちおち立って歩くことも出来やしないと悪態をつく.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

その前をその猟師が現れ非難には全く答えずまた何発もぶっぱなつ.鴨がばたばたと飛び立ち当たりはしない.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

悪態をついた若い女性は見知らぬ二人に気付き二人を品定めするように笑顔を浮かべながらじろじろと見る.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

二人も我こそはと満面の笑みを浮かべ彼女に胸を張って自分を見て貰う.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

次の瞬間彼女はこうである.舌を出したかと思ったら行ってしまう.矢張り喜劇なのである.彼女はマーシャ(エレーナ・クジミナ)である.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

遠ざかりながら時々二人の方を振り返りつつマーシャは歌を歌う.この映画はミュージカルでもあるのだ.この映画の出来たのは 1935 年、ハリウッドではミュージカル全盛の時代である.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

二人の男はマーシャに一目惚れである.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ここのシーンを断ち切るように空ショットが幾つも挿入される.実は二人が遭難から救助され船に上げられてから島へ送って貰うまでの間も似たように空ショットが何枚か挿入される.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

この地が漁村であることを表すようなショットであるが物語とは関係がない.今回の一連の空ショットの背後には漁村の労働者の謳う労働歌が聞こえている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

全部の空ショットを拾ったわけではないがどれもが美しい映像である.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

1935 年という時期に果たしてこんなに沢山の空ショットを入れた映画作家がいただろうかと思う.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ということはボリス・バルネットは次の時代の作家を先取りしているということか.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ここはコルホーズの本部である.アリョーシャは誰かいないか呼んだが答えがない.そこで勝手に入って食卓に座って飲み物に手を出していた.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

アリョーシャは気付かないがマーシャが漁の網を畳んだのを抱えて入ってきて彼女の後をつけるようにユスフが後から来たが彼女に気付かれ隠れてしまう.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

マーシャはアリョーシャが座り込んでいるのを見て後ろでいきなり網を下ろすとアリョーシャは驚いて椅子をひっくり返して仕舞う.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

アリョーシャはコルホーズの人はいないのかと尋ねるとここにいると彼女は自分をさす.彼はポケットから指令書を出すが書類は水に浸かって文字が消えている.ここのコルホーズで機関士を求めて来たろうと訊くとその通りでアリョーシャ自身が派遣された機関士であった.ここの機関士はどうしたのか尋ねると徴兵で太平洋艦隊に行っていると云うことであった.彼が求めていた機関士であったことを知って二人は握手する.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

その中他の幹部達もやってきてアリョーシャは一人一人握手した後に改めてマーシャとも握手をする.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

マーシャはエンジンで動く漁船に彼を案内する.ここでこういうシーンがあるのはすっかり忘れていた.アリョーシャがどんな乗り物でも乗れると飛行機まで持ち出したので、彼女はほらっと云って彼の胸元に手をやると彼は何事かと胸元を見る.すかさず彼女は彼の鼻を摘んで嘘をつけという.アリョーシャはお返しとばかりに彼女の首飾りの玉を掴んでほらっと云って彼女の鼻を摘んでやるとそれを振り解こうとした瞬間に首飾りの紐が切れて玉は床に落ち海に落ちて仕舞う.ゴダールが引用したのはここではなくもっと後のシーンであるが、先にこういう首飾りが切れる画面があるのは忘れていた.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

二人の様子を隠れて窺っていたユスフが飛び出して彼の尻を蹴飛ばし海に突き落としてさっさと潜って首飾りの玉を拾ってこいと云う.そして彼女に彼奴は必ず探してきますからコルホーズの本部へご案内下さいと書類を出すが彼のも文字は消えている.判子だけは消えていないと彼はいう.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

翌日からユスフとアリョーシャのコルホーズ生活が始まる.二人が海岸で何か顔を顰めるほど酸っぱい果物を食べている様子をマーシャが見ている美しいシーンである.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

マーシャが満面笑みを浮かべて二人に近づいて来た.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

彼女に気付いたのはユスフだけでアリョーシャは気付かない.ユスフが上半身裸であるのに気付いて服を着るから待ってくれと云う.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

マーシャはその様子を見ていたずら心で持っていた壺の水をユスフに向かって掛けようといたら自分自身が被ってしまった.これは失敗と彼女は足早にその場を去る.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ユスフは服を着終えて彼女がいないので慌てて走り出したら足を何かを踏んで痛めてびっこを引きながら追うユーモラスな画面がロングで映される.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

そして何とか追いついた.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

この画面台詞は全く聞こえないがさっきまで食べていた酸っぱい果物を彼女に差し出す.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ユスフは彼女から壺を受け取り果物を彼女に渡し痛めた足をこんな様に持ち上げて彼女の後に従うこのシーンも滑稽で面白い.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

アリョーシャはユスフのいないことにやっと気付いて浜を見ると二人が仲良くやっている.先を越されてしまったがもう遅い.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

マーシャは貰った果物を方張るが余りもの酸っぱさに顔を顰め半分はユスフに返す.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ここで割と長い字幕が入って、二人は漁期の間北から冷たい風が吹くときも、南のインドから熱風が吹くときも毎日船で漁に出るといったことが書いてあり、アリョーシャ機関士としてコルホーズにあるただ一艘のエンジンで動く漁船を運転し、

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ユスフも乗船して仕事に勤しむ.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

突然アリョーシャの若大将然としたこういうショットでこれは歌を歌うに違いないと思ったらその通り彼は歌うのである.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

その歌声に被るように人々がアリョーシャを呼んでいる.コルホーズ長もアリョーシャの姿が見えないので心配そうにしている.その中一人の爺さんがアリョーシャが胸が痛いと云っていると伝えてきた.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

普段ならエンジン付きの船が真っ先に出るのだろうが帆で走る小舟が次々と出て行く.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ユスフは報告を聞いて親友が一体どうしたのかと飛んでくる.ぼやぼやしている暇はないぞ、お前がいないと船は動かない、さあ行こうと促してもアリョーシャは心臓の辺りに手を置き何も答えない.医者を呼ぶかというが要らないという.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

アリョーシャがこれではと諦めて汽船に乗る連中は小舟漕いで出発した.皆が出た後アリョーシャは何処に行くのか船を出して漕ぎ出す.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

夜になって漁師達が帰った後にアリョーシャは一人戻って来た.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

彼は家にも入らず真っ直ぐにマーシャの家に向かうが途中干してある網に引っかかって音が出てユスフに気付かれ、アリョーシャがマーシャの家に入ったところをユスフは窓から覗いている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

アリョーシャは後ろに隠し持っていた花束をマーシャに贈る.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

それだけではなく首飾りを出してマーシャに渡す.マーシャは嬉しそうであるが受け取るわけにはいかないという.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

そこにユスフが飛び込んできてマーシャに失礼すると断り、邪魔されてそっぷえを向いているアリョーシャに話があると連れて行ってしまう.マーシャは首飾りを返す暇がなかった.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

翌日コルホーズの会合でユスフは大の親友だがと断って、アリョーシャが仮病を使って仕事をさぼり街に首飾りを買いに行った.機関士はアリョーシャ一人だと云うことが何故解らないのだ.お陰で水揚げ量は五分の一に減ってしまったとアリョーシャを非難する.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

アリョーシャは俺にも話させてくれと立ち上がるが言葉が出てこない.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

キャメラはアリョーシャを睨め着けるマーシャに切り返され彼女は首飾りを掴んでいる.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

彼女が力を込めると首飾りは切れて玉が落ちていく.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ショットは彼女の足許に変わり玉が幾つとも無く落下して床に弾み転がるのである.この一瞬のシーンにある運動性筆者もこの画面を劇場で見たときからこの映画はこの画面で憶えていた.これがゴダールが「新ドイツ零年」で引用した場面である.何の文脈もなく挿入されるである.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

それを見る何とも言えないアリョーシャのアップでキャメラはどんどん引いていくがバックがさっきとは違っている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

コルホーズで非難されてアリョーシャはどうなったかは何も映像が無く、この嵐の波の映像である.、

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

浜も激しく風が吹き荒れている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

その荒れた海に船が一艘波に揉まれている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

船にはマーシャも乗っている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

一方、あの二人アリョーシャもユスフも船室で悶々としているのである.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

こちらはユスフの方である.二人はマーシャのことで頭がいっぱいである.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

二人は喧嘩で決着しようかと睨み合うその時マーシャが大波にはじき飛ばされて船室の二人の間に流れ落ちてくると云うおかしな場面があるが、

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

この嵐のさなか船室でもめている場合ではない、二人もデッキに出て働く.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

マーシャもデッキにまた戻ったが大変なことが起きる.大波でさっきは船室まで流されたが今度は波は彼女を海に浚っていってしまった.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

全員がマーシャの遭難を知って何とか助けようと浮き輪や縄が投げられ、アリョーシャもユスフも相次いでこの荒波に飛び込み彼女を救おうとする.キャメラは水面は映さず船の上の人たちしか映さない.マーシャの姿は見えなくなってしまったようでアリョーシャとユスフが引き上げられた.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

そしてこの不吉さを現すのだろうか横線の雲のかかった夕暮れの太陽のショットが入る.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

コルホーズでは長が皆の前で海が同士マーシャを奪ってしまった.最早あの美しいマーシャを目にすることは出来ないと沈痛な面持ちで弔辞を述べている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

その一方浜では虚ろに虚空を見詰めるアリョーシャがこういうポーズで映され、

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

傍らのユスフもただ悲痛な思いで虚空を見詰めている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

この映像浜に打ち上げる波が映されその波の動きと同じにキャメラがパンして浜を駆け上がる水を追った先に

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

二人の姿があるという非常に素晴らしい映像である.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

浜の二人とコルホーズの哀しみ言葉もない人々が交互に映され喪失感が表現される.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

また波のショットで同じ事を繰り返すのかと思ったら波の方向が違うし何よりも水に人が漂っている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

その人は波に翻弄され自力では岸に上がれない様子で浮き輪を抱えていることが分かる.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ユスフもその人影に気付いてその方向を頻りに見詰めている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

このショットで明らかにその人はマーシャであると解る.ユスフはアリョーシャにあれを見ろというとアリョーシャは幽霊でも見たように一瞬後ずさりする.併しそれが生きているマーシャだと解って二人が脱兎の如く走り出す.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

その様子が今度はマーシャの側からのショットで映される.このシーンも素晴らしい.二人は相次いで水に飛び込み波に翻弄されるマーシャに向かって泳ぎ出す.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

二人がマーシャを助け出すシーンはなくて次は救い出したままの姿でコルホーズの本部にやってきたシーンに変わる.マーシャはコルホーズの仲間達の様子を見て人事のように誰か死んだのかと二人に尋ねる.キャメラはこの三人を映し続けて室内は映さない.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

二人は死んだのは君だよと大笑いして彼女を真ん中に置いて韃靼人の踊りのようなのを踊り出しその音楽が入る.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

コルホーズの人々もやっとマーシャが生きて帰ったことに気付きマーシャはもみくちゃにされ誰かに担ぎ上げられ演台へと向かう.そしてマーシャは昇進を告げられ贈り物を貰う.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

次にはユスフが皆にもみくちゃにされ何度も何度も胴上げされる.併し彼は気が気じゃない.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

なぜならアリョーシャはこうしてマーシャと行ってしまうからである.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

胴上げが終わってこれでアリョーシャを追えるかと思ったらユスフにも贈り物の服が与えられ喜んで受け取り行こうとすると試着しろの声.服はぴったりだからお願いだから放してくれ、俺から幸福が逃げていくというが着終わるまで放してくれない.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

一方アリョーシャはマーシャを家まで送ると彼女は贈り物の服を着るからと戸の外で待たされる.そこにやっと解放されたユスフが来るのでアリョーシャは何処かに隠れてしまった所に着終えたマーシャが出て来たがアリョーシャがいないのでまた中に入る.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

アリョーシャとユスフはもめにもめて力尽くでアリョーシャがマーシャの部屋に入り彼女に好きだ結婚しようと告白する.併しその後の話の展開は無しにアリョーシャは外に飛び出してきてユスフに彼女が好きなのはお前だと吐き捨てるように云って何処かに去る.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

嬉しいのはユスフ、彼女の部屋に入り座るように云われると彼女の手に頬ずりして君が好きだ結婚しようと告白する.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

アリョーシャは最後まで聞かずに出て行ってしまったがあなたは話を聞いてくれと、彼女は婚約者がいると云って写真を見せる.それでも君が好きだというが、婚約者は太平洋で軍隊にいる.留守の中に裏切ったりしたらどう思うか考えてくれと云われ返す言葉もない.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

海岸にアリョーシャが船を出すのが見え、ユスフも帰り支度をして一度も弾かれることの無かった楽器を担いでマーシャと握手を交わす.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

ユスフはくすぐったがりながらアリョーシャの乗る船に引き上げられ、ユスフは彼女の婚約者のことを話、彼女の話したままに留守中に裏切ったらどう思うか考えても見ろと説教をする.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

陸ではマーシャが笑顔で見送っている.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

二人は帆を上げ歌い出す.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

マーシャが別れの手を振り、

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

風に乗って船は進みこのシーンで映画は終わりかと思ったら、

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

海はこの映画の主題でもある.波が映され、もう一枚別の波のショットが入って日没の太陽が映りその太陽に水を掛けるばかりに波の飛沫が上がって最後まで喜劇であることを忘れない.ここで映画は終わる.

By the Bluest of Seas Hosted by Picasa

この映画はスターリン時代のロシア映画だと思って見ると、そんな暗い時代に何故こんな生き生きとした映画があるのか驚いてしまう.話は単純であるが最初の波のシーンの圧倒的運動感、人々は常にはつらつとしていてよく走る.そして歌が入り踊りも一箇所入るし、コミカルな画面はいたるところにある.スターリン時代のロシアではなくハリウッドの映画ではと思いたくなる.ロシア映画でもまるでエイゼンシュテインは存在しなかったような映画である.ジガ・ヴェルトフは良いけれどもエイゼンシュテインは今ではかなり重たい感じがするが、バルネットの映画は非常に軽快である.アメリカでもこの時代グリフィスは矢張り重たいそういう時代にアメリカもロシアも入ったのだろうといった平行関係が感じられるがその辺の事を云うには筆者には荷が重すぎる.ゴダールはジガ・ヴェルトフ集団を作り、またこの「青い青い海」を引用している.

top