viva cinema

ジョン・フォードの「三人の名付親」は美しい

BeauMale
2012.9.12

ジョン・フォードの「三人の名付親 Three Godfathers (1948)」である.何故これにしたかというと最近観て最も心が動いて矢張りジョン・フォードが良いなと思ったからである.この映画は何時みたのかは憶えていない.日本で初公開は 1953 年となっているのでその時観たはずはない.この映画随分と抹香臭いのであるがそんなこと無視できるほどに素晴らしいのである.出だしが水を汲むところという皮肉が効いている.銀行強盗する町に「アリゾナへようこそ」という看板が立っていて、それが町の名前だとある.最初都市の名前からそれが州の名前になったのだろうか.アメリカ本土で最後の四十八番目に州に昇格した州である.砂漠といえばないものは水、この映画は乾きの映画である.

YouTube - 3 Godfathers Trailer


タイトル、クレジット画面でボブ(ジョン・ウェイン)達三人組は旅をしている姿が映されていたがアリゾナという新しい町の前で止まる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

これはピート(ペドロ・アルメンダリス)で彼は銀行強盗より馬泥棒がよいと云っているが、ボブのそんなけち臭いことをいうなの言葉で彼に従っている.彼はこの地方の地理に詳しい.

3 Godfathers Hosted by Picasa

そして三人目のこれがキッド(ハリー・ケリー・Jr)でボブは常に彼を庇って今回もお前はメキシコ国境で待っていろというがキッドは拒否する.ボブは絶対に銃を撃つなと云って連れて行くことにする.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ここには水が豊富に溢れているがここで充分に水を補給して三人は出立する.これぞジョン・フォードというように空が青く澄み渡っている.

3 Godfathers Hosted by Picasa

町に入って歩みを進めると B.SWEET という表札が庭の囲いに掛かっているのを見つけて、

3 Godfathers Hosted by Picasa

Be sweet(優しくして)だってと三人は大笑いである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

すると庭木の世話を屈んでしていて姿の見えなかった男が立ち上がって私に用かという.かれは通称バック名前はパーリー・スウィート(ワードポンド)であるが笑い転げる三人に怒るでもなく、ここに何しに来たのかカウボーイかと尋ねる.ボブの答えは一寸した取引だと曖昧に答える.

3 Godfathers Hosted by Picasa

バックの奥さん(Mae Marsh)が出て来て彼をパーリーと呼ぶのでこれにも大笑いであるがこの名前がどうおかしいのかはよく解らない.バックは奥さんに皆にコーヒーを出すように言いつける.

3 Godfathers Hosted by Picasa

運ばれたコーヒーをキッドが馬から下りて他の二人に渡す.奥さんから途中で姪夫婦に出逢わなかったかを訊かれるが三人は会っていない.奥さんは道を間違えたのだろうかというとバックはあの馬鹿亭主だったらありそうだという.このことは後の伏線である.三人は大変な荷物を背負うことになるのである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

バックがベストを着ると彼の左胸には保安官のバッチが輝いている.

3 Godfathers Hosted by Picasa

途端にボブの顔つきが一変して険しくなる.三人は早々に出発する.人の良い好々爺然としたバックだが彼も感じるところがあってそれは後で解る.

3 Godfathers Hosted by Picasa

馬が三頭進むところに猛スピードで駅馬車が入ってきた.このすれ違う三頭はさっきの三人かと思ったが違っていた.

3 Godfathers Hosted by Picasa

キャメラはパンして駅馬車が通り過ぎるのを追う.

3 Godfathers Hosted by Picasa

そして駅馬車が止まったところに三人が手前から入って来る.

3 Godfathers Hosted by Picasa

馬車の御者台から若い娘が三人を見て嬉しい景色だと云ってくる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

三人は駅馬車に近づきこの娘と話をする.娘は銀行の頭取の娘で東部のお嬢様学校に入れられていてこの西部の馬や馬具が懐かしくて堪らなかったという.三人に向かって家の銀行とも取引を宜しくねと云うのでボブは必ずそうするという.この駅馬車のシーンは物語とは全く無関係であるがこれから起こることの前触れのように馬の疾走や蹄の音を響かせたのだろう.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ここは銀行の前である.キッドは外で見張り役で実行は二人で行うようである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

一方保安官のバックは保安官事務所で保安官補(ハンク・ウォーデン)とお尋ね者の書類を見ていてキッドの名が挙がってきてバックはやはりそうだったと保安官補に云う.好々爺に見えたバックは見るところは見ていたのである.その時外でいきなり銃声がして二人は外に飛び出していく.

3 Godfathers Hosted by Picasa

銀行強盗それ自体の現場は映されず銀行の前でピートはばんばん拳銃を廻りに向けて発射していると、銀行から走り出て来たボブが金の入った袋を騎乗のキッドに投げ、ボブはピートに拳銃を撃つのを止めさせて一同馬に乗って逃走するが、建物から飛び出してきた保安官達に出くわして撃ち合いになり逃げる方向を変えるが、キッドが撃たれて馬から落ちる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ボブは彼を拾い上げ逃げていく.ここまでの眼の回るような速い動きこれは上の予告編のヴィデオにあるので見て欲しい.これぞ正に活動写真(モーションピクチャー)なのである.そしてモーションはまだまだ続く.

3 Godfathers Hosted by Picasa

保安官達は乗っていた女性をどかしその馬車を徴発して馬車で追ってくる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ジョン・フォードの映画はこういう画面を見るだけでよい.一体どう撮ったらこのように疾走する馬を生き生きと撮れるのかという画面である.

3 Godfathers Hosted by Picasa

追ってくるのは二頭立ての馬車である.何故馬車にしたのだろうかと思うがこのスピード感に溢れる画面を見れば全てよしである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

こういう低い位置からの画面はジョン・フォードは騎馬の追いかけシーンでよく使う.あっという間に馬は大きく映って通り過ぎていく.

3 Godfathers Hosted by Picasa

今度は逆に馬車の側からのショットである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

バックは後ろの男が撃っていたライフルを取り上げて逃げる三人を狙い撃ちにする.

3 Godfathers Hosted by Picasa

弾は水のたっぷり詰めてあった袋に当たる.保安官は最初に三人に出会ったときから水を充分に積んでいるのは眼を着けていた.そして追うのはここで止めるのである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ライフルを渡した男は保安官失敗しましたねと云うが彼は無闇に人は殺せないと云うが、故意に水袋を狙ったのである.そしてこれから鉄道の駅に行くと言う.保安官補は何のことか解らないといった風に訊き返す、

3 Godfathers Hosted by Picasa

三人はロングの俯瞰で砂漠を疾走してくるが追ってくる様子がないので止まる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ボブは傷付き弱っているキッドに水を飲まそうと水袋を見てあのパーリーめやりやがったなとバック保安官が狙い撃ちしたと直ぐに気付く.

3 Godfathers Hosted by Picasa

キッドの傷は大したことないが出血が非道いようである.水筒に僅かばかり残った水は少しづつキッドにだけ与える.

3 Godfathers Hosted by Picasa

一方保安官は駅で十人以上の人数を追跡隊として組織して汽車に乗り込む.三人の行く先が解っていて先回りするようだが何故解るのかは後になって解る.

3 Godfathers Hosted by Picasa

三人は僅かばかりの水だけで砂漠の中を出掛けていく.何処に水場があるかは解っているので希望がないわけではない.

3 Godfathers Hosted by Picasa

そして辿り着いたのは汽車の給水ポンプである.ボブは頭からタンクに飛び込んでもう一生出てこないと云うほどの待望の水である.

3 Godfathers Hosted by Picasa

所が汽車がやってきた.三人は隠れて様子を窺っている.

3 Godfathers Hosted by Picasa

汽車は給水のために止まったのではなく保安官が見張りを三人置いていって見張らせた.見張りは皆ウィンチェスター銃を持っていてボブ達には手が出せない.見張り達は喉から手が出せるほど欲しい水を平気で垂れ流しながら使っている.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ボブはピートを呼んで砂の上に地図を描き保安官は次の給水場のアパッチ井戸で待ち構えていると云うことを見破って裏を掻くことにして元来た道の奥にある水場に向かうことにする.キッドは絶望の余り砂の上に倒れ込んでいる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

水の無いまま三人は再び砂漠を進んで行く.

3 Godfathers Hosted by Picasa

前の写真も美しいがこの美しい映像を見て欲しい.この映画はキャメラはウィントン・C・ホックでこの撮影監督がジョン・フォードと組んだのはこの「三人の名付親」が最初で「黄色いリボン (1949)」、「静かなる男 (1952)」、「ミスタア・ロバーツ (1955)」そして「捜索者 (1956)」で最高度の映画となる.「捜索者」はジョン・フォードの映画の中で最高というばかりではなく、映画史上の最高の映画である.筆者はこの時代のジョン・フォードの映像が一番好きであるがこの撮影監督が好きだと云うことでもある.

3 Godfathers Hosted by Picasa

写真の美しさもさることながら砂嵐がやってきた.この撮影はどうやって撮ったのだろうかと思うが凄まじい砂嵐である.

3 Godfathers Hosted by Picasa

これも同様、同じ事であるが写真の美しさにこれも載せたくなる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

三人は窪地に避難していたが砂嵐が去ると砂がもぞもぞしたと思ったら砂の中からボブが現れその隣にキッドとピートが埋まっている.埋まっている中に馬は何処へともなくいってしまって今後は三人は徒歩で進むことになる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

一方保安官達は次の給水場のアパッチ井戸に降りてここで全員が見張ることになる.ここの太った気の良い小母さんは誰か水をくれと云って来なかったかの保安官の質問に男だったら何でも上げちゃうよの答え.こんなに男の団体は大歓迎だと一同にも云う.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ボブ達三人はやっと目指す水場についたが様子が変である.何か物音がして幌馬車が一台止まっているのでボブが偵察に行く.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ボブは偵察内容を説明する.夫婦者が来たのだが水はなかった.少し待てば水は湧き出すのにものを知らない亭主はあろう事かダイナマイトで爆破してしまった.岩礁ごと爆破したのでどんな大雨という奇跡が起きても水だけは貯まらない.この先この泉を当てに来た人が何人も死ぬことだろう.亭主は馬がアルカリ性の水を飲んで気が狂ってしまったので捜しに行ってそのまま戻って来ないがそれが四日前、亭主はどうなろうと同情の余地はないが気の毒なのは残された妻で彼女は三十ぐらいの善良な女性だが一人残されさぞ寂しかったことだろう.水は今日無くなったということだ.更に悪いことに臨月で今にも生まれそうである.俺は大抵のことに平気であるがこればっかりはどうにもならない.といってピートになんとか出来ないかを頼む.ピートはインデアンの妻がいたが彼女たちは神から教わってどうするかは知っているが白人女はね.と無理だという.キッドがピートにお願いだから何とかしてやってくれと頼む.

3 Godfathers Hosted by Picasa

結局ボブとキッドはサボテンから水分を搾り取りピートがお産の手伝いをする.併しお産の苦痛の声などはこの映画では一切聞こえてこない.

3 Godfathers Hosted by Picasa

時折ピートが水を貰いに来ると絞った水を渡す.初産なので大変なのだという話である.

3 Godfathers Hosted by Picasa

夕闇の迫る頃幌馬車の中ではランプが灯されている.そこへピートが出て来て生まれたのは元気な男の子だと知らせる.彼女が三人一緒に会いたいと言っていると伝える.

3 Godfathers Hosted by Picasa

三人は一人一人自己紹介すると、彼女はこの子を助けて欲しいという.三人の男は無論そうすると約束する.

3 Godfathers Hosted by Picasa

更に三人に名付け親になって貰いたいと頼んでくる.三人とも承知して、赤ん坊は三人の名まっを取ってロバート・ウィリアム・ペドロと名付けられる.この子があなた達みたいに立派な男になったら母さんは是非生きたかったと伝えるよう頼み、息子に最期の口吻をして彼女は息絶えた.

3 Godfathers Hosted by Picasa

さて、これは埋葬のシーンである.ロングでこれは夕暮れなのか早朝なのか逆光の美しいシーンである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ボブがバストショットでキッド始めてくれというと祈祷を始めるのかと思ったらキッドよく響くバスで Shall We Gather at the River? を歌い出す.この賛美歌はジョン・フォードの映画でもっとっも多く歌われるものである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

キッドとピートのツーショットを挟んで再びキャメラはロングで映す.

3 Godfathers Hosted by Picasa

次はまた寄って今度は三人の足下である.歌は続いて The beautiful, the beautiful river; とリフレインの所に差し掛かり、

3 Godfathers Hosted by Picasa

再びキッドとピートのツーショットに戻りキッドは歌い終わる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ボブのアップになって、終わりかとキッドに訊くとここまでしか憶えていないと答えるのでボブはでは、アーメンと云って締めくくる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

そしてキャメラはまた引いて三人は降りてくる.この埋葬シーンは実に美しい.

3 Godfathers Hosted by Picasa

この頃漸く保安官のバックも最初の給水場で三人が二頭の馬で来たことまで解りさすがにウィンチェスターには刃向かってこない、裏を掻かれたことに気付くのである.砂嵐に巻き込まれてお陀仏になったのではという部下もいるがそんなタマではないと云って、何処に向かったかを正しく推測する.

3 Godfathers Hosted by Picasa

そして追跡隊が出発する.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ジョン・ウェインが苦虫をかみつぶしたような顔をして赤ん坊を抱くなどという画面は滅多にあるものではない.ボブは生まれたばかりの赤ん坊を抱いている.他の二人は母親だったら生まれてくる子供のために何か準備しているのかも知れないと捜しに行く.

3 Godfathers Hosted by Picasa

そして赤ちゃん用とトランクの蓋の内側に書いてあるのを見つけた.赤ん坊の衣料が色々と練乳の缶詰が六缶と育児書に聖書が入っていた.

3 Godfathers Hosted by Picasa

産湯が真っ先だ、嫌そうではないと議論があったが本には赤ん坊の身体にオリーブオイルを塗るというのが最初にすることとしてあり、オリーブオイルがなければラードでもリースでも良いとある.リースなら馬車の車軸に塗るのがあるのでそれを塗りたくる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

三人は追っ手が来るというのは想定外だが保安官達は迫っている.

3 Godfathers Hosted by Picasa

サボテンから絞った水に練乳を溶いて温め赤ん坊に飲ませる.祭りの時の酔っ払いのように飲んでいると三人は大笑いである.三人にとって子育ては当面の目的が出来たようで三人とも嬉々としている.三人の名付け親は赤ん坊を呼ぶとき自分の名で呼ぶが他の二人は必ず横から自分の名も呼ぶのである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

追っ手は迫っている.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ミルクは後何日分かはあるが三人は今後どうするかが問題として浮上してくる.この先何処へ向かうのか何も決めていないのである.育児書にはそんなことは書いてないとキッドが言うとピートはそういうことは聖書にあるという.ボブは怒って聖書を放り投げるとキッドが拾い上げて、俺はうわごとをいっているわけではない、偶々開いてあった聖書のページを見て解ったという.我々は偶々ここに来たのではなく使わされたのだと言い出す.キリストの誕生に三博士が来た話に自分たち三人をなぞらえている.彼らはエルサレムに向かったとあるという.星が見えるだろう、あの星の方向を目指せばいいのだという.

3 Godfathers Hosted by Picasa

こうなったらしようがない、何処に行く当てもないので三人は星を目指す困難な旅へと出立する.

3 Godfathers Hosted by Picasa

サボテンから絞った水が僅かにあるばかりの状態で出発した三人はキッドが水だと喜びの声を上げたが、

3 Godfathers Hosted by Picasa

それは塩湖であり塩だけの大地となっている.キッドは赤ん坊の水を盗むわけには行かないと云って割り当ての水も飲もうとしないので力尽くで飲ませたりしなくてはならない.

3 Godfathers Hosted by Picasa

その頃保安官達は水のない水場に辿り着き、保安官は妻の姪の馬車であることを残された服から解るがもっと非道い事を知るのである.水場が永久に水場として機能しないようにダイナマイトで破壊されている.奴らは水を汲み終わってから爆破したと断じ、この土地で水場を破壊する極悪人は殺しても構わないと部下に言い渡す.

3 Godfathers Hosted by Picasa

そんなことをつゆとも知らない三人は塩の大地をひたすらに進む.

3 Godfathers Hosted by Picasa

追っ手も三人を追って進む.

3 Godfathers Hosted by Picasa

怪我をして一番弱いキッドが倒れ命を失う.残された二人はそのままに進むしかない.

3 Godfathers Hosted by Picasa

追っ手も水は少ないはずでそれでも追うしか手がないのである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

塩湖を通り越しこれから山に向かうという所でよろけたピートが足を骨折してしまい、彼はドジなことをしてしまった.もうこれまでだ.ニュー・エルサレムはこの山の向こうだ.一人で行ってくれ.コヨーテが来るので銃は置いていってくれと云ってボブを一人行かせる.ピートは自分を天国に入れてくれと頻りに祈っている.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ボブは致し方なく一人で赤ん坊を抱えて山に向かう.すると銃声がする.ピートがどうするかは解っていたことであろう.一瞬立ち止まったが先に進む.

3 Godfathers Hosted by Picasa

保安官一行も塩湖を進んでいる.皆馬から下りて歩んでいる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

山腹の洞窟のような道でボブは余計なものはかなぐり捨て持てるものだけポケットに入れる.聖書も投げ捨てるが気になって開いているページを読むと驢馬がその子と共に現れると云う記述を読み、馬鹿を云え、ここでは驢馬泥棒は重罪だと聖書を再び投げ捨てる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

キッドが歌っていた子守歌を歌うとキッドの声がその歌を歌うのが聞こえる.併し、もうこれまでとその場に座り込むと、何をしているのだ、約束を忘れたのかとピートとキッドの声がして、また立ち上がってよろよろ進むと、

3 Godfathers Hosted by Picasa

後ろからキッドとピートの影がボブを励ましながら着いてくる.そうまでせかされ励まされてはもうこれまでと諦めるわけにはいかず自然と歩みも早くなる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ボブを励ましてきた影はいつの間にかいなくなり彼は二人の名を呼ぶがその声は保安官に聞こえている.それ程まで近くに迫っていたのである.あんな死者が登場するのだからこの後は何でも起こり得る.果たして前方に見えたのは驢馬の親子であり聖書の通りである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

親の驢馬の背中に名付け子を乗せボブ自身は驢馬の背に寄りかかるような形で一気に山を下る.

3 Godfathers Hosted by Picasa

折しもクリスマスで酒場は賑わっているところにボブは入って行き名付け子と哺乳瓶をカウンターに乗せミルクと冷たい麦酒を注文する.

3 Godfathers Hosted by Picasa

そこに保安官が勢いよく入ってきて腰の拳銃を抜く格好で身構えてボブに銃を抜けというと、ボブは振り返り両手を軽く挙げてやあ、パーリーのとつぁんかと云ったなり床にそのまま倒れてしまう.

3 Godfathers Hosted by Picasa

この展開にこれが極悪人と追ってきた男なのかと拍子抜けである.

3 Godfathers Hosted by Picasa

次の画面は、檻の外と中で保安官とボブがチェス興じている.保安官はボブに裏を掻かれたと知ったときに是非チェスの対戦をしたいと云っていたのである.チェスの最中に保安官補がボスが食事だと云っていると来ると、保安官はボスは一人だと云うので保安官補は奥さんがそう云っていますと言い直す.この牢屋は形式的で鍵など掛けてはなくさっさとボブは出て来て棟続きの保安官の家の食堂に真っ先に座る.

3 Godfathers Hosted by Picasa

それに食事は保安官とボブのとでは差別されている.保安官が俺にはないのかと妻に訊けば妻はこともなげに数がないからと云ってボブの方が一皿多い.保安官がリトル・バックと云えばボブはリトル・ロバート・ウィリアム・ペドロだと子供の名をいって一時的なら預けても良いが永久に養子にはやれないと飽くまで名付け親の権利を主張する.省いたがこの後裁判の判決場面があって、陪審員は有罪であるが情状酌量の予知が充分あると云って判断は判事に任せてしまう.判事は赤ん坊を保安官の養子にしろさもなければ懲役二十年だと云うがボブは断る.判事はその答えを待っていたと禁固一年と一日の最短の刑を言い渡す.

3 Godfathers Hosted by Picasa

彼は保安官補と刑務所に行くのだが保安官はボブにこいつは旅をしたこと無いから宜しく頼むと囚人であるボブに頼む.見送りは盛大で女達はたすきをして集まり、ここでも Shall We Gather at the River? の歌が流れる.男達も勿論沢山集まり、ボブは名付け子のロバート・ウィリアム・ペドロに別れを告げ、保安官の奥さんはこの時ばかりは赤ん坊をその名で呼ぶ.

3 Godfathers Hosted by Picasa

この女性は映画の冒頭で登場した銀行の頭取の娘らしいが、彼女が金鋸を忍ばせたケーキを差し入れたことにボブはお礼を言う.彼女は手紙を書くと云えば自慢できると答え、

3 Godfathers Hosted by Picasa

列車は出発する.

3 Godfathers Hosted by Picasa

保安官夫婦と赤ん坊が見送る中、省略したが最後にもう一度出立する汽車が黒い煙を吐くショットが入ってそのまま映画は終わる.

3 Godfathers Hosted by Picasa

ショットが美しくて動きが素晴らしいこの映画は何の文句もなく第一級の映画だと思うが筆者は「捜索者 (1956)」の方が遙かに好きである.何処が違うのであろうか.好き嫌いだけの問題であろうか.脚本の違いなのだろうか?「捜索者」には眼の演技で一言も誰もそれについて語らない恋の物語があるとか、ハンク・ウォーデンの演じるモースのような人物がいるとか、長椅子が二度にわたってひっくり返ったりする画面あるとか、殴り合いの画面があるとか、怒りのジョン・ウェインがナタリー・ウッドを最後には抱き上げるといった涙無しには見られない画面があるか、そういったことなのだろと思うが、そうしたエピソードがあるかないかで「捜索者」の方が好きなのだが、全然映画の説明にはならない.

top