page top
Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - 14
fxnew [New] Firefox 55.0.3 がリリースされました(17/8/25)
Thunderbird最新版 [New] Thunderbird 52.3.0 がリリースされました(17/8/16)
mozilla update  Firefox  Get Thunderbird 

INDEX


[to index]  [to top]
ancre

Firefox Vertical Bookmarks Toolbar

Mozilla Add-ons - Vertical Bookmarks Toolbar

この拡張はもともと userChrome.js 用のスクリプトとして提供されたもの.恐らく一番よく行くページは直ぐ手の届くところ、ブックマークツールバーにブックマークとしておくというのが多いと思いますが、それも年月が経つ中に沢山になってだんだん手狭になると思います.この拡張はそのツールバーをサイドバーとは別に画面の左または右に表示し収まり切れなければ設定でスクロールバーを表示出来る拡張です.

Vertical Bookmarks Toolbar の設定

インストール後再起動すると画面のこれまでのタブバーの上にも、画面の左にも右にもブックマークツールバーが表示されずに慌てるかも知れないがデフォルトの設定では隠すようになっているからでよく見れば引き出せるようになっているので出してみると良いでしょう.筆者は右の方が使い易いし左側はサイドバーが殆どの場合は Sage-Too が表示されていて、それでも左側に表示にするとサイドバーよりも左に表示されて使いにくいので右に表示しています.尚、今の所設定は再起動しないと反映されないようです.

下は実際に右に表示されたときの様子であるが筆者は Smart Bookmarks Bar を使ってアイコンのみの表示にしていて幅も小さくしています.実際ツールチップが出るので場所を取る文字列は要りません.下のスクリーンショットはクリックすると拡大されます.このスクリーンショットには映っていない、設定で出るようにするのかはっきりしませんが、閉じたり開いたりするボタンが用意されています.

Vertical Bookmarks Toolbar Firefox 3.5
[to index]  [to top]
ancre

Firefox ProfileSwitcher

ふと今日は・・・・・・  ProfileSwitcher 日本語版のインストール
制作元からインストール

ProfileSwitcherの設定

ステータスバーのアイコン

ステータスバーのアイコン

プロファイルマネージャー

Firefox は普通のユーザーが使うアプリケーションかどうか疑問があるとすれば例えば何か問題が起きて もじら組フォーラム で相談すれば新しいプロファイルで試して見ろということを云われます.プロファイルといわれても初心者だったら何のことだか解りません.ここのフォーラムで答えてくれる人のいうことは難しすぎると思うかも知れません.他のブラウザーでも皆プロファイルを持っていて個人的な設定がそこに保存されているのです.ブックマークとか拡張とかありとあらゆる個人的な設定がそこに保存されているので、だから Firefox がセキュリティーアップデートをして Firefox 本体は新しく修正されたものになっても前と同じに使えるのです.Firefox は夥しい数の便利な拡張があってそれらは皆プロファイルに保存されその設定もプロファイルに保存されます.その為、プロファイルを気づかない中に色々弄っていることになり、どうかすると不具合が生じることがあって、プロファイルで不具合が発生したのかどうか調べる必要があり新しいプロファイルではどうかを云われるのです.

この拡張があればそうしたことがかなり簡単に出来るようになります.この拡張はプロファイルを新しく作ったり、そのプロファイルで開くとかとても便利な拡張です.プロファイルに関して詳しくは以下を見てください(予め読んで置いた方が良いでしょう).

インストールすると右の二番目のスクリーンショットのようにステータスバーにアイコンが追加されます.アイコンの右にある文字は今開いている Firefox が何て云うプロファイルで開いているかを示しています.

アイコンを右クリックすると三番目のスクリーンショットのようにプルダウンが出てきます.一番上の「プロファイルマネージャを開く」はプロファイルを新しく作ったり既に存在するプロファイルを削除するプロファイルマネージャーを開きます(一番下のスクリーンショット).プロファイルマネージャーを扱うには上の2つのリンクを読んで慎重に扱ってください.間違うと大事なブックマークがなくなってしまったりします.

次の「他のプロファイルを起動」で今あるプロファイルの一覧が出てきてその中から撰んでクリックすればそのプロファイルで Firefox が開きます.別のプロファイルで開いたときに今開いている Firefox は閉じるのか残しておくのかあるいはその都度訊いてくるようにするかはアドオンマネージャーのオプションで決められます(スクリーンショットの一番上).このプルダウンの一番下の「オプション」からも開けます.

プロファイルマネージャーで新しいプロファイルを作ってそれで開きたいときはプロファイルの一覧の一番下の「リストを更新」をクリックすれば一覧に反映されます.

Firefox の正式版とベーター版を入れていて起動している正式版のこの拡張からベーター版の Firefox で別のプロファイルを開くことは出来ません.起動している Firefox でそのプロファイルを開いてしまいます.

この拡張は今の所 Firefox Add-ons には置いてありません.また作者サイトのは日本語のロケールが入っていないので日本語がいい人は日本語版をインストールしてください.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox Open Profile Folder

制作者のサイト
Firefox Add-ons - Open Profile Folder

これも文字通り今使っている Firefox のプロファイルフォルダーを開いてくれる拡張です.プロファイルのバックアップをするとか、新しく作ったプロファイルに前のプロファイルから幾つかのファイルをコピーしようと云うときいちいちその場所に行かなくても Firefox から直ぐ開けるので便利です.

起動アイコン

設定

インストール再起動すると MR Tech Toolkit をインストールしていると早速削除しに来ます.MR Tech Toolkit は自分と同じ機能を持っている拡張が入ってくると削除しにやってきます.この拡張に関しては必ずしも同じ機能があるとはいえないのに困ったことです.やってきたら断ってこれを出さないをチェックしておかないと何度も来ます.

最初にやることはカスタマイズから右の上のアイコンを出しておけばそれをクリックしただけで今使っている Firefox のプロファイルフォルダーを Windows なら通常のファイラーのエクスプローラーでそのプロファイルフォルダーを一番上にして開いてくれます.

アドオンマネージャーからオプションを見るとスクリーンショットの最初のチェックがなく以下も何も書いていない状態で表示されます.作者サイトで見るとこのスクリーンショットのようになっていたのでチェックを入れてその通り書いて、プロファイルフォルダーを起動するとファイラーのエクスプローラーが全てのドライブ、フォルダーのある状態で開きました.これは、エクスプローラーのフルパスと /e, を付けることにより、そうなったのです.オプションの /e, は「エクスプローラをデフォルトの表示設定で開きます。」ということです.ファイラーを特別のものを入れている人はそれをフルパスで書けばそのファイラーで開けるということです.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox Google Shortcuts - All Google Services at a glance

Firefox Add-ons - GButts - All Google Services at a glance

余程の Google 嫌いでなければ Google の提供するサービスの一つや二つは使っていることでしょう.少なければ問題ないけれども沢山あると別々に新しいサービスが提供され度にブックマークしたりしてあちらこちらに散乱しているかも知れません.それを一カ所に纏めてアクセスしやすくするのがこの拡張です.

GButtsの設定

GButtsのアイコン

インストール再起動したらアドオンマネージャーからこの拡張のオプションを開いてみます.右のスクリーンショットはクリックすると拡大するので見やすくなりますが、サービスの一覧が載っていて自分で使いたいものにチェックを入れておきます.

次ぎに一覧の下の三つのカテゴリーを設定します.

Show Buttons like a (ボタンは次のように表示)
●Toolbar(ツールバーのように)
●Dropdown Menu(ドロップダウン メニューのように)
Orientation on Toolbar(タブバーの方向)
●Horizontal(水平に)
●Vertical(垂直に)
Tab Behaviour(タブの動向)
●always open a new tab(常に新規タブで開く)
●do NOT focus new opened tab(開いた新規タブにはフォーカスを移さない)

この一番最初のは、選択した Google サービスのアイコンをツールバーにどう展開するかです.上の方を撰ぶとツールバーに撰んだサービスの一つ一つが横に並びます.下を撰ぶと二番目のスクリーンショットようにアイコンは一つでアイコンを押せば一覧が出てきます.

二番目のはそれぞれのサービスのアイコンの並び方です.スクリーンショットは垂直を撰んでいます.

三番目はどちらも新規タブなのでこの分け方がよく分からないのですが、上の方を撰ぶと新規タブが開いてその開いたものがアクティブなタブとなります.

以上の設定が終わった時点でカスタマイズからアイコンをツールバーに出しておきます.

これらのサービスの中には既に開発を中止した Google Notebook が含まれていたり、Google Earth はダウンロードページに行きますが、Google Earth は自動的にアップデートしてくれているのでこうしたものは不要かと思います.割と頻繁にアップデートしている拡張のようで新しいサービスが出たら直ぐに対応してくれると思いますが、自分で追加出来る機能があれば尚よいと思います.この拡張を使わなくてもブックマークツールバーに Google サービスというフォルダーを作れば同じことが出来ますが、Firefox はフォルダーのアイコンを一律に変えることは出来ても特定のフォルダーに特定のアイコンを当て嵌めるということが出来ないのでそのくらいがこの拡張を使う利点かも知れません.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox list.it

http://listit.csail.mit.edu/
Firefox Add-ons - list.it

Google Notebook の開発中止になって変わりになるものを探している人にはちょっとした備忘録として良い拡張です.MIT で開発されている拡張です.

list.itのアイコンと簡易書き込み欄

インストール再起動したらステータスバーにアイコンがあるのでそれを右クリックすれば黒い一行の書き込み欄が出てくるのでそこに書き込み Save ボタンを押せば保存されます.これが出て別の箇所をクリックすれば消えます.併しその前にアドオンマネージャーで設定が必要となります.

list.itの設定

設定ウィンドウは上のように大きなウィンドウで四つのセクションに分かれていますが重要なのは左上のメールアドレスとパスワードを入れる部分でこれを入れたら Save Login ボタンを押しておけば保存され、その後入力して保存したメモは list.it が提供しているサーバーに保存され、別の Firefox でもこの拡張を入れて同様に設定しておけばどの Firefox からでも保存したメモは見ることが出来ます.他の設定はショートカットキーやサイドバーに表示されたときのバックグラウンドのイメージを好みで設定するとか、残りの一つは開発に協力してメモの内容を見ても良いという設定です.

サイドバーがlist.itのビューアー

最初のステータスバーのアイコンを左クリック、あるいは設定のショートカットキーでサイドバーに複数行の書き込み欄とこれまで書いたメモの見出し、それと一番上に幾つかボタンが付きます.

一番上の複数行書き込み欄は新規書き込みで、書き込んで Save を押すと下の過去のメモの一覧の一番上にリストアップされます.

過去の記述は書き足しそこで保存したり削除したり出来ます.×印は削除ではなくアクティブではなくすという機能なので押しても心配ありません.先頭にある「・」はそこを掴んでドラッグすれば位置を変えることが出来ます.

一番上に、Synchronize、About、Preferences、Dusbin と並んでいますが、Synchronize を押すと他の Firefox で既に保存してあるデーターがあればそれが反映されます.About はクリックすると Firefox に拡張のホームページが表示されます.Preferences は最初の設定画面と同じものが Firefox のタブに表示されます.最後の Dusbin は自分の保存したデーターのページのようですが必ずしもその通りではなくそこで Restore All Notes ボタンを押すと消したデーターが全部戻ってきたりします.この拡張はまだサンドボックスにあるのですがもう一年以上そのままでバージョンアップしているのですがこの辺りがはっきりしていないということかも知れません.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox Simple Timer

http://simpletimer.mozdev.org/
Firefox Add-ons - Simple Timer

Der Browser Timer という時刻を表示し、またタイマー機能を備えた拡張を Firefox 1.0 になる前、多分 Firebird の時から愛用してきたがその拡張は正式には Firefox 1.0 までしか対応していなかったものを対応バージョンをずっと偽って Firefox 3.5 まで使ってきました.何時でもこの拡張は真っ先に入れる拡張でこれをインストールして Firefox の右上に表示されないと落ち着かない.ところが、対応バージョンを偽ってもこの拡張は Firefox 3.6 では使えないことが解ったのです.とっくの昔に開発を止めてしまった拡張でこれは衝撃です.何時かこの日が来ると替わりになるものをずっと探していたがなかなか見つからずやっと見つかったのが、この Simple Timer です.Simple という名前が付いているけれども Der Browser Timer よりも複雑で多機能です.以下は筆者が使いたい時刻の表示と、タイマー機能のみに絞って説明します.

アドオンマネージャーからオプションを開いて設定します.これはステータスバーのアイコンを右クリックしてプルダウンのメニューからでもできます.

オプションで設定

Der Browser Timer では設定した時間になったら音で知らせるようにしているのでこれもそのように設定します.

メニュー

次ぎに、ステータスバーに時計のアイコンがあるので右クリックしてブルダウンメニューから Clock を選択すると時刻が表示されます.表示方法は上のオプションウィンドウで Miscellaneous の方で設定出来ます.次ぎにタイマー機能を使うにはメニューから Count Down を撰んでクリックします.と次のようなダイアログが出るので

Count Down の設定

これから先どの位かの時間を入力して Add/OK ボタンを押せば時刻の表示部分がカウントダウンになって時間になれば最初に設定した音で知らせてくれるます.複数の予定時間もここで設定出来るようであるが、筆者は単発に知らせて貰うだけで有り難い.尚、この拡張は(09/08/31現在)のところまだサンドボックスにあるためか、それと Firefox 3.6 Alpha 1 で使っている所為か完全に全ての設定が使えないようですが筆者としては満足です.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox Google Tube

Firefox Add-ons - Google Tube

YouTube の動画は何処かのサイトに貼り付けてあるのだったらそのまま見ればよいのですが、そうでなければ検索して検索結果からまた YouTube に行って見るという手順が必要です.この拡張は YouTube 動画をその場検索してその場で見るプレーヤーを備えたものです.

起動アイコン

インストールするとステータスバーに右のようなアイコンが出るのでクリックすればプレーヤーが表示されます.大きさとか色とかはアドオンマネージャーから設定出来ます.これらはプレーヤーからも設定出来るのでその日の雰囲気で色を変えるのも容易です.デフォルトの設定だとプレーヤーは Firefox の最上層に表示されドラッグして移動出来るので邪魔にはならないし最小化すればその元の場所で最小のプレーヤーになります.Search ボタンを押せば検索バーが表示され検索は日本語も問題なく使えます.

プレーヤー

更に、Google、Yahoo、Being に対応していて、検索結果に YouTube の動画があればその画像の矢印をクリックしたらプレーヤーが起動していなくても自動的に起動してそのまま内容を表示してくれます.

検索結果とプレーヤー
[to index]  [to top]
ancre

Firefox Tab History Menu

Firefox Add-ons - Tab History Menu

この拡張は一つのタブで次々とページを遷移して行くとそのそれぞれのページをタブをクリックしたプルダウンで表示してくれ、そのプルダウンで表示された項目からまたそのタブを開くことも出来るという拡張です.今の所 Tab Mix Plus をインストールしていると機能しません.しかし Tab Mix Plus でどんどん新規タブを開いて多段タブにしたりするのと直に見える見えないの差はあってもこれるを Tab Mix Plus の変わりに使うという価値はあります.

設定はありますがこれは後回しにして先ずは働きを見てみるのがよいでしょう.

Tab History Menu

図のように一つのタブにどんどん開いていけばそのアクティブなタブをクリックするとプルダウンで今まで開いたページがメニューのように下から上に新しいものが表示されます.その中のどれをクリックしてもそのタブはそのページを表示します.中クリックするとそのページだけ新規タブで開きます.

セッションの保存、再現機能を使っていれば再現されたときにプルダウンのメニューのタブの履歴もそっくりそのまま再現されます.使い方として一つのグループとしてタブを使うことが出来ます.Tab Mix Plus の多段タブは際限なく沢山タブを開くことに対応しようという思想であるのに対してこの拡張は開くタブの数を出来るだけ少なくしようという思想に基づいているように感じられます.タブを少なくすることの有利な点は例えば Tab Mix Plus でタブを 60 個開いたとします.この Tab History Menue で 6 個のタブを開きそれぞれに 10 個ずつプルダウンの履歴に残すと、こちらも 60 のページの情報を持っているということになります.この状態でセッションの保存機能は使っているとして、再起動したとき Tab Mix Plus の 60 個は全てのタブを開くので時間が掛かりメモリーも多く使います.所が、この Tab History Menue だと 6 個のタブを開くだけで済むのでメモリーの消費も読み込みに掛かる時間も飛躍的に少なくなります.

どちらを撰ぶかは好みの問題でしょうが今の所 Firefox は新規タブを末尾に開くという馬鹿な仕様が直されていない(少なくとも Firefox 3.5 までは)ので Tab Mix Plus に負けないためにはそうした機能の拡張も別に必要でしょう.アクティブなタブの直ぐ右に新規タブを開く機能を持った拡張は、Next Tab が文字通りですがこれはこの拡張と一緒だと機能しません.他には Tabs Open Relative がありますがこれは機能します.

履歴の沢山詰まったタブをうっかり消してしまったときはメニューの履歴から消した時点でそのタブの開いていたページを見付ければ履歴の付いたまま復元出来ます.

最後にアドオンマネージャーからの設定については余り大したものはありません.一番上は新規のタブで履歴がない場合クリックしたら今開いているページを履歴としてプルダウンさせるかどうか、その後は、クリックしてもプルダウンしないようにするには Shift や Ctrl や Alt キーを押しながらクリックしたらプルダウンしないの設定です.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox Tabberwocky

Firefox Add-ons - Tabberwocky

この拡張は Tab Mix Plus を使わないと実現出来ないタブの制御が出来て、後幾つかの拡張を用意すると、本当に Tab Mix Plus がなくても大丈夫です.これだけではどうしても出来ないものは、は JavaScript を使用不可にするなどの、Tab Permissions.更に筆者は Session Manager があると便利だと思っています.

この拡張が出たときこれは凄いのが出たと慌てて書いてその後開発がどんどん進んで内容が益々充実してきましたがこの内容は最初の段階で放置してあったので全面書き換えです.機能については作者さんが纏めてあるので以下に載せておきます.

先ず設定を開きます.

Tabs

Tabberwockyの設定 Tabs

一番上のカテゴリー、最初のチェックは新しいタブを現行のタブの直ぐ右に開くで、左はリンクの時のみ、右は常に.その二番目はJavaScript で小窓に開くようなものは新規タブで開く.次は、新規タブで開いたとき親のタブの履歴を継承するかです.これをチェックすると戻るボタンで戻ると親タブと同じに履歴を辿れます.次の選択ボックスはタブを閉じたときフォーカスをどのタブに持っていくか、閉じたタブの右か、左か、最後にフォーカスが当たっていたところに戻すかからの選択.次は最後の一つに残ったタブを閉じたとき Firefox を閉じるか.一番終わりは、未読のタブはハイライト表示するかどうか.

二番目のカテゴリー、最初のチェックはタブをクリックして直ぐ放すとそのタブの選択.次はダブルクリックでタブを閉じる.その次は Shift + クリックでタブの複製を作るかどうか.最後の選択ボックスは、Alt + クリックで、タブをプロテクトモードにする、ロックモードにする、その両方の選択.

三番目のカテゴリー、これはタブを右クリックしたときのコンテキスト・メニューに、「左側はタブを保護する」と、右側は、「タブの複製を作る」を加えるという設定です.

四番目のカテゴリー、最初は新規タブを開くボタンを表示するかどうか.タブを閉じるボタンを表示するかどうか.表示するとチェックが入れば、選択ボックスで、アクティブなタブに、全てのタブに、タブバーの右端にを選択する.最後は、タブの横幅の、最小値、最大値の設定(単位ピクセル).

最後のカテゴリーは、次のどれからの場合新規タブで開くかで、ブックマークと履歴から開く場合、ロケーションバーに入力して開く場合、検索バーから開く場合.

Menus

Tabberwockyの設定 Menus

一番上のカテゴリー、タブを右クリックした時のコンテキスト・メニューに加える項目とそのショットアートキーが載っています.内容は図の通り.

二番目のカテゴリー、タブではなくメインウィンドウ内での右クリックのコンテキスト・メニューに加える項目です.これも図にある通り.

Advanced

Tabberwockyの設定 Advanced

上の項目がタブの読み込み時にタブ上に読み込みの進行を表すプログレスバーを表示するかどうか.二番目が、多段タブにするかどうかの設定.これをチェックしたら、何段まで表示を許すかの数を撰ぶ.撰んだ数より多い段数にタブを表示しなくてはならない場合は、段数は変わらずにタブ全体を上下に動かすスクロールバーが表示されます.

about:config での設定

tabberwocky.opentabsrelative.reverse というエントリーの設定でデフォルトでは値が false になっているのをダブルクリックすると true に変わって再起動すると、どんな条件があろうと新規タブは必ずカレントタブの直ぐ右に開くようになります.Tabberwocky 1.1 で詳しく書いてあります.そちらでは、user.js の設定が書いてあります.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox Multifox

http://br.mozdev.org/multifox/
Firefox Add-ons - Multifox 検索

Multifox

Gmail でも何でも Web サービスは複数のアカウントを取ることが可能です.筆者も Gmail は複数のアカウントを持っているし、自分だけのではないが見に行くべきアカウントもあります.ところが Firefox では同じサービスの複数のアカウントに同時にログイン出来ません.一端ログアウトして別の ID でログインし直せば問題ないのですが面倒臭い.その面倒をやってくれるのがこの拡張です.

インストールして、リンクまたはブックマーク(ブックマークツールバーが使い易いであろう.スクリーンショットは筆者はブックマークツールバーを縦置きにしている.)の該当のサービスにマウスオーバーして右クリックのコンテキスト・メニューには 「Open in a New Identity Profile」という項目が加わっています.それをクリックすれば新規ウィンドウが開いて、ログイン画面が出てきます.そこでログインすれば、別々のウィンドウでそれぞれ別のアカウントでアクセス出来るのです.

Multifoxファイルメニューから

更にもう一つ別の方法が用意されています.Firefox の「ファイル」メニューを開くと「New Identity Profile」という項目が追加されているのでクリックするとこれも別ウィンドウが起動します.最初のは、リンクまたはブックマークからであるのでどのサービスか特定されるがこの場合はそうではなく、筆者の場合は、HOME Page として使っている iGoogle が表示されてログインを要請されました.人によって何が開くのかは判りません.

作者のページに書いてある箇条書きの他の機能をざっと翻訳しておくと次のようになります.

所で、筆者の場合は複数アカウントを持っているのは Gmail しかなく、他で複数のアカウントを持つ気もないのでこの拡張は必要ではありません.Gmail Notifier にしろ Gmail Manager にしろ、簡単に別のアカウントにアクセス出来るからです.同時に両方表示する必要もないので入れていても意味がないのです.但し、メール以外の Gmail のサービスも複数使うのだったら役に立つでしょう.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox HistoryBlock

Firefox Add-ons - HistoryBlock

Firefox は 「ツール」 -> 「プライベートブラウジングを開始」で所謂ポルノモードを使うことが出来ます.この最中での履歴、クッキー、タブの履歴、ダウンロードの履歴が一切残らないようにすることが出来ます.筆者はこのモードを使ったことないし使わなくてはならない必然性がないのだが、それ以上に嫌なのが全否定になることです.ところがこの拡張を使うと登録したドメインに関してのみ、履歴、クッキー、タブの履歴、ダウンロードの履歴、キャッシュが残らない.それだったらあらたまってポルノモードにしなくてもそこだけは後から人に見られないということが出来るのです.

HistoryBlockの設定

インストールして、再起動後アドオンマネージャーからこの拡張のオプションを開くと、右のようにごく簡単な設定ウィンドウが開きます.開いたらテキストボックスにブロックしたいページのドメインを入力して Blacklist にチェックが付いているのを確認後 OK ボタンを押せばそれだけでそのドメイン内のページは一切、履歴、クッキー、タブの履歴、ダウンロードの履歴、キャッシュを残しません.

解除は同じテキストボックスに解除したいドメインを入力して Unblacklist にチェックされているのを確認して OK ボタンを押せばそれで解除されるのであろうと思われます.

面倒なのは一つ一つ入れてゆかなくてはならないことと、ブラックリストの一覧が見られないということでしょうか.欲を言えば設定にパスワードでも設定して一度にどんどん追加出来ればよいかと思います.一覧は prefs.js に書かれているようですが暗号化されていて人に見られても解りません.

後で説明を読んだら、一つ一つ入れなくても、myporn.com, mynude.com, mysexy.com というようにコンマ区切りにすれば一度に幾つも登録出来るようです.

[to index]  [to top]