page top
Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - 13
fxnew [New] Firefox 53.0 がリリースされました(17/4/19)
Thunderbird最新版 [New] Thunderbird 52.0.1 がリリースされました(17/4/14)
mozilla update  Firefox  Get Thunderbird 

INDEX


[to index]  [to top]
ancre

Firefox HeadingsMap

http://www.niquelao.net/extension-headingsmap/
Mozilla Add-ons - HeadingsMap

HeadingsMapのサイドバーの表示

この拡張は Document Map と殆ど同じ働きをしてサイドバーにページ内のヘッダー要素(<h1>、<h2>、<h3>、...、<h6>)を拾ってサイドバーに順番に表示しそれぞれの項目をクリックすれば素速くその項目にメーンページはちょうどページ内リンクのようにその場所へと素速く移動します.余りに同じ機能なのでこれは同じ拡張が改名したのではと思ったほどです.

インストール後再起動するとステータスバーに余りはっきりと見えないアイコンが出てこれでサイドバーの開く/閉じる動作をします.サイドバーの項目毎の番号は <h1>、<h2> などの番号です.この番号の表示は Document Map にはありません.親子関係も維持して畳み込むことも出来これは全く Document Map と同じです.

Document Map との相違を言った方が速いかも知れません.Document Map は設定があってヘッダー要素(<h1>、<h2>、<h3>、...、<h6>)の何番までを拾うかが決められます.HeadingsMap は何の設定もありません.HeadingsMap が大きく違うのはまずサイドバーでヘッダー要素が番号が揃っていればそのまま表示されますが(左の画像)、揃ってないで飛ばしたような場合は赤で示されます(右の画像).

番号が飛ばない場合(左)と飛んだ場合(右)

HTML としてエラーではないのでしょうがこの赤は警告のようです.もう一つ大きな違いはメインページの方でそのサイドバーをクリックして飛んだヘッダーの部分が細い赤い線で囲われて地が黄色の矩形で示されることです.

機能としての違いは全くないのですが、HeadingsMap はまだサンドボックスにありますが(08/05/12現在)Firefox 3 に対応しています.一方 Document Map の方は未対応ですが対応バージョンを変更すればインストール出来て機能も全く問題ありません.未対応ながら 3.0a まで対応しているので放棄したわけではないでしょう.

筆者はこの機能ブラウザ本体が持つとその便利さから HTML の記述はヘッダー要素を使ってというようになるのではと思います.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox Unofficial Google Translate Firefox extension

YouTube の説明
Mozilla Add-ons - Unofficial Google Translate Firefox extension

Google Translation の機能を取り入れた拡張です.言語の数が沢山あってこういうのはそうしたサイトに行って何語から何語を撰ばなくてはならないのが Firefox 上でいつでも何語から何語の設定が出来て選択はにを翻訳してくれます.このダイアログを消すにはその上でクリック.このダイアログは割と大きくて下の方が見えないのでドラッグしようと思ってもそれは出来ずページのスクロールを使うしかないのは不便です.

Google の検索結果で日本語への翻訳を試みた人はご存じの通り日本語への翻訳はとても期待出来ないもので単語とか成句に留めるしかないでしょう.ヨーロッパ語同士だと内容が解る程度には翻訳してくれます.(08/05/15 現在)この拡張はサンドボックスにあります.

言語の選択
[to index]  [to top]
ancre

Firefox ReminderFox

http://reminderfox.mozdev.org/明
Mozilla Add-ons - ReminderFox

この拡張は古くからあるのですがずっと気づかなかったもので予定を Firefox が思い出させてくれるものです.個人的な約束はこういうものは要らないのですが Web ページの更新などの予定、筆者は自分で別に HTML で作っているのですが見忘れもあって時々遅れてしまうかとがあります.しかしこれがあればその日にはずっと音が設定した時間毎になってくれるのでいやでも思い出します.

この拡張は日本語ロケールが入っているのでインストール後再起動したらまずアドオンマネージャーから設定を行ってください.設定項目は沢山あるので一々説明しません.ステータスバーに赤いリボンのアイコンがあるのでクリックすると下のような画面が出てきます.予定がまだ記入してなければ空の状態です.予定があればその一覧となります.一覧の項目をクリックすれば内容の変更が出来、また右クリックでも色々な項目が出てそこでも設定が出来ます.カレンダーはブルーのアイコンを押すと出てきます.

予定の表示

一番左のボタンをクリックすると下のような設定のダイアログが出てくるので入力して細々と設定出来ます.

予定の設定
予定のポップアップ

予定があればアイコンの隣に今日の予定が表示され最初のアドオンマネージャーの設定で音を出すようにしておけばその時間の間隔で音が鳴るのでアイコンの所をマウスでポイントすれば予定に一覧がプルダウンで出てきます.終了した予定は最初のダイアログでその項目を撰んで右クリックするとどう処置するかが表示されます.終了したイベントを消去するのもここから出来ます.

この拡張のアイコンがリボンであるということは当初の目的が家族や友人の誕生日を覚えておくという目的で作られたものと思います.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox Tab Session History

http://code.google.com/p/tabsession/
Mozilla Add-ons - Tab Session History

これは拡張の名を見れば判る通りそれぞれのタブの履歴をタブ上での右クリックのコンテキストメニューから表示して戻る・進むボタンを使わなくて移動が出来るという拡張です.(08/05/22 現在サンドボックスにあるのでインストールはログインが必要です.)

インストール後の再起動で設定はコンテキストメニューにどれを表示するかです.Back「戻る、Forward「進む」、Go to Start Page「最初のページに戻る」、Gp to Last Page「最後のページに進む」、History「履歴」があります.好みで撰べば後はどのタブの上でも、アクティブでないタブの上でもマウスの右クリックのコンテキストメニューからそのタブの履歴を辿ることが出来ます.Tab Mix Plus など沢山の項目をタブのコンテキストメニューに追加しますがこれらの機能は無いようでぶつかることはありません.

Tab Session History
[to index]  [to top]
ancre

Firefox Better Gmail 2

http://lifehacker.com/software/exclusive-lifehacker-download/better-gmail-2-firefox-extension-for-new-gmail-320618.php
Mozilla Add-ons - Better Gmail 2

Better Gmail とほぼ同じ機能をもった拡張で Better Gmail 2 と最後に 「2」が着いているのは既に日本語版でも対応するようになった Gmail 2 用の Better Gmail ということです.

General

General
設定は簡単なのでスクリーンショットをみながら必要なら説明を加えていきます.
最初のタブの設定ですが、HTML に埋め込まれた mailto: のリンクは普通ならデフォルトに設定しているメールクライアントが起動しますが最初のチェックで Gmail が起動するようになります.他の拡張などでこの設定はできますが、昨今デスクトップのメールクライアントを使うという時代遅れの人も少なくなった今これは有り難い設定です.Gmail のメール作成画面が開きます.
2番目は、Gmail が暗号化された https://mail.google.com/ で開くようにするものです.これも今時敢えて http://mail.google.com/ の方で開く人はいないと思いますが、これをチェックしておけば安心です.
3番目は inbox に未読のメールの数を示す数字ですがこれをチェックしてもしなくても変わりがないのでよく分からないものです.後2つのチェックは試していません.

Messages

Messages
この最初のは Stylish でユーザースタイルを設定しているせいかどう効いているのか判りません.
2番目は筆者がこの拡張を入れている唯一の理由、添付ファイルの種類がアイコンによって示される機能です.
3番目はメールの本文を開いた時に文頭に、from、to、cc などのヘッダー情報が表示される機能でこれも筆者としてはこの拡張の重要な機能に思います.

Compose

Compose
この最初のをチェックすると返信時に書き出しが引用の下に来ます.こんなメールを出す人がいるのでしょうか?来たメールの上部がずっと引用で本文までスクロールしなくてはなりません.
次のは HTML メールのことなのか、HTML を出すほど恥知らずではないので判りかねます.

Sidebar

Sidebar
一番上は何のことか判りません.チェックしてもしなくても同じに見えます.
2番目、3番目はそれぞれ、招待を隠すとスパムの数を隠すですがいずれも必要でチェックしません.

Skin

Skin
これは見かけを変更するもので3つ用意されていますがどれも好みのはないし、自前のユーザースタイルシートが好きなので一番下の None を撰んでいます.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox Tea Time

http://lackac.name/
Mozilla Add-ons - Tea Time

この拡張はタブを沢山出さざるを得ない人にとっては嬉しい拡張です.対応は Firefox 3 以上で今の所(08/06/03現在)サンドボックスにあります.一時的に保存しておきたいページをブックマークの Unsorted Bookmarks に保存してそれを呼び出して呉れる拡張です.Firefox 3 の Unsorted Bookmarks やブックマークの星印を使ったまさに Firefox 3 に相応しい拡張です.

Tea Time のアイコン

インストール、再起動後まずこのお茶のアイコンをツールバーに出しておきます.Firefox 3 のロケーションバーにはブックマークをする便利な星のアイコンが出るようになりましたが、この拡張を入れるとこの星のアイコンをクリックするとブックマークの場所が撰ばなければ Unsorted Bookmarks になるのでそのまま「完了」ボタンを押すと保存されます.後はそのページのタブを閉じておきます.

後で読もうとしたページはこうして片っ端から Unsorted Bookmarks に登録しておけます.そこで上のお茶のアイコンをクリックすると(右クリックすれば新規タブで開きます)保存している中からランダムにページが開かれます.ランダムでは嫌な場合はアイコンの横の下向き矢印をクリックすれば一覧が出ます.一覧の中から読みたいページを撰んでクリック(中クリックは新規タブ)すればそのページが表示されます.

得てして後で読みたいもののブックマークは膨れあがってしまいます.この拡張の設定のただ1つのチェックボックスをチェックしておけば、Unsorted Bookmarks からタブに表示すると自動的にブックマークからは削除されます.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox ImageTweak

http://forums.mozillazine.org/viewtopic.php?t=626674
Mozilla Add-ons - ImageTweak

この拡張は Image ZoomzoomFox と同様にページ内の画像を拡大縮小してくれる拡張です.フルズーム機能の備わった Firefox 3 が出ればこの種の拡張は要らないではと思われるかも知れません.しかし、他のブラウザと違って Firefox 3 では従来通りのテキストのみの拡大縮小がメニューの「表示」-> 「ズーム」-> 「文字サイズだけ変更」をチェックすれば可能になったのです.フルズーム機能だと全体的にページが広がりブラウザウィンドウに収まりきれなくなって横スクロールするしかないなど困る事態が発生するため、デザインはそのまま文字サイズがちょっと小さくて読みにくい人は文字だけ拡大出来るというのは有り難いことなのです.但しこれだと偶に画像にある文字が小さくて読めない場合に機能を切り替えるかこれらの拡張で画像を拡大してみる必要が出てきます.

ImageTwea

インストール、再起動後に最初にやるべきことはアドオンマネージャーからの設定です.この拡張は画像の縮小拡大をマウス右クリックのコンテキストメニューの「画像だけを表示」の画面を強化して縮小拡大機能を導入したものです.したがって一番上の Background color はその画面の背景色を設定します.表記はスクリーンショットのように RGB 方式でも、16進数表示(#c0c0c0) でも構いません.

2番目の Zoom factor (%) は拡大縮小の比率です.100 とすれば大きさは変わりいません.110 に設定すると10%ずつ拡大(縮小)されます.200 だったら2倍2倍と拡大されます.無論縮小は2分の1づつです.

次の Zoom on mouse pointer をチェックすればマウスでの拡大縮小、ドラッグが可能になります.

次の Invert mousewheel zoom direction は拡大/縮小のマウスホイールの回転方向です.Firefox からズームの時のマウスホイールの回転方向が Firefox 2 までとは反対になってチェック無しだと Firefox 3 方式で回転を指先方向だと拡大、手前方向だと縮小です.チェックすればそれが逆になります.

これ以降の設定で Fit to window をチェックすると画像の右辺の位置が固定で拡大縮小が行われます.最後の Enabled shortcuts (ctrl + rightclick) はキーボードショートカットが Ctrl + 右クリックで そのとき 画像を表示するか、背景がを表示するかの設定です.それ以外の設定はチェックしてもしなくても何が変わるのか意味の分からないので割愛します.

設定が終了したら画像や背景画像をポイントして右クリックのコンテキストメニューから「画像だけを表示」または「背景画だけ表示」をクリックして見ます.コンテキストメニューからだと中クリックで新規タブで見ることが可能です.尚、キーボードショートカットだと新規タブでは表示出来ません.後はマウスホイールを動かしたりマウスでドラッグしたりして見てください.

この拡張の良いところは画像だけ表示画面の強化でリンクで画像を表示しても、「背景画だけ表示」の画面でも画像ファイルを Firefox にドラッグ・アンド・ドロップしてもこの機能が使えるということです.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox YesScript

Mozilla Add-ons - YesScript

この拡張は JavaScript を無効にする機能で、NoScript とは同じなのですが、NoScript が先ずは全てを疑って書かれ、怪しくなければホワイトリストに登録して JavaScript の使用を許可しようという性悪説に基づいているのとは全く逆に性善説の基づき危険なサイトはブラックリストに登録しようというものです.筆者の様にまずは人を信じる人間にとってはこちらの方がずっと好きです.

Yes Scriptのアイコン

インストール、再起動後にステータスバーを見ると図の様な白いアイコン(ホワイトリスト)が表示されクリックすれば現在開いているサイトのドメインがブラックリストに登録されアイコンの色は黒(ブラックリスト)に変わります.クリックは右でも左でも同じ結果になり一度登録してしまうと解除が多少面倒ですのでクリックする時はそのページだけではなくドメインに適用されるのだということを忘れないでいて下さい.

解除の方法はアドオンマネージャーからこの拡張の設定を開いて一覧から撰んで「Remove」ボタンを押さなくてはなりません.わざわざここからブラックリストに登録する人もいないとは思いますが同じ設定画面で上部にドメインを書き込み「Add」ボタンを押せばブラックリストに登録出来ます.

Yes Scriptの解除
[to index]  [to top]
ancre

Firefox Add to Search Bar

http://maltekraus.de/Firefox/search-tools/
Mozilla Add-ons - Add to Search Bar

この拡張は OpenSearchFox とは同じ機能を持った拡張です.Firefox の右上の検索バーは幾らでも検索エンジンを追加する機能を持っていますが、自分でコードを書いて作るか作ってくれたところでインストールするしかありません.この拡張を使うとそれが簡単に自分で出来てしまいます.

Add to Search Bar の起動

インストール、再起動後検索バーに加えたい検索のテキストボックス内にマウスのポインタを置き右クリックすると図の様にコンテキストメニューに「Add to Search Bar」の項目が出来ているのでクリックすると、下の様なダイアログが出てきます.

一番上の Name は検索バーに表示される文字列で余り長いと使い辛いので見分けやすい適度な長さのものに変えて構いません.Icon はデフォルトでもっているものでも自作のものでも使えます.ローカルのファイルから自作のものなどを使いたければ Browse ボタンを押して指定します.何もしなければ検索エンジンが持っていればそれが適用されます.次の、Create in というのがこの拡張の OpenSearchFox と違うところです.この拡張は Organize Search Engines と同じ作者が作ったもので、これは検索バーの検索エンジンをフォルダーに分ける機能を持ったもので、今これから導入する拡張がどのフォルダーに入れるのかが決められるということです.Organize Search Engines でフォルダー分けをしていなければ当然フォルダーは出てこず検索バーの一番下に登録されます.

Add to Search Bar 登録のダイアログ
[to index]  [to top]
ancre

Firefox SimilarWeb

http://www.similarweb.com/
Mozilla Add-ons - SimilarWeb

これは今見ているページと似たページを探し出してくれる拡張です.サイドバーにそれら似たページのサムネールが表示されて、特に検索しようと意識しなくてもそのサイドバーさえ開いていれば、タブを切り替えて別のページを見ればそれに似たページがどんどん出てきます.この拡張今の所(09/02/07)サンドボックスの拡張です.

SimilarWebの起動アイコン

SimilarWebの起動アイコン

インストール、再起動後ツールバーを見れば右上のようなボタンが出来ているのでこれでサイドバーが開きアクティブなタブのページと似たページのサムネールが直ちに表示されます.

サイドバーのサムネールは中クリックに対応しているので新規タブで開くことが出来ます.Firefox 3.1 から多分新規タブはアクティブタブの直ぐ右に表示されフォーカスがそちらに移るようになるらしいが、サイドバーから開いた場合は矢張り末尾に開かれるのか、筆者は昔から Tab Mix Plus で新規タブであれば必ずアクティブタブの右に開いてフォーカスは直ぐに新規タブに移るようにする使い方をしていますが、ここで困るのは、フォーカスが移ったら、サイドバーの内容がその開いた新規タブの内容になってしまうということです.

例えば、今 A というページを開いていたとすると、サイドバーには B1、B2、B3、...とサムネールが表示され、B1 を見ようと中クリックすると、A B1 とタブは並びフォーカスは B1 に移ります.すると、サイドバーは B1 に似たページということで C1、C2、C3、...とサムネールが並びます.B1 を見て、今度は次の B2 を見たかったのにそれはこの段階ではサイドバーからなくなっていて、もう一度 A にフォーカスを戻さなくてはなりません.この辺り、自動で表示される素早さは大したものだけど、検索開始、例えば最初の起動ボタンを押すとかして貰わないと少々面倒です.

結局の所、筆者はこの拡張はいいにだがなとは思いいつつアンインストールしてしまってその最大の理由は こちらに書きました

尚、この拡張日本語サイトにも対応していること、サイドバーのサムネールは縦幅の許す限り表示され表示しきれないときはスクロールバーではなくページ番号で切り替えられます.また、起動ボタンの横の矢印をクリックするとサムネールで表示のページの一覧が出てきます.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox Fast Dial

http://userlogos.org/extensions/fastdial
Mozilla Add-ons - Fast Dial

これは Opera のスピードダイアルを模した拡張で、空の新規タブを開くと自分の良く行くページを登録しておくことが出来ます.同じ機能の拡張 Speed Dial が Opera を真似て直ぐ出来たのですが筆者はこちらの方がデザインから言って断然好きです.Google Chrome もこの機能を持っていますが Chrome のは自分で決めるのではなくブラウザーが良く行くサイトとして自動で設定するので好みではありません.拡張の Google Toolbar 5 も同じ機能を持つようになりましたがこれは Chrome のと同じです.

Fast Dialのアイコン

Fast Dial

インストール、再起動後ツールバーを見れば右上のようなボタンが出来ているのでこれで Fast Dial のページが開きます.マウスの中クリックで新規タブで開きます.また、新規タブを開く Ctrl-T のショートカットやタブバーのダブルクリックなど新規の空タブを開く設定をしてあればそれで表示されます.

最初に表示されるのは9つのマスですがこのマスの数は設定で変えられます.設定はマスの上で右クリックするとメニューが出て「Preferences」から設定出来ます.好みのページを登録するには同じメニューの Add -> bookmark で登録します.ブックマークは自動的に Fast Dial というフォルダーに収納されます.

この拡張が他と比べてデザインがよいのは矩形に表示されるのが何もしなければそのページのサムネール画像ですが、自分の好みの画像を設定出来るという点にあります.それを設定するには同じ右クリックのメニューの「Propaties」から開いたダイアログの「Advanced」タブの「Logo」で、ローカルの画像でも Web 状の画像でも設定出来ます.またその下に「Favicon」の記入欄がありますが、サイトファビコンが存在するなら自動的に設定してくれます.また、最初の「Preferences」からはバックグラウンドの色など好みのものが設定出来ます.

デフォルトで下のような3つが設定されていて、これらは、Gmail、User Logos という様々なサイトのロゴを置いてあるサイト、それと、Fast Dial の作者サイトです.不要ならこれらでも自分で設定したものでも右クリックのメニューの「Remove」で削除出来ます.また、各矩形はドラッグ・アンド・ドロップで自由に位置を変えることが出来ます.

Fast Dialの最初に登録されている
[to index]  [to top]
ancre

Firefox TinEye

http://tineye.com/
Mozilla Add-ons - TinEye Reverse Image Search

TinEyeのロゴ

この拡張、昨年(2008年)の5月頃に出来た TinEye という Web サービスでまだ Beta は取れていないようだがつい最近までこの拡張はこのサービスサイトでアカウントを取得しなければ入手出来なかったこのサービス用の拡張、今では AMO からインストール出来るようになり、この名前は頂けない、TinEye Reverse Image という長い名前になっていて、筆者はこのお気に入りの拡張はあくまでも TinEye として記憶したいので合わせるつもりはありません.また、Firefox 3.0.x までしか使えなかったのが 3.1 でも使えるようになっています.
それで何をするものかと云えば、Web 上にある画像と似た画像を検索してくれるというものです.恐らく多くの画像を収集しそれらをパターン化してデーターベースを作り、同じパターン方式で探すのではと思うのですが、精度はだんだんと上がって行くと云うよりデーター数が増えていっているのかと思います.Google でも画像のパターン認識はやろうとしているようでいずれそのサービスも出てくることでしょうがそれまではこれが使えます.

TinEyeで「セザンヌ夫人の肖像」検索
コンテキストメニューから検索開始

上の「セザンヌ夫人の肖像」を検索すると下のような結果が出てきて、画像によっては数ページに渡る量の画像が検索されます.

インストール後再起動して画像をマウスでポイントして右クリックのコンテキスト・メニューから「Search Image on TinEye」をクリックすれば新規タブに検索結果が表示され、設定も何もなく至って簡単な拡張で、どうしても必要なものだったら設定がごちゃごちゃあるのも我慢出来るが、こういう簡単な拡張こそ好きな拡張です.

検索バーの TinEye 検索エンジン

Firefox 3.1 では使えなかったときは Firefox の右上の検索バーに TinEye の検索エンジンを登録しておき画像を検索バーまでドラッグ・アンド・ドロップすればこの拡張と全く同じことが出来ました.従って、検索エンジンに登録しておけばこの拡張は無くても構わないということです.検索エンジンを登録するには、Add to Search Bar という何処のサイトの検索エンジンでも作れる拡張をインストールしておき、一番上のリンクの TinEye サイトの右側の検索蘭にマウスを起きコンテキスト・メニューからその拡張を撰べば出来ます.

ローカルの画像で検索したかったら、Firefox に画像を載せても駄目で、Web 上に置く必要があって、これも TinEye に行けばアップロード出来るようになっているので簡単に検索出来ます.

以前 MEMO に書いた (5/26b) TinEye でばれる は、うっかり人の画像を借りてきて加工して Web に載せると TinEye のような拡張があるのだからばれちゃうよという記事です.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox CacheSearch

Mozilla Add-ons - CacheSearch

タブを沢山開いて閲覧しているいる人だったら後で読むつもりのページをうっかり消してしまって履歴から調べてもそのページの URI やタイトルは覚えていなく往生することが多いと思います.筆者もそういうことがよくあって、履歴ではなかなか見付けられず結局 Google Desktop を使かうようなことをしています.この拡張は全文検索機能を備えているので言葉を入れればたちどころにキャッシュから見付けてくれます.

CacheSearchの起動アイコン

インストール後再起動してアドオンマネージャーからの設定は下のスクリーンショットの表示を下のような別ウィンドウ(デフォルト)か新規タブかを選べます.起動方法は以下の3通りです.

起動すると下のスクリーンショットの様(別ウィンドウ表示)に3つの部分からなるダイアログが出ます.一番上が検索語の入力欄.2番目が候補となるページの一覧、3番目が、2番目の候補を撰ぶとそのソースが表示されて検索語がハイライトされます.

検索画面

実際例えば検索蘭に「cachesearch」と入力したところ、2番目の蘭に候補が2つ表示され、その一つを撰ぶと3番目の蘭にそのソースが表示されます.ソースの中で検索語に一致するものはハイライトされ、3番目の蘭の上の矢印をクリックすれば矢印の方向に従って上または下に検索されます.

検索結果

2番目の蘭の候補をダブルクリックするとそのページが Firefox のタブで表示されます.

3番目のソースが表示される画面が必要なのか、人によってはいるのかと思うが、直ぐさまそのページを表示してくれて検索語にソースではなく表示されたページのページ内検索のハイライトで表示してくれた方がよいと思います.恐らく Firefox の本体機能のページ内検索に切り替わるので制作者にとっては面倒なことかも知れません.しかし、全文検索してくれるだけでこの拡張は素晴らしいとしか言いようがありません.

[to index]  [to top]
ancre

Firefox WOT

http://www.mywot.com/ja/download/ff
Mozilla Add-ons - WOT

訪問したサイトが怪しいサイトなのかあるいは検索結果のページからそのページに行っても良いものかどうか、更に Gmail などの Web メールの中のリンクはクリックしても良いものかどうか心配な人はこの拡張を入れておけば安心です.

アイコン

WOTのランク

インストール後再起動するとこのようなアイコンがツールバーに表示されるのでそれをクリックすればアクティブなタブに表示されているサイトが安全であるかどうかが一目で分かるようになっています.色で濃い緑から赤へと安全度が示され、更に、

のそれぞれについての評価がなされ、AMO の記述だと「数百万人ものメンバーから成るWOTコミュニティの評価をベースに、信頼できる情報源のデータも加味して、2,200万を超えるWebサイトが格付けされています。人気のダウンロードサイトからオンラインショッピングサイト、さらには個人のブログまで、WOTユーザーは次の4項目に基づいてサイトを評価しています。」ということです.

拡張あれこれは子供にも安全

Google で当サイト「拡張あれこれ」を検索して検索結果のページを見ると小さいグリーンの丸いアイコンが表示されていて、このアイコンの色自体も危険なサイトだったら赤くなっているようで幸いこのサイトはグリーンでそのアイコンをクリックしてみたら右のような結果が表示されました.一番上は「信頼性」でこれは大丈夫.次は「業者の信頼度」は業者ではないからクエスチョンです.次は「プライバシー」 だが個人情報を扱っていないのでこれもクエスチョン.最後の「子供の安全」も安全でこれはどうやって判断しているのか、変な写真を載せているかどうかなのか基準が解らないがこういう形で表示されます.

ある裸体の女性ばかり載っているサイト

安全なサイトばかりでは危険なときにはどうなのか解らないので筆者の知っている女性の裸のかなり危ないのが置いてあるあるサイトを検索してみたら、この結果で子供に見せなければ怖いサイトではないと解りました.

対応サイトとして Google、Yahoo!、Wikipedia、Dig などとあり更 Web Mail は Gmail、Hotmail、Yahoo! などに対応とあって Gmail の Spam を見たがアイコンが一覧にはないのでメールを開いて見るとメール本文のリンクにアイコンが付いて大抵の Spam と判断されたメールのリンクは赤いアイコンが付いていて、Spam かどうか解らないメールが来たときリンクをクリックして良いものかどうかが直ぐ判断出来てこれは便利です.

[to index]  [to top]