Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - MEMO
Permanent Links(2019年1月- 1)
Firefox Download Button

MEMO ■ ■ ■ ■ MEMO ■ ■ ■ ■

以下はパーマネントリンク

■(1/26) Firefox DevEdition 66.0B2 、Nightly 67.0a1 リリース

近況から.抗癌剤の自宅療養が二回目の三週が今日で終わりあと一週間は抗癌剤は無しである.矢張り毎日抗癌剤を飲んでいるということは気分は決して良くは無く不快な毎日である.こんな事初めてであるが買い物に出たら二人の制服警官が職務質問してくる.こちらは腹立ちの相手が出来たとばかりにこの哀れな警官共に刳ってかかる.少しでもこちらの身体にそうにになるとお前の行為は違法だと知ってのことかとか一体何故なぜ筆者を選んで職務質問するのかとしつこく問い詰めるがそれには応えられない.そんなこんなでこちらの方が質問しているという按配の押し問答にも飽きてじゃ行くからばいばいと離れてやった.

この間不快ではあるが気の所為なのか癌がが抗癌剤で少し小さくなったのかという気がしてくる.雑煮は人が来たときに出すので作っているがさすが餅は食べないでいたがある日どうしても食べたくなって飲み込んだが全く痞えずに喉を通る.これは嬉しいことである.粥にも餅を細かく切って入れて煮るが問題なく食べられる.

手術は 2 月なのだが果たして上手く行くのかどうかは運次第であろう.ひょっとして手の着けられない状態で駄目だと言うこともあり得る.それも運命だと思うので惜しくは無い.

扨、本題.Firefox 67.0a1 のリリースである.

Hosted by Google Photo

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:66.0) Gecko/20100101 Firefox/66.0 ID:20190125095457

もう一つ Developer Edition がアップグレイドされている.併し同じものである Beta はまだでありリリースノートも未だ準備中である.

Hosted by Google Photo

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:66.0) Gecko/20100101 Firefox/66.0 ID:20190124173137


[to index]  [to top]

■(1/11) Firefox 64.0.2 リリース

先ずは近況から.昨年末一週間の入院で退院して抗癌剤の自宅療養になっているが薬を自分でコントロールして飲めるのかどうかが病院としては最大時の心配毎でヘルパーに来て貰うのはどうかと云う提案までまでされた.冗談じゃ無いよ、Wwb ページは作れるしプログラムも今でも書ける.映画の監督も自分で書いた脚本で出来るのだ.今度昨年撮影した作品が公開されると薬を管理する位のことは簡単にできる能力があると説明したがこんなことしたのは初めてのことだ.

退院するとき荷物が増えたし抗癌剤の副作用もあって一人で帰るのは辛いだろうと弟子の姉弟に頼んだら来てくれた.更にそれだけでは無く薬のカレンダーまでも作ってくれた.一種類の抗癌剤を毎日朝夕食後に、その他朝だけの胃薬、三食毎の整腸剤、吐き気留めが一種類づつあり更にその他に頓服剤として下痢止め及び便秘の薬がある.それらを間違えずに飲んでいけるように薬のカレンダーが必要である.癌研の薬局には無いという話しで退院の日に家の近くの薬局にいったが薬局ではそこで購入した薬のためのものは非売品であるがそうで無いとないという.百円ショップにあると云うことで二人が捜しに行って上記薬品が全て収まるようなものはなく透明プラスチック製のマスの仕切りで一週間毎、三食毎の小さな区画に薬を入れるようなものしかないがマスの大きさが小さいので抗癌剤以外は錠剤では無く袋が大きいのでこのマスには収まらずそれは扉に貼り付ける形で作ってくれた.

目が覚めたのは午前三時頃であり昨日の点滴の抗癌剤の副作用に手、足の痺れがあると聞いていたがそれがまともに襲ってきて立ち上がるとバランスが崩れても足が自由に動かない、手も自由にものに捕まると云うことが出来ずに見事に床に転がってしまった.転がったのはその一回だけで後は痺れを意識しているので大丈夫であるし手足が温まると痺れが無くなる.

それから二週間抗癌剤を続けて後の一週は休みというクールを済ませたところで癌研の診察である.朝医師との面接の前に採血があるので十時に間に合うように云ったが休み明けは非常に込んでいる.面接が出来たのが一時近くで、採血の結果は全く問題ないということであった.癌は小さくなって通りが良くなったという自覚症状はどうかを聞かれたがその様子は見られないと応えるしか無い.その後飲むのとは違う抗癌剤の点滴であるが三時間待たされ、点滴は三時間掛かるという.前回入院のと記載所の日は点滴で抗癌剤を入れたがそこの痛みが見えず内出血が広がり硬くなっていうるのを見せたら看護婦の皆さん大慌てで針の場所を移したりして大変であった.筆者の静脈は細くて見つけ辛くこのような事がいつも起こる.結局帰宅は夜の十時過ぎで晩ご飯を食べて寝てしまい薬を飲み忘れてしまう.

扨、本題.Firefox 64.0.2 のリリースである. 64.0.1 のリリースは全く気づかなかった.がそのバージョンは Android 版だけらしい.

Hosted by Google Photo

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:64.0) Gecko/20100101 Firefox/64.0 ID:20190108160530

英語版リリースノートからの飜訳である.「修正」が五個載っている.


修正

  • MacOSでブラウザがクラッシュするのを修正.(Bug 1510058
  • 足りない文字列の日本語翻訳を更新した.(Bug 1513259) (訳注:以下のように飜訳してないままのなどのことのようだ.)

    修正前

    タブメニュー Fx64.0 修正前

    修正後

    タブメニュー Fx64.0.2 修正後

  • 開発者ツールインスペクタで列サイズを正しく復元する.(Bug 1503175
  • YouTubeでビデオが途切れないように修正.(Bug 1513511
  • いくつかの軽量テーマの更新を修正.(Bug 1508777

開発者


[to index]  [to top]

■(1/1) 最悪の新年

先月 21 日に入院したが 27 日には退院であった.癌はリンパにも転移しているのでそれを抑え込まなくては手術しても直ぐに再発で意味が無いということで先に抗癌剤治療が行われる.直ぐ再発して死のうと構わないので手術をして何でも食べられるようにして欲しいというのは筆者の願いであるが医者は無駄になる手術はしたくないという.と云う訳で三週単位の抗癌剤治療である.二週続けて一週休みという.その治療の一週目だけを入院治療で行った.抗癌剤というものは実に野蛮なもので癌だけを狙い撃ちには出来ず健康な細胞にも影響を及ぼしその苦しみは尋常では無い.既に癌が何故免疫細胞を従わせてしまうかが解っているのに直接叩く薬はまだ出来ず全く非道いものである.

病院での第一週目は副作用は起きずに楽ちんであったが退院してからの毎日は吐き気と下痢に悩まされる毎日で嫌になる.入院中も退院してからも友人たちの見舞いや差し入れでありがたい限りであるが心は晴れない.

Hosted by Google Photo

この年賀状は 12 年前のと同じものであるが幾分かは心が晴れるものとしてこれを今年ようにした.

[to index]  [to top]