Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - MEMO
Permanent Links(2018年12月- 5)
Firefox Download Button

MEMO ■ ■ ■ ■ MEMO ■ ■ ■ ■

以下はパーマネントリンク

■(12/15) Firefox は生き延びられるか

癌研は紹介状及びデーターを直接持って行けば良いのかどうか解らずサイトで電話を探したが見付からず結局問い合わせに書いて出したら直ぐに電話があったようであるが不在でメールで返事が来た.読むと直接行かなくて良かったと云うのは紹介状であっても予約制なのであった.昨日の朝一番に予約して行ったが凄く大きな大病院である.最初から外科の担当医との面談で未だ資料を集めないと駄目でまた検査漬けの様子で入院は来年になってからの様子である.検査の結果を見てから抗癌剤治療を始めて癌をある程度抑えてから手術だという.今年のノーベル賞の癌をやっつける薬はどうなのかを聞くとまだ製品として使える段階では無いという.昔読んだ手術をすべきではない放射線治療はどうなのかと聞くと放射線も最初にやる治療方法では無いという.その著者と考えが違うという.こんな手間の掛かることになろうとは思いも寄らなかった.来週は三日通院である.

扨、本題.ZDNet - Can Firefox survive in a Google world? ( December 12, 2018 ) という記事である.マイクロソフトの Edge が降参して Chronium に乗り換え益々 Google が優位になるこの世界で Quantum 導入でもシェアーの全く改善しない Firefox が生き延びられるのかという記事である.

結論としては生き残れるかどうかは Google 次第だという.先日発表された決算報告でも解るように Mozilla の収入は殆ど検索エンジンである.一部 Yahoo に乗り換えたが今ではまた元に戻り殆どが Google からの収入である.現在の契約が終わって継続されないと Mozilla は収入の大部分を失うことになる.それが終わりの始まりなのであろう.

筆者が思うに一つだけ Google が Firefox を生かしておきたい理由がある.それは Google 自身が独占を恐れていると云うことであろう.独占していないという目くらましに Firefox の存在そのものが必要であろう.

[to index]  [to top]

■(12/14) Close Tab in Context Menu

一昨日の 11 日に再検査が全て終わって外科部長との面談.やっと入院日が決まるかと思ったがそうではなかった.友人の女性がどうしてもついて行く、一人で聞かない方がよいと云うので嫌々一緒に行ったが医者というもの複数の人間がいた方が緊張するらしく前回よりは改まった感じであった.結論は癌が深くて心臓にも影響があるので大きな病院に行った方が良いかもと云いだした.実の所こちらも処置は他を紹介して貰った方が良いのでそれを何と言い出そうかと思っていたのだがあちらから云ってくれたので早速推薦状や検査データーは貰えるのかと聞くと勿論と云うことであった.昨日はそれを取りに行きそれで癌研を紹介して貰った.今朝はこれから癌研に行くとところである.

扨、本題.全くつまらない拡張であるがタブを閉じるのにコンテキストメニューから出来ると云うもの.

Hosted by Google Photo

タブを閉じるにはマウスホイールのクリックで充分であるが Firefox は中々閉じなく苛々する.それでこの拡張も良いのかなと思った.併しこの拡張もメニューのもっと上にあって欲しい.

[to index]  [to top]