Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - MEMO
Permanent Links(2007年10月-4)

MEMO ■ ■ ■ ■ MEMO ■ ■ ■ ■

以下はパーマネントリンク

07-10 ■(10/25b) PDF の脆弱性

昨日 PDF の新たな脆弱性の記事を読んで確かその中に Secunia の Secunia Software Inspector で調べろとあってその記事は閉じて Secunia にいったら Java のエラーで何度やっても駄目でああいうニュースに載って大量に人が押し掛けて動かないのだろうと諦めてそのまま忘れていました.今日になってそうだあれはどうかとまずその昨日見た記事を履歴の検索で「PDF」で探したら直ぐに解りそのページは ZDNet Japan 「PDFファイルを使った攻撃、パッチ公開から24時間以内に出現」2007/10/24 でした.内容をよく見ると下の方に Adobe Reader 8.1.1 update - multiple languages へのリンクがあってそちらでパッチをダウンロード、インストールしました.インストール後 Secunia Software Inspector はどうかなと遣ってみると今日はちゃんと動き Acrobat も OK と診断されました.

07-10 ■(10/25) 記事2つ

今日は何も記事無しで止めてしまいたい日が1週間に何日かそれどころか毎日かも知れないけれど何となく気が進まなくなって非常に書き続けるのが苦痛に感じる日が何日も続くということがあって今はまさにそういう状態です.そういう時一番書きやすいのは自分がその日に体験したことを書くのがいいのですがそのネタもないと益々憂鬱はますばかりです.何か今日はなかったかなと考えても何一つ浮かんでこないと思ったら従妹からホームヴィデオが送ってきて、映画の字幕の翻訳をやっているくせに編集が下手でさんざん下手くそめとメールでいってやったら「高々ホームヴィデオにそんなに一生懸命やれるか」というので「女性は皆すぐそういう言い訳をする.男性は何事でも絶対の探求を志してだから論理的な批判はしても絶対の探求に関わるような批判はしないようにしている.男性はその種の批判は余りにも精神的衝撃が多くて可哀想だから.」というと「女性だって絶対の探求はする.ただ今は翻訳の仕事がこれだけあって納期も厳しく他のことをする暇はないのだ.」との返事こうやって気安く何だかんだ言える女性を挑発したりからかうのは愉しいことです.その幾つか送ってきたホームヴィデオのやたらと変なところに文字を入れたりアイリスイン、アイリスアウトを使ったりきっと編集ソフトにある色々な機能を使ってみたかったのだろうけれど写真そのものはとても美しく何ていう機械か聞くとこれが500万画素のカシオのデジタルカメラでその動画機能を使ったとの話.デジカメでこんなに動画が撮れるのは驚きました.メモリーカードはどれくらいなのか聞いたけれどもそれは知らないとのことです.普通のムービーヴィデオの機械と比べて画質が違う感じでコマ数が違うのかとも思います.

コピーしてくるとばれる

コンピューターを使い出して学生の時にはなかったこの機械、山のようにレポートがあっていつもは綴じていない紙にごじゃごじゃ書き散らしてはそこから切り出して書き直し書き直したと思ったらまた書き足し削除と大変な思いをしていましたがその時にコンピューターがあったらどれだけ助かったかと思いつくづく今の学生は羨ましくなります.しかし作家でも手書きで書いたのとワープロで書いたのと文体が違うのだそうです.矢張り後でいかようにも直せるという気があるのでコンピューターを使うとそれだけ緊迫感のない文章になるのでしょうか.

羨ましいのは書く方法についてだけではなく今では Google 大先生がついているので何でも相談に乗ってくれます.ZDNet.fr - Le « copier-coller » traqué par les universités françaises (le 15 octobre 2007) (コピーアンドペーストはフランスの大学で追跡される)はそれに対抗する処置が講じられたという記事です.それによるとフランスの大学では5人中4人の生徒がコピーしてきてレポートに貼り付け教師も10人中9人はそれに気づいたとのアンケート結果が出たそうです.

そこでリヨン大学で取られた措置は違法コピーを探すソフトウェアーを使ってインターネット上のページからコピーしてきたかどうかを追跡するという手段で9万にの学生がそれへの同意にサインしたとのことです.ソフトウェアーは文章の断片を集めて検索エンジンで照合して類似を調べるというもので1ページほどのものなら10分で済むが膨大なものだとコンピュータを落として分析が終わると翌日まで待つとあるので Web サービスということですね.

ところが問題は正当に引用しているのと自分が書いたかのように誤魔化しているのとの区別が付かないことのようでその判断は教授がするしかありません.それも大体の基準があって類似が10%を越えなければオリジナルと見なすとかです.10%までは安全の青信号、次の30%までは黄信号で、それ以上は赤信号です.だきっと人間の知恵の方が上回るに違いなく如何にすれば10%を越さなくて済むという方法が編み出されるに違い有りません.学生には有り難いコンピューターですが教える側には難儀なことです.

超高速回線

écran - Vers le très (très très) haut débit (vendredi 19 octobre 2007) (超超高速回線に向けて)です.今時 56kB とのモデムに四苦八苦している人がいるのに秒速100 ギガバイトの回線が作られているという記事です.光ファイバーの Bフレッツが100MBなので単位が一つ上です.映画1本が数秒でダウンロード出来る速さです.

UCAID(University Corporation for Advanced Internet Development)という AT&T、Intel、Sun、Cisco 等アメリカの200社余りとアメリカの大学がによるによる共同事業で進めているInternet2 プロジェクトで、現在のインターネットと平行した回線を引き Dynamic Circuit Network という技術でそれが可能なのだそうです.今の所2点間で 10GB 程度だが1年半以内に 400GBまで出るとのことです.

IP システムは Internet2 でも受け継がれるが現行の IPv4 (約40億アドレスに対応)は増え続けるアドレスに対応出来なくなるため 3.4x1038 アドレスに対応出来る IPv6 が採用されるとのことです.

これに日本の企業グループ(Toschiba、Hitachi、Fujitsu、KDDI、NEC、NTT)が参入して300億円を投じて光技術の開発研究に当たるとのこと.2015年に新しいネットワークは営業開始で1000億台のコンピューターが接続出来ると言っています.

これが完成した時現行のインターネットとの関係はどうなるのでしょうね?

[to index]  [to top]

07-10 ■(10/24d) Mozilla の決算

mitchell's blog - Beyond Sustainability(October 22, 2007)PDF の2005年及び2006年の決算報告書が出たことが告げられています.以前も出ていたと思いますが今度のはずっと見やすいものです.最初の表が貸借対照表で次のが損益計算書みたいです.興味があるのは損益計算書の方で収入の一番上が検索エンジンの収入のようです.2006年は約6千150万ドル(約70億円)でダントツですが次が利息収入で Royalties - product sales というのが Mozilla Store の売り上げ収入かと思いますがその倍ありますね.支出は2006年は前年の2倍以上でこれはきっと人件費だと思われますが約1千180万ドル(約13億4千万円)、収入と支出の引き算つまり利益に当たるのが約4千700万ドル(約53億6千万円)税金が約19億1千万ドル(約21億8千万円)で税引き後は約2千700万ドル(約31億8千万円)という勘定かな.ブログに2006年は貢献に対して約30万ドルが支払われこれが最初のささやかな1歩と書いてありますがこれはどういう形で計上しているのかなと探したけれど見つかりません.人件費は主に California、Tokyo、Toronto、Paris に支払われているとあるので Mozilla Japan はちゃんと給料が出ているのですね.2007年10月からは北京、ニュージーランドもつけ加えヨーロッパは人員が増加となるとあります.

貸借対照表の方に税引き後の27,893,735ドル + 29,888,215(Net Assets - beginning of year年初頭の純資産)= 57,781,950 がいってバランスさせているのですがこういうことするのかと会計には詳しくないので意外な感じがしました.

このブログの内容は金勘定ばかりではなくどういう方向に力点を置いているか、Mozilla の活動が如何にインターネット産業あるいはオープンソースに良い影響をもたらすかの方が主に語られています.その中で HTML 5 の video で こんなことが出来るデモ があってこれには感心しました.筆者のように下世話な人間には金勘定の方に関心がいってしまいますがきっと「Firefox Hacks 翻訳日記」でそのうち全訳が出るでしょう.

07-10 ■(10/24c) 検索エンジン

以前書いたけれど手元のデスクトップの仏和・和仏を使っているけれど新しい言葉特にコンピューター用語は全く駄目で前後関係で推測しなくてはならずオンラインのせめて仏英の良い辞書はないかと英語圏フランス語圏の隣接するカナダに住む友人に聞いたら WordReference.com を教えて呉れました.これが使いやすいかどうかは別として単語一つ引いて検索結果のページの一番下を見ると Firefox の検索バーにここのファビコンが載っているスクリーンショットがありその下に「Firefox の検索バーに追加する」という文字がリンクになっていてクリックして直ぐインストール出来るのかと思ったら mozdev.org Mycroft に飛ばされここは Firefox の検索バーに登録出来る検索エンジンを集めた有名なところですが上記辞書サイトの検索エンジンが並べてあってどれでもインストール出来るようになっています.どこかの国の馬鹿なことを言うのとは違ってかくあるべき見本のようなものです.

07-10 ■(10/24b) Windows 7

Vista の次の Windows、コードネームが Windows 7 と呼ばれるものについて Eric Traut という技術者がイロノイ大学で講演を行っている video が Eric Traut talks (and demos) Windows 7 and MinWin (October 19th, 2007) で見られます.Windows 7 が見られるわけではなくよく分からないのですが書いてある説明によると Windows カーネルに対して効果を及ぼす MinWin という部分のデモンストレーションとか、他の記事によると Windows が重くなり過ぎなので Eric Traut に改善を依頼したとのことです.ヴィデオは最初 Vista が Windows 6、XP が 5 といったバージョンの話から入ってバーチャルマシーンで古いバージョンのを表示したりしていますがその後内容が掴めませんでした.Windows 7 は巨大であるがコアー部分は小さくいっているようです.

07-10 ■(10/24) マンションと IT

昨日もマンション管理組合の仕事があって Web と関係あるので書いておきましょう.このマンションはあるケーブルTVが何年も前に導入されていて筆者はそのケーブルTVをプロバイダーとする回線を利用して3つぐらいのスピードの段階があってその一番速い回線(30M)を契約しているのですが今年になってからか光回線が出来てそのマンションタイプだと今までより安くなるのを割と最近知って導入するにはマンションの管理組合の承認が必要でそこで管理組合の人にその旨話したら既に NTT の Bフレッツ導入が決まったという話.何だよ NTT なんか嫌いだよ、ケーブルTV のを導入してくれと文句を言うとでは研究して置いてくれというので問い合わせると偶々担当者がいなくて返事が来るのが2・3日掛かりその間こちらは管理組合の理事長に就任で返事が来たのでこれは役得とばかり話を進め NTT の導入後でも基本的には問題ないし既にケーブルTVには加入していると言うことで調査を依頼して導入が出来るよう頑張っています.自分のためでもあるけれど公平に見ても選択の幅が広がるしケーブル TV も B フレッツも利用出来るならそれだけ資産価値は上がるはずです.それに工事費は無料であるので投資が0で価値が上がるのだから反対する人はないと思います.勿論物理的に導入が問題なければ勝手に決めるわけではなく理事会に諮るのは言うまでもありません.

先に NTT の導入に関して即導入するか、今は検討中、導入しないの3択のアンケートがあってその結果も貰ってみたところ導入する人は1割程度、検討中が4割とインターネットを使っている人というのは全体で5割ほどと解りこれは日本の家庭の平均なのかと思いました.理事同士頻繁に連絡の必要もあるので電話だと帰宅時間がまちまちで面倒なのでメールで連絡はどうかと聞くとメールを持っていない人がいたりでインターネットの普及はまだまだだという感じを抱きます.主要な管理は管理会社が入っていてそことの連絡はさすがにメールで出来ます.送ってもらう書類もメールに添付で今まではそれも郵送のようでしたが書類の山が出来なくてこれは助かります.小口の会計は会計の理事がこれまで紙で手書きにかしたものでそれを恐らく期末に管理会社で印刷物にしたものなのでしょうが今度は若い人が担当なのでコンピューターを使ってくれるのかなと思いますがまだ聞いてません.電話連絡はこちらは全部 Skype から電話をしています.毎月電話料金はほぼ基本料金だけでこの春から KDDI に変えていたのですが初期のサービスか数ヶ月料金は50円台でした.前期の理事とも話すことが色々あってその中の一人はメールもSkypeも入れていました.

同じ理事の人の所に行ってちょっと打ち合わせをしたらコンピューターを見せられ以前はサポート切れ後も Windows98 だったので何度も買い換えを勧めていたのですがそれが Vista に買い変えていて IE を開いたらそれは当然ながら IE 7 できっと知らないだろうなと思って聞いたら案の定タブ機能は知らなかったみたいで教えて検索バーがついていないのでデフォルトではないのかなと思ったけれど表示方法を探すのが面倒で Google Toolbar をインストールしてあげました.Firefox をインストールしようかと思ったけれどまだ早すぎるかな、それに Vista はインストールに何か聞いてきたりしたら煩いなと思ってそれはぐっと我慢していずれ入れて貰おうかと思います.

ちょっと前まで数年間老人の介護をせざるを得なくなりましたがこの介護関係というのはどこも全く IT 環境がなく何かを申し込んだり問い合わせをするのは全て電話です.この地域の特定の介護サービスだけが特種なのではなくどこでもそのようです.介護用の例えば杖のようなものや車椅子も Web で見られることは見られますが介護用品専門業者でカタログを持ってきた所は Web サイトさえありません.自分が介護を受ける年齢になった時は IT がもっと介護の現場で普及して貰いたいものですが今の所はその感じは全くありません.

[to index]  [to top]

07-10 ■(10/23b) 英辞郎の検索エンジン(2)

この話はもう触れたくない不快なものですが Firefox 検索プラグインからの検索は禁じるという明確な 根拠はどこに示されているのか解らない と書きましたがその後 ArtSaltのサイドストーリー 「先日のエントリ『英辞郎の検索エンジンをいじる』の後日談」2007/10/21/ (日) でそれはここにある と教えて頂きました.確かに禁止していることは確認しました.しかしこのページにたどり着けません.トップページなどからアクセス出来なければこれは死んだも同然のページでそれだったら根拠にならないのではと思っていましたが捜し方が悪いのかも知れません.

昨晩別の方から 『英辞郎 on the Web』について(利用規約など) というページがあることを知らせて頂きました.これは上記のとは違うページです.こちらの方は トップページ の「⇒動作環境HELP」-> ヘルプ『英辞郎』、『英辞郎 on the Web』について と辿ることが出来ます.但し真っ直ぐその記載に向かうのではなく途中別の場所へのアンカーに行くので見付けにくいのは明らかです.

筆者はずっと気づかなかったのですかというよりトップページなど見たこと無かったからか以前はトップページから直ぐ見られるようになっていたそうです.見付け難いようにした理由は余程 JavaScript にしておけば解らないと自身があったのか、そういうおふれを出すこと自体恥じているのかのどちらかなのでしょう.JavaScript が解らなくても見破れるのだから矢張り恥じる所があるのでしょうか.あるいはトップページに広告を出しているところからの文句があるためもっとオープンにしたいけれど広告主の方にはこういう風に JavaScript で遣ったからトップからしか検索出来ないと言い訳してまたその旨も宣言してあると馬鹿な広告主を欺くためなのでしょうか.

いずれにしても Web はオープンであるべきでリンクを貼っては駄目だというのと同じにリンク自体、そして検索プラグイン自体違法なものではなく、もし閉じたものにしたいのだったらパスワードで守って特定の人しかアクセス出来ない様にする道もあるのでこのように後ろ向きの処置は反動というしかありません.

07-10 ■(10/23) 記事2つ

土曜に住んでいるマンションの総会があって管理組合の理事が4年の一度ぐらい回ってきてその理事が順番でやらくてはならないことになっていてうっかり承諾していたのでこれはやらざるを得ないけれど総会の後旧理事と新理事の引継及びそれぞれの役職の互選があって新しい5人の中一人だけ男性であったからか何時もぶらぶら暇そうに見えたのか大して仕事もなく連絡が主な役割と聞いたので引き受けた理事長の役が最初から忙しくこんなはずではないのではと文句しきりだけれども最初の引継の時だけだと慰められても昨日は朝からてんてこ舞いでおまけに寝不足そういう時はいつもの細切れの記事というのが常道で今日もそれです.実のところ夕食を食べていなくて食事をしたら絶対に寝てしまって記事はけないなと思って急いで書き上げてからゆっくり食事をしようかなと思って書き出したら眠いしおまけに返事を書くメールが何通も来たりで最後はいい加減に終わってしまいます.眠くてたまりません.PC の前で居眠りをするのは久々です.

Firefox 2.0.0.8 にアップデートしたら拡張が...
これは itwire - Beware: Major problems with add-ons caused by Firefox 2.0.0.8 update (Saturday, 20 October 2007) (Firefox 2.0.0.8 へのアップデートは拡張の重大なを起こすのでご用心)は著者は古くから Firefox を使っていて古いのは拡張もインストーラーも当てにならなものであったがこの1・2年は拡張の質が向上している.それに自動アップデートも素晴らしい然し今回はと述べています.

昔のといっても 1.0 以前はずっと細かい 0.x のアップデートでしたが拡張が対応していない.対応していても挙動がおかしいということを筆者も経験していますが、1.0 になってからマイナーアップデートでこんなことになったことはありません.記事によると最初気づいたのは Tab Mix Plus でタブの位置を下部に設定していたのに上になっているのでアドオンマネージャーでオプションから直そうとするオプションのダイアログは開かない、そこで気づいたのは全ての拡張が無効になっているのだそうです.書いてある言葉は「この拡張は Firefox を再起動するとアップグレードされる」とか「この拡張は Firefox を再起動するとインストールされる」でそこで再起動しても改善は見られないということです.こういう目に遭っているのはこの著者一人ではないはずで自動アップデートに問題がありそうだと言っています.ただ他でこの種のトラブルを書いた記事には出会えません.

これを「もじら組フォーラム」で聞いたら「Safe Mode ではどうですか」と「新規プロファイルではどうですか」の二言でしょうね.まあ大事な ブックマークなどのバックアップを取ってプロファイルを新しくして拡張を1つ1つ入れて行っても悪さをする拡張は見つからないでしょうね.extensions フォルダの拡張を1つ1つ移していったら見つかるかどうかも怪しいです.何かのファイルが壊れたとしか思えません.ひょっと自動アップデートが問題あるのかなとサブの機械の Firefox でアップデートがまだだったので自動アップデートしてみたけれど再現しません.

世界デジタル図書館
BRANCHEZ-VOUS - La Bibliothèque numérique mondiale en 2008? (vendredi 19 octobre 2007) (世界デジタル図書館は2008年にオープンか?)を読んで何でもかんでもデジタル化して多言語対応した無料で誰でも使えるオンラインの図書館を作る構想があってそれが来年にもオープンするというのを初めて知りました.アメリカの国会図書館(正式名称は知りません)、UNESCO、国際図書館(これも正式名称は知りません)が音頭取りで1990年に設立された「Library of Congress' American Memory」つまりデジタルの文書保管システムをモデルにしたとのことです.これは現在1千100万のデジタル化した文章が読めるのだそうです.

現在マルチ言語を謳っている多くのサイトが表面的に過ぎないのとは違って利用者が望む言語で質の高い文章を読めるようにすることを目的にしているとのこと.この図書館には Intel、Apple、Google も協力しているようで Google からは 2005年に3百万ドルの寄付があったと伝えています.その他、5つの機関がパートナーとして協力してそれらはエジプトのアレクサンドリア図書館、国立図書館、ブラジル図書館、ロシア国立図書館、ロシア州立図書館であるとのことです.この新しく出来るデジタル図書館の URL は http://www.worlddigitallibrary.org/ とあって飛び先を見たけれどこれ以上先を読む気力が無く今日はこれでお仕舞いです.

[to index]  [to top]

07-10 ■(10/22b) 変化の時間(トキ) #24

変化の時間(トキ)の更新は最近は20日頃なので覗いてみると更新されていました.今月は Firefox の拡張3つです.どれも知らないものばかり.最初は Alexa Sparky で SEO アクセス解析ツールと言うのだったかそのサービスを行っている Alexa と連携した拡張です.Google Analytics というのを最近やって見たのですがこれはもうずっと前から登録しているのですが自分のページに JavaScript のコードを書き込まないで放って置いてそのまま忘れていたら iGoogle のブックマークに載っているのに気づいて JavaScript を書き込んで見たらそれまでずっとアクセス0だったのがやっと最近二日ほどのが載りました.これの使い方はまだよく分からないし Alexa との違いも解りません.Alexa という名は以前 SEOアクセス解析ツール というのを見た時 「Alexa 調べ」というのが書いてあってそういうところかというのはおぼろげに知っていました.企業サイトを作っている人には便利なのでしょう.

次は、Better GReader で Better Gmail というのを入れていてこれの親戚筋だなと思ったら矢張りどちらも元々 Greasemonkey のものということでした.それの Google Reader 版です. Better Gmail の方は機能としては添付ファイルのアイコンがつくというそのことだけで入れていてこれはなくても良いかなという拡張ですが Better GReader はなかなか優れものみたいです.Google Reader はサービス開始当初から入れてはいるけれど Firefox 2 ではまだ Sage が健在で使いやすさからいえば Sage が上で使っていなくてお陰で未読が1000件以上貯まっています.Firefox 3 で Sage が使えない事態が最終版リリース後も続くなら Google Reader に全面的に変えなくてはならずその意味でもこれは筆者にとっては注目する拡張です.後でインストールしてこれは使い勝手を自分で確かめておきます.

もう一つは Hatena Star という拡張ですが筆者はどうも「はてな」のデザイン感覚が肌に合わなくて何かで使うつもりもなくてこれはパスします.しかしこれだけ人気があるのは良いところがあるのでしょう.

07-10 ■(10/22) Office の選択肢

と題名を着けたけれど MS Office とか Open Office とか Google Docs というのは一般名で何と呼べばよいのか今日の Louis Naugès - Microsoft Office, l'hallali ! (15/10/2007) では Bureautique というフランス語ですが辞書を見ると「オフィスオートメーション,文書処理」と訳語が着けられています.然しこの言葉ではどうもしっくりしないので Office とか Office 製品とかにしておきます.さてこの文章の題名の最後の hallali というのは狩りの時の掛け声なのだそうでこれも訳しようがありません.

何故狩りかというとこの文章の冒頭に 狩りの絵 が掲げてあって絵を見てが貰えば解る通り中央に大きな鹿か猟犬たちに取り囲まれ犬の1匹は鹿の首に食らいつき画面手前左には猪とおぼしき動物逃げまとい狩りをする男の一人は短剣を高々とか掲げ今にも獲物にとどめの一撃を食らわすべく身構えているというもので、この図の内容が生き生きと語られていてこの今や獲物となって猟犬たちに囲まれ留めを待っている動物こそが MS Office だというのがこの文章です.ではその次から要約します.

MS Office の単独支配は 1996年から2006年の10年の長きに渡った.その間、蠅やら蚊のような Lotus やら Abiword といった挑戦者が立ち向かったがとてもかなう相手ではなかった.だがその支配の流れの底には獲物を狙う鰐が潜んでいて相手がその存在に気づかぬようにその機を狙っていたのだ.鰐たちはこの将来の獲物が奴隷となった企業から毎年100億ドルを手に入れる様子をじっと見ていたのだ.

2007年になるとこの水底に潜む鰐たちは猟犬へと姿を変えてそこここから姿を現して狩りが始まったのだ.Google、Adobe、IBM、Sun、OpenOffice、Yahoo-Zimbra などがそれぞれ独自の武器で大きな獲物をむさぼり食う用意は調っていた.何も正面から立ち向かうというわけではなく絶え間ない追跡や待ち伏せで獲物が弱り防御の術をなくし川の袋小路へと追い込まれるのを待っている.その留めの時は何時なのだろうか.

MS Office 97 から MS Office 2003 は Office 1.0 と呼べるもので

  • 総合的製品
  • 充分な機能
  • 重いデスクトップアプリケーション
  • 共同作業のツールがない

という特徴をもっているが企業のソフトウェアー導入の責任者はこれの後次のような選択肢がある.

Office 1.1 : これは MS Office 2007 への移行である.特徴は機能の増加、インターフェースの変更、OOXML フォーマットを採用.このファーマットのドキュメンテーションは大量で複雑なものである.

Office 1.5 : OpenOffice または Google Pack にある StarOffice または IBM の Symphony への移行である.特徴は機能の増加、インターフェースの変更、OOXML フォーマットを採用.このファーマットのドキュメンテーションは大量で複雑なものである.

  • 重いデスクトップアプリケーション
  • フォーマットは ODF でオープンで国際標準
  • 無料
  • 共同作業のツールがない

Office 2.0 : Google Apps の代表とも言うべきもので他のアプリケーションに近い.

  • ブラウザで使う
  • ODF フォーマットで Office 1.5 と互換性がある.
  • SaaS(Software as a Service)の有料版と無料版もある
  • 共同作業のツールがデフォルトである

Office 1.8 : Yahoo-Zimbra や Adobe の BuzzWord の様なもので Virtual Ubiquity という何だか暗い名前のものを購入すると使える.

これらの鰐たちは単独では河馬をむさぼることは出来なくても寄り集まったらそれも可能であろう.従って企業の責任者は Web 上の雲の上には抵抗があるなら Office 1.5 を、簡単で安上がりで共同作業を望むなら Office 2.0 を、余り先に行くのが怖かったら Office 1.8 を撰べばよい.

重いデスクトップの Office は消え失せるのは明らかであるがそれは何時であろう.以前2001年にその予想を「裸の王様」という題で書いたがその時は日付は間違ったと思う.しかしこの認識は今や共通のものとなっている.最近私は Amazon で来年の5月に出る予定の15歳の頃からマイクロソフトの戦略の分析で名を馳せている Marie Jo Foley の書いた本を注文した.本の題名は以下である.

Microsoft 2.0 「ゲイツ後の時代に残るにはどのように先を予見しているか」

[to index]  [to top]

07-10 ■(10/21c) Flock もアップデート

何時になったら 1.0 が出るのか Firefox がアップデートされるとその後直ぐに Flock もアップデートされるのが恒例ですが忘れていたので立ち上げるとアップデートで全部自動でやってくれます.ユーザーエージェントを見ると、
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1.7) Gecko/20071013 Firefox/2.0.0.7 Flock/0.9.1.3 - Build ID: 1192242640.15410
あれれ Firefox 2.0.0.8 ではなくて 2.0.0.7 です.前のアップデートも書いていたはずで探すと Firefox/2.0.0.6 Flock/0.9.0.2 となっていて記事を書いたのは8月4日、Firefox 2.0.0.7 は9月19日なのでこの時点では Firefox と並んでいました.Firefox 2.0.0.7 のセキュリティーバグの修正は1つだけだったのでこれは Flock では飛ばしてしまったのかとリリースノートを見ると前回気づいてアップデートした以降に 0.9.1.1、 0.9.1.2、と出ていてこの時点で Firefox 2.0.0.7 相当になっていたことが解りました.

Flock のフィードリーダー機能は気に入っていてこれは本体機能ですが幾つか試しに入れていてこの MEMO の Atom フィードも入れていました.今回のアップデート後それを見ると7月の初めで更新されていません.強制的に更新をさせる方法がないので削除して今度は RSS を登録してみました.といってもフィードアイコンで登録は1種類しかなく Atom のしか登録出来ないので RSS の URI をロケーションバーに直接入れての登録です.RSS の方は更新されていて今日のが表示されます.その後もう一度 Atom を登録したら矢張り7月なので何度か再読込ボタンを押したら動かなくなったので強制終了させてもう一度見ると今度は Atom も更新されています.キャッシュを読み込んでいるのかも知れません.この Flock のフィードリーダーは更新ボタンがないという欠点以上にメモリー食いで瞬く間にメモリーの消費量が増えてしまいます.これがスムーズであれば フィードは Flock で見たいのだけれどこんなにメモリーを使われてはかないません.

追記
この記事を挙げた後直ぐに Flock のフィードリーダーを見たけれども更新されません.その上 Atom の方は並び方がメチャメチャで日付順に新しい方から古い方に徒並んでくれません.こりゃ駄目なのかな.

07-10 ■(10/21b) Opera 9.24 の通知が来た

さっき JavaScript をちょっと書き直したら Opera の表示がが変なので Error Console をみて指摘の箇所を修正してみるとおかしな所は直ったようで表示は問題なくなったのにエラーの指摘は全く消えず HTML を何度再起動しても駄目なので Opera を落として起動させるとOpera 9.23 のときは来なかったアップデートの通知が突然やってきました.一体いつ頃リリースされたのかアクセスログを調べてみたら10月15日に Opera/9.24 のアクセスがあります.ということはその頃から Opera はずっと起動しっぱなしだったということです.そうか Firefox と違ってアップデート後最初の起動時でないとお知らせは来ないのですね.それでアップデート後忘れていた Error Console を開くと JavaScript のエラーは全くなくなっていました.全部で3つくらいエラーが出ていてそのうち1つだけが弄ったばかりで「.」を2つ打っているいる明らかに書き間違いと解るミスでその他のは何故これがエラーなのかまさかサポートしていないと言うことはないのになと思っていたものでそれがアップデートしたら消えたというのはどういう事なのだろう?まあアップデートの通知も直ったし、Error Console も変な指摘がなくなってめでたしめでたしではあるのですが.

07-10 ■(10/21) Google とモバイル

Google Operating System - On Google's Mobile Strategy (Thursday, October 18, 2007) Ga Ga Gooogle.com というブログで Google's Mobile Strategy (Google のモバイル戦略)として Part 1 (intro)Part 2Part 3 の3回にわたって述べられた内容を一纏めに要約した文ですがそのオリジナルを読まずにこの要約を更に要約で3番煎じいや出涸らしですが以下要約です.

Google は現在の広告収入は限界に来ている.そこで長期的戦略が必要である.そこで焦点が当てられるのがモバイルである.それは Eric Schmidt も「モバイル、モバイル、モバイル、それは今の所最も広いオープンなスペースなのだ.」と言っている.この無線のインターネットはまさに革命の先端でその最初の試みが iPhone である.Google はそのキープレヤーであり金銭を生み出すものである.

Verizon や AT&T や Sprint といった携帯会社は皆帯域を所有しているが Google はどうであろうか.この帯域を所有するには何10億も必要でこれがなければそれらの企業は商売が出来ない.2008年オークションが行われる 700Mhz の帯域にはちょっとした騒ぎが起きている.Google が乗り出してきたからだ.この帯域は TV 会社がアナログ放送のために使用していたがデジタル化のため政府に返却を要求しているものである.この帯域は米国民の1億9千600万人をカバーするものでいわばモバイルのブロードバンドで現行の 2.5 G や 3G よりずっと速い.

然し Google が帯域を所有する必要があるのだろうか.これは Google の仕事ではないであろう.つまりはったりをかましているのではないか.携帯電話会社がエンドユーザーに対して持っている支配力を緩めようとしているのではないか.Google はインターネットと同じにオープンなワイアレスのネットワークを望んでいるのだ.オープンなマーケットでこそ Google は繁栄してきたのだ.Google Public Policy Blog では次のような柱を掲げている.

  • Open applications: 消費者は如何なるアプリケーションも内容もサービスも望み通りにダウンローして使えるべきである.
  • Open devices: 消費者は携帯デバイス好みの如何なるネットワークでも使えるべきである.
  • Open services: サードパーティーは 700Mhz のライセンスでは差別なくワイアーレスのサービスが行えるべきである.
  • Open networks: サードパーティーは 700Mhz のライセンスではインターネットのプロバイダーと同様に相互接続出来るようになるきである.

当然ながら携帯大手の Verizon や AT&T はこれには反対である様々に妨害するであろう.彼等はまだ値上げに続く値上げを考えている.Splint はどうであるかというと Xohm に加入している.Xohm は WiMAX 4G のモバイルのブロードバンドテクノロジーであるが既に Google、Intel、Motorola、Samsung その他のパートナーとなっている.Xohm は 2008年4月に始められる Wifi に似たものであるがもっと長距離にも対応しているモバイルのインターネットとでも言うべきものだ.

Google が 700Mhz の帯域とパートナーの Xohm でオープンなデバイス、オープンなアプリケーションを走らせるということは何を意味するか.GPhone.

Splint は Verizon や AT&T との差別化を必要としている.Google はオープンなモバイルインターネットを必要としている.エンドユーザーはもっと安いコストとよりよいインターネットと体験を必要としている.

ということで2008年4月1日は Gmail の4周年でその時 GPhone が登場するみたいなことが書いてありますが Firefox モバイルはそれにはとうてい間に合わないでしょう.それはともかくこの記事で Google がモバイルの閉鎖性を打破する方向に具体的に動いているらしいことを知りました.

[to index]  [to top]

07-10 ■(10/20d) 例の検索エンジン

例の検索エンジンの XML のソースコードを 大胆に公開している人もいるのでそれをコピーしてテキストファイルで UTF-8 で XML として保存してプロファイルフォルダーの searchplugins フォルダに置いて Firefox を再起動すればいいのですが、こちらも少し大胆になってプロファイルフォルダーは面倒くさくてご勘弁をという人用に HTML を作っておけばそのままインストール出来るのでその HTML のソースだけ書いておきます.テキストエディター(Windows のメモ帳で OK )にコピーしてそのファイルを「ei.html」とでもしてローカルのどこにでも保存してそれを Firefox にドラッグしてリンクを押せば良いだけの超簡単な HTML (DOCTYPE 宣言は横に長くなるので省略したので Valid ではありません.)です.既にその検索エンジンが入っている場合はインストール出来ないので検索バーのアイコンをクリックすると出てくるプルダウンリストの一番下の「検索バーの管理」をクリックして管理画面から削除しておく必要があります.

<html>
  <head>
    <title>例の</title>
    <script type="text/javascript">
      function openSearch(xmlFile){
         if((typeof window.external == "object") 
           && (typeof window.external.AddSearchProvider == "function")){
           var pluginURL = "http://beau.g-com.ne.jp/firefoxsearchplugin/" + xmlFile;
           window.external.AddSearchProvider(pluginURL);
         }
         else alert("このブラウザは、 MozSearch プラグインをサポートしていません。");
     }
    </script>
  </head>
  <body>
    <h3>
     <a href="#" onclick="openSearch('eijiro.xml');return false">例の検索エンジン追加</a>
    </h3>
  </body>
</html>
						

07-10 ■(10/20c) SeaMonkey 1.1.5

Firefox のアップデートがあればこちらもアップデート.いつものように入れてみました.なぜだか Gmail Notifire でログイン出来ない他は特に変化はなし.Crash Recovery を入れると他の拡張が生き返るのも何時も通り.
SeaMonkey 1.1.5
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1.8) Gecko/20071009 SeaMonkey/1.1.5

07-10 ■(10/20b) 規約

ArtSaltのサイドストーリー 「英辞郎の検索エンジンをいじる」 にあった「トップページ (http://www.alc.co.jp/) 以外からのご利用はご遠慮ください、とか前々から言ってたなあ。」とという文章がどこにあるのか探してもました.ところが見つかりません.そのトップページから関係しそうなものを探してみました.該当しそうな文章は、

位しか見つかりません.「利用規約」の第1章 総則 第2条(本規約の範囲)1の「本規約本文の他にアルクグループが別途定め、本サービスの各ページ上に掲載する「ご案内」又は「ご利用上の注意」等で規定する本サービス利用上の細則及び第4条の通知(以下、併せて「利用細則等」といいます)は、名目の如何にかかわらず、本規約の一部を構成するものとします。」とあるからどこかに英辞郎の「利用細則等」があるかと探したけれど見つかりません.

では「利用規約」を見て 英辞郎検索プラグインを配布する行為がどれか禁止事項に合致するか見てみましたが引っ掛かりそうなのは 「第4章 禁止事項等 第9条 利用者は、以下の行為を行ってはなりません。 12.アルクグループが指定した方法以外の方法によって、スペースアルクを利用する行為。」ですがこの「アルクグループが指定した方法」というのがトップページからしか検索をするなということであれば明確に違反しています.ところがこの「指定した方法」というのがどこにあるか解りません.もう一つ「14.アルクグループが認める以外の方法で、本サービスに関連するデータのリンクを、他のデータ等へ張る行為。」も違反の恐れがあります.しかしこれも同様に「アルクグループが認める」方法がどこに書かれているんかわかりません.「17.アルクグループが不適切と判断する行為。」で Firefox の検索プラグインは不適切だよと判断されたらそれまでですがこの規約は適応範囲が無限で規約の項目として成立するのか大いに疑問です.本当に違反なのか訊いてみようかと思ったけれどこれこれすることは不適切ですかとお伺いを立てなくてはならないというのも変な話であちらからこの行為はこれこれの理由で不適切と判断しますのでご遠慮願いますといってくるのが筋ですよね.

次ぎに「著作権について」は違反になるような項目は見つかりません.これ以上見つからないので Google で検索したら 文系大学的IT系の悲哀 「[英辞郎]大多数の利便性を犠牲にしてまで守るべきものなのか」2007-09-11 は同じ問題を取り扱っています.こちらも、「第4章 禁止事項等 第9条 利用者は、以下の行為を行ってはなりません。 12.」を引用してその後直ぐ「まり、Firefoxの検索プラグインを作ったり、外部のサイトが検索フォームを作ることを禁じている。」と書いておられます.ということは「アルクグループが指定した方法」というのは検索フォームが設置してあればそれが指定した方法でこれ以外の所から検索は許さないということなのですね.フォームのテキストボックスに入力して検索はそれが設置されているということ自体何の説明無しに指定している方法と解釈されるのですか.これは参るなぁー.他の検索エンジンでも気づかないだけで規約のどこかに「何々の指定した方法」しか認めないとあればどこもそういうことになってしまう.こういう時誰か会社の法務関係の人がいると聴けるのだけれど.

07-10 ■(10/20) 英辞郎の検索エンジン

さっき ArtSaltのサイドストーリー 「英辞郎の検索エンジンをいじる」 を読んだら「トップページ (http://www.alc.co.jp/) 以外からのご利用はご遠慮ください、とか前々から言ってたなあ。」とあって何故そんなにけちくさいことをいうのか解らないが公開しているとまた災難が降りかかるかも知れないので一つ前の記事のリンク先は使えなくしておきます.それにしてもこれだけ多くの人が英語を引くのにとても便利な検索エンジンが世の中から消えてなくなればどれだけアクセスが減るか解らないのだろうか?トップページから引けといっても1回引けば次からはその検索結果のページから引くので余り意味はないも思うのですが.

筆者が自分で作ったきっかけは以前あったところから消えてなくなっているので自作したのですがということはその以前に置いてあったところは禁止に気づいてなくしたのだったかも知れません.前のが動かなくなったら前のを自分で動くようにすれば良くてその方法のヒントだけ以下書いておきます.

先ずトップページから例えば 「dog」 を引くと検索結果のアドレスは
http://eow.alc.co.jp/dog/UTF-8
次ぎにトップページから例えば 「cat」 を引くと検索結果のアドレスは
http://eow.alc.co.jp/cat/UTF-8
結論として ■ を検索すると次のようになります.
http://eow.alc.co.jp/■/UTF-8

検索プラグインの場合

プロファイルフォルダの中の searchplugins フォルダーの中にある「英辞郎」の XML を開くと(どれだか解らなければテキストエディターで片っ端から開けば解ります.)
<os:Url type="text/html" method="GET" template="http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in={searchTerms}&word_in2=あいうえお&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je"></os:Url>
という箇所があるので、この template="..." のコーテーションの部分が http://eow.alc.co.jp/■/UTF-8 にあたり、上で ■ とした部分は {searchTerms} にあたるのでその他余計なものは全部とって http://eow.alc.co.jp/ {searchTerms} /UTF-8 にすればよいのではと推測出来ます.

今まで入れてなかった人は他の検索エンジンを開いて題名とか色々直して最後の template を上のように推測して名前を変えて searchplugins の中に置いておけば Firefox を再起動すれば登録されます.アイコンはどうするとか Search Plugin の 「●Firefox 2.0 から 登録のためのファイルが ...」辺りを読むとヒントになるでしょう.

追記
もう一つ忘れていました.DictionarySearc だと問題なく日本語 -> 英語が引けたのですが検索バーの場合前のを template="..." だけの変更だと文字化けしてしまうことに気づきました.その対策は前のは
<os InputEncoding>shift_jis</os InputEncoding>
だったので
<os InputEncoding>utf-8</os InputEncoding>
に直したら問題なくなりました.

DictionarySearcの場合

は前の設定を見ると
Text:EIGO Search for "$"
Url:http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=$...(長い文字列で省略)
となっています.
$ が ■ に当たるわけですね. 従って Url: http://eow.alc.co.jp/■/UTF-8 となればよいわけです. 後は想像がつきます.Text:では "$" なってコーテーションが必要ですが Url:では $ だけでよいということも注意が必要ですね.

というわけで一つ前の記事のリンク先はまたここに戻って見るようにしてあります.

[to index]  [to top]