Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - MEMO
Permanent Links(2007年7月-2)

MEMO ■ ■ ■ ■ MEMO ■ ■ ■ ■

以下はパーマネントリンク

07-07 ■(7/11c) Flock 0.9.0 Beta

久々に Flock です.Firefox が 2.0 になっても相変わらず Firefox 1.5 ベースであってメモリーの消費の多い Flock 0.7.x には関心が薄くなるばかりだったのですが Flock 0.9.0 Beta が出たというのでダウンロード、インストールしてみました.Flock - Home に行くとサイトデザインが一新されていて驚きました.そろそろ 1.0 を出す前触れなのかも知れません.ベータ版はどこにあるのかな、リリースノートは見付かったもののどこでダウンロードするのか解りません.試しに各ページの左上にあるオレンジの「GET FLOCK NOW」をクリックするとこれでした.インストールの始めに前ののバージョンは捨てる(だったと思います)がよいかを訊いてきて、次にはプロファイルはバックアップを取るか訊いてきて(これも多分.どうでもいいと思っていたのでよく見ていません.)OK してインストールです.拡張が問題あるみたいでステータスバーの下に大きなスペースが出来てなにやらコードが出ています.これは怪しい拡張を取り除けば何とかなるでしょう.どうも全部真っ新な状態で入れた方が良さそうです.プロファイルのバックアップはどこかにあるのか捜したが見付かりません.勘違いかも知れません.

ユーザーエージェントを見ると
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1.4) Gecko/20070707 Firefox/2.0.0.4 Flock/0.9.0
Firefox 2.0.0.4 になっています.まさか Flock 1.0 は Firefox 3.0 ではないでしょうね.

07-07 ■(7/11b) Vertigo

3つの位置取り

ヒッチコックの最高傑作であると筆者が思う作品は「めまい」(1958)であってサンフランシスコの坂道をゆったりとしたリズムで進む車と垂直に聳える尖塔と落下がテーマであのグラマラスなキム・ノヴァクの海に飛び込み気絶した豊満な身体を高所恐怖症に脅える細身のジェームズ・スチュワートが抱きかかえ彼女をの服を脱がせて全て干したことは容易に想像出来るヒッチコックらしいエロティシズムはさておきこの映画の原題の「めまい」Vertigo の名を冠してしまった Firefox の拡張があると陽極日記 「水平と垂直と縦と横と部屋と Y シャツと私」2007.7.8 Sun で知りました.

問題は拡張なのではなく先日の (7/8b) upside down で書いた「水平、垂直、Horizontal、Vertical」です.この拡張を紹介する Lern Firefox - Vertical Tabs (Vertigo) ではタブを default horizontal view から vertical view へと変更させると書いてあってそれぞれ図が載っています(図の一番上と2番目参照).ここでは「view」という言葉が使われているのが効いているのかと思います.先日筆者が書いた憶測でいうともし vertical tabs であるのならきっと図の一番下と言うことになるのではと思います.しかし、Firefox Add-ons の Firefox Add-ons - Vertigo の説明だと、

Adds vertical tabs.
垂直なタブを加える.

The tab bar has been moved to the left side of the browser window, and tabs stack vertically.
タブバーはブラウザウィンドウの左側に移動.でタブは垂直に積み重ねられる.

とあってうーん微妙です.まあ自分の推測を正当化するなら出だしには vertical tabs とあってもそれが次の文で垂直に「積み重ねられる」の stack という言葉で誤解の無いように補強しているのではと考えます.向きとは関係ないのですが Tab Mix Plus だとタブは一番上(Top)か一番下(Bottom)に横並びにしか出来ませんがこの Vertigo は Tab Mix Plus とぶつからないよう改良されたとあります.確かめたわけではありませんが.

ところで vertical と vertigo は恐らく同じ語源の言葉と思うのですが 英語語源辞典 で調べてみると、

vertical
(天頂からまっすぐ下に)垂直の、直立した、天頂の
[語源] L.vertex(回転の頂点)+al
vertigo
(主に高所での)めまい、旋回(目が回る)
[語源] L.vertigo(回転)
[語源] L.vertere(回る、向く)から

でどちらも「回転」が語源できっとつむじ風や螺旋階段のように回転が垂直・鉛直方向に延びていったというみたいです.

手前味噌ながらこの英語語源の検索エンジンは以下クリックで登録出来ます.
英語語源辞典「英語語源辞典」検索エンジンのインストール、右上の検索バーに登録

07-07 ■(7/11) 色々

待望のマウスが来た

この半年悩まし続けてこれまでの光学マウスは皆マウスパッドとの相性が問題であったのがこの新しいロジクール製のは下の面がどうであろうと(滑り具合は問題になるが)ちゃんと働きただ問題だったのは2台の機械を共有する変換器のマウスの口に差し込む USB の先に付けるアダプターが緩く直ぐはずれてしまうことだったがこれは前のを使うことで解決、形状はノート用のは皆小さいのでそうではないのを選んだが掌にちょうどいい具合に収まってこれも文句なし.今これを書いている秀丸エディターで気づいたのだけれど中ボタンを押すとブラウザではお馴染みの上下にマウスを動かすとスクロールする矢印が出てあの機能はブラウザ特有のものかと思っていたのがマウスにその機能があるかどうかということだったのかと感心することしきりです.マウスの左に親指で操作する細長いボタンが2つ着いていてこれは何をするものかと思って試してみるとどうやら「進む」、「戻る」のボタンに相当らしく慣れれば便利かなと思うけれど余計な御世話という気もしないでもありません.特に邪魔というわけでもなく誤って押す恐れもなく許容範囲です.

もう一つの機械でも問題ないか立ち上げて動くことを確認した所でそういえばドライバー CD が付いていたのを思いだし開けてみると説明書の小冊子が入っていてインストールしろと書いてある.マウスでドライバーを入れるなど(Tablet は無論入れましたが)初めてのこと、入れなくても Windows ので動くから必要ないかと思ったが一応入れることにしたのが運の尽き.実は CD を入れても何も起動しない.CD ドライブをエクスプローラーで見ても何も見えません.そこでもう一つの機械で確かめるとこちらはオートランでセットアップのダイアログが起動してインストール出来ました.そこで CD の内容を最初のメインの方の機械のハードディスクにコピーしてそこから立ち上げてみました.インストールに30分は掛かり終了すると剣呑なことに Windows の再起動を促してくる.もう一方の方は再起動は促してこなかったのにです.設定を色々しているらしく終了に時間が掛かりやっとの事で再起動したらタスクバーに設定やソフトウェアーの更新のためにアイコンが増えていて立ち上げようとすると何も出てこないと思っていると更新があるというので許可する.そこまではめでたしめでたしでではマウスの設定が色々出来るのかなと設定を開くと割当てを変えたり出来るのでデフォルトでよかったけれどやってみて適用ボタンを押してこの今書いているエディターや Firefox で試したらどうも様子が変です.マウスのホイールが回転しても効きません.その他あるという機能も使えません.設定をデフォルトに戻しても何ともならないしヘルプも見ても何の役にも立ちません.

インストールと再起動に長時間掛かったのに結局今度はアンインストールです.「プログラムの追加と削除」を見ると2つ登録されていて2つとも完全に削除して再起動、恐る恐るマウスを使ってみました.ひょっとすると Win XP の持っていたロジクールの古いドライバーに上書きしてアンインストールするとそれも削除でもう動かなくなってしまうのかと恐れたからです.しかしながらドライバーをインストールする前の状態に戻っています.ヤレヤレでした.もう一方の機械はタスクバーに何も出ないけれどアップデートが来てそれでも何の問題もありません.説明書を見るとインストール出来ない機械もあるとか書いてあります.CD が見えなかったのはその所為だったのかと思ったもののこんなことは未だ嘗て経験したことがありません.高々マウス1つのために一体どれだけ時間を使ったことでしょう.

キーボードカバーも来た

昨日書いたように注文した PKU-FREE1 も来てこれは薄い透明なビニールのシートが方眼紙に張り付いていてそれを自分のキーボードの形状に合わせて切り取りキーボードに貼り付けるだけのもので貼り付けるといってもぴたりと張り付くわけではなくむしろキーボード上に置くと云った方が良い代物でした.せめて端だけでもピタリと張り付いくれればよいと思うけれどそうではないしキー毎の凹みがないのでキーを打っていれば当然波打ってきて筆者のようにブラインドタッチではなく手元に明かりを向けているので反射して時々両端を持って伸ばしてやる必要があります.これはどうやら失敗でした.確かにカバーが掛かっているという感覚からは大分違っていて幾分何もないキーボードを叩く感じで人によっては好ましいのかも知れませんがこの波打っての反射は使いづらいです.これが Amazon で買って1240 円は高いなというのが実感です.

Greasemonkey

は Firefox の拡張でこれ自体は何もしないけれど色々に便利な機能のある javaScript をダウンロードするか自分で書くかして登録するとそれぞれ別々の拡張を入れたのと同じに使えるものでその便利さは知っているものの筆者はまだ一度も使ったことがありません.大分以前に一度危険が指摘されてアップデートされたかしたことがあったように記憶していますが勘違いかも知れません.しかし配布されるのは javaScript のファイルで1つの拡張よりも手軽に悪意あるスクリプトが書かれる可能性があります.また Firefox Add-ons にそれらのスクリプトは置かれているわけではなく何のフィルターも通っていなくて危険の可能性は高くなります.

その問題について Firefox Facts - Greasemonkey Security Issues (July 9, 2007) ではそのセキュリティーに関する問題は「誰かがクッキーを盗み出すようなスクリプトを書いてアップロードした場合」とかで Greasemonkey 用のスクリプトの配布サイト userscripts.org の中の Forums の Cookie Stealing Scripts の書き込みの「怪しいスクリプトがあれば知らせて欲しい.直ぐに削除する.新しくアップロードされたものやアップデートされたものは安全の確認中であると警告のバナーを出す積もりだ.」を引用してこの種のスクリプトのダウンロードには例え信頼出来るものであっても暮れぐれ注意すべきである、また UserScripts.org チームが素早く危険を取り除いていてくれることを願うとあります.

時々思うのは Firefox はパスワードなどはプロファイルのファイル(signons.txt とか)に保存されますがクッキーに保存されるより暗号化されているなど余程安全なのでしょうか.つまりファイル名は解っているので盗み出すのは容易比較的容易だと思うのですがそれを読み解くことは通常では出来ないのでしょうか?

Open Office

昨日 Open Office のスプレッドシートを立ち上げたら Thank you for using OpenOffice.org のページが立ち上がりました.2.2.1 のリリースのお知らせなのかと思って立ち上がったスプレッドシートでヘルプからバージョンを見ると 2.2.0.そこで試しに「Check for Updates」をクリックすると「No new update is available」だと言ってくる.

アップデートのお知らせがこれでは困ります.現にリリースされたというページが表示されているのだからこちらを信用するしかなくてダウンロードしてインストールしました.インストールファイルを解凍しているようなので後で見ると矢張りデスクトップに「OpenOffice.org 2.2 Installation Files」というフォルダを作り解凍ファイルを置きっぱなしと云う行儀の悪さは相変わらずです.今時意味もなく解凍ファイルを残していくソフトウェアーなど他に聞いたことありません.尚、 Open Office 2.2.1 は英語版です.日本語版は最近の Mozilla がほぼすべての言語で同時リリースと違っていつ出るとも解らないので日本語表示が問題ないことが解って以来もうずっと英語版を使っています.

[to index]  [to top]

07-07 ■(7/10) 色々

マウスとキーボードカバー

マウスは結局の所ロジクールの有線の光学マウスを Amazon で購入.今日にも来るけれど何が良いのか判らないままに3年保障というのに惹かれてそれと今まで安物しか買っていなかったので今までよりは少し奮発してみました.無論万という単位ではありませんがしかし値段にこれだけの差が本当にピンからキリまで幅があって値段通りなのかと思ってしまいます.とはいえキリの方から少しはピンに向けて動いたものの真ん中よりはキリの方なので何も変わらない可能性大です.

筆者は煙草もコーヒーは手元から離せないのでキーボードはいつの頃からかカバーを掛けています.以前に恐らく煙草の灰でキーが動かなくなったこともあるしコーヒーをかけて水浸しにしてしまったこともあります.そのカバーもいつも何故か左手の領域から痛んでいき痛むと穴が空いたりビニールが伸びてしまうのかぼこぼこしてきて使いにくくなりまさに今がその時期で変えようとこれまでは Dell のキーボードなのでそれにあったカバーは店には余り置いていなくて Dell ショップで2・3枚纏めて買っていました.ところが見に行くと置いてありません.製品自体は Elecom 製で型番も解っているので捜したらありません. Elecom で捜してその型番はないので兎に角キーボードカバーは何があるか見ると PKU-FREE1 というのが1種類しかありません.これでは対応していないかも知れないと思ってよく見ると「新発想のキーボードカバー ピタッとシート SUPER ・・・ 粘着テープ不要&フリーカットで、どんなキーボードにも対応!!」とあってキー毎にへこみがない1枚のシートみたいです.これは面白いと早速これも購入することにしました.

APNG Editor

APNG Editor

Gran Paradiso Apha 6 がまともに動くので Alpha 5 の時インストールした APNG Editor に再挑戦してみることにしました. Justin Dolske's APNG Editor にいって Download の「A beta version of APNG Editor (version 0.9) is available from here.」でダウンロードしてインストールします.Gran Paradiso Apha 6 のバージョンは大丈夫かなと install.rdf をみると 3.0.0.* となっているので問題なくインストール出来ます.

Tools -> APNG Editor で開くので先ずは下の黒い矩形の中のグリーンのボタンを押すとフレームが左に一つ出て Frame1 となります.そこでその Frame1 の右下のボタンを押すと最初の黒いのと同じ画面になるのでそこで「Pick File」から画像を指定してまたグリーンのボタンを押せば画像がロードされます.そうやってフレームを増やしては画像を指定しするか Blank を選んでいきロードするとどういうきっかけか上部にもアニメーションが始まり(Play といったボタンはないようです.)、「Save Animation」や「Save Frames」のボタンが使えるようになります.各 Frame 毎の設定は下にあるボタンを触っていれば普通の Gif アニメエディターで出来る設定が色々出てきます.

「Save Animation」を押せば作ったアニメーションは *.png で保存出来 Gran Paradiso にドラッグアンドドロップすれば綺麗に動きます.さすがにこれは感動します.実はここまで漕ぎ着けるのに色々試行錯誤して結局動かないじゃないかという記事を書こうと思って最後にもう一度試し画像を各フレームでロードしたら急に動き出しました.動かない時アドオンマネージャーからこの拡張のオプションで何か設定するのかとオプションボタンを押すとアドオンマネージャーのダイアログが固まってしまいます.どうも設定がないのにオプションボタンが出ているというバグかも知れません.「Run Script」というボタンを押すとファイルのダイアログが出てきますがこれは <canvas>のスクリプトを生成してくれるのだろうかあるいはその逆にスクリプトを読み込みそのアニメーションを動かすのかまだ確かめていません.これで PNG のアニメーションは出来ることが解りましたが対応ブラウザがどうなるのでしょう.因みに対応していない Firefox 2.0.0.4 にこのアニメーションを載せると Frame1 の画像が表示されるだけです.Opera 9.2 や IE 7 も同様でした.

音声認識

Slashdot Japan 「 全てのフォームに音声認識機能を!」2007年07月09日 で JavaScript での音声認識を開発してそのライブラリー 音声認識テキスト入力Javascriptライブラリ w3voiceIM.js というサイトに行って試せるというのでこの一番上の Google の検索のテキストボックスをダブルクリックして「push here」ボタンを押しながらマイクに向かって話せばテキストボックスに文字で現れるのらしいのですがそのボタンを押すと「access denied (javax.sound.sampled.AudioPermission.record」という Java Applet のエラーダイアログが出てその下にある2つも同様に使えません.JavaScript ではなく Java Applet なのですね.

Opera ではどうかと思ってボタンを押すとこちらは許可するかどうか訊いてきたので許可すると使えそうなので喋ってみたけれど何も認識されません.マイクの設定は Skype で話す設定になっているのでこれが問題かも知れません.設定を弄るのは元に戻らないと困るのでこれはここで諦めます.Java Applet について Firefox と Opera で対応が全然違っていて Firefox は端から拒絶ですが Opera はどうするか訊いてくる.Java Applet は最近殆どお目に掛からないけれどこういう警告が出たのは初めてのことです.

開発者は Windows

ZDNet.fr - Les développeurs nords-américains se détachent de Windows (le 5 juillet 2007) (北米の開発者は Windows 離れをしている.)という記事です.前文には「北米では Windows OS 用のアプリケーションはその地盤を失おうとしている.2年前から開発者が Linux やその他のニッチな OS の為に Windows 環境を次第に見限っている.」とあります.

Evans Data Corporation の調べでは1年前 74% であった Windows 用ソフトの開発者数が 64.8% に減少しその分 Linux が増えていてその傾向は2年前から起こっているとのことです.また一番人気の JavaScript はさておくとして Ruby が 50% に達しているとも伝えています.また3分の1は仮想マシーンを使い2008年までには 40% を越えるだろうとのことです.

筆者は Windows そのものはシェアーはそんなに減っていないのでそれまでは Windows アプリケーションしか仕事がなかったのが Linux や Web アプリケーションの需要が増えてきてそちらに回ったのではないかと思いますが.OS 離れの現象かと思います.

[to index]  [to top]

07-07 ■(7/9c) 開発者は Firefox

というのはもう当たり前すぎることだと思っていましたが Standblog 経由で Tim O'Reilly の O'Reilly radar - Update: Firefox vs. IE in O'Reilly Network Logs (07.05.07) で遂に O'Reilly のドメインのアクセス数で Firefox の使用者数(46%)が全バージョンの IE の使用者数(45%)を上回ったというニュースです.グラフで赤い点線の IE 6 は急速に降下、また緑の点線 IE 7 は急速に上昇、しかし IE 全体の青の実線は2006年11月から長期低落の道を歩み始めています.この時期は IE 7 がアメリカでは自動アップデートで配布された時かなと思います.Firefox の上昇傾向は2006年5月から始まっていますが Firefox 2.0 Alpha 2 が5月に出ているのでそれと関係があるのでしょうか?Firefox と IE 以外のブラウザはゆっくりと落ちていたのが今年になってから上昇を始めています.この記事 Update とあるように Firefox vs. IE in O'Reilly Network Logs (04.29.05) 2005年の4月に最初の記事が出ています.このページはグラフが載っていませんが、2004年9月 Firefox 3.24%、2004年10月 Firefox 23%、2004年12月 Firefox 29% と Firefox 1.0 のリリースからの急速な伸びが解ります.

07-07 ■(7/9b) Tab Mix Plus (3.0a6 対応版)

Another 朝顔日記 「Tab Mix Plus 開発版 0.3.6.0.070708 Released 」07-07-08 (Sun) に今気づいたところで早速 Tab Mix Plus Forum - Tab Mix Plus Dev-Build 0.3.6.0.070708 でインストールしました.こわごわ再起動した所全く問題なさそう.それで設定を Firefox 2 用の設定ファイルからインポートして見ると多段タブやその他の設定も戻り良さそうです.

所で設定ではセッションの保存復元を Tab Mix Plus に任せるようになっているので本体の方はどうかとオプションを見ると起動時は空のタブに変更されています.ということは本体としてはセッションの保存復元を Tab Mix Plus がやるなどとは知るよしもないので例の終了時の「終了」、「保存して終了」、「キャンセル」のダイアログが出るだろうなと思って終了させようとすると案の定出てきました.これを表示させないにチェックしておいて about:config の browser.warnOnQuit の値をみると false に変わっていたので矢張りこれがこの表示の設定と解りました.

Tab Mix Plus のソースで install.rdf を見ると maxVersion は 3.0a6 なので Firefox 3 Beta 1 が出た時は又対応していなくて強制的に対応させてもどうなるか解りません.しかし1週間足らずで対応してくれるのだから有り難い限りです.これで Sage が対応してくれれば幸せ一杯です.

07-07 ■(7/9) 色々

FoxClocks

FoxClocks ツールチップ

という拡張は世界中のといっても登録されていないところは沢山あって知り合いのいる Boston 等は登録されていなく東部時間なので New York を使うとかしているのですが現地時間を表示してくれる拡張です.デフォルトではステータスバーに文字でずらりと並んで幾つか登録すると URI を標示する場所もなくなってしまうため設定でボタンの表示に限定しておく必要があります.

この拡張は割と頻繁にアップデートされますがアップデートの度に Firefox を再起動すると更新情報を制作者サイトに見に行くか訊いてきてまあ訊いてくるだけ他の勝手にそのサイトを標示するサイトを開いてしまう拡張より礼儀正しくよいのですが見た目も登録都市も余り変わった様子がないので最近は殆ど見に行きません.ところが偶々今日そのステータスバーのボタンにマウスオーバーすると出て来た登録した都市の時間の一覧に国旗がついていました.これは文字をさっと見るよりも余程便利かと思います.

これを使うのは何といっても Skype の影響です.Skype で話す際に相手がどういう時間の状況にいるかを知っておくことは欠かせません.電話と違って相手の PC が真夜中は閉じているのでいつ掛けようと迷惑ではないでしょうが例えば朝出勤前だったり会社にいる時間だったりすると迷惑であることには変わらないので解れば便利です.Firefox のリリース時とかもアメリカの太平洋時間で発表されるのでこれを見ると少しは便利です.この拡張を使う前は Java Applet を使った Web サービス を利用していましたが起動が遅いのでこの拡張が出来て助かりました.尚図はステータスボタンにマウスオーバーして登録した都市の時間が出てくるところですが筆者が実際に使っている通りではありません.都市と変えてあります.

Mozilla は社会的に責任ある企業ではない(その方がよい)

という題名の記事が Standblog Standblog - Mozilla n'est pas une entreprise socialement responsable (c'est mieux) (Par Tristan le mercredi 4 juillet 2007) これは全く同名の題名を持つ英語の Democracy Player Blog - Mozilla isn’t a socially responsible business (it’s better)(by Nicholas Reville 22 Jun) のフランス語訳でした.この「企業」のところ英語の原文は「business」で仏訳は「etreprise」になっていました.要旨のみを書くと以下です.

Firefox がオープンな Web の維持の為にどれだけ重要かそんなに知られているわけではないのに Mozilla が社会的にも一般の関心の高い組織に助成金を出すプログラムを行っているというのは驚くべきだ.このプログラムを立案している Seth Bindernagel は「 Mozilla が社会的に責任ある企業」だと述べているがこれは Mozilla の価値を減じることではないかと思う.そこで敢えて「Mozilla は社会的に責任ある企業ではない」と言いたい.

例えばマイクロソフトは普通の基準から照らして社会的に責任のある企業であろう.Live Earth のコンサートのスポンサーになるとか環境に優しい企業として振る舞っている.しかしながらマイクロソフトの第一の目的は独占を行って選択の自由を制限しオープンな標準を蔑ろにするということである.OS や Office の独占を止めるために稼いだお金を使うなどあり得ないことだ.「社会的に責任ある企業」というのはこういう企業の社会的貢献を示す言葉なのである.

一方 Mozilla は法的にも本質的に開かれた組織であり選択の自由を狭めたりすることはあり得ないしテクノロジーもコードもいつ誰が使おうと自由なのである.Mozilla の全員がもし Google が Mozilla の使命を腐敗させる方向に進んだらいつでも関係を絶つ覚悟は出来ている.だから Mozilla は普通の「社会的に責任ある企業」ではないのである.

筆者の Firefox が好きなのは結局の所アドオンのシステムでこの意味でも大幅な選択の自由が許されているところで、簡単にインストールするだけで about:config や userChrome.css など特別な設定やファイルを触ることを全く知らなくても自分の好みのブラウザを作り出せる自由さにあり Mozilla が Firefox 自体にもこうして選択の自由を保障しているところでこういうアプリケーションは恐らく他には存在しないでしょう.

マウス

昨年暮れ頃から悩んできたマウス、光学マウスを使っているのですがそれがそのころからどのアプリケーションでもいきなりページトップにいってしまう症状が現れました.このマウス元々買ってきた当初はいきなりポインターがあらぬ方向に飛んでいってしまい幾つかマウスパッドを試したら一つのマウスパッドが最適で問題なく2年ほど使っていました.ところがそれが突然この症状.

そこで別の光学マウスに買い換えたらこちらは専用マウスパッド付きだったのでやれ嬉やと思って使うと手を触れずに置いてあるだけでポインターが揺れています.この揺れのために選択範囲をコピーなどの時多くの場合1字選択からはずれてコピーしてしまいます.これではちょっと使いものにならないので前のはマウスパッドを掃除すればと表面をペーパーナイフで削り使ったら何とかいきなりトップに行く症状は1週間に1度あるかないかに減少しました.

まあそれなら使っていても問題ないとおもっていたらそれが又ここに来て頻発なので結局光学ではないボールの入った昔ながらのに戻しました.最初は随分重いなと思ったものの1日使うと慣れてしまって使いやすさに驚きます.しかしボールだとまめに掃除をしなくてはならずそれまでには新しいのを購入しなくてはと思うものの無数にあるマウスからどうやって選べばよいか途方に暮れてしまいます.無線のマウスが欲しいけれど今2台のマシーンでキーボード、マウスを共有している変換器でマウス部分に受信の何といったら USB の口を差し込んで上手くいくのか解らず悩ましい限りです.Dell マシーンを使っているので Dell で売っているマウスは良いのかと思ってみると純正のはなく型番を Amazon で見ると Dell ではメチャメチャに高く売っていることが解り興ざめ.

ネアンデルタール人

WIRED VISION 「mtDNA分析で人類の歴史を探るプロジェクト」2007年07月04日 は人の DNA を集めて人類の起源を探る 『Genographic Project』(ジェノグラフィック・プロジェクト)の話を掲載していますが母親のミトコンドリア DND というのは変化せずにずっと引き継がれるとか(Wikipedia 「ミトコンドリアDNA」 には「ミトコンドリアは卵子の細胞質にも精子鞭毛基部にも存在するが、一般的には精子由来の物は受精前後に何らかの形で排除される。このことから一般的には卵子の細胞質由来のミトコンドリアのみが引き継がれることが多いため、ミトコンドリアDNAは常に母性遺伝すると考えられているが、父親(精子)からも受け継がれることが報告されている(Schwartz and Vissing, 2002)。」)、それで思いだしたのは以前見たドキュメンタリーでモーゼの子孫だという人々が南アフリカに住んでいてユダヤ教を信奉する黒人の一族が確かにモーゼの子孫であるとこのミトコンドリア DNA で証明されたという話であったと思います.

上記ページからのリンク先、 プロジェクト の上部の右の方の EXPLORE THE ATLAS は筆者の Firefox だけなのか IE 7 や Opera では見えるのにページは一瞬表示された後何もなく黒い画面になってソースを見てもよく分かりません.最近 Opera、IE 7 で表示可能で Firefox は駄目というのに2度遭遇しました.このページアフリカから人類がどう広がっていったかの様子が出るだけで別段面白いものではありません.それはさてきこの 「mtDNA分析で人類の歴史を探るプロジェクト」の中にミトコンドリア DNA の研究から現世人類の祖先と枝分かれしてもう殆ど変わらない人類であったネアンデルタール人が現世人類と交配した証拠はないという箇所、現世人類と共存していて滅亡したネアンデルタール人は現世人類が滅ぼしたか交配によって同化したと言われていた片方が否定されたとなるとこれはもう我々の祖先が力で絶滅させたとしか考えられません.

脳の容量は我々より大きく火を使い石器を使った我々の兄弟は少なくとも生態系の頂点に立っていたはずで自然消滅など考えられないことで我々が絶滅させたはずです.以前どこかで読んだうる覚えの知識だと彼等の喉が我々のとは違っていて言語が自由ではなかった.一方言語を自由に操れた我々の祖先は「敵」、「危険」、「奴ら」という言葉があれば突如として起こる民族浄化運動と同じに片っ端から殺してしまったと言うことは充分に考えられることです.そう思って Wikipedia 「ネアンデルタール人」 を読むと「ネアンデルタール人は2万数千年前に絶滅してしまった。絶滅の原因はよくわかっていない。より好戦的で知性の高いホモ・サピエンスに駆逐され絶滅したとする説、ホモ・サピエンスと混血し急速にホモ・サピエンスに吸収されてしまったとする説など諸説ある。」また「一方、ネアンデルタール人の化石から抽出したミトコンドリアDNAの解析からは新旧人の混血化には否定的な結果が得られている。」と出ていました.

[to index]  [to top]

07-07 ■(7/8b) upside down

昔インターナショナルスクールだったか外国に行っていて夏休みに帰国中だったかで英語の数学の教科書を持った中学生か高校生に教えたことがありました.順列・組合は問題が言葉ばかりであったけれどもこれはしっかりと意味を捉えれば何のことはないのだけれど幾何の証明問題は日本の最近の教科書と違って図というものが偶にしか描いてなくてそれを読み解いて先ずは図を作らないとどうにもならないのだがその説明が難しい.生徒もネイティブではないにしろ英語は全く不自由しないのに図が描けない.思えば日本語でも今時の中学生は予め問題に図が描いていないと自分で書けないのだから描いてある説明を読み解く能力の問題なのでしょう.図は生徒の書いて貰って何を証明するかそのとっかかりを説明するだけと思っていたら図を書くことまでやらなくてはなりませんでした.あるいは外国語で美術批評など作品に即してどこそこの線とその線に塗り重ねた何色は別のこの箇所のこの矩形のこの線およびその下のこういう形の面のこの筆捌きに呼応して云々という箇所を読んだ時など位置を示す言葉というのは言語習得の早期に入ってくるものでその文化に深く根ざしていて何とも難しいと実感したことがあります.

horizontally vertically

Latest topics 「水平と垂直と縦と横」Jul 06, 2007 は拡張「分割ブラウザ」Split Browser の英語版の説明で水平方向に並べる、垂直方向に並べるが英語国民は日本人が水平方向であれば横、垂直方向であれば縦という解釈を全く反対に介していることの不思議を書いておられます.筆者もこれには面白く、なるほどなぁ!と思いました.多分きっとこんな風に考えるのかなと上のような図を作ってみました.水平線は横にどこまでも広がる線でそれが並ぶとなると横に並ぶ場所など考えも及ばないだから水平線は下に幾つも並ぶものと考えているのではないか、逆に垂直は水平線のように外界と関係なく上から下に引かれた線という観念でありその線を並べるとあれば幾らでもスペースのある横方向と言うことでは無かろうかと.つまり Horizontally という言葉には水平方向の「方向」という意味は全く含まれていなく単に水平線みたいな状態という意味なのではないかということです.全くの憶測ですが.

と思っていたら次の Latest topics 「水平と垂直と縦と横と個と公」Jul 06, 2007 はその解釈の違いを「個と公」の問題に発展しているのですが位置の把握は言語習得の早期で我と他のはっきりした分化よりも早くていわんや個と公は違うのではないかなと感じました.勿論位置の把握が早くて例えば時間の概念とかは遅いというのは偶々の観察によるもので何の学問的根拠があるわけではありません.時間については知り合いの子が昨日今日明日という概念を掴むのは随分遅く字を書くより後だったので推測です.

昔あるアメリカ人がデザイン的に普通見るのとは上下逆の眼鏡を掛けていてそのことをよく日本人から指摘されるらしく日本人は彼女を「逆さ眼鏡」というあだ名を付けていたのですが英語では何というのか訊いてみたら単純明快「upside down glasses」という答え.そうか上下逆さとか逆さ吊りの「逆さ」という言葉が入らずに upside down には頷くしかありません.あとで downside up という言葉があることも知りました.

07-07 ■(7/8) Web の未来への質問

これは Standblog -Questions sur l'avenir du Web (Par Tristan le jeudi 5 juillet 2007) (Web の未来についての質問)そのままの題名です.Standblog の Tristan Nitot が友達から受けたメールによる質問に答えるという形でなされている文章の以下要約です.質問の方も要約してあります.

あるインタビューで君は Silverlight や Flex についてそれは悪いという言葉で答えているがどういう意味であろう?私としても Web 標準に対する脅威という不安がないことはないが.

だが似たような XUL が一方にあってそれをどのように正当化出来るのだろうか?

私も未来のオープンな Web に対しての不安を感じざるを得ない.

Mozilla はフリーなライセンスでフリーなソフトウェアーを出している.その為誰でも Mozilla のテクノロジーやコードを自由に使うことが出来て Joost、Democracy Player / Miro、SongBird といった予想もしないソフトウェアーが生まれてきた.Mozilla は前々から XUL をサポートすることを求められてきた.私自身も XUL が標準化されてどのブラウザでも使えればということに開発者と共に検討してきた.そうすれば Flex et AIR による Flash や Silverlight などのプロプライアタリーの技術と対抗出来るのではということであった.しかし Mozilla の選んだのは Mozilla の人間や Opera や Safari の開発者と HTML を進化させることであった.この HTML の改良は WHAT Working Group で行われ今では W3C の HTML Working Group でも行われている.これは Web をゆっくり進化させるもので現在あるドキュメントがこれまで通り表示可能で全くの白紙から始めるというものではない.この取り組みは Flash や Silverlight のプロプライアタリーの取り組みともまた W3C の XHTML 2 の取り組みとも全く違うものだ.尤も XHTML 2 の取り組みは標準化グループでなされているという点で前2者と比べて充分に利点はあるが.XUL に関して言えばこれは Firefox や Thunderbird を書く言語であり更に拡張の言語である.しかしこの XUL を Flex や Silverlight に対抗するものとして打ち出すつもりはない.というのはそれらプロプライアタリーの技術に対抗出来るものはオープンな Web であり標準の擁護と開発者の要望に応えての標準の進化だからである.私は以下のようなことを念頭に置いている.

  • ヴィデオを観るにはプロプライアタリーの技術、Media Player や Flash のプラグインの¥導入せざるを得ない.HTML には何もないのである.そこで WHAT WG で Opera と Mozilla が協調して <video> の導入を計った.
  • デスクトップと Web アプリケーションの統合.例えばローカルのハードディスクのオフィスファイルをダブルクリックすると Google Docs で見られるとかそれは次項のと同じことである.
  • オフラインで Web アプリケーションが WHAT WG の使用に適った状態で使える機能.

マーケティング部門を泣かせてしまうほど凄いデモを見せられた時それが悪いと言えるのか.

これは Microsoft や Adobe などプロプライアタリーの制作者の常套手段である.大金を投資した顧客を捉える罠なのである.逆に Web に投資するなら誰も開かれた Web をコントロール出来ないのだからとても比較にならない永続性を手に入れられる.だがそれが弱みでもある.誰もコントロール出来ないのだから投資しても見返りは少ないと言うことになる.これは果てしない論争の的となるであろう.即ち、自由対便宜さ、長い目で見たビジョン対短期利益追求主義の.従ってマーッケティングは必ずしも長い目で見たビジョンやテクノロジーの独立性や永続的な投資の賛同を生み出すわけではない.

結局多くの会社が M$ や Adobe の前にひれ伏す前に教育と警告の運動をすべきではないだろうか.例え僅かであろうと彼等の力を見せられればそれに従ってしまうものだ.

当然各自はそれぞれの組織で啓発を行うべきだ.私が Mike Shaver と共にロンドン、パリ、ミュンヘンを回っての活動や3つの国でプレスに報じて貰ったり書いたのはそうした目的である.これらは個人の資格でであるが Mozilla が断固として標準擁護を打ち出しているのは嬉しいことである.Mozilla は Firefox の様な製品や、財政的にも、開かれた財団の独立性としてオープンな Web を体現するという特異な存在であるが Mozilla にばかり頼ってはいけないと思う.Mozilla 対 Adobe や Microsoft というのは既に既成の事実で人が選び取ったものではない.そうではなくて Web 全体対2つのプロプライアタリーのプラットフォームという視点が大事なのだ.賽は投げられていなくてそれは人々が自らなすことなのだ.

ちょっと気に掛かること.それはプロプライアタリーの技術が優れて便利であった場合どれほど正義を掲げても無駄ではないかということです.例えば世の中に Netscape 4.x と IE ブラウザしかなかった時確かに中には IE の方が優れているからと言ってこれは独占の囲い込みの手段だと言って Netscape 4.x を使い続けた人がいましたが筆者は冗談じゃないあんな非道いものは早くなくなるように誰も使わなくなった方がよいと思っていました.そしてその方向に進みました.そこにやっと登場した Netscape 6 これにはどんなに多くの人ががっかりしたことでしょう.技術的に優れていなくては絶対にどうなるものでもありません.Firefox が IE 6 より劣っていたら決して今ほどに伸びることは無かったと思います.

レコードは CD に取って代わられました.同じ演奏の同じ曲を聴き比べれば遙かにアナログのレコードの方が音域が広く深みのある音だと解ります.デジタルの CD は音域を驚くほど狭く制限しています.この例は質であるよりも簡易さが勝利する例です.筆者も昔のレコードとプレーヤーは持っていますがプレーヤーまでいってアームの先の針をレコード盤の縁の所におくという動作、収録時間の短さからその動作を短時間で行う面倒臭さ、レコード盤の劣化や埃の堆積による雑音の混入、そしてそれより何よりレコード針の販売停止といった悪条件は音自体の質の高さにも拘わらず便利さは質をも駆逐してしまいます.

もう一つはオフラインの Web アプリケーションとして Goodle Docs が例に挙げられていますがそれに対応するデスクトップのアプリケーションは MS Office であって Open Office ではありません.あるとき Gmail に添付された Excel ファイルをダウンロードせずに開いたら Goodle Docs が開き書類として登録されました.Open Office はどうなのか試したらこれはサポートしていません.こういうところ何だか非標準を目の敵にしていながら何だかなという気持ちです.

[to index]  [to top]

07-07 ■(7/7b) マウスが...

今日何かの記事を読んでいた腹が空いているので時間を見たら昼近くなので昼飯を食べて TV の前に座ったら大リーグの野球でシアトル対オークランドをいやっていてそれまで投手戦であったのが今にも打たれそうなシアトルの投手は打たれずにリーグ一番の防御率のオークランドの投手が打たれこの数年最下位独走のシアトルは2位で今にも首位に追いつきそうな勢いと見ている中に寝てしまい電話で起こされ時間を見ると夕方の4時で TV の画面はニュースをやっていて各省庁のソフトウェアー見直しだったかこういった項目のニュースが終わったところだった.このニュースは何のことかなと思ってコンピューターを見るとスクリーンセーバーの画面で Firefox のアイコンが段々大きくなっては消えていくを繰り返しマウスを触って通常画面に戻そうとしたが戻らない.こういうことは初めての経験で一体何事かとまだ目が覚めない頭ではただうろたえるばかりやっとキーボードを思いだしキーを一つ押せば忌々しいスクリーンセーバーの画面は通常に戻ったもののマウスは Firefox 上の一点を指したままぴくりともしなく変換器からマウスを外したり差し込んだりしたが状態は全く変わらずああ困った.Win 95 位まではよくあったマウスが固まってしまう現象ここ何年もお目に掛かったことがないのでどうしたものかと兎に角これは再起動するしかてはなさそうだと思いだしたのは Ctrl + Esc キーで Windows のスタートメニューを出すことで矢印キーで「終了オプション」を選んで再起動したのです.完全に終了するまでマウスのポインターの白い矢印の画像はずっと画面に焼き付いたように張り付いて嫌な予感がしていたけれど再起動すると何事もなかったように復旧しました.復旧後、各省庁のソフトウェアー見直しといったニュースは何か調べたけれど見付からずあれは夢であったのかと晩のニュースまで待つしかありません.昔からよく言われていて近頃ではそうでもなかったのだけれど人はコンピューターの不調を楽しんでいるかのように不調な時こそ饒舌にしてくれます.マイクロソフトは人々が退屈せずに偶にコンピュータ自体に目を向けるようにそうしたことも気を遣っているようです.

07-07 ■(7/7) 予告殺人事件

今日は幾つか訳したい記事があったもののこのセンセーショナルな記事を選んでしまいました.この語で報じられているサイトがあるかどうかを検索してみたけれど出てくるのはアガサ・クリスティーばかりでした.しかし本当にあったことでアガサ・クリスティーの話ではありません.殺人予告は Wikipedia でなされたとのこと.これを伝えているのは時々触れているブログ LiBerT - La préméditation d'un homicide sur le net... (le vendredi 6 juillet 2007) (ネット状での殺人の予告...)です.以下ほぼ全訳です.

数日前からこのことを書きたいと思っていたが都合で出来なかった.Web は沢山の肯定的側面があるし今や人気のあるメディアになろうとしている.多くの人が仕事場から家庭からインターネットカフェーからそして今後増えるであろう携帯電話からアクセスしている.利用者はそれを話題にしメディアもそれに言及する.その人気の秘密は新聞には載らない多様な記事が読めるからである.

Chris Benois はレスラーであるが Wikipedia には多くの個人のページがあって彼のページもそこには開かれている.だが驚愕すべきいや恐怖を感じさせさえするのは月曜日に彼のページに妻と息子の死の2日後なので彼は試合には出ないだろうと書き込みがなされていたことである.このことはまだ事件が起きていたわけではないので新聞には掲載されなかった.

この記事が書かれたのは警察が死体を発見する14時間前であった.妻の Nancy Benoit と息子の殺害された死体が発見された数日後になってジャーナリズムはその書き込みに気付き Wikipedia と担当当局に知らせたのだ.かくしてインタネット史上初めての予告を伴った犯罪が行われてしまったのだ.

これが衝撃的で恐怖に満ちたアメリカの犯罪物語のシナリオ通りであるので Web やユーザーの書き込みで作るサイトが殺人者や犯罪の温床になると結論づけてしまうかも知れない.勿論そんなことは馬鹿げているがこのような予めの犯行声明は犯人像や足がかりを掴む手だてになる.

親指太郎(訳注:ペロー Perrault の童話の主人公)が道に小石を残していって熱心な探索者との遊びのようなものである.このように痕跡を残すということは確実に発見されることを望んでいるのではないか.そうでなかったとしたら意味がない.マスメディアがこぞって追跡する痕跡を残すことがそれ以上に意味があるであろうか.ユーザーが作成するサイトは今後そういった探索の対象になるであろうがしかしぞっとすることでもある.

他にこの事件を扱っているところがないか調べたら Chris Benoit心中事件 というページで短く伝えられていました.日本では覚えていないけれど自殺のサイトとか殺人の依頼とか Web 上にあって報じられていたと思います.しかしこの事件が凄いのは Wikipedia という超有名サイトでの殺人の予告だったということでしょうか.

[to index]  [to top]

07-07 ■(7/6b) 遅きに失した?

のかも知れないこの拡張、さっき ぱーむライフ で知ったのですが例えば えむもじら「サイト毎の文字サイズの保存」2007年6月21日(木) でも紹介されているように Firefox 3 ではサイト毎の文字のサイズを一度設定するとそれサイト毎にを保存してくれるようになるとの話、残念ながら Gran Paradiso Alpha 6 ではまだ実装されていないようですがその機能の拡張 No Squint は使ってみるとても便利です.しかしどうも Firefox Add-ons を見てもこの拡張が出来たのは今年になってからで筆者は個人的に自分のページも含めてどこのサイトも文字が小さくちゃんと読む時は大きくしているので前々からこういう機能の拡張があったらと思っていたのでこれだあるのは有り難いのですがしかしもうじき Firefox 3 が出れば意味がなくなってしまいます.

ひょっとするとこの拡張をみて Firefox 3 に取り入れることになったのかも知れません.Content Preferences という拡張も同じ機能がありますがこの拡張は出た当初では文字サイズの保存だけでしたが今説明を見てみると Text Zoom, Page Style, and Character Encoding settings とあってテキストサイズだけではなく他のものも保存出来るようです.でも Stylish や Character Encoding は HTML 自体で設定しているので余り意味のあるものは増えていません.それにこの拡張は一々サイドバーを開いて設定するので面倒臭くて使う気にはなれませんでした.No Squint はその点非常に使いやすく一応設定でデフォルトのフォントサイズ(%)を設定して変更した文字サイズを保存するように設定すれば(デフォルトで保存)すればそのままどこのサイトでも保存してくれます.

Sage でフィードを見ることが多くなってからは Sage のスタイルシートは文字サイズを決めずに Sage で開タブを一番左に置きそのタブでの文字サイズは大きめにしてあるので必ずそこで開きページ自体に行く時も同じタブに開き後で読み返すために取っておくためにはこれは Tab Mix Plus がやってくれているのですがタブの複製を作ると文字サイズなども含めて複製されるので最近はそれほど文字サイズは気にならなかったのですがしかしこういう拡張がもっと前から存在していなかったのは残念なことです.こういう拡張が欲しいという要望を集めたもし既に存在すればこういうのがあるとリンクを付けるとか Wiki で Mozilla Add-ons の各国毎にあればよいなと思います.開発するアイデアがなくて暇をもてあましている拡張作者にもユーザーにも拡張の検索も含まれるので便利かなと思います.

07-07 ■(7/6) 色々

Mozzarella

読み方はモッツアレルラでモッツアレルラと言えばそのチーズで名高のですがそのチーズを製造している La Fondation Mozzarella がこの度新しい製品の試用版のを出したのでチーズ関係者はお試しあれというニュースです.アルファーバージョンの6番目だそうです.チーズもアルファー版を6回も出すとはなかなかなものですね.チーズもこうして新製品を出して人々の反響を知りそれが Web で採り上げられるという時代なのですね.この製品は試用版は GPa6 という名前だそうで正式な製品は F で始まるらしいのですが F であると Ferrari とか Federico とか Fablicio とか名前が浮かびますが何であるかは不明です.

と言うのは真っ赤な嘘で、 The INQUIRER - Firefox 3 alpha 6 disponible(Mardi 3 Juillet 2007) の Firefox 3 Alpha 6 リリースのニュースです.直されない中にとスクリーンショットを撮っておきましたが(下図)赤枠黄色で示したように La Fondation Mozzarella と(Fondation は Foundation のフランス語で間違っていません)と確かに Mozzarella と書いてあります.記者はチーズとワインで一杯機嫌で書いたための typo (打ち間違い)か故意にこの方が面白いと思ったのか知りません.筆者が最初見た時は気づかず次ぎに見て何だか「Z」の文字が多いなとよく見直したらモッツアレルラとなっていました.考えてみれば Mozilla も「モッツィルラ」とイタリア人は読んでいるのかも知れません.Gran Paradiso もイタリア語だし Bon Echo はスペイン語で「モッツィルラ」の人々は地中海世界が好きなようです.

Mozzarella

内容は Places や終了時のダイアログや Add-ons manager の再起動ボタンなどを紹介し次は7月下旬に最初のベータ版が出るとの告知で全く巫山戯た内容はありません.一つ機能でページ毎のフォントの大きさを保存するとあるのですがこの機能はあったのか首を傾げます.セッションの復元ではそうなったと思いますが閉じたタブを開き直すと文字の大きさはユーザーの設定したのではなく元の通常の大きさで開きます.もう一つ Alpha 7 pre の FTP へのリンクが唐突にあるのですがこれは何故でしょう? Alpha 7 は Beta の前にでるということでしょうか?あるいは Alpha 7 がそのままベータになるのかも知れません.少なくとも Beta 1 が7月末だったら Alpha 7 を出す暇はなさそうですが.

ニホン ニッポン

日本国の正式の読み方は多分大日本帝国(サイニッポンテイコク)の継承者でありたがっている政府は「ニッポン」を望んでいるのか例えば郵便切手には NIPPON と書いてあります.いつの頃からか「ニッポン、チャチャチャ」なんていう碌でもない掛け声が始まり NHK のアナウンサーは「ニッポン」とか「ニッポン語」とか「ニッポン人」としか発音しなくなっています.しかしながら日本語は普通に「ニホン語」と発音するし日本人は「ニホン人」と発音するのではないかと思います.実を言ってこれを書こうと思ったきっかけはおよそ関係ないのですが XUL/Migemo 「単語の検索(Migemo検索)の開始」 というずっと以前に入れていてその後開発者がこちらに変わったらしい拡張のページを何の気なしに見ていたら「とりあえずこのページを開いた状態で、何もせずいきなり『nihongo』とローマ字で入力してみてください。」という箇所に「nihongo」とあって「nippongo」ではないぞと嬉しくなったのが始まりです.

昔読んだ作家、野坂昭如のエッセーに「俺はNOSAKAだ」というのがあってこれはパスポートの漢字は「野坂」ですがローマ字表記は「Npzaka」となっていて(その反対かも知れません.多分戸籍の表記通り要請されて戸籍が濁るノザカだあってノサカでなければ Nozaka と綴るのだと思いますが)別の場面でサインを 「Nosaka」としたところ一悶着があったというエピソードのエッセーです.筆者も以前パスポートを取得で名前に「ラ行」の文字が入るのですがローマ字綴りでは「R」しか許されず「L」は駄目だとかでどうしても「L」を使いたいと喧嘩したことがあります.梨莉さんという女性がローマ字綴りで「Lily」は駄目なのか.穣治さんは「George」では駄目なのかと文句を言ったら前もって何かの手続きでそういうことを許可されていないと駄目とか言っていました.漢字で名前を書くということはローマ字の綴りなど好き勝手で良いはずで出生届でローマ字など届けていないはずで何が美しい国なんだと今更ながら腹立たしい限りです.

NHK のアナウンサーが揃いも揃って同じ発音しかしないこれは法的にいつの間にか「ニッポン」と決めてしまったのかと Wikipedia 「日本」 をみるとそういうことはないようで安心しました.以前、今は亡き網野善彦の本のどこかに「日本」は「日の本(ひのもと)」で平安時代位は日の出る東方を指し現在の東北地方を指す言葉とあったのを思い出しました.またどこかで見た説だと九州を中心に小国が集まった地方を中国、朝鮮半島では「倭」と呼んでいて又それらの小国自身そのように自分自身を意識していたが近畿地方に大和政権が成立すると九州から見て当方の国を「日本」と呼び「倭」も「日本」も「ヤマト」と発音していたとか.ところで上記 Wikipedia の記述だと「扶桑」、「蓬莱」、「東海姫氏国」、「阿母郷」、「日下」という文字も使われていたとのことは初めて知ることでした.

陋巷に在り

十二国記」という架空の中国風の12国の物語のアニメーションで日本を「蓬莱」と呼ぶのは何故かなと思っていたなぞがひょんなことから謎が解けました.この原作は漫画なのかと思っていましたが小説なのですね.この奇想天外の話は本を購入して読みたくなりました.中国風の話というのは何故こんなに面白いのか例えば酒見賢一の「陋巷に在り」は魯の国の宰相であった孔子と尼丘山の裾のに住む儒の一族を描いたこれまた奇想天外な此岸と彼岸は自由自在に行き来ができ様々に妖術使いが登場し顔回や子路といった孔子の弟子達が活躍する小説、愉しくてしようがないのは所々に現れるこの中国文学の専門家の傾ける蘊蓄で単行本の発売は1年に1度でいつ出るとも知れずしかし読むのに三日かからずにその後一年待たなくてはならずうっかり読んだ本を買ってしまったこともあります.全部で13巻あるのでこれは13年は掛かっているということですね.

Better Gmail

Standblog 経由で 01Net - Gmail... en bien mieux ! (le 11/06/2007) ですが一月前の記事ですね.この Firefox の拡張を入れると Gmail のインターフェースが見違える程良くなるという言葉、「この拡張は Firefox 自身の機能を改善するのに満足してはいないで、Web メールの Gmail のサイトを完璧に使いやすくする.(...)一旦インストールしたらオプションから調整出来る.英語で書いてあるが簡単なので理解しやすい.Skin (外観)ではページの表示を変えてくれる.」に釣られてインストールしてみました.設定は単純ですが日本語にすると以下のよう三つのタブに分かれていて最初の2つは以下のようになります.

Message
添付アイコン
添付忘れの警告
本文のプレビュー
ディスク使用バー
日付検索
フィルター補助
ラベルの色
マクロ
ワンクリックで本文
フローとした署名
スマート・リード ボタン
Sidebar
Gmail + Google Reader
検索の保存(クッキー)
迷惑メールのカウントを隠す
ラベルのないメッセージの検索

もう一つのタブはスキンを3種類から選ぶかデフォルトで外観は変えないかです.上の設定で「ディスク使用バー」というのは一番下に与えられたスペースの何%使っているかが表示されます.「マクロ」は何のことか解りません.他にもどういう機能かはっきりしないものがあります.しかしチェックしておけばそれなりに機能が追加されます.「Sidebar」以下のものは「受信トレイ」などが並んでいる場所に項目を増やすかということです.所でスキンを一つ選んでみたら今までと見栄えはよくなったもののメール本文の文字が小さくなって折角ユーザースタイルシートで文字が見やすく大きく設定したのが反映されません.こりゃ駄目だとアンインストールしていまいました.

再起動で Gmail を見ると何だか変わっている.で気づいたのは添付ありのメールの一覧には添付ファイルのアイコンがあったのがないということです.そこではっと非道い物忘れに気づきました.この拡張は Better Gmail で紹介文を書いて試しにインストールしたが「拡張は軽そうで添付ファイルが見やすくなっただけで入れておくことにします.」と自分で書いているではありませんか.と言うことはインストールしてあったのに上からインストールして設定を変えて(Skin を選んで)またアンインストールしたのでした.少なくとも同じバージョンの同じ拡張やテーマが入っていれば警告が欲しいところです.

と自分の記憶喪失を棚に上げて贅沢な注文ですが Firefox の 開発版例えば Gran Paradiso を入れると HTML の関連づけが全部 Gran Paradiso になってアイコンも変えられてしまうので最近ではエクスプローラーの設定を直すのが面倒でまた上から正式リリース版をインストールします.その時既に入っているよとはいわれたくないですのでまあ我慢します.ところで関連づけは Firefox には関係なく Windows がインストールされたアプリケーション名で勝手にやっているみたいですね.

[to index]  [to top]