Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - MEMO
Permanent Links(2006年10月)

MEMO ■ ■ ■ ■ MEMO ■ ■ ■ ■

以下はパーマネントリンク

06/10 ■(10/7d) タブのセッション再現

は Tab Mix Plus を使っていましたが Firefox 2.0 (今のところテスト板)からは本体にその機能が備わりました.従って Tab Mix Plus の方の機能は切っておかないと問題が起きるとどこかに書いてあったのでそうしていました.ところが何かの拍子で再現されたタブ(その時は36ほど)の個数はあっていたものの最初の6個だけが再現されて後は空のタブです.こりゃ本体の機能は駄目と Tab Mix Plus の機能をオンにしたのです.ところが次に立ち上げたら何とその前の空タブだったのがちゃんと再現されている.Tab Mix Plus は機能を切っていても保存だけはしているのですね.何て賢いのだもう本体のは首だと思ってその後何度か終了したり起動したりを繰り返して見るとタブがやたらと多い.よくよく見ると同じセッションが4倍もある.多段タブで隠れて見えなかったので気づかなかったのですが、そうでした本体の機能を切っていなかったので両方で再現しているのでした.もっとも2倍なら分かるが4倍という数は何なのでしょう.

ではと余計なタブはどんどん閉じて1セットにし、本体を起動時に空タブを開くように設定して再起動するとそれでも2倍あります.そうか Tab Mix Plus で設定していると駄目なのです.Tab Mix Plus であれば直前の終了時だけではなくもっと前のも再現できずっと便利なのですが泣く泣く諦めることにしました.本体に取り入れるのは良いけれど機能を劣化させたり両立出来ないというのはどうなのでしょう.

「追記」
ちょっと Tab Mix Plus のフォーラム に何か書いていないか見てみるとありました.「bon echo and trunk have build-in session restore, if you want to use tabmix session manager you need to add in about config new pref:browser.sessionstore.enabled and set it to false」とあります.それをやってみると見事に Tab Mix Plus でセッションの再現機能が使えてい今のところ問題はありません.やり方は、

  • アドレスバーに about:config と書いて実行.
  • 出てきたページで右クリック「New」 -> 「Boolean」を選ぶ.
  • 出てきたダイアログに browser.sessionstore.enabled と書き OK
  • 次に出るダイアログで false と記入(選択だったかな?)
  • 以上で Tab Mix Plus の設定でセッションの保存を有効にして Firefox を再起動する.

06/10 ■(10/7c) Firefox 2.0 RC 2 リリース

朝まで見張っていたわけではありませんが立ち上げていたダウンロードページのタブを更新したら揃っていました.早速入れてみて RC 2 候補と見比べてみました.インストーラーのサイズが違っているので違うかなと思ったものの
UA: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1) Gecko/20061003 Firefox/2.0
ID: 2006100319
で同じものですね.

06/10 ■(10/7b) Sage あれこれ

文句は言ってみるものだとつくづく思いました.更新の取得に時間が掛かってしまい途中で放棄してそれ以降は更新を見て貰えない問題、Firefox Hacks 翻訳日記 「 Sage の起動時に新着チェック」2006/10/07 でタイムアウトの時間を設定すれば早々引き上げて次に移れる時間の設定方法を教えて頂きました.これは個人的にメモしておきます.(またバージョンアップされると消されてしまうので)sage.jar も別に保存して置きます.下の一番目はこれだけ後で追加しても駄目かも知れませんが(オリジナルとこの updatechecker.js を見比べたところ大丈夫かな?).

  • タイムアウトの時間の設定(単位はミリ秒)
    updatechecker.js - check: function()
    this.requestTimeoutHandle = setTimeout( this.timeoutEndRequest, "5000");
  • 起動時に更新をチェック
    sage.js - function init() 内の末尾にでも次を追加
    updateCheck();
    (筆者はタブをたくさん開きセッションを復元しているのでせわしなくてこの起動時のチェックはコメントアウトしています.)

06/10 ■(10/7) Firefox が1番のサイト

Ecrans - Firefox 2, le retour du panda rouge (jeudi 5 octobre 2006) というサイトは特に Firefox を応援しているわけでもなく個人のブログでもないのに Firefox でのアクセスが一番多いと書いています.長い文ですが以下要約しました.

Firefox 2、赤いパンダの帰還

前回のメジャーバージョンの発表から1年後、あと数週間でバージョン2がリリースされようとしている.

2004年の末に新しいブラウザ Mozilla Firefox は登場した.そしてインターネットをほぼ独占している IE に挑戦している.Firefox はタブ機能とかポップアップのブロックとかセキュリティーとかで IE を追い抜いている.Mozilla が10%のシェアーを得たいと発表したときその目標はとても実現出来るとは見えなかった.Mozilla ヨーロッパの責任者 Tristan Nitot も「そんなこと不可能だと私には思えた.しかし私の馬鹿げた希望は見事に置いて行かれてた.」と思い出を語った.Xiti Monitor の調査ではヨーロッパでは21.9%のシェアーを獲得してしいる.そして着実にシェアーの数字は伸びているのだ.ここ Ecrans の訪問者の40%は Firefox を使用していて一番多いブラウザである.Firefox の創始者の一人 Asa Dotzler は約6千万の Firefox のユーザーが世界中にいると語っている.

数週間後に Firefox 2 がリリースされればこの数字はもっと伸びることであろう.この新しいバージョンは大きな変更は加えられず小さな改善にとどめられる.Asa Dotzler は主要な改善点ではユーザーインターフェースの改善と検索エンジンの組み込みシステムが更に良くなると言っている. Tristan Nitot は何でも「よりよく氏」でセキュリティー面がよりよく、RSS フィードの取り込みがより直感的にで、ブログをやったり Wikipedia を使う人にはたまらないものだと云うことだ.安全面ではフィッシング対策と拡張の点検システムが設けられたことだろう.拡張とは本体にインストール時には備わっていない機能で後から追加するプログラムだが、一つの拡張が感染しても他に広がらないようになった.拡張はとても便利な機能を備えたものがあって例えばタブのセッションを保存する拡張の機能は本体に搭載された.Nitot は「拡張はアイデアのテストみたいなものである.また本体をシンプルに保ってくれるものであり進んだユーザーにはより多くの機能を提供してくれる.」と語っている.

このシンプルさは Firefox が急速にシェアーを伸ばした切り札の一つでもあろう.しかし Mozilla の目標はシェアーの独占ではない.Tristan Nitot によると「これだけのシェアーを得たことで充分に満足している.多様化することが出来たのだ.マイクロソフトは5年もの間 IE の開発を止め多くのサイトが IE に特化されていた.しかしこれはマイクロソフトを動かし再び IE の開発を促したのだ.」と説明している.ブラウザ同士の競争は歓迎すべきことでもう独占には戻らない様相になっている.直に IE 7 や Safari 3 や Flock がリリースされ Opera 9 はしばらく前から使えるようになっている.IE 7 は6年ぶりのメジャーアップデートである.

Mozilla では Firefox 2 がもう地平線上に見える一方その次の Firefox 3 の開発が同時に行われてきてこれは大きな変革を伴ったバージョンである.レンダリングエンジンは新しいものになり、パーフォーマンスは更に改善され多分グラフィック関係の改善も行われる.新しいバージョンは早くとも2007年の夏前に出ると予定されている.Asa Dotzler は開発は順調に進んでいると述べている.

Firefox 2 はリリース前のテスト板が Mozilla.org でダウンロード出来るが最終リリース版ではないので充分な経験者以外はお勧めではないそうだ.

この最後のリンク先は先日の Firefox 2.0 RC 1 の置いてあった場所と同じですが今は空になっています.きっと朝までには RC 2 が置かれるのでしょう.

Firefox 2 から拡張が感染しても他に広がらないシステムになっていると言うのは初耳ですがこれは素晴らしいことです.

この採り上げたサイトのように Firefox ユーザーがい多い一般サイトはもっと他にあるかも知れません.そういうのがもっと分かるといいと思います.

[to index]  [to top]

06/10 ■(10/6d) Firefox 2.0 RC 2 候補が更新

されていました.そういえば今日は6日で予定通りなら RC 2 が今夜から明日の朝に掛けて正式にリリースされるのですね.
UA: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1) Gecko/20061003 Firefox/2.0
ID: 2006100319

恐らく 1.0、1.5 で RC 2 から入れた経験では RC 2 ならもうインストールしても大丈夫です.今回新しいプロファイルから始めた経験から云うと、メジャーアップデートの時は新しいプロファイルで始めた方が良さそうです.プロファイルはバックアップを取った後空にしてインストール後に必要な(継続したい)ファイルを戻すのがいいと思います.以下それらファイルを挙げておきます.

●引き継いでも不具合が起きにくいかもしれないファイル.但し、history.dat は壊れていたり大きすぎると問題を起こす可能性があるらしい.

  • bookmarks.html(ブックマーク)
  • history.dat(閲覧履歴)
  • cookies.txt(受け入れたクッキー)
  • signons.txt(パスワード)
  • key3.db(認証鍵のデータベースファイル)
  • cert8.db(SSL証明書のデータベースファイル)
  • hostperm.1(クッキー/画像/ポップアップの例外サイト)
  • secmod.db(セキュリティモジュールのデータベースファイル)
  • formhistory.dat(フォームの入力内容の保存ファイル)

「追記」(10/18)ブログ ばんぺ〜ゆっ♪ の情報ですが「パスワードを保存しているファイルはsignons.txtとkey3.dbのコンビだそうですが、前からプロファイルそのままで使っている人は、signons.txtのかわりにxxxxxxx.s(×は数字)というファイルになっています。パスワード情報を移行するときは、これをsignons.txtと言う名前に書き換えると良いようです。」とのことです.

●拡張やテーマを引き継ぐのならプロファイルフォルダの extensions フォルダをそっくりコピー.以下をコピーすると設定など以前の状態が復活します.但し、 extensions フォルダのコピーも含めてこれらは問題を起こす可能性は充分あるので1から再構築した方が無難です.

  • prefs.js(about:config やオプションで設定した設定情報)
  • user.js(個人的な設定や拡張の設定)
  • localstore.rdf(画面の配置、特に拡張のボタンの配置)

●その他.ユーザースタイルシートなどの設定を引き継ぐなら chrome 以下の

  • userChrome.css(Firefox 本体に関するユーザースタイルシート)
  • userContent.css(色々なサイトに関するユーザースタイルシート)

●検索エンジンは新しく出来た serachplugins フォルダを上書きしたら多分まずそうです.最初から入れ直すのが無難です.

「追記」(10/18) 古いプロファイルフォルダの serachplugins フォルダだけは残しておけば Firefox 2 になったとき自動的に新しい XML 形式にしてくれるし古いものは以前の形でバックアップしてくれるようです.従ってもう一度入れ直す必要ありません.

06/10 ■(10/6c) Google Code Search

こういうのはきっといつか Google が出すとは思っていましたが Web 上にそんな大っぴらに見られるコードがあるのかなとも思っていました.しかしオープンソースなのですね.詳しくは CNET Japan 「グーグル、コード検索の新サービス「Google Code Search」を発表」2006/10/05 .プログラムを勉強する人には嬉しい限りのサービスです.で検索は Google Code Search から.「Search Code」ボタンの右の Advanced Code Search から設定するとプログラミング言語を絞り込むことも出来ます.

06/10 ■(10/6b) 久々の Sage アップデート(つづき2)

設定が保存されない不具合さらに Sage 1.3.8 が出て修復されました、もう一つ「a content sanitization bug involving param tags has been fixed」というのは何のことでしょう、これも修復されたとのこと.しかし検索が出来ないバグは直っていません.Firefox がバージョンアップされて拡張が追いつけなく機能が減ってしまうというのは困りものです.いやまだ Firefox 2.0 の正式版が出ていないのだからそれまでに直ればいいのですが.

06/10 ■(10/6) 丸洗い

長時間デスクトップのコンピューターの前にいる人は手元にはキーボードとマウスがあるのが普通で、マウスは昔はボールが直かにマウスパットに触れて当然埃やら塵やらを拾っていくのでボールを取り外して軸の付着物を偶には取り除いてやらないとまともには働いてくれなくなりて筆者もそれは悩みの種で一度その掃除の最中に取り外したボールが床まで転がり落ち予想だにしないような場所まで飛んでいき見つけるのに一苦労という経験があります.

さてそのキーボードとマウスを手にしていても長時間座っていれば飲み物だって食べ物だって煙草だっているわけで食べ物の断片は何処に飛ぶか分からないし飲み物はいつ洪水を引き起こすとも限らないし煙草の灰は灰皿だけに落ちてくれるとは限らず、因みに Google で「キーボード 水洗い」を検索語で調べて見るとキーボードを分解して水洗いしたなどの苦労話がたくさん載っていますが動かなくならないまでもキーボードの汚れは不快なものです.筆者はビニールの覆いを被せているのですが喜びはその覆いが汚くなって新しいのと取り替えるその一瞬だけ新品同様のキーボードにお目にかかれる訳で何だかこれでよいのかという感は拭えません.

ところが、GIARlog - Geek Your Cube: Unotron Washable Wireless Keyboard (Wednesday, October 04, 2006) で紹介しているキーボードは何と水洗いがそのままじゃぶじゃぶ出来てしまうのです.Windows のみの対応ですが無線で USB に無線のレシーバを繋いでバッテリーをセットすればソフトウェアーは必要なく直ぐに使える様です.実際に使って、その後コーヒーやらお菓子やらをこぼして台所の洗い桶で洗剤とお湯でざぶざぶ洗って渇かしておき翌朝問題なく使えたと書いてあります.

キーボードの記号キーが多少違うのに慣れればこのまま直ぐにも使えますね.値段は $7.99 だから約1万円.キーボードだけ単独に買ったことないので相場は幾らぐらいか知りませんがこれだったら直ぐにでも手に入れたいです.

[to index]  [to top]

06/10 ■(10/5e) 変化の時間(トキ) #12

が出ているのを見過ごしていました.前回はは Firefox とは離れて携帯の話でしたがまた Firefox に戻って拡張3つの紹介です.「Resizeable Textarea 0.1b」、「Pearl Crescent Page Saver」、「Pearl Crescent Page Saver」の3つです.
Resizeable Textarea はしばらく前からバージョンが適合せず 7-Zip で強制的に適合させても使えなかったので使わないでいたのですが 0.1b は Firefox 2.0 でも使えるという話、早速入れようと思ったものの 2.0 Beta 2 から新規に慎重に選んで入れた拡張の数も何と今では50弱、ぐっと思い留まって必要とするときがあったら入れることにします.スクリーンショットの Pearl Crescent Page Saver は今 Screen grab! は動かない様子なのでこれしかない(もう一つ確かあったのですが Mozilla Adds-on での評判が非道かったので採り上げず名前も忘れてしまいました.)拡張です.

06/10 ■(10/5d) 久々の Sage アップデート(つづき)

Scene side B 「拡張機能「Sage」2006年10月05日で Blog に更新情報が載っているとの情報、Sage Blog は真っ先に(Sage に登録しているので)見ているに載っていない.で Sage のサイトの Blog を見たら載っていました.何でだよとフィードの http://sage.mozdev.org/rss.xml をみたら反映されていません.結局、バージョン合わせに加えて JavaScript のセキュリティーバグも修正された模様.以前登録したときに激しくメモリーリークを(Leak Monitor による)も今のところ見られません.Firefox を再起動するとそれまでの設定が無効になるのは新しく加わったバグです.それにしても Sage が Sage に載らなくてどうなっているのか、作者チームはやる気が失せているのかな?

06/10 ■(10/5c) 古い PC

なんていうもの見ても Mac の古いのを見るのとは違ってただただグロテスクなものを見る思いでまあこんな姿をしていたのかと何かの参考に、ZDNet.fr - Génération premiers PC(初期の PC のジェネレーション)で1970年代の終わりから80年代の終わりに掛けての17台のマシーンの写真が見られます.

06/10 ■(10/5b) 久々の Sage アップデート

昨日だったかフィードリーダーの拡張 Sage が本当に久々に 1.3.7 にアップデートされました. Firefox 2.0 のテスト板だと前の 1.3.6 は強制的にバージョンを合わせて使っていましたが検索が駄目だと言うことが分かりました.それでバージョンアップで喜んで検索を試したら使えません.検索エンジンのところのコードを見比べたけれど何も変わっていない様子.単にバージョンを Firefox 2.0 に合わせただけのバージョンアップでしかないのかな?Sage の制作元に行ってもいつもならアップデートに伴って変更点が書いてあるのですがそれもありません.
Sage の欠陥はもう一つあって更新をかけると上からずっと更新を調べていって途中でつまずくとそれにかかり切りでそのうちタイムアウトで以降の更新は知らせてくれません.単一の項目や指定したフォルダだけの更新を見てくれるようになると良いのですが.

06/10 ■(10/5) XSS の脅威

ZDNet UK - Browser flaws biggest software security risk (September 15, 2006) 少し前の記事ですがブラウザに共通して見られる脆弱性は ross-site scripting (XSS) に起因するという話です.以下ざっと要約です(余りよく分かっていないので間違いがありそうです).

US Government organisation Mitre によるともっとも一般的に見られるブラウザの不具合は cross-site scripting (XSS) の脆弱性だと言うことだ.2006年に発見された脆弱性の 21.5% がそれに当たる.

XSS の脆弱性はは攻撃者に JavaScript を使って Web サイトからバイパスを使って侵入される恐れがある.データベースを使った Web アプリケーションから SQL の侵入も 14% を数えている.不注意な PHP も 9.5% でセキュリティーベンダーの話だと PHP の実装多くの場合コードが貧弱なことで悪名高い.

バッファーオーバーフローの脆弱性は2003年以来蔓延しだし2006年には 7.9% にもぼっている.

しかし Sophos が言うにはバッファーオーバーフローも含めてこれらの欠陥はこれまで目立っていなかったが、少人数の比較的小さい Web サーバーのためこれら潜在的に深刻な欠陥が統計に反映されなかったのではないかと疑っている.Cluley が言うには XSS の攻撃は比較的人気のないサーバーやアプリケーションに見られ大きいところではそれほど見られないとのことだ.小さな処は.Net や Java や PHP をブログやウェブホスティングに使っていて、大きな処は C ベースのソフトウェアーだからではないかとしている.

[to index]  [to top]

06/10 ■(10/4e) うーん Microsoft

筆者はこんな姑息なことするとは信じませんが Web Developer Tips - Firefox Security Vunerabilities and Microsoft (2006, October 3 ) はこの悪ふざけをした ToorCon hacker conference のスポンサーに Microsoft の名があることを指摘しています.実際 ToorCon 8: Bits & Bites - Sponsors を見ると「Official Sponsors」の上から4番目に Microsoft の名が見えます.

06/10 ■(10/4d) オープンソースの透明性

先ほどの「ユーモアー」で片づけられた問題、あの mozilla developer center の記事の投稿時間は朝の5時53分で Wndow Snyder は腸の煮えくりかえる思いで書いたのだと思います.(いやこういうことはもう慣れっこになっているのかも知れませんが)

今回のとは直接関係ありませんが OTP Securuty 「馴れ合い同然の「完全情報開示」がユーザを危険にさらす」2006年10月04日 は Apple の対応のまずさを巡った記事で、「フリーおよびオープンソースのソフトウェアを使っていれば、今回のように長期間存続していた脆弱性だけでなく、顧客のセキュリティよりも自社の広告キャンペーンを重視するプロプライエタリな企業の悪意的な冷淡さの影響を被ることもほとんどない。オープンソースソフトウェアの透明性のもとでは、こうした否定的なゲームは起こり得ず、対応の遅れに対する言い逃れもできないのである。」と結んでいます.

06/10 ■(10/4c) 脆弱性はユーモアー

同じく一昨日(10/2d) パッチ不可能? で伝えた脆弱性の問題のに関して mozilla developer center - Update: Possible Vulnerability Reported at Toorcon (Monday, October 2nd, 2006) で 脆弱性と騒ぎ立てた Mischa Spiegelmock からのメールを Window Snyder が発表していますが、あれは全部 ユーモアー だと書いてあります. Snyder は「それでも我々は検証を続ける」と結んでいます.

06/10 ■(10/4b) 脆弱性への素早い対応

一昨日(10/2d) パッチ不可能? で伝えた脆弱性の問題 Mozilla は早速対応しまた引き続き調査をしていく旨が mozilla links - UPDATED: Firefox vulnerability disclosed at ToorCon 2006 (Monday, October 2nd, 2006) でしっかり報告されています.「不可能」なんてことはないのですね.最近 「Mozilla links 日本語版」はぴたりと翻訳をとめてしまっていますがどうしたのでしょう.以前は英語版が出ると直ぐに翻訳が出たのですが.

06/10 ■(10/4) 天気予報の提供

ここでいっているお天気は先日の「(10/1) お天気」 なわけでそれに関心を持った人が他にもいたと言うのは面白いことですがその文 Frédéric de Villamil.com - Pour donner la météo, un "renard de feu" vaut bien mieux qu'une grenouille ! (Sat, Sep 30, 2006) (天気予報の為には「火の狐」の方が「蛙」より価値がある)は長いので適当に刈り込んで以下いい加減に要約です.

今朝私は偶々 Le Gant et l'Épée というサイトが掲げる次の テクニカルノート なる文に

テクニカルノート:このサイトは 800x600 または 1024x768 で IE 及び Firefox に最適化されている.Firefox を使っている人は IE で見直して欲しい.そうすれば少なくとも95%の人と同じものが見える.

Firefox の使用は止めなさい.なぜなら Firefox はたった5%の人しか尊重しない標準を信奉するという性癖を持っているからだ.残りの95%は少数派によって定められた標準とかいう随分疑わしい原則は無視しているからだ.一つのブラウザになって誰もが同じ結果を見られる様にマイクロソフトが競争相手を消し去るのを願うクラブに合流しよう.

とあって笑わずにはいられないがサイトの作者が Web の標準を擁護するは Firefox に屈服することと思い込んでいないならば、このやり方は技術的な問題としても倫理的な問題としてもとうてい受け入れられないつまらないものであろう.大体内容は読めてしまうしまあ気晴らしにはなるが.

Gervase Markham も同様な関心を持って面白い話を書いてくれた.

(訳注:ここは先日の (10/1) お天気 の原文が引用されています.Firefox を見せてタブの機能を説明したが関心がないの様子なので天気予報の拡張 ForecastFox を入れてやったら喜んだという話です. )

私は何年も前から開発者や奥に引っ込んでいる人たちはエンドユーザーが何に関心を持っているか分かっていなくて普及活動がお粗末極まりないと思っていた.大衆諸君がタブを使ったナビゲーションの快適さや標準の擁護やフリーソフトウェアーの独立性のために習慣を変えると思うのは幻想に過ぎない.更に悪いことに快適さやスピードや理念的には費用対効果で新しい段階に進むべくちょっとトレーニングした方が得だと想像出来ることでも決して習慣を変えようとはしない.

従って我々は今までの普及活動のやり方を見直す必要がある.少なくとも今までは知らなかった層にメッセージを届けるようにする必要がある.大衆は今までの単純なインターネットのナビゲーションを越えた総合的な機能という見返りがなけれ簡単に習慣を変えないであろう.Flock の様に Flickr や del.icio.us やブログの統合のようなアイデアが実際に取るべき道かも知れない.新しい信奉者を惹き付けるのは一見こういった金ぴかの小道具なのかも知れない.ナビゲーションの心地よさ、標準の尊重、自由という哲学これらは後回しにして.

一番最初の引用の「テクニカルノート」のあるサイト「 Le Gant et l'Épée 」は昨年も採り上げたのですがその時は Firefox で行くと別ページに飛ばされ Netscape は駄目だからと IE をダウンロードするように促されたのですが随分巫山戯たことを書く様になりました.このサイト、よく見比べたたわけではないが Firefox でも Opera でも IE と違っているようには見えないだけに確信犯的に悪質です.

処で一般大衆とエリートという構図を如実に見せるのはやはりヨーロッパ人は日本と違います.日本で大衆向けとか言って例えば NHK のアナウンサーが巫山戯てみせるのが少しも大衆受けなどせず浮いてしまうように、あるいは地方自治体の広報にはキャラクターとか漫画とかが登場しますがそういった大衆にすり寄っているというのが透けて見えるようなことは止めて貰いたいものです.何ってあれのこと言っているのですが.

[to index]  [to top]

06/10 ■(10/3c) 日本での Firefox のシェアー

最近例えば CNET Japan 「Mozilla日米代表が語るFireFoxの今--対IE 7の後ろ支えは6000万ユーザーの判断」2006/10/03 でも8.9%と言う数字が出ているけれどこれは何処から出た数字なのだろう.どう考えても一般に Firefox を使っている数字は 2% 〜 5% としか思えません.4% と言っていたのがいきなり 8.9% に伸びるなん信じられません.てまさか Mozilla Japan の Firefox のアクセス数がこれだけのはずはないしね.何か政治的臭いのする数字です.今年中に 10% にするという公約?上近い数字を出しておく必要があって達成されると何かご褒美でも貰えるのならそれはそれでいいですけれど.

06/10 ■(10/3b) 拡張・テーマ情報のフィード

Standblog 経由ですが、Firefox、Thunderbird、Mozilla それぞれの拡張とテーマを、「もっとも人気のあるもの」、「最近のアップデート」、「Highest Rated(注:これ意味不明、アクセスが多いということか?Most Popularとの違いが分かりません)」、「新規登場」に分けそれぞれのフィードにリンクしたページ、Mozilla Add-ons Feeds ができました.今までは「最近のアップデート」だけだと思います.
何しろ 1000 を越す拡張が並んでいるのですから更に色々充実を図れるはずです.例えば FAQ 方式で具体的に「これこれしたい」-> これこれの拡張 といったページがあると一般のユーザーは助かると思います.

06/10 ■(10/3) Google がブラウザに拘る訳

Google ロゴ

ZDNet - Why Google apps will stay inside the browser (September 26, 2006 by Richard MacManus) です.何故 Google が Firefox に肩入れするかがよく分かります.以下要約

Ryan Stewart は Google が更に多くの RIAs (rich internet apps) を開発していることに関して次のように述べている

Google がメインストリームのユーザーにアプリケーションを提供するにはそれが Rich Internet Application 戦略に沿ったものでなくてはならない.Web とデスクトップとのギャップを埋めるようなものになる必要がある.

しかしながら Web プラットフォームである共通分母のブラウザは非常にレベルが低い.そこで Google は主にブラウザのために RIA を開発するのである.その他の理由を挙げると

  • ブラウザ自体がデスクトップの APP であるということ.多くの人はこの事実を忘れているが Google、eBay、Amazon、Yahoo といった巨大企業がプラットフォームとしているブラウザは結局デスクトップの APP なのである.
  • Mozilla の Firefox や Flock のように成長の見込みのあるオープンソースのブラウザが存在すること.Adobe や Microsoft のプラットフォームはオープンソースではない.
  • ブラウザは多くの場合オープンスタンダードをサポートしている.IE 7 の様に遅れることもあるが.Web スタンダードは Web が民主的で広範な開発を可能にする.

RIA Web Office?

他の記事で Ryan は Flex ベースの Web Office を示唆している.これは Adobe の開発している Apollo というアプリケーションで配布される.Apollo はマルチ OS 対応のランタイムであり、開発者が既存の Flash、Flex、HTML、Ajax 等の技術を使って開発出来るものである.更に、ブラウザの外で APP を開発することも出来る.

確かに素晴らしいものであるが Adobe にしろ Microsoft の WPF にしろ単一の会社の技術に頼ることには危惧を禁じ得ない.

結論 - Google はブラウザにこだわる.

Adobe のハイブリッドな Web/デスクトップの APP は高く評価するものの、充分にオープンでジェネリックであるとは思えない.だからこそ現在の処ブラウザこそが広く大衆レベルでオープンな Web プラットフォームなので Google はブラウザにこだわり続けるのである.

[to index]  [to top]

06/10 ■(10/2e) Firefox 2.0 RC 2 候補

が出ていたので早速入れてみました.いつものメジャーアップデート(1.0 と 1.5)は RC 2 からでやっとこれからは通常通りで今後は RC 2 の正式版、2.0 の最終版を待つばかりになりました.今回は別プロファイルで2本立てなど試して良い勉強になりました.今回は当方のアクセスログを見ると Beta 2 の時 Firefox 使用者の中で 8% を越える人が、RC が出てからは 15% 近い人が 2.0 のテスト版を使っていて数の多さに驚きます.
UA、ID は Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.1) Gecko/20061002 Firefox/2.0 ID:2006100202

Scene side B 「Firefox 2 RC2 candidate版」2006年10月02日 によると例のクラッシュのバグはもう直っているとのことです.また、RC 2 の正式版は今週金曜夜から土曜、正式版は早ければ17日になりそうです.

06/10 ■(10/2d) パッチ不可能?

cnet NEWS.com - Hackers claim zero-day flaw in Firefox (September 30, 2006 By Joris Evers)ToorCon hacker conference で Win、Mac、Linux 上で Firefox の JavaScript 関連の不具合を公表したと伝えています.

JavaScript は10年来広く Web で用いられている言語であるが、不具合はその Firefox の実装に見られるものである.特に様々なプログラムのやり方でオーバーフローエラーを引き起こす.実装はあちらこちらに散らばっていてパッチを当てるのは不可能である.

と書いた箇所があります.修正のしようがないと云うことではありませんか.

Window Snyder は「これらは古い手の攻撃のバリエーションだ.我々は直ぐ調査する」といっています.またこういうように公表されるのはユーザーを危険に陥らせるので良くないとも語っています.

また、その脆弱性の公表に立ち会った Mozilla のセキュリティースタッフの Jesse Ruderman もハッカー達がこういう形で公表しないで脆弱性の発見で500ドル貰う様にしてくれないかと彼等を説得していると伝えています.

06/10 ■(10/2c) Firefox のボイコット(その6)

まだまだ続くこの話題、よく分からない Linux の話.なぜ Linux はこんな面倒なことが起きるようになっているのかソフトウェアーは自分で勝手にインストール出来ないのでしょうか?この問題について以下幾つかリンク.

06/10 ■(10/2b) 「Mozila Japan の現状」

これは何処かで既報だったと思うのですが一応リンクを貼っておきます.ITmedia エンタープライズ「トカゲ世話役主任が語るFirefoxの最新動向」2006年09月29日.記事で触れられている最近の活発になった Mozila Japan の活動でそのうち2つはこれまで No と書いたのですが確かに活発になっていてそのこと自体良いことだとお思います.

06/10 ■(10/2) Web 2.0 の負け組

勝ち組、負け組という言葉は確か昔ブラジルの日系コミュニティーが第2次大戦後母国の日本が勝った、負けたで内部抗争に発展した時の両派を表す言葉だったと記憶していますがあまり好きな言葉ではありません.Top 10 Web 2.0 Losers (Web 2.0 の負け組トップテン)はその10をそれぞれ理由を付けて載せていますがその中で意外なものが載っています.この10このリストを載せておくと次のようになります.尚この記事はこれより前に出た WIRED News の Web 2.0 Winners and Losers に対抗して書かれた様です.

あまり馴染みのないものもありますが、Web 2.0 の申し子として登場した Flock や何でこんな処に顔を出すのだという Netscape そしてこれは何を言われているのか読まずにはいられない Microsoft この3つの選択された理由を以下ざっと訳しました.

Flock

Flock はまだ 1.0 さえリリースしていないと支持者はいうかも知れないがこれは悪い兆候でしかない.まだベータもリリースしていない昨年の段階で色々と言われたものだ.マーケットシェアーはどうなのであろう.取締役会に12人いて金を貯め込み何もかもが薔薇色に見えた.だがそれは昨年の秋の話なのだ.そして今は2006年の秋でこれまで何が残っているのであろうか?

Beta 1 (バージョン 0.7)か.CEO がうるさい応援団 を引き連れて出ていったことも覚えておこう.どれだけの人が成功を願っているのかは別にしても会社にトラブルが起きている証拠ではないかな.

Netscape

Netscape は負け組と呼ぶことさえ出来ないかも知れない.デフォルトのインターネット最古のブランドの一つとしてたくさんのトラフィックを受けるべきであったからだ.しかしこの古いブランドを使う以外に彼等は何もやっていないと思う.多くの人は Netscape が Microsoft にうち負かされた奴だと知っているが若者はそんなことどうでもいい.彼等に分かるのはそれが Digg でないと言うことだ.

Digg よりもっと広い意味でいっても Netscape は技術者ではなく大衆にアピールするようしなくてはならない.しかし大衆は Netscape のサイトで Stories を見て投票する何かに興味はないし Dogg の連中はあくまで Digg に忠誠であろう.

Microsoft

5月に MSN Spaces は世界規模のもっとも大きなブログサービスをすると発表していたけどそんなこと誰も知らないし、誰が使っているというのだ.Microsoft は充分なマーケットが有ってそれで満足しているようだが過去に Web で何か心躍るようなことをしたことがあるのだろうか?

彼等は検索の分野で Google や Yahoo と覇権を争いたいらしいが全然地歩を築けたわけではない.Adsense や ソーシャルネットワークでも乗り遅れ、オンラインのオフィススーツでも後れを取っている.SoapboxYouTube と競争する力を持っていると思い込んでいるようだ.大金をつぎ込めば追いつけると思っているらしいがそうすることに興味も持っていない様子に見受けられる.

なぜ Netscape が登場するかよく分かりません.あららしいサイトが Digg の値札みたいなのがついているからかな?しかし一体誰が Netscape のサイトなんか見に行くのでしょう?

[to index]  [to top]

06/10 ■(10/1g) Firefox のボイコット(その5)

今日はもう書くまいと思っていたのにうっかり(いや失礼) A blog? with Σαιτω 「Trademark issue(続)」2006-10-01 Sun を覗いてしまったのが運の尽き、書いておきます.Mozilla は「Debian にFirefox トレードマークをそのリリースに使用する特別な許可を与えようとしている。」ということでどうも「 Mozilla は前言を翻して」といった趣旨のことが目にはいるのはこのことだったのですね.
なんだか前の Feed アイコンで Opera と揉めたのと相似な感じがしてきました.誰かが使っていいよといって、別の誰かが駄目といって臍を曲げられてしまう.きっとあっちこっちで騒ぎ立てれば早期解決になりそうに思います.今度は「特別の許可のガイドライン」でも作ってね.

06/10 ■(10/1f) Core JavaScript 1.5 Guide

の和訳をなさった 陽極日記 「コア JavaScript 1.5 ガイド翻訳終了」2006.10.1 Sun で日本語翻訳完成を知らせています.ご苦労様.翻訳は Core JavaScript 1.5 Guide で見られます.

JavaScript のどのバージョンがどのブラウザに対応しているか段々分からなくなってと前回 JavaScript に触れたときと同じようなことを書いてしまいます.JavaScript のドキュメント関係のリンクはその前回の (8/14b) JavaScript 1.6 に纏めてあります.

06/10 ■(10/1e) Firefox のボイコット(その4)

一つ前の記事で触れた internet.com - Firefox Not Really Free? ( September 27, 2006 By Sean Michael Kerner ) を問題の所在が自分自身もう少しよく分かるように以下発端部分を要約してみました.

Mozilla Firefox はオープンソースでフリーだと思われているが完全にそうなのではない.従って法的に Debian の GNU/Linux と互換性がないのだ.

問題は Debian が Mozilla Firefox のパッケージを GNU/Linux ディストリビューションとして含めることが出来るかということである.しかし Debian と Ubuntu は Mozilla Firefox を商標登録のあるロゴは別のものに変えて含んでいた.これは Debian が Debian Free Software Guidelines に従って行ったことである.

Mozilla は Firefox という名前をロゴと切り離して使うのは商標権の侵害であると抗議した.

従って最終的に Debian に出来ることは Firefox の名前を使わないことである.

Mozilla がロゴを守るのはロゴを使ってどこで何をされるか分からないので一般的には当然なことだと思います.しかしこの点( Linux のこと知らないのではっきり分からないのですが )Linux には搭載するパッケージはライセンスフリーでなくてはならないという規則があるらしく、Firefox をそのまま搭載するのは無理のようです.ではもう名前を変えて独自なものにしたら良いという方向ですがそうなるとセキュリティーパッチなど Mozilla のサポートは受けられない訳で、結局はこのもめ事で一番迷惑なのはエンドユーザーというわけです.素人考えですが、Mozilla の方が大きくて強いのだから(らしい)特定の Linux のディストリビューターには特例を設けるなど折れることは出来ないのかな.

06/10 ■(10/1d) Firefox のボイコット(その3)

この問題遂に英語版のスラッシュドットにも登場しました.Slashdot - Firefox To Be Renamed In Debian ( Saturday September 30,) です.この引用先の記事 internet.com - Firefox Not Really Free? ( September 27, 2006 By Sean Michael Kerner ) も英語ですが問題の全体像を分かりやすく説明してあります.
スラッシュドットのコメントは一層目をざっと目を通しただけですが中には Firefox の名前を変えてしまって Debian に Firefox が無ければ Debian のシェアーが落ちるよという警告もあります.

06/10 ■(10/1c) Firefox 2.0 でなく Web 2.0 の話題

同じ題名しか考えつかないので困ってこういう題名を付けました.Firefox Hacks 翻訳日記 「 Web 2.0 としての Firefox」2006/09/30 は我々が魅力を感じている Firefox の魅力はそれは実は Web 2.0 の諸特質に通じるものなのだと見事に分析しています.集合知のによる開発、集合知による拡張の創造、等々何処から見ても Web 2.0 の Firefox です.返す返すも残念だったのは Places も Firefox 2.0 に装備出来ていれば Web 2.0 = Firefox 2.0 洒落られたのにと思います.いや無くても Web 2.0 には変わりない.

06/10 ■(10/1b) 外部エディター

確か Firefox 2.0 から HTML のソースを見たり編集したりするのに好みのエディターが使えるというのを何処かで読んだと思ってその設定を探しても見つかりません.また Firefox 2.0 から という記述がどこかにあるはずだとこれも見つかりません.結局勘違いで Firefox 3.0 からかと思っていたら、Scene side B 「外部エディタでhtmlソース編集」2006年09月30日 で書いてくださっていました.矢張り記憶は正しかった.と早速 about:config からやってみて確かめました.

ViewSourceWith の末尾にも設定方法を書いておきましたがこの拡張に慣れてしまうと、フレームのソースが個々に見られないとか複数のエディターが設定出来ないとか不便を感じずにはいられません.筆者は拡張も本体の設定も両方使うことにしました.それで別に問題はないようです.

06/10 ■(10/1) お天気

IE 6 を使っていて Firefox を全く知らない人に勧めるときどうやってその良さを説明するのか、相手の反応を見ながらきっとまずはタブ機能から、そして次には何かの拡張を見せるでしょう.Hacking for Christ - Always Take The Weather With You (September 29, 2006) で Gervase Markham 程の人ががその同じようなことをやっているので何ともほほえましく以下ざっと訳してみました.

私は最近この5年来会っていなかった友人達と食事をした.話題が私の仕事のことに及んだので Mozilla Fundation で働いていることを告げた.「へぇー Firefox ねぇ.使ったこと無いけどそれっていいのかい?」

ラウンジのソファーでバランスを取りながら彼等のノートパソコンをいじってタブとか見せてやった.どんなに楽しくブラウジング出来るか示そうとしたのだ(彼等の PC のマウスには中ボタンが着いていなかった).反応は今一だった.

ではと今度は拡張機能で何かアピールするものを見せてやりたかった.そこで addons mozilla に行って「Most Popular」のリストから探したがどれも専門過ぎて彼等の生活とはかけ離れている.Web Developer Toolbar ?駄目駄目.FlashGot ?これも現実離れしている.

スクロールしていくと ForecastFox にぶつかった.お天気のことなど気に留めるほどのことでもなくて今までこの拡張に関心を払ったこともなかった.だが説明し出すと彼等の目は輝いてきた.そこで私はインストールした(この際言っておけばこの拡張の設定は複雑すぎる).彼等にはステータスバーに出てきた3切れののスライスしたパンみたいなお天気マークがとってもクールに見えたようだ.彼等はこれかはらは Firefox を使うと言ってくれた.

私はちょっとした変わったもので人々を Firefox に惹き付けられると話したかったのだ.

筆者も同じように ForecastFox を見せたことがあります.他にはこういったアトラクション向きの拡張は何があるでしょう.FoxyTunes 等も良いかも知れません.地味なものだと zoomFox とか Image Zoom のような画像を拡大する拡張.拡張でなければ右上の検索バーに色々検索エンジンを追加してみせるとか、それに伴って右クリックのコンテキストメニューから検索エンジンが使える Context Search や ConQuery といった拡張も有力な候補です.

[to index]  [to top]