Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - MEMO
Permanent Links(2006年8月)

MEMO ■ ■ ■ ■ MEMO ■ ■ ■ ■

以下はパーマネントリンク

06/08 ■(8/7c) Fucking puritanism

何だか夜になっても暑くクーラーのない部屋のコンピューターは大丈夫か(お陰で冬は暖房無しでいられる)と思いながら Mozilla や Web と関係ない話題は多分これまで採り上げたことなかったけれど Nvu で有名な Ganiel Glazman のこの表題見たら載せたくなってしまいました. Glazblog - Fucking puritanism (Monday 7 August 2006).写真もそちらで見てください.

「baby talk」という雑誌の表紙に授乳する母親の乳房と乳を飲む赤ん坊のどうということない写真にアメリカでは52%が公衆の面前で授乳することに反対で72%はTVで授乳シーンが放映されるのは不適切だそうでヨーロッパで誰もこんこと問題にしない、342年前に有名な作家がそういうことを言う宗教的な気取り屋を嘲笑していた、でその作家のリンク先を見たらモリエールでした.アメリカ人はもう21世紀にいるのだから17世紀は卒業して欲しいといっています.日本でもこんな表紙の写真誰も何とも言わないでしょうが公衆の面前で授乳する女性は皆無ですね.Fucking puritanism だよ.

06/08 ■(8/7b) Flock 秋には正式版

Flock 1.0 が出ることを CNET Japan 「ソーシャルブラウザ「Flock」、バージョン1.0が今秋リリース」2006/08/04 が報じています.ますます使いやすく Firefox ほど多くないにしても基本的には不自由しない拡張も揃い何よりも使いやすいのは RSS リーダーが「My News」という形でサイドバーにフォルダ別に登録出来デフォルトで Sage がついている感覚で使え、色々やってみないとまごつきますが使っていく中にますます気に入ってきます.今何だか Firefox は作業上で Web 閲覧は Flock という具合になりつつあります.

06/08 ■(8/7) 水で薄めた ActiveX

Current Word - IE7 vs. Firefox (August 4, 2006) は初めて訪れたブログですが下の翻訳文中にリンクのある ZDNet の記事を元に拡張の安全性に言及しています.ZDNet の記事は翻訳があるかと思ったのですが見つかりません.これから出るかも知れません.

ZDNet のこのよく書けた記事は2つのブラウザのセキュリティーの比較で驚くほど客観的で公平である.

私はこの記事の Firefox の拡張のメカニズムに関しての現実的な評価が好きである.そのメカニズムというのはインストールで少し違ったユーザーインターフェースを備えてはいるものの基本的はに ActiveX を水で薄めたようなものである.記事では以下のように書いている.

Firefox 自身がセキュリティー問題を抱えたアドオンを持っている.下手に書かれたあるいは敵意を持って書かれた拡張は重要な問題になり得るのだ.人気のある拡張、Greasemonkey は昨年セキュリティーホールを発見されて引っ込められた.また今年の初めにはセキュリティーホールの探索者が HTML Form からパスワードなど盗む拡張を作って見せた.ユーザーは確かにその拡張をインストールするかどうか選択しなくてはならない.しかし同じことが ActiveX についても言える.実際、拡張は実行可能なプログラムのインストールに使うことさえ出来るのだ.それは Sun が Java のインストールで用いている.

今年の初め Mozillazine では次のようにいっている.

「Mozilla Fundation は今までユーザーが自分からインストールした拡張が安全であるとは一度も言ったことがない.また拡張がユーザーのシステムにインストールされれば何でもありだということは以前から知られている常識である.しかしながらユーザーによっては拡張を当然安全だと信じているがこれは心配なことだ.」

最終結論はこの秋にやってくる.両ブラウザとも正式版がリリースされるのだ.そして更にセキュリティーが強化され色々な考慮に入れるべき情報が追加されるだろう.どのブラウザもユーザーに賢い健全な決断をさせることは出来ない.ただ正しい道を示せるだけだ.

どのブラウザも追加の機能を持っている.古い Netscape もサードパーティーで作られサーバーで動くプラグインの技術を持っていた.そういう技術がなかったとしたら Web はきっと退屈なものになってしまうだろう.ZDNet が指摘しているように Mozilla も Microsoft も充分に考えがあってこれらをブラウザから取り除くのではなく採用することにしていてこれは大きな発展と見なすべきだ.

「拡張は水で薄めた ActiveX」 とはよく言ったものでそれだけ危険と言うことなのですね.Mozilla は正式にどういう扱いをしているかは Extend the power of Mozilla software を見るしかないのですが、「Mozilla ソフトウェアーの外で更にもっと追加してみたいですか?Mozilla Add-ons に行けば extensions や plug-ins や themes など Firefox と Thunderbird をカスタマイズするものが見つけられます.」とあるだけで特に危険についての記述はありませんが Mozilla ソフトウェアーの外という扱いで危険が起きた場合の責任は取らないようになっています.とても責任は取り得ないことで恐らくこれは致し方ないことでしょう.しかし何処かで拡張の素晴らしさと危険性を知らせるところがあっても良いと思いますね.Spread Firefox も扱いは Mozilla の外らしいのでそういう場に使えるのではないかと思います.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/6d) Firefox 1.5 についてまとめ

Firefox まとめサイト 「Firefox 1.5(mozilla1.8)についてまとめます。」 というページが出来ていたの知りませんでした.「Firefox まとめサイト」自体は勿論よく知っていますが.凄いと思ったのはこの「目次」の部分の樹形図です.何から何までも一目で分かるように出来ています.これどうやって作ったのか、リストを使って、樹形図の枝の部分はバックグラウンドのイメージみたいですがちょっと驚きです.CSS だけで実現しているのですね.たまたまこのページに行ったのですが他のページも「目次」はこの方式で統一されています.実は久々にこのサイトを見に行ったのですがサイト全体のイメージが以前と変わり非常に見やすくなった印象を受けました.

06/08 ■(8/6c) Flock 0.7.4.1

Flock Blog - Flock 0.7.4 and FireFox 1.5.0.6 patch (Thursday, Aug 03 by Mike Dosik) を見ていたら 0.7.4 が既に出ていて自分の Flock のバージョンは 0.7.3.2 だったかな?兎に角、0.7.3.x だったので Check Updates をやってみたら 0.7.4.1 が入りました.マイナーアップデートは自動アップデートにならないのかな?しばらく前当然最新版を持っていると思ったらそうでないことが分かってアップデートしたら前のをアンインストールして良いか聞いてくるので「諾」と答えたらプロファイルも何もすっかり前のは消されてしまい、復旧も出来ず何てこったと思ったものの Flock はデフォルトブラウザでないしその辺は甘くなってしまいます.これが Firefox だったらブーブー文句を言うところでしょうが.SeaMonkey と同じに Flock も Firefox がアップデートすると後を追ってアップデートするようになったのかな?もう少し独立性が強いと思っていましたが.UA : Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.0.5) Gecko/20060731 Firefox/1.5.0.5 Flock/0.7.4.1

06/08 ■(8/6b) Thunderbird 2 Alpha リリース

mozullaZine - Thunderbird 2 Alpha Now Available! は伝えています.「リリースノート:開発者及びテスター以外のダウンロードはお勧めしない.あくまでもテスト目的であるからだ.」と書いてあります.

06/08 ■(8/6) FireVox

という言葉を見ると何てふざけたことやる奴がいる、これは何かというのが第一印象ですが Vox が何か分かると洒落た名前の付け方に感心してしまいます.覚え書き@kazuho.to 「links for 2006-08-04」 で知った Firefox、Flock 対応の拡張です.「VOX」はラテン語の音声で英語の voice です.つまり「音声 Fox 」です.Web ページの読み上げを行う拡張です.

筆者はまだ Web ページの読み上げというのは未経験ですが、昔、Word 何かで文章を作って印刷すると書き間違いを発見するというのに業を煮やして安い出来の良くない読み上げソフトを購入して使ってみたことはあります.このソフトが便利だったのは Word のマクロの VB に組み込めたり、マクロではなく普通の VB で作ったソフトに組み込めたりしたことです.しかしそのころはほんののお遊びで正直 Web のアクセシビリティーとして視覚障害者のことなど考えたことありませんでした.筆者は絵を描いたり映画が好きだったりで自分自身の目が見えなくなる何て言うこと考えたくもないのですが、現実に視覚の障害のある人が Web から情報を得るということは当然の権利としてあるわけでそれが Firefox や Flock では拡張として用意されていることは素晴らしいことです.

起動するかどうかを簡単にスイッチ出来るなら Web ページの制作者もこれをインストールして作ったページがどのように聞こえるのか試すとことも重要かも知れません.拡張だからこそ気軽に出来ることです.colorZilla を入れているならこれもということかも知れません.これに限らなくても拡張のページで紹介してある Fangs Screen Reader Emulator という拡張もあってこれは実際に音声読み上げソフトが読み上げる順にシミュレートして文字で表示するものでこれでもことは足りそうです(これは試したことありますが実際の読み上げソフトとどの位整合性があるかは分かりません).尚、FireVox のインストール先は以下です.Mozilla Add ons にはまだ登録されていないみたいです.

  • FireVox作者のページ(英語版)
  • et-web 開発室 「FireVox」日本語版
    このページには実際の読み上げがサンプルが MPEG3 で置いてあります.
    この中にリンクのある「公式ページにも紹介されていますが、deq notesさんのところに、とても詳しい解説と翻訳が置かれています。」は現在サーバーが落ちているらしく繋がりません.
[to index]  [to top]

06/08 ■(8/5d) Donzilla 1.0.1

MozInfo701 ー Donzilla 1.0.1 Released (Fri, Aug 4, 2006) という記事があってどうもブラウザらしくて SeaMonkey 1.0.4 に相当するらしい所までで Donzilla の Home Page にはここからはリンクがないので Google で探したら、えむもじら 「 Donzilla 1.0 リリース」2006年1月1日(日) がトップで出てきて漸く正体が分かりました.さてそれでダウンロード、インストールしてみました.インストール中は何も聞いてこないで起動したら Mozilla Suite のプロファイルを使っていました.外観はロゴを除き SeaMonky そっくりですが名前の所為か何となく動作が鈍い気がします.筆者は SeaMonkey でメール機能を入れていないので本当はその所為かも知れません.幾つかの拡張が入っている他どんな利点があるのか分かりません.UA は Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.0.6) Gecko/20060729 Donzilla/1.0.1 (wml/1.3) です.

06/08 ■(8/5c) RSS リーダーの危険性

Japan.internet.com Webテクノロジー 「RSS リーダーに悪用の危険性、専門家が指摘」2006年8月4日 という記事がありました.「Web ベースおよびローカルな RSS リーダーの両方をテストした結果、どちらのプラットフォームでも、悪意ある人間が細工したコードを仕込むことで、ユーザーの認証情報、クッキー、キーボード入力の記録その他の情報を窃取することが十分可能だと判明したという。」また「誰かの Web サイトを改ざんするより、フィードに攻撃を仕込むほうが、攻撃者にとっては得策だと Auger 氏は指摘する。そうすれば、サイトの全購読者まで「所有」できるからだ。」ということですが実際どういうことが行われユーザーは何に注意すればよいのか分かりません.

06/08 ■(8/5b) Mozilla Japan の人事

この題名は人目を惹くようにしただけで他意はありません.Firefox Hacks 翻訳日記 「 期待の新人」2006/08/04 は Mojilla Japan にマーケティングの専門家が入ってきて短いのが難点ながらその専門家との一問一答が載っています.大いに期待します.

06/08 ■(8/5) Mozilla の設定

昨日は朝から偏頭痛に悩まされ猛暑でもありとても今日載せる記事の準備が出来ずどうしようと思ったらこういうリンクを色々メモしていたのでそれを載せることにしました.これもこれから増えていけば追加して行くつもりです.しかし毎日更新しなければという強迫観念にとらわれているのは宜しくないので今後はもう毎日にはこだわりません.

次のような設定やファイルの一覧があるのを知りました.
但し about:config 関係のものは初心者はうっかり変更したりすると痛い目に遭うかも知れません.

昔の Gecko Dom のファイルはそっくりダウンロードして持っていますが、今のはここにあるのでメモしておきます.

XUL のリファレンスページがありました.これもメモ.

JavaScript 2.0

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/4d) Firefox 2.0 Beta 1 のレビュー

なんてもう旧聞で少し先延ばしにされたとはいえ Beta 2 がもうすぐ出るというときですが筆者としては纏まったレビューを読んだことなかったのでリンクを載せておきます.ITmedia エンタープライズ 「Firefox 2.0β版のレビュー 」2006年07月20日.気になったのは2ページ目の「失われた機能」で「Firefox 1.5.xでは、ほかのアプリケーションから渡されたリンクを、新しいウインドウまたはタブで開いたり、直近に使用したウインドウやタブで開くように指定できる。今回のβ版では、タブのプレファレンス・ダイアログからこの設定がすっかりなくなっている」というところ.新しいタブで開かないで今開いているタブとか新しいウィンドウで開かれるのは困りものですがね.Beta 版には関係ないけれど1ページ目に載っていたフィッシングサイトへのリンクを叩いてみたら、アンチ・フィッシングの拡張 Google Safe Browsing が見事に働いてくれた.これは初めての経験.これが Forefox 2.0 からは本体に備わる機能ですね.

06/08 ■(8/4c) CSS 3 Preview

Implement CSS3 features, win Mac software 経由です.CSS3 Preview で幾つかの CSS 3 に新たに追加された内容が垣間見られます.その中には先日 (7/30b) Firefox と CSS 3 で伝えた Mozilla のブラウザなら -moz- をつければ今でも実際に使えるものがあります.

06/08 ■(8/4b) Web Forms 2

Torisugariフツーの日記 「HTML 5」2006 年 08 月 03 日 の「HTML 5」という題名にはびっくりしました.HTML 4.01 でもう後はなく XHTML に収斂していくと思っていましたから.でも話は Form の話です.現行の何でこうなのと思うほど余りよい設計ではない Form がいつしか変わるという話です.現行の Form が Form 1 で次に改革されるのが Form 2 ということです.

06/08 ■(8/4) マイクロソフトの戦略

Read/Write Web - The Ray Ozzie Experience (July 29, 2006) はマイクロソフトの革新派のリーダー Ray Ozzie の言葉を引用して Web 2.0 に於いてマイクロソフトがどういう道を歩もうとしているかを述べています.以下はその要約です.

最近の Ray Ozzie (Microsoft chief software architect)の Microsoft Financial Analyst Meeting 2006 での発言は Web 2.0 を越え、Flickr とか del.icio.us や最近のヴィデオ配信サイトとかいったものより遙かに深く豊かな何者かを窺わせる.それらはそうしたものとして存在するであろうが Microsoft や Google その他が始めたものは様々なデバイスが全て繋がり Web によってマネージされる世界なのである.それは Ray Ozzie がスピーチの最後で述べた「ソフトウェアー、サーバー、サービスが網の目のようになり互いに絡み合ったものだ.」なのである.

Ray Ozzie はインターネットこそが Microsoft のヴィジョンの中心にあるという.その中心のプラットフォームになるのが Windows Live である.以下は彼のスピーチの核心部分である.

experience hub

Window Live プラットフォームは Web サイトからもアプリケーションからもモバイルからも利用出来る.これこそが我々の戦略の鍵なのである.我々が望んでいたのはユーザーと消費者のあらゆる活動に関して Web とデスクトップとモバイルの境界をなくすということなのだ.

それを実現するモデルは Windows Live サービスというプラットフォームを experience hub として使うこと、及び、PC やブラウザやモバイルのデバイスを別のデリヴァリーメカニズムとして使うことだ.

言い換えると Microsoft は Windows Live を全てのもののハブとして使うということである.(訳注:右上の図をクリックして全体像を見てください.)

Windows Live が今後の Microsoft のビジネスのプラットフォームになるということだ.

Ozzie は Microsoft を「プラットフォーム・カンパニー」と呼んでいる.Bill Gates は「ソフトウェアー・カンパニー」と呼び、Steve Ballmer は最近「メディア・カンパニー」と呼んだが私は「プラットフォーム・カンパニー」が現在の Microsoft をよく表していると思う.

Ozzie のいうもう一つの重要な概念は「最適化」だ.それについての彼の言葉は

プラットフォームの広範なサービスについてもう一つのユニークで価値のある概念は「最適化」ということである.これは一人一人のユーザーによって内容の順位付けを行うということである.検索や e-mail のウィンドウ内の広告の順番やニュース、プレイリスト、ヴィデオクリップ、市場に於ける諸製品が順位づけられてユーザーに提供される.

毎日の最適化の威力を我々は検索エンジンや Digg とか Reddit とか YouTube とか Amazon とかのサイトで知っている.

この Microsoft のヴィジョンと同じものを Google も Yahoo も Apple も持っていて今この動きが始まったところである.

マイクロソフト帝国はデスクトップから Web 全体に拡大しようとしています.もしこの Windows Live プラットフォームが IE にしか対応していなく、IE のシェアーが今のままなら世界はマイクロソフトに囲い込まれてしまうということです.だからこそ Firefox や Opera のシェアーが広がることに意味があってある程度のシェアーがあったらマイクロソフトも対応せざるを得なくなります.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/3d) SeaMonkey 1.0.4 リリース

この最近 Firefox がアップデートすれば必ず SeaMonkey もそうなの忘れていました.えむもじら 「 Firefox 1.5.0.6 リリース」2006年8月3日(木) で知りました.

UA : Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.0.6) Gecko/20060729 SeaMonkey/1.0.4

06/08 ■(8/3c) Firefox 1.5.0.6 リリース

Mozilla Links - Firefox 1.5.0.6 update is out (August 2nd, 2006) でリリースを知らせています.Mozilla Japan はまだですね.先日 RC1(?)として出ていたのと同じものみたいです.

UA : Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.0.6) Gecko/20060728 Firefox/1.5.0.6
ID : 2006072814

06/08 ■(8/3b) RealPlayer(再)

昔の Netscape のことがあって Firefox に RealPlayer が一緒にダウンロードされるのだと思ったら逆で RealPlayer に Firefox がついてダウンロードされるということでシェアーが拡大されるという話みたいです.

Slashdot - Mozilla Partners with Real Networks (Wednesday August 02) のコメントなどを読むと 「RealPlayer はスパイウェアーを配信するなどクローズソースのソフトウェアーの最悪な性質を持っている奴」で「オープンソースの理想に照らして好ましくない」「なぜオープンソースが始まったか考えて見ろ」「こういう動きはオープンソースの哲学に対するセンスの欠如であり Mozilla をコミュニティー主導からマーケットのがりがり亡者である企業に変質させてしまうように見える」と手厳しい意見が載っています.Mozilla Links - Mozilla partners with Real Networks (August 2nd, 2006) にも同様な懸念があることが書いてあります.

06/08 ■(8/3) ブラウザの違い(その3)

Zillable.net - Voulez-vous être à moitié aveugle? (lundi 31 juillet 2006) Par Aurèle Aubert (君は半分目が見えなくていいのかい?)、「(7/30) ブラウザの違い(その2)」の続き、これが最終回かどうか次にまだ出るようですが同じ題名で括れなければこれが最終回です.

読めるはずの情報の量までレンダリング・エンジンの選択で決まってしまうと言うことを知っているだろうか?つまりこういうことだ.欠点のあるエンジンを選択するとあるページ全部は読むことが出来ないのだ.確かにこの文の人目を惹くようなタイトルみたいにページの半分が見えないと言うことはないだろう.Web ページのテキストは常にアクセス可能だが幾つかの機能やページの整形次第では利用出来なくなってしまうのだ.

もう理論は充分だから実例を挙げて見よう.このページだがリンクになっている語の後ろにその飛び先の言語が示されている.(訳注:「文字リンク[fr] 」とか「文字リンク[en] 」とかの[fr]フランス語、[en]英語 のこと.これは CSS で a[hreflang]:after{content: "[" attr(hreflang) "]";} で実現出来ます.尚この翻訳のページでは設置していないので原文を見てください).これは Firefox (Gecko) と Opera (Presto) では完璧に表示される.その一方で Internet Explorer (Trident) と Safari (KHTML) では表示出来ない.これはこの二つのレンダリング・エンジンが CSS 2 (Web ページ整形言語)のこの機能を理解出来ないと言うことである.(訳注:原文ではこのリンクはフランス語の Wikipedia ですが日本語の Wikipedia にしました)

現在のバージョンでどのレンダリング・エンジンが表示出来また出来ないか詳しくこちらのページで書かれているので見ると良い(これは以前紹介したことのあるブラウザの CSS 対応状況を表にしたページです.).そのページ一見したところ理解出来ないかも知れないが一度に全部理解する必要はない.各ブラウザ(Internet Explorer、Firefox、Opera、Konqueror そして Safari)が色々な機能を正確に読むことが出来るかどうかをパーセントで表している.その機能それぞれについて詳しく分からなくても良い.単純化していってしまえば各ブラウザの下の欄がグリーンがたくさんあればあるほどそのブラウザが Web ページの表示に優れていると言える.緑は良くて、赤であればあるほど駄目なブラウザということである.どのブラウザも CSS 3 に関しては赤くなっている.しかしこれは正常なことである.CSS 3 新しい機能でまだ実装の途上だからである.前にも言ったように表示する言語は継続的に進化している途上にあってレンダリング.エンジンの質の善し悪しは如何に早く新しい機能を採用出来るかにかかっている.この表の中からブラウザを選ぶことは可能である.私は比較のためにそれぞれのブラウザとその幾つかのバージョンを選んでみた.IE 6 は現在の Internet Explorer のバージョンで IE 7 はこの秋に出るその新しいバージョンである.Firefox 1.5 は現行バージョンでもうじき出るのが Firefox 2.0 である.しかしレンダリングエンジンに関しては Firefox は現行のものと殆ど変わらない.私がショックを受けているのはこの秋に出る Internet Explorer の新しいバージョン(IE 7)が昨年の12月で終了した Firefox 1.0 以下だと言うことだ.

この説明はテクニカルすぎると思われただろうか?テクニカルな部分は大して重要ではない.もう一つエンジンの表示の質の違いをもっと簡単に示す1つの方法がある.それは Acid2 テストの結果である.このテストは CSS 2 の幾つかの機能が出来ているかどうかを示すものである.全ての機能のサポートをこれで証明することは出来ないがレンダリング・エンジンの質の違いを見る一つの指標といえよう.このテストは色づけした矩形を組み合わせてスマイリーの顔を描画するものである.テストの結果はこちらで見られる.ポーランド語のページだが画像さえ分かればよいので問題ない.Opera (Presto)、Safari (KHTML) そして Konqueror (KHTML) が立派に合格しているのが分かるであろう.Firefox 1.5 (Gecko 1.8) は後もう少し目と口のところが上手くいっていない.しかし来年の春に出る Firefox 3.0 (Gecko 1.9) ではそれらは修正されることになっている.Internet Explorer に至っては顔として認識する段階にさえ至っていない.次期バージョンの IE 7 でさえ赤い地に黄色や黒の斑点がある程度にしか表示出来ていない.このテストに関してはこちらも見ると良い.ここで見ると2003年の Mozilla 1.4 でさえ IE 7 よりずっとましな表示が出来ている.このテストを実際に自分でやってみるにはこちらのアドレスに行けば出来る

以上であるがレンダリング・エンジンの表示能力の違いを理解して貰えたらと思う.また数日後にレンダリング・エンジンと W3C の標準のサポートについて語るつもりだ.

実は一番上に訳さなかったもう一段落あってそこでは前回(7月7日)の続きを書くのが遅れたことのお詫びが載っています.このブログはチェックしていたので今回更新されたのは直ぐ分かったものの表題「君は半分目が見えなくていいのかい?」を見てなんだ続きではないのかと思ってやり過ごそうとしたら「日本のブロガーが日本語に翻訳していて」という文が目に入りへぇー誰かブログで翻訳しているのだと思ってリンクをクリックしてみると筆者の翻訳でした.「勝手に翻訳しやがって」と怒っているのではないかとよく読むと、「非常に遅れて済まない.特に、 Pascal Chevrel と 日本人のブロガーの翻訳で自分の記事がの続きが期待されているのが分かった.」という文脈でした.Pascal Chevrel はよく採り上げるフランスの Mozilla 関係の人で、数日前にも、(7/31) IE 7 との厳しい闘い で訳した人です.

元著者が翻訳に言及した文に出会ったのは初めてで些か慌ててしまいました.特に筆者の場合著者にきちんと許可を求めていないし翻訳しながら内容に文句をつけるとか紙媒体ではあり得ない礼を失したことを図々しくしているので慌ててしまいます.いつか何処からか怒られるだろうという覚悟はしていますが...今回はあちらのコメント欄に何か書いて置いた方が良いかなと思いますがフランス語が憂鬱です.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/2e) RealPlayer

Launchy 等の拡張の作者のブログ Gemal's Psyched Blog - RealNetworks Mates With Mozilla (Wed, Aug 2, 2006 ) で「RealPlayer は好きではないが Firefox のシェアーを伸ばすなら OK 」として Forbes - RealNetworks Mates With Mozilla (08.02.06) の記事、「Firefox と一緒に RealPlayer をダウンロードに複数年の合意が出来たこと、また Google とのあいだで Google Toolbar(?)や Google Desktop について同様の合意が出来た.」を報じています.

確か昔 Netscape と一緒に RealPlayer がインストールされてその復活なのでしょうか?Gemal が嫌いだというように筆者も大嫌いで勝手にタスクバーに入り追い出す手段がなかなか見つからないし頻繁にバージョンアップやら有料のを買えだとか本当に五月蠅い奴でした.あんなもの一緒にダウンロードしないで貰いたい.少なくとも選択させて貰いたいですね.Firefox のシェアーの拡大に繋がるとは思えないです.

06/08 ■(8/2d) ベスト・シェアーウェアー賞

PC WORLD - Winners of 2006 Shareware Industry Awards (Monday, July 24, 2006 ) という中の Best Web Enhancement に Firefox が選ばれていました.PC WORLD では必ず Firefox が選ばれますね.多分記者は皆 Firefox を使っているのでしょう.この中で筆者が使ったことがあるのは Firefox 以外では Winzip と Irfanview と Google Earth ですが、しかし、どちらかというとこういう小さいプログラムと並べられるのはねえ...

  • Best Overall Utility: Winzip
  • Best Application: Boxer Text Editor
  • Best Graphics Program or Utility: Irfanview
  • Best Desktop Enhancement: Microangelo Toolset
  • Best Photo Program or Utility: Life Poster Maker
  • Best Application Using .Net: Guitar and Drum Trainer
  • Best Utility Using .Net: ShareAlarmPro
  • Best Sound Program or Utility: Blaze Media Pro
  • Best Vertical Market Program or Utility: Tarma ExpertInstall
  • Best Business Application or Utility: Microsoft OneNote
  • Best Educational Program or Game: Google Earth
  • Best Hobby or Personal Interest: Vacation Designer 2006
  • Best Internet Enhancement: FTP Voyager
  • Best Internet Communication: Yahoo Messenger
  • Best Web Enhancement: Mozilla Firefox
  • Best Non-Action Game: Pretty Good Solitaire
  • Best Action/Arcade Game: Unreal Tournament
  • Best Program for PDAs: Spb Diary

06/08 ■(8/2c) IE 7 Beta に未対応

WEBプログラミング NOW!「IE7環境下で不具合のあること(IE6とは異なる挙動になること)を公表しているサイト・製品」August 01, 2006 はこの表題通りの内容を一覧表示し寸評を加えています.この寸評がなかなか面白く中にはマイクロソフト社自身が対応していないといっているいるなどあります.

CSS のことばかり気になっていましたが Javascript も IE 6 と対応が変わる可能性があるのですね.

06/08 ■(8/2b) www.IE7.com

Sean - Mozilla makes use of IE7 (July 31st, 2006) 経由で知ったこのページ、www.IE7.com 誰の仕業でしょうか?上記ブログでは最初これは Mozilla の仕業と決めつけていましたが後から「Update」以下が追加されました.

06/08 ■(8/2) Opera はもっと厳しい(その2)

Opera Watch - Revisiting browser sniffing, and how to bypass it (July 21st, 2006) By Daniel Goldman 、昨日の続きです.

ブラウザ偽装の背景
偽装の背景を少しだけ話しておこう.ブラウザでアドレス(URL)を打ち込むとブラウザは Web サーバーにどのブラウザかを同定出来る情報(ユーザー・エイジェント UA)を送る.

代替ブラウザのユーザーをブロックするのは最近までごく普通に行われていた.その問題に対処するため Opera はデフォルトで IE を偽装した.Opera を使っていてもそのサイトに入れてくれるのだ.Opera 9 になってからはデフォルトでは偽装しなくなった.

偽装の形態
ブラウザのアイデンティティーを偽るには2つの方法がある.

  • 他のブラウザに偽装するがアイデンティティーは Opera のままである.(訳注:Spoofing る)
  • 完全に他のブラウザの仮面を付ける.(訳注:Masking )

殆どの場合偽装(Spoofing)だけで Opera ユーザーは救われる.だがそれだけでは不十分なサイトがある.その場合は仮面を着ける(Masking)というトリックが必要だ.仮面を着けていれば完全に Opera だと云うことが見破られない.

何故幾つかのサイトはブラウザを傍受するのか?
ブラウザの傍受の理由には3種類ある.

  • 幾つかのサイトは Opera のサポートしていない技術を使っている.例えば ActiveX という技術は Opera も Firefox もその他殆どのブラウザがサポートしていない.非常に危険であると見なしているからである.そういうサイトは Opera ユーザーを嗅ぎ出してブロックする.この場合偽装(Spoofing)しても仮面(Masking)をかぶっても何の助けにもならない.どっちみち Opera では動かないのだから.もう一つの例は Google である.Opera と非常に親しくしているのに残念なことである.(訳注:幾つかの Google のサービスで Opera はサポートされていません.多分 Ajax の JavaScript の問題だと思います.JavaScript で Firefox と同じものだと Opera では動かないことがあります.Mozilla に偽装してもマスクしても駄目です.訳者も悩んでいるところです.)
  • 先に例を挙げた Sprint や acs-education.com みたいなサイトである.何の理由もないと思うが Opera だと云うことを嗅ぎ出す.これらのサイトでは Opera でも何の問題もなく動くのにである.だが Mozilla か IE でないブラウザは閉め出してしまう.直接 Opera をブロックしているわけではない.偽装すれば動くのだから.
  • Sprint より上を行っているサイトがある.bellsouth.com とか cvs.com である.これらは意図的に Opera ユーザーを閉め出している.(訳注:この2つでは Firefox も同様に駄目です.前者は IE か Netscape のダウンロードを促しています.)偽装しても駄目で仮面をかぶるのが唯一の選択肢だ.cvs.com の方は修正すると Opera に言っているが実行されるのを今だに待っている.

Snoof と Mask の設定方法
サイト内でマウスの右クリックか F12 キーでコンテキスト・メニューを表示して「Edit site preferences」(訳注:日本語版 Opera を使っていないので日本語訳は正確にどうなっているか分かりません.「サイトの設定」位かと思います.以下同様.)を選ぶ.ダイアログの「Network」タブで下の方に「browser identifications」を選べるようになっている.Opera 9 のデフォルトだと「Identify as Opera」になっている.Mozilla や IE に偽装するにはそれぞれ「Identify as Mozilla」、「dentify as Internet Explorer」を選択する.

Opera であることを完全に隠すには「Mask as Mozilla」または「Mask as Internet Explorer」を選んでマスクすればよい.

Snoof と Mask で注意すべきこと

  • Snoof または Mask する際は先ず Mozilla にした方がよい.Opera の表示方法は IE より Mozilla に近いからである.
  • いつも先ず Snoof を先に試して貰いたい.Mask は最後の選択肢だ.Mask にすると完全に Opera だと云うことを隠してしまってサイトのアクセス数に Opera としてカウントされない.これでは Opera のサポートにならない.

Opera はブラウザの傍受に対してどんな対処をしているか
Opera は場合によって(自動的に)ユーザーのために Spoof または Mask を実行している.Opera はこれといった理由もなく Opera をブロックするサイトのリストを持っている.ユーザーの関与無しに Spoof または Mask を実行しているのだ.このリストは自動的にダウンロードされ毎週ブラウザで更新されている.

Opera はどうやって不快なサイトを見つけているか?

  • Opera をブロックするサイトを報告するにはメニューの「Help」で「Report a site problem」をクリックすればよい.
  • バグの報告を bugs.opera.com/wizard に投じて貰いたい.

声を上げること
いつも通り、不快なサイトに対して直接コンタクトを取ってくれればとても役立つことだ.あなた自身がやってくれればコミュニティーが恩恵を受けることになる.

自動的に偽装する機能があるとは初めて知りました.最近 Firefox や Opera に対応していないサイトが減ってきたのは何と言っても Firefox のシェアーの拡大と Opera のこうした取り組みによるのでしょう.日本では Firefox のシェアーが拡大なんてとうて言えないのに非対応サイトが減っているのは恐らくきっちりした仕事が好きな日本の Web 制作者の多くが何とかして標準を遵守したいという気持ちがあるからではないかと思います.

以前 amazon.co.jp で本を購入した後メールが来て配達状況を確認するページにリンクがついていますが Firefox ではそのページに入れないので腹を立てて文句を言ったことがありますが驚くほど丁重な返事が来たことがあります.今では勿論何の問題もありません.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/1e) 200,000,000

we did it

06/08 ■(8/1d) 悲観しないで

一つ前の記事では悲観的なことを書きました.しかし今朝の A blog? with Σαιτω「カスタム検索の解説」2006-08-01 Tue を読んで励まされて Firefox 用の右上検索バーの Searcplugin を2つ作りました.といっても Yale Library は上記ブログでリンクのある Advanced, customized searching with Opera and Firefox に書いてあるのをコピーしただけ.News Forge のは同ブログの Opera 用の(全ての作者、頻度順です.)を作りかえただけですが...両方とも英語サイトので必要な人はあまりないと思いますが興味があればクリックして OK するとインストールされます.

06/08 ■(8/1c) 拡張でも60%の壁?

もう殆どの人は えむもじら 「 60%の壁」2006年7月31日(月) を読んでいると思いますがこれはとても面白い見方です.恐らく最も Firefox のパワーユーザーが見に来る Spread Firefox のテーマに関するアンケートでデフォルトのテーマを使っている人が60%もいて、Firefox の一番の魅力はテーマを変えたり色々拡張を載せたり出来るカスタマイズ性だと思っていたのがテーマでさえこれだと IE 7 と競争する材料がなくなってしまいます.

拡張を幾つ入れているかのアンケートもして欲しいですね.0個が60%何てことだったらいやもう今後は IE 7 にシェアーを奪われないようにするしかない、防戦一方ということになるかも知れません.Spread Firefox Japan でも同じアンケートをやってみると違う結果が出て何か分かるかも知れません.

06/08 ■(8/1b) Mozilla Composer

Netascape 以来の、その後 Mozilla Suite に受け継がれてきた HTML エディターの Mozilla Composer はその後どうなったかの情報やリンクを Spread Firefox Japan 「Composer のゆくえ」月曜, 07/31/2006 で載せています.日本語対応についてとかも書かれています.とても良い情報なのでメモしておきます.

筆者の HTML エディター経験は、あるシェアーウェアーのエディターで、上の欄にタグの一覧が出て(種類別に収まっている)選ぶと左に属性とその値を選択出来、タグを選ぶとタグの開始と閉じタグを書いてくれ、タグの中に入って属性を選択すると属性を書いてくれる、またその一覧や属性や値も編集追加削除可能な恐ろしく勉強になるエディターを使ってその後はもうエディターを使うのはどんなに優れたものでも使い方を覚えるのが面倒で使ったことなく Composer も Nvu も見たことはありますが当然使ったことはありません.

06/08 ■(8/1) Opera はもっと厳しい

Opera Watch - Revisiting browser sniffing, and how to bypass it (uly 21st, 2006) By Daniel Goldman です.サイトの互換性の話です.時間がなかったので上半分だけの訳です.

私は David Storey (Chief Web Opener at Opera Software)と長時間話した.彼は Opera との互換性に問題のあるサイトとのコンタクトやその修正の仕事をしている.

サイトの互換性の問題は恐らく Opera にとっては最も重要な問題であろう.私は Opera がここ何年もこの問題に取り組んでいることは知っていた.

私は彼に「Web Opener」のように Opera Watch にもその詳細について記事を書いてくれないかと頼んだ.彼は我々皆が恩恵を受けている素晴らしい仕事をしているのだ.だからサイトの互換性についての Opera の闘いを話してくれることは良いことだと思う.今のところ約束は取り付けていないが.

彼との会話の中で Opera に対応していない2つのサイトのことを話した.Sprint と学生ローンの acs-education.com で私はログインが出来ない.両方とも ID とパスワードを入れても殆ど空白のページしか表示しない.

Sprint のページは不気味で見たところランダムなメッセージが表示される.「利用出来る内容はありません.あなたのご使用のデバイスのマークアップで定義された内容かどうか調べてください.」そしてヘッダーの下には「パーティーの時間です.食べ物と飲み物のアイデアー」

他のブラウザを使わなくてはならないのはこの2つのサイトだけで、別のブラウザは私の場合何も変更を加えていない Firefox を使う.Opera 9 では殆どの互換性の問題は修正されているのだ.

しかし殆どであっても全てというわけではない.

少し前私は Sprint に電話してみた.そのサイトと Opera との問題を知らせようとしたのだ.一見無能に見える IT 担当者と30分くらい話した.だが5回も電話を回されたあげく結局得るところなく諦めることになった.

David と私はそのサイトのデバグを行って問題の所在を突き止めようとした.

David の話だと Opera が直面しなくてはならない問題は彼らの多くが Opera を検証の対象外としているということだ.ちっぽけな Opera など構っていられるかという.その結果そのサイトはまったく Opera でテストされないことになる.

私は最初ブラウザを Mozilla と IE に偽装して sprint.com を試してみた.しかし問題に気づくまで上手くいかなかった.私は sprint.com で Mozilla に偽装した.そこがログインページである.しかしリダイレクトされたページでは偽装に失敗した.ログインすると manage.sprintpcs.com にリダイレクトされるのだ.ここに問題があったのだ.sprintpcs.com で Mozilla に偽装すれば全てが上手くいったのだ.(訳者注:ここの辺のことよく分かりません.ドメインが変わると偽装が取れてしまうのでしょうか?何か訳し間違いがあるのでしょうか?)

Sprint の問題は解決したので学生ローンのサイトでも偽装をやったら問題は解決した.

最近 Opera の Hallvord Steen が how Opera handles site compatibility issues(Opera はサイトの互換問題に対してどう対処するか) を書いている.

いつからかブラウザの偽装は代替ブラウザにとって重要問題となっている.たしかに問題は目に見えて減少しているものの相変わらず無知な制作者による標準の取り扱いがあるのだ.

(この先は明日以降にします.)

CSS で Firefox ではよいが Opera では崩れるというのは多分もうなさそうです.あとは CGI とか Javascript ですね.IE と Firefox だけに対応というところがあるみたいです.Javascript は Firefox と Opera 9 で違うところがあるみたいですがどうもよく分かりません.なかなか突き止められません.偽装はこれまでずっと Opera は Mozilla に偽装していましたが、確か、Opera 7 ぐらいまではそのままだと色々問題があったように記憶しています.Firefox は本体では偽装出来ずそういう拡張があったと思います.Mozilla では非対応サイトに改善を促すような専門の仕事をしている人がいるのでしょうか.現在少なくとも Firefox でページが崩れるような所はあまり見かけません.筆者が個人的に頭に来るのは Dell でコンピュータを買うとき位です.製品を選んでその部品をどう選ぶとと値段がどうなるというページは今だに IE 4.0 以上を使えといってきます.今度ここで買うことがあったら散々文句を言ってやろう.

[to index]  [to top]