Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - MEMO
Permanent Links(2006年8月-4)

MEMO ■ ■ ■ ■ MEMO ■ ■ ■ ■

以下はパーマネントリンク

06/08 ■(8/31e) 「他のブラウザから」の調査結果

先日、(8/25b) 他のブラウザから何を? で紹介した他のブラウザから何をとってきて欲しいかの調査の結果が出ています.mozilla lab - Labs ideas to investigate survey results (August 30th, 2006) そのうちたった4.2%が何も要らないですがこれはそのような選択肢がなかったのだからもっと多いと思います.何も選ばず送信していればそうなったのですね.多いのは 「Safari のインラインの PDF 表示」これは見たこと無いので分かりませんが70%もいます.ついで「IE7 のフルページズーム」これは Opera のズーム機能と同じでしょうか?そうだとしたら筆者は嫌いです.文字とイメージが両方ズームしてしまうのは画像が不鮮明になって困るのです.文字だけ、特定の画像だけの方が使いやすいと思います.まあ挙げていけばきりがないですが余計な機能は兎に角 Firefox には付けて欲しくない.そういう選択肢をきちんと付けてやり直して欲しいです.

06/08 ■(8/31d) IE 6

これもタイトルに間違いはなく IE 6 です.IEBlog - IE7, IE6 and The Windows Lifecycle (Wednesday, August 30) によると IE 6 のサポートについてですが、Windows2000 の IE 6 SP1 は2010年 Windows2000 のサポートが終わるまではサポートする.WindowsXP SP1 の IE 6 SP1 はこの10月までサポート.WindowsXP SP2 の IE 6 は IE 7 へのアップグレードを推奨だが強制ではない.WindowsXP SP2 のサポートが続く限りサポートする.と言うことです.

WindowsXP SP1 のサポートが10月で切れるとは初耳でした.このリンク先を読むと10月10日までと言明しています.10月の Windows アップデートで強制的に SP2 にアップデートしてついでに IE 7 も入れてしまおうというのでしょうか.WindowsXP SP1 のユーザーは WindowsXP ユーザーの3割から4割はいると思います.恐らく日本の場合 WindowsXP SP1 の IE 6 SP1 のユーザーは30%でこれがごっそり IE 7 に行ってしまって Firefox や Opera には流れない、後は Windows2000 の10%弱からどの位流れてくるかしか期待は出来なくなりました.まあこれも「捕らぬ狸の皮算用」ですが.

06/08 ■(8/31c) メインストリーム(その2)

前の記事の BusinessWeek - Mozilla Goes Mainstream (AUGUST 30, 2006 By Sarah Lacy) を引いて digg.com は日本だと2チャンネルみたいなものでしょうか? digg.com - Mozilla Goes Mainstream というスレッドが立っていた(掘ってあった)ので読んでみました.こういうものの常として話はあっちに行ったりこっちに行ったり、筆者の英語力だと意味の掴めないのがあったりですが、なかなか面白いです.最初の分部分の「メインストリーム」関連のだけ、話がそれるものはぬかして訳してみました.

もうメインストリームなんじゃない?

場所によっちゃ50%越えているからメインストリームだよ.

そうにきまっている.だってねうちの義理の親父は64歳だけど彼の家に行ったとき彼の PC で IE を使っていたら Firefox を使え、こっちの方がずっと良いよっていわれたよ.まさか Firefox が入っているとは思わなかったからね.

メインストリームだっていうのは Firefox の支持者で、飛んでいる学生とかマイクロソフト嫌いとかテクオタク中だけの話だと思うよ.

まだだと思うよ.そうなるにはまだまだ先は長いと思うけどな.でもそうなったらいいと思う.

>メインストリームだっていうのは Firefox の支持者で、飛んでいる学生とかマイクロソフト嫌いとかテクオタク中だけの話だと思うよ.
普通の人もたくさん使っているのは知っているけどね.

当然メインストリームだ.
議論の余地無しさ.
コンピュータやインターネットがまともに分かっている奴なら IE より FF を使っている.わけの分かっていない連中なんか...そんな奴ら放っておけばいいんだ.

06/08 ■(8/31b) メインストリーム

英語版の Slashdot Slashdot - Marketing Mozilla (Wednesday August 30) は Firefox はどうなるかのスレッドが立っています.これは BusinessWeek - Mozilla Goes Mainstream (AUGUST 30, 2006 By Sarah Lacy) の長い記事の一部を抜き出し(要約して)引用しただけのスレッドです.この長い記事自体は Mozilla の歴史やこれまでのおかしなイベントの紹介で分量の割には読む処がありません.

Firefox は10%のシェアーを獲得しているもののまだメインストリームとは言い難い.特に最初の爆発的なシェアーの伸びの後ずっと平坦な伸びに留まっているからである.この10月には Firefox 2 のリリースを控えて Firefox チームはメインストリームになるべく方法を模索している.この記事ではこれまでの普通とは違ったマーケティングをスライドショウで紹介している.更にこの記事ではユーザー数をもっと増やすには更に入念なマーケティングイベントの必要性を説いている.なぜなら IE がずっと競争力を備えて登場するからだ.Firefox はブラウザ以上のものでなくてはならない.Seth Godin という 「Small Is the New Big」等幾つかの本の作者は Skype を一体化させるなど友達に電話するのはなくてはならないものにすべきだ、価値を高めれば高めるだけ多くの友達が使うようになる、そうすれば Firefox を広める理由が出来るのだと語っている.Mozilla はもうじきリリースの Firefox 2 について詳細を語らないが、実は...新しい機能は全然無いのだ.

というのがこのスレッドなのです.うーんとなってしまいます.処でこの引用している元の文の中に Firefox の伸びが平坦になっているのは、もうユーザーが天井をついているからだといった意味のことを引用した部分があります.それは、

Firefox の2004年から2005年の大変なマーケットシェアーの伸びの後ずっと伸びは平坦であるのは印象的だ.ある分析によると Firefox の元々の支持層(飛んでいる学生達や、マイクロソフト嫌い、テクオタク)の限度に達してしまったからだ.

でもヨーロッパの伸びは以前に書いたようにその壁を突き破って延びている様に見えます.この話題に関して dig.com や他で面白いことが書いてあるのでそれはまた明日以降に.

06/08 ■(8/31) Firefox 応援サイト

何と言ってもその筆頭は Spread Firefox でそのサブグループでこの春誕生した Spread Firefox Japan でしょうか.これらはほぼ公式サイトなのでその他に Firefox を広めるべく出来ているサイトを拾ってみました.選んだ基準もないし順番も関係ありません.また多くの Mozilla 関係者などのブログなどは省きました.

  • もじら組
    わざわざ紹介するまでもない老舗中の老舗です.フォーラムで訊ねれば何でも答えてくれます.Wiki もトラブルがあったらまず見に行くところです.ただし Spread サイトというよりサポートサイトといった方が良いでしょうか.
  • Firefox まとめサイト
    ここも老舗、こちらの方が幾分 Spread な処があるかも知れませんがサポート中心です.
  • Firefox - Switch(英語)
    ここは昔からあったような気がしますが違うかも知れません.昔あったのは顔写真が載っていてそれぞれ何故 Firefox に乗り換えたか語っているものでした.それが発展したのかも知れません.
  • Firefox Tutorials(英語)
    ここは最近見つけたのですが、メニューの左から3つ目以降に行くと何だか腰砕けです.
  • Mozilla Firefox - Have It Your Way!(英語)
    ここは1ページだけの小振りなサイトですが一応メモしておきます.
  • Firefox Facts(英語)
    ここはどちらかというと拡張の紹介サイト(ブログ)ですが毎日のように更新されています.ここで配布している FirefoxFacts.pdf には100を越える拡張の紹介文が載っています.
  • Access Firefox(英語)
    ここはごく最近見つけたサイトでテーマが絞られています.即ち Firefox でアクセシビリティーの向上を図るには何が出来るかを教えてくれます.キーボードショートカットから 音声読み上げの拡張 Fire Vox まで多岐に渡っています.
  • Spread Internet Explorer(英語)
    ここは以前(8/8) 役に立たない拡張でちょっと触れた Spread Firefox のデザインそっくりのサイトですが決して IE 応援サイトではありません.「How to Kill Firefox Users」なんて言う項目を見ても如何に IE ユーザーを殺すかしか載っていないみんなが好き勝手なことを発散するサイトです.

ついでに悪意ある敵対サイト.海外のブログを見ていたらこれを読んで Firefox をやめた何ていうのがありました.

  • Firefox Myth(英語)
    昨年初めて見たとき (12/21) Firefox 神話 と内容が変わっていました.昨年のような子供じみた中傷よりもっと周到になっている感じです.よくは読んでいませんが.
[to index]  [to top]

06/08 ■(8/30e) もうすぐベータ2

Firefox 2.0 Beta 2 は今日明日にもリリースされるそうですが(現在 RC2 が置いてあります)、Japan.internet.com - 「『Firefox 2.0』第2ベータ版、新たな装いで今週中にも公開へ」 2006年8月30日 に簡単なレビューが載っています.タブが沢山並んだときのはみ出した部分の処置について載っていますが筆者は当初から拡張で多段タブで解決しているのですが Firefox 2.0 からそういう拡張の多段タブが出来なくなったら困るなと思っています.Flock や Opera でも溢れたタブは見えなくなるのですが見えなくなるとどんな処理をしても多段で目の前に見えることと比べるとこの上なく不便です.

06/08 ■(8/30d) MS のセキュリティー

これまで散々叩かれてきただけあってマイクロソフトのセキュリティーに関しての知識の蓄積は相当なものなのでしょうか.マイクロソフトのセキュリティー部門への参入で シマンテック とは特許を巡って抗争中らしいですが、CNET Japan 「MSのセキュリティ業界参入で、製品価格が下落傾向に--米調査」2006/08/30 ではマイクロソフトの参入でセキュリティー製品の価格の下落が起きていると伝えています.毎年複数ユーザーの Norton を買っている身としては嬉しい副産物です.独占を目指し続けている MS が競争を生み出すとは皮肉なことですが.

06/08 ■(8/30c) ページデザインの変更

遅まきながらデザインの変更について一言.夜中に Illustrator を触っていたらバックグラウンドのイメージを作ってしまいどうしてもそれを使いたくなり発作的に変えてしまいました.バックグラウンドと幾つかの部分の色の変更で CSS というのはこのようなとき本当に便利で1年半使っていた見栄えがひょいと変更できてしまいます.

06/08 ■(8/30b) カスタマイズ版の Thunderbird

Mozilla Japan 「Mozilla Japan、インターネットサービスプロバイダ経由で即座にメールソフト ThunderbirdTM を利用できる拡張機能の提供を開始」 だそうです.プロバイダー込みの Thunderbird と言うことなのでしょうか?配布場所に行ってみてもそれらしい記述は見つかりません.恐らく会員になると設定された Thunderbird をダウンロード出来ると言うことなのでしょう.

上の Mozilla Japan のページに「メールソフト Thunderbird やウェブブラウザの Firefox は、拡張機能を利用してインターネットサービスプロバイダや法人向けにカスタマイズできます。Mozilla Japan は、今後もカスタマイズ製品の提供を通して、日本における Mozilla 製品及び関連技術のさらなる普及を推し進めてまいります。」とあります.企業向けに Mozilla Japan が展開しているサービスみたいですね.

06/08 ■(8/30) HTML 5

IE 8 とか HTML 5 とかでまた巫山戯たこと書くと思われるかも知れませんが今度は真面目です.最近 HTML 5 という言葉が出てきて HTML は 4.01 で打ち止めで後は XHTML へ移行と聞いていたので検索すると Anne’s Weblog - HTML 5 というページにぶつかりました.HTML 5 は Web Applications 1.0 と呼ばれその定義はこちらにあります.もう一つ気になるページ Arve Bersvendsen - Cross-document messaging in Opera には「殆ど人には知られていないが Opera は HTML5 の機能を少し実装している...」とあります.そのほか erik’s weblog - The W3C’s Response to HTML5 など見ると W3C とは別に HTML 5 (Web Applications 1.0)を開発しているグループがあるという感じです.もっとも htmlite - There won't be an HTML5? は XHTML 1.0 が HTML 5.0 だと言っていたりでよく分かりません.リンクばかり並べてしまいましたが、最初の Anne’s Weblog - HTML 5 を一部要約しておきます.

XHTML 1.0 が発表され HTML 2.0 と XForm の計画が発表後 text/html の media type が無くなってしまう思ったがさにあらず WHATWG は HTML と後方互換の重要性を認識していた.そこでは HTML のエラーハンドリングに焦点を当てている. HTML は構造を無視したタグが書かれた不正な(invalid) HTML でもそれを指摘出来ない.

そこで XML が採り上げられたわけだが XML は問題があるとパーシングエラーを返してくるだけでRSS で分かるようにエラーが返ってくるだけでこれは失敗である.Atom だとまったく何も言ってこない.だが CSS では上手くいった.何も言ってこなかったりパーシングエラーを返すだけよりずっと良い.

HTML 5 では後方前方の両方への互換性を保っていて些細なエラーだったらユーザーが(エラーメッセージだけではなく)情報が得られるようになっている(ユーザーフレンドリーといって良い.).それだけではなく HTML 5 は W3C で提起された Web Forms 2 や CANVAS 要素も含んでいる.

(Safari や Mozilla は仕様に反したやり方で CANVAS 要素を実装している.まだ開発中のものを勝手に実装してしまうことは良くないことだ.)

筆者には HTML 5 がこういうものだとしてどうして必要かあまり納得出来ません.HTML を初めて書いたとき驚いたのはなんでも許容してしまうことです.かなりいい加減なものでも表示してしまう.普通のプログラムのように少しでもエラーがあればエラー表示を出して見えないようにしてしまった方がよほどすっきりすると思います.問題はブラウザ間の違いですね.全てのブラウザが標準以外の書き方をしたら表示出来ないようにしてしまえば良いのですがそんなこととても近い将来実現しないでしょう.Opera が Web Applications 1.0 (HTML 5 )をサポートしているというのは他でもちらりと見たことがあります.しかし詳しい事情は分かりません.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/29b) Skype と Google Talk

が来年からは相互接続が出来るようになると MYCOM ジャーナル 「eBayとGoogle、世界規模の広告展開で提携 - Skype、Google Talk等で連携」2006/8/29 By Junya Suzuki で伝えています.Yahoo と eBay の提携があるにも関わらず Google と eBay が提携するという驚く関係が成立してしまうのですね.

06/08 ■(8/29) 音楽と脳

今日は Mozilla や Web やコンピューターには関係ない記事ですです.ネタが無くなったときのために何の気なしに訳していて訳し終わったら今日載せたくなってしまいました.その WIRED NEWS - Music Makes Your Brain Happy (Aug, 23, 2006) (音楽はあなたの脳をハッピーにする)は以前 Stevie Wonder などと仕事していたが音楽業界の様変わりに嫌気がさしてアカデミックの道で再出発した Daniel Levitin という変わった経歴のモントリオールの McGill University の脳科学者のインタビューを載せているのでそれをざっと訳してみました.どことなくすっ惚けているのか真面目なのか解らないところが面白く訳したくなったのです.尚この学者の著作は This Is Your Brain on Music: The Science of a Human Obsession (このリンク先は本の紹介なのに凝っていて Flash でいきなり音楽が鳴り響きます)が紹介されています.「この本はベートベンからビートルズ、ブリトニー・スポアーズまで様々な芸術家の作品に脳がどう活動しているかそれらの作品が何故我々の気分を良くしてくれるのかを扱っている.Wired News は彼の脳がどう働いているかちょっと調べてみることにした」で以下のインタビューになります.(よく分からないところも無理矢理に訳しているので変なところもある可能性があります.)

Wired News: 神経科学者が挙げる音楽についての神話のようなものはありますか?

Daniel Levitin: 音楽の才能についての神話でしょうか.音楽遺伝子とか脳の音楽中枢といったものは見つかっていません.Stevie Wonder の脳は他の誰とも同じです.

才能ある人が普通の人と違う脳構造や違う神経の繋がりを始から持っているという証拠は全くありません.ただし何かの達人、例えばチェスの名人とかレースカーのドライバーとかがその専門領域に有効であるように脳や回路をその専門家になる過程で変化させるということは知られています.

多分、根気があるとか目と手の連動が優れているとかの遺伝的神経系的傾向はあるでしょう.しかし心地よい声を持って生まれたからといってその人が歌い手になるというわけではありません.

Wired News: 脳という面から見たとき音楽とはどういうものなのですか?

Daniel Levitin: 音楽と脳の研究を通して判ったことは感情やタイミングや知覚、それに連続性を生み出す特別な領域があるということです.脳がパターン認識にどう関わっていくのか、間違った情報が有ればそれをどう修正して完全なものにしていくかが判ってきました.

前頭葉の BA47 (訳注:日本語 Wikipedia はブロードマンの脳地図)の一部分について我々が知ったことは一番心躍る事柄です.音楽はこの領域でシーケンスの中で次に何の音が来るか予想させる場所だということを示唆しています.

Wired News: 脳が壊れていたり損傷を受けた人から音楽についての知覚で何か判ったことがありますか?

Daniel Levitin: 音楽の能力は一つの能力なのではなく幾つかの1ダースあるいはそれ以上の能力の集合なのです.脳の損傷で1つの能力が駄目になったとしても他も駄目になるとは限りません.リズムと音程を保持する能力が失われたとしましょう.それは視覚の分野で色の認識と形態の認識が失われた場合と似ています.

私は脳はコンピューターのようなデバイスと思っています.脳にはある問題について計算する沢山の小さなコンポーネントとそれらをちょうどタピストリーやキルトを縫い合わせるように全体を纏める機能があります.

Wired News: あなたは脳よりも心(mind)に興味を持っていると書いておられますね.その違いは何でしょうか?

Daniel Levitin: 脳は神経の束と化学物質と水と血液と...等で構成されています.心は脳から生まれる思考(thoughts)です.解剖学者も神経解剖学者も脳が如何に形成され細胞が如何に情報の伝達を行うかの把握に特別に興味を抱いているのです.彼らは脳の建築学と地理学を観ているといいましょうか...

今我々がやろうとしていることは脳のどの部分が関与してお互いにどのように情報を伝達しあっているかということです.だがそれは単にニューロンと細胞といったレベルの話だけではなくて現実の人の考え(ideas)、思考(thoughts)、記憶といったレベルでもあるのです.

Wired News: 進歩という観点から言ったとき人は何故音楽を発展させてきたのでしょうか?

Daniel Levitin: 諸説ありますが、一つの学説では音楽は発展段階に於ける言語との抱き合わせで一つの事件だとするものです.つまり自分自身の快楽だけのために言語を勝手に使ったというのです.もう一つのこれに対抗する見解はダーウィンのものですが進化の過程での選択というわけです.というのは音楽が将来の配偶者に対してのある種知的、肉体的、性的適応の信号を送っているからと言うのです.

Wired News: じゃあ例えばロックンロールに例をとるとそれはどうなります?

Daniel Levitin: (研究では次のとが解っています.)女性が妊娠させられてもいい相手を選んだとしてその相手はロックスターかも知れません.ロックスターの遺伝子は創造性とか思考や心や身体の柔軟性とか感情を表現して処理する能力が備わっているという信号を発する何かがあるのかも知れません.(音楽の才能)という奴は食物を集めるとか隠れ家を探すとかの肝心なことが無いではないかと思って時間を無駄にするなら自分で食物を探し隠れ家を探せばいいという信号まで発しているとは言いませんが.

Wired News: 動物は音楽を認識しているとお考えですか?

Daniel Levitin: そういう証拠はありません.つまり鳥が鳴き声を我々と同じにあるいは動物がそれを楽しみとして用いてはいないと言うことです.はっきり言えることは動物の王国には音楽は存在しないと言うことです.

Wired News: 脳に於いて音楽と感情の結びつきで何が解っているのですか?

Daniel Levitin: 音楽は他の楽しみ、オーガスムやチョコレートを食べるとかあるいはギャンブラーだとして賭に勝ったときとか薬中で薬をやったときとかと同じ脳の部位を活性化させ、同じ神経内物質を生じさせる起因になります.その物質には Selotonin と Dopamine が含まれています.

Wired News: ということは音楽が抗鬱剤になり得ると言うことですか?

Daniel Levitin: 西欧社会では既に気分を調整したりするのに音楽を使っています.朝の中の気分を高揚させるものとか辛い一日の終わりの気分を慰めるとかにね.あるいはそうする動機にはなります.Joni Mitchell が私に話してくれたのですが誰かが音楽は Prozac (訳注:抗鬱剤の一つ)と言ったということです.

Wired News: earworm ってなんですか.良ければ一つ例を教えてくれますか?

Daniel Levitin: それはドイツ人が耳について追い払うことが出来なくなってしまう歌について名付けたものです.もしそれが本当に厄介なものなら Neil Young が私に語ったことをやるとよいでしょう.プロのソングライターになるには歌を頭から出さなくてはならないとね.

それに失敗したら次にやるべきことは医者に行って Prozac か Ativan の様な抗鬱剤か抗不安薬を処方して貰うことです.最も一般的な処方は今あなたを悩ませているのとは別の似たような悩ませる曲を聴くことです.そうすれば新しいのが古い earworm に入れ替わります.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/28c) Firefox 2.0 の検索エンジン(まとめ)

(7/23d) Firefox 2 の検索エンジン(解答) で解決済みと思ったのですが新しい方法での作り方、JavaScript に因る配布方法をこれ以上ないほど詳しく解説されたページがありました.既存のものは自動的に新しい XML に変わるようなので普通の人は問題ありませんが自作して配布する場合は必読です.以下リンクを書いておきます.(基礎編)では全体像が記述され、(実践編)では実際に作る課程を実例を挙げて解説しています.

06/08 ■(8/28b) Flock オフィシャルボタン

Be a Flockstar
Get Flocked
Flock N Roll
Join my Flock
I Flock

official Flock buttons から左の各種 Flock のボタンを貰ってこられます.このページでも何処か目立つところに貼りたいのですが想定外なので貼る場所がありません.何処か貼る場所を考えないと.

Flock Blog - Help Spread Flock With Buttons (Friday, Aug 25 by Will Pate) で Flock の知名度を上げるべく好きなボタンを自分のサイトに貼って貰いたいと協力を要請しています.

06/08 ■(8/28) スパイウェアー

ZDNet Japan 「詐欺的セキュリティソフト」が増加の見通し--2006年Q2のスパイウェア動向 (2006/08/23) に因ると「スパイウェア対策ソフトベンダーのウェブルート・ソフトウェア(ウェブルート)は8月23日、2006年第2四半期におけるスパイウェア動向の調査結果を」発表して、

2005年下半期より減少傾向を示していた個人ユーザー(家庭用PC)のスパイウェア(トラッキングクッキーを含む)感染率は、2006年第1四半期において89%となっており、これまでのピークであった2004年第4四半期の92%に迫る勢いという。トロイの木馬の感染率も31%と、前四半期の29%、前々四半期の24%と比較して増加傾向にあり、特に「Trojan Downloader Zlob」と呼ばれるスパイウェアへの感染が増えているという。Trojan Downloader Zlobは、動画コーデックのインストーラなどに含まれる形で流通し、ユーザーのPCに入り込んだ後に、ユーザーに気づかれない形で別のスパイウェアをダウンロード、インストールするといった挙動を示すものだ。

という状況だそうです.この数字の大きさには驚きました.時間が掛かるのでなかなか起動しないアンチ・スパイウェアーソフトを早速起動してみました.結果は案の定何匹か発見されました.対策ソフトは スパイウェア対策をしよう で紹介されている、「AD-AWARE」と「SpyBot」と「CWShredder」というのを使っていますがこれらで対策は足りているのか他にもっと良いものがあるのかは知りません.「AD-AWARE」が駆除したものは cookie 3つでした.「SpyBot」はレジストリーから何かを取り除いていましたが大丈夫なのか心配です.「CWShredder」はあっと言う間に終わり何をどうしたか分かりません.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/27b) Linux 15周年

という題の記事があるので Linux ユーザーが何か書くかなと思っていましたが1日待って反応が見つからないので載せておきます. Google Operating System - Linux 15th Anniversary (Friday, August 25, 2006) です.記事の中で Linus Torvalds のメール Linus Benedict Torvalds, Aug 25 1991 が全文引用されています.そこは訳さないでその後ろのこのブログの短い本文だけ訳しておきます.

15年前に Linus Torvalds が初めて Usenet 上で彼のプロジェクトについて書いた.Linux kernel は GNU project と纏めて今日 GNU/Linux あるいは単に Linux と呼ばれるものを造りだした.Google のサーバーを始め多くのサーバーが Linux を走らせている.(訳注:リンクは日本語版の Wikipedia にしてあります.)

8月25日が15周年記念日なのでしょうか?

06/08 ■(8/27) IE 8

表題を書き間違えたわけではありません.IE 8 で良いのです.では何故 IE 8 なのかそれは追々.最近時々触れる Google Operating System - Release Candidate and Cheat Sheet For IE7 (Friday, August 25, 2006) 経由で SuperSite for Windows - Release Candidate and Cheat Sheet For IE7 (August 22-24, 2006 By Paul Thurrott) なのですが始の方は大まかな要約で結論部分はほぼ全訳です.

IE 7 RC 1 がリリースされた.これは Windows XP、Windows XP Professional x64 Edition、 Windows Server 2003 のユーザー対象である.(訳注:SP2 でないと駄目だと思ったのですが書いてありませんね)

多く語ることはないが安定した信頼出来る望ましいブラウザになったといえるであろう.RC 1 は最終リリース前のまあ様子見のようなものである.最終リリースは私の予想だと10月末か11月はじめであろう.(訳注:げげっ!12月ではないのだ.Firefox 2 と仲良く一緒に出るなんてことになりそうな日程))

マイクロソフトは次のように言っている.この版には何も新しい機能は追加されていない.強いてあげるとすれば IE 7 Beta を手動でアンインストールしなくても RC 1 のインストール時に自動で前のバージョンはアンインストールする機能が加わった.それ以外はバグが除去されたことである.

もう一つつけ加えると Beta 3 までは英語版と10日後にはアラビア語、ドイツ語、日本語を加えてリリースだったが、RC 1 ではこれに更にスペイン語、フランス語が追加される.最終版では36カ国語の版がリリースされランゲージパックによって更に100カ国語で利用出来る.

マクロソフトの主張だと標準のサポート特に CSS のサポートも悪く言う人のいうほど悪くはないとのことだ.しかしどの位サポートしているのかの数字は言いたくないみたいだ.さしあたって直ぐの改善は予定されていないみたいだが次のメジャーアップデートは IE 6 から IE 7 まで5年も掛かったがそれよりも短い期間で行いより一層の向上を目指すということだ.

Web ページの互換性に関しては Quirks Mode と Standards Mode をサポートして前者を使えば IE 6 やそれ以前のバージョンで表示に支障はきたさない.後者は標準サポートのモードである.

結論

IE 7 RC 1 は速くなったし安定しているし前のベーター版と比べて見栄えも良くなっている.従ってこれ以前のバージョンを入れた人は RC 1 をインストールした方がよい.IE 6 のユーザも同様にインストールし方がよい.RC 1 への移行は安全で分別のある行いだと思う.勿論これは最終版のように完璧ではないのでセキュリティーの強化され機能も増える最終版を楽にインストールするという道もある.しかし非常に改善されているのでプレリリースバージョンでも考慮の余地はあるということだ.さて、Firefox ユーザーだが IE 7 は彼らを動揺させるにはまだまだだ.多分 IE 8 位ににならないとね.そうはいっても IE 7 は悪くはないしお勧めである.(訳注:強調は訳者)

IE 8 の出る頃には Firefox は先に行っているわけだしまあ永遠に動揺することはないわけです.IE ユーザーは馬鹿だから Firefox なんて使わなくていいよ、IE 7 で我慢しておけよ、とまるでと馬鹿にされています.IE 使いのあなた達はそれでも良いのかな.少しは賢くなって Firefox や Opera や Flock を使おうと思わないのかな.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/26c) 冥府から

使者が送られてくるかも知れないという怖い話は筆者愛読の かわうそ亭 「プルートの使者」2006/08/26 です.まあ時事ネタです.しかしポセイドンの内側に冥府の王が鎮座ましました時期が20世紀の最後の20年間とは知りませんでした.リンクのある Wikipedia を見ていたら赤道傾斜角 119.61°とあります.これって地球で言うと 23.4°で自転の赤道と公転軌道のなす角のはずなぜ90°を越えているのだろうかと思ったらそこからリンクがあって説明されていました.この角度は180°までの範囲を持って90°を越すのは北極南極がひっくり返っていると言うことを意味し、では北極南極は何で決まるかというと自転の向きで、地球と同じ向きの左から右への回転を考えたとき上側が北極下側が南極従って冥府の王は上が南極下が北極従って見た目には逆回転だそうです.昔地学を学び大学受験も地学を使ったのにこんなこと習っていたのかな?

06/08 ■(8/26b) 「機械仕掛けのトルコ人」

という題名だと前のコンピューターの歴史に関する記事に見えてしまいますがこれはフランスの知識人向けの Le Monde diplomatique を翻訳しているサイト(機械翻訳ではありません)の ディプロ - 記事を読む 「インターネットの激安労働者」 の中にあった言葉でこれ自体はコンピューターの歴史に関することかも知れません.18世紀の終わりから19世紀の初めに掛けての時代「トルコ人」と呼ばれたチェスの名人である人形が連戦連勝、有名どころではフランクリンやナポレオンもうち負かしたという戦歴を持つ人形があったという話で始まりますが、その人形が現在に蘇っている、この Web 2.0 の時代に蘇っているというお話.Web 2.0 は 奴隷制 2.0 と呼ぶ人もいますからさもあり何ですが.何はともあれ長い長いこの記事、リンク先を読んでください.
考えてみれば オープンソースのボランティアというのもこういう見方が出来るかも何て言うつもりは毛頭ありません.

06/08 ■(8/26) 最古のコンピューター

偶にはこういう記事もと思って Guardian Unlimited Technology - Revealed: world's oldest computer (Sunday August 20, 2006 By Helena Smith) をうんと端折って先ず要約します.

数10年に渡って複雑に歯車やらダイヤルやらを装備した洗練されたこの青銅で出来た古代の物体について議論されていたが海底で発見されて以来102たってその正体が突き止められた.それは太陽、月、惑星の位置を知る世界最古のコンピューターであった.研究したイギリス/ギリシャチームにとって天文学と数学の知識を要する謎解きであった.

Antikythera mechanism と呼ばれるこの機械は BC80年に Antikythera 島付近で沈んだ貨物船の中から海綿採りのダイバーが発見したものである.幸いスクラップにされずに済んだのである.これ程の高度の技術はルネッサンスになってやっと追いつかれるものであった.

長年学者達は天体ショーの展示品であるとか航海の道具であるとか金持ちの玩具であるなど様々に言ってきた.ローマ時代のキケロは食後のお楽しみの道具について記述していた.しかし専門家はこれで科学史の記述は変わる、どう考えてもこれは最初のアナログコンピューターであるり古代の技術の高さについての認識は変えなくてはならないと結論づけた.

この物体についてのドキュメンタリーを TV で見た覚えがあるのですがその時はまだ確定していなかったのでしょうか.ピュタゴラスや、アルキメデスやそんな装置は簡単に作ってみせる人々の溢れたヘレニズム時代はきっとそういった機械が沢山あったのでしょうね.まてよピタゴラスはもっと前の古典時代の人だったかな.デジタルとの関係で言えばピュタゴラスはデジタル(アトム論)を毛嫌いしていてそのため豆(アトム)が嫌い.殺されそうになって逃げれば助かったのに逃げる方向が一面の豆畑でそれを潔しとせず殺されてしまったというアナログ至上主義者でした.

コンピューターであるかどうかの定義は何なのでしょう.ルネッサンス以降に例えばゼンマイ仕掛けの時計が出来てこれはコンピューターと言って良いのでしょうか.あるいは劇場の舞台装置が全て機械で動く(動力は重力)という中世かあるいはルネサンス以降だったかの装置を再現したドキュメンタリーも観たことがあります.古代ギリシャといえばデルフォイの神託が機械装置だったというのも聞いたことがあります.江戸時代の昼と夜の長さが季節により変わるそれを反映した時計や、絡繰り人形、こうしたものも全てコンピュータといって良いのかどうか定義が分かりません.

August Ada Byron, Countess of Lovelace

上の記事のイギリス・ギリシャからの連想で、初めてプログラムを書いた人という思い浮かびました.それは女性で、あのロマンはの詩人 Byron の娘 August Ada Byron (結婚して Lovelace 伯爵夫人)です.話は逸れますがこのロマン派のグループには詩人の Shelley がいるのですが彼の妻 Mary Shelley は「フランケンシュタイン」の作者です.Byron がスイスの別荘で開いていたサロンに Shelley と妻 Mary は駆け落ちして加わっていてそこで皆で各自物語を作ろうと Byron が言い出して生まれたのが「フランケンシュタイン」だそうです.19世紀の半ば以降に出来た物語だと思っていましたが19世紀初頭なのです.もっともプログラムを初めて書いた Ada Byron は生まれてまもなく父はギリシャに憧れて出ていったので父の顔を知らないそうです.彼女は父のよう不埒な詩人にならないように育てられ数学や論理学を専門としました.Babbage という人が Analytical Engine という計算機を作ってその10年後の1842〜43年に掛けて彼女が書いた Notes が彼女の名前が今に残した最初のプログラミングで、その動かし方について書いた例がプログラムなのだそうです.彼女の書いているものがあります.

それは諸々の関係や真実を予見したり分析したりする力があるわけではない.つまり人間の命令に従うだけで自分自身の判断や考えで物事を調べることは出来ないのだ.我々が既に知っていることを利用する助けになるだけである.

20世紀の人の言葉だと言ってもおかしくありませんね.彼女は実際に機械が彼女のプログラムで動くのを知らずに癌により37歳で死亡.Ada Byron で Google Image を調べれば肖像画が色々出てきます.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/25e) 「受け入れ」日本語サイトも

マイクロソフトからの提案受け入れのニュース日本語のページにも載ったのでリンクを貼っておきます.CNET Japan 「モジラ、マイクロソフトの開発協力を受け入れへ」(2006/08/2)

06/08 ■(8/25d) 名前の載せ方

World Firefox Day の「お友達紹介キャンペーン」で最終的に名前はブラウザの何処に載るのかという疑問、7ème Gnossienne 「World Mozilla Day 参加してますか?」(2006/8/25) で詳細を明かしてくれました.結局本体に載るのではないみたいです.

06/08 ■(8/25c) IE 7 RC 1

既にあちらこちらで報じられていますがいよいよ近くに迫ってきたなという感じです.CNET Japan 「マイクロソフト、IE 7のRelease Candidate 1を公開」(2006/08/25) に詳細があります.ベータがもう一度出ると思っていましたが RC 1 です.Firefox 2.0 より先に出てしまうかも知れませんね.

A blog? with Σαιτω 「IE 7 Keybord Shortcut」(2006-08-25 Fri) 経由ですが、IE 7 のキーボードショートカット一覧が Internet Explorer 7 Quick Reference に載っています.Firefox と基本的には同じです.タブ操作などのマウスジェスチャーはどこかに載ってないのかな?Firefox、Opera、 IE 7 は同じなのでしょうが.

06/08 ■(8/25b) 他のブラウザから何を?

mozilla labs - Areas for Mozilla Labs to investigate (Wednesday, August 23rd, 2006 ) は前回見たときとだいぶ様変わりしています.で、この企画「既に拡張で実現しているものは沢山あるが」として原文は「What areas implemented by other Internet clients should Mozilla investigate futher?」で(他のブラウザが実装している機能で Mozilla が今後研究したら良いと思うのはどれか?)ですが早い話どの機能を盗んできたらよいかのアンケートです.ブラウザは、Opera 9、Safari、Flock、IE 7 でそれぞれ幾つかの機能を選べるようになっています(しかし知らないブラウザだとよく分からないのがあります).きっと熱烈な Opera ファンあたたりからブーブー文句が出そうですが随分思い切った企画です.筆者は個人的には Firefox は出来るだけ余計なものはない方がよい.セキュリティーとタブ回りだけしっかりしていれば後は個人の好みで拡張を使えばよいと思っています.但し Flock の進む方向は追っていって欲しいとは思います.

06/08 ■(8/25) 罠だろうか

今日は別のものを用意していたのに、昨日最後に訳すかも知れないと書いた Standblog - Microsoft invite Mozilla : est-ce un piège ? (jeudi 24 août 2006)(マイクロソフトが Mozilla を招待:これは罠だろうか?) に急遽差し替えました.スラッシュドットジャパン「Firefoxの開発に協力を申し出るMicrosoft」 でも盛り上がっているので急いでこちらの方を優先させました.非常に短時間に翻訳したので間違いがあるかも知れません.

最近マイクロソフトの Sam Ramki から Firefox と Thunderbird の Windows Vista での互換性を調べるため Redmond へ来ないかという誘いがあった.私は以下のような理由からこれに関しての言及は避けていた.

  • これは無害で正常なことである.マイクロソフトは Vista の互換性を調べるため大きなソフトウェアー制作者であれば何処とでも、Adobe であろうと Symantec であろうと MacAfee であろうまた競争関係にあろうと無かろうと仕事を共にしてきた.従って私にはこれが事件であるという認識はなかった.例えオープンソースであろうと事態は変わらない.それに Mozilla は以前からもマイクロソフトとはコンタクトがあった.
  • マイクロソフトとは公に私信という形で連絡してきた.こうすることが彼らの紋章を磨くのに役立つのかも知れない(恐らくその必要があったのであろう).Adobe に対しても同じようにしただろうか?そうはしなかったと思う.
  • 同僚が正式発表する前に私がコメントすべきではないと思っていた.週末 Mike Schroepfer から e-mail で検討している旨が伝わってきた.従って決定が出るまで私は黙っているしかなかった.

このブログの読者や友人や内外のジャーナリストから沢山の問い合わせが来るし Slashdot でさえ話しあわれている.あるものはこれは罠だと叫んでいる(本気で Mozilla が危険だと思っているのだろうか?).別のものは何かの工作だと言っている.確かにマイクロソフトは公開で申し出てきたが安全で中立的なものである.もう一度繰り返すがソフトウェアー制作者にとってはもう当たり前の慣れたことなのだ.特に Firefox の様に2億回ものダウンロードがあるソフトウェアーに対して Windows のとる当たり前のやり方である.

この種の状況は Mozilla にとってもマイクロソフトにとっても(そうであればよいが)有益なことである.

  • マイクロシフトにとってもし Firefox が Windows Vista で動かなかったら
    • Vista はだめな OS と思われてしまう.(それは商売にとって都合が悪い)
    • マイクロソフトがまた反自由競争の証拠を出してしまう.(消極的なだけでも非難の対象になる)欧州委員会や米国公取委が監視しているのだ.
  • Mozilla にとって問題は Firefox が Vista で巧く動くかどうかでありユーザーにとって喜ばしいことは Mozilla にとっても喜ばしいことなのだ.(つけ加えるならインターネットでの選択と革新が推進されることを望むならユーザーに喜びを与えることはその促進に重要なことである.)

以上を私はアメリカの Mozilla で公式発表があるまで待っている間ジャーナリストには説明して置いた.ところが ZD Net FrMike Beltzner の Microsoft への返事 にリンクを貼ったスクープを飛ばしてしまったのだ.Mike は勿論興味ある.と答えている.ことはなったのだ.

至極当然当たり前のことです.しかし何故マイクロソフトは公開という手段をとったのかの謎が残ります.今までとは違うマイクロソフトを見せると言うことでしょう.(6/25) マイクロソフトのこと(その2)で触れてるように革新派のリーダー Ray Ozzie の「オープンソースの全てのコミュニティーとの間に事態の沈静化、平和を望む.マイクロソフトは全ての過酷な戦闘を停止して協力関係に入りたい.」を表明するためオープンソースで一番目立つ Mozilla が選ばれたとのだと思います.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/24d) MS の申し出受け入れ

Standblog - Microsoft invite Mozilla : est-ce un piège ? (jeudi 24 août 2006)(マイクロソフトが Mozilla を招待:これは罠だろうか?) によると ZD Net Fr - La Mozilla Foundation finalement intéressée par l'invitation de Microsoft (23 août 2006) (Mozilla Fundation は最終的に Microsoft の招待に興味を示す)のスクープだそうですが Mozilla はマイクロソフトの提案を受け入れたらしいです.この記事多分翻訳が何処かで出るでしょうから訳しません.また Standblog の方は明日以降時間があれば訳すかも知れません.尚、こちらも参考

06/08 ■(8/24c) Japanize

と言う新しい拡張がありますがそれのやっていることの「プライバシーと安全性 」についての問題が Torisugariの日記 「プライバシーと安全性 」2006 年 08 月 23 日 で述べられています.一読に値する文章です.筆者はこの拡張、英語版 Firefox では登録されているサイトの何処もまったく翻訳をしてくれないので直ぐにアンインストールしてしまいました.筆者の環境(入れている他の拡張とか)に因るのかも知れないのではっきりしたことはいえませんが.

06/08 ■(8/24b) IE 7 と CSS

Standblog - CSS dans IE7, Paris Web 2006 et Content-Type (mercredi 23 août 2006) でこう述べています.

IEblog - Details on our CSS changes for IE7 (22/8/2006) コップの4分の1を満たしたのか4分の3なのか言うのは難しい.だが何はともあれマイクロソフトが標準、特に CSS を考慮に入れているのは喜ばしいことであろう. 彼らは公式ブログで「達成には程遠いことは分かっている.未だやるべきことが沢山残っていることも知っている.IE 7 は標準遵守(特に CSS に関して)の第一歩なのである.」と述べている.

引用文中の IEblog - Details on our CSS changes for IE7 (22/8/2006) には具体的に修正されたバグのリストが載っています.

06/08 ■(8/24) Visual Basic

MS Office 2007 から Mac 版ではマクロの VB(Visual Basic)を搭載しないことに決定したそうです.特に企業の Mac ユーザーはまた Mac の切り捨てかと怒っているのでしょうが、これはよいことだという記事、Louis Naugès - VisualBasic, absent de la prochaine version de Microsoft Office... (20/08/2006 ) にありましたので以下うんと短く端折った要約です.

この発表はマック版の Buisiness Unit の担当者の「Saying Goodbye to Visual Basic」(VB よさようなら)という題でブログ Schwieb で発表されたものだ.ユーザーから猛烈な抗議があるだろうが私はこの発表に敬意を表する.マイクロソフトにとっても Mac 版の Office は決してどうでも良いものではなく重要な製品である.先に PC Wintel では標準化に向かっていると聞いているだけにこの決定は重要なものである.

OpenOffice が Mac ではまだ使えない今、オフィスツールとしては唯一なものである MS Office のマクロが使えなくなるという事態である.だがこれはマイクロソフトが Web 2.0 用のアプリケーションにより速く移行するという意味でよいことなのである.もっと現代的なソリューションを目指すという意味でよいことなのである.Google が Writely を一般公開した所だが、マイクロソフトも単純で効果的なアプリケーションを学ばなくてはならない.

Mac 版のマクロを AppleScript にしてはどうかという向きもあるがこれでは一難去ってまた一難(Charybde en Scylla)である.確かに Mac 版のマクロの VB は出来が良くないし、マイクロソフトの IE や Virtual PC 等の撤退を見ていると MAC OS ではマイクロソフトの技術が駄目だと思えるかも知れないがそんなことはない.しかし 一番良い方法はマルチプラットオーム対応の標準のものを選ぶことだ.Cobol、Java、PHP、JavaScript...等々が考えられる.Web 2.0 というのは標準に準拠して無くてはならないのだ.

オフィスアプリケーションというのは単純なもので、書く、計算する、プレゼンテーションする、描画する、が出来ればよいのだ.私は Excel のマクロはいつも憂鬱になる.今後 VB を使っているものから大急ぎで外してしまうべきなのだ.

筆者の個人的体験ですがプログラムというのを初めて書いたのは Excel の VB で何の参考書も誰からも教えられずに始めたのです.Excel には自動マクロというのがあってそれを起動してみると起動中に行った動作が全て VB のコードとして書かれそれでプログラムのコードというものがどういうものかを知った訳で、その最初の書き方を知ればあとはヘルプを頼りにどんどん書け自分で組めるようになって、マクロでは無い VB もその後直ぐ使えるようになり自分用のデスクトップアプリーションは簡単にどんどん作れるようになり、未だに住所録でもカレンダーでもHTML用の色やフォントを色々変えてみるアプリケーションは自作のものを使っています.VB 付属のエディターは使いやすく何よりも良かったのはヘルプで使い方の例文がしっかりしているし関係関数へのリンクもありました.後に Delphi をちょっと触ってみたときにはヘルプの使い物にならなさには愕然としました.更にその後 Java やら JavaScript やら Perl を囓ってみてプログラム言語はその難しさはまともなヘルプが無い、言語の使い方が一般言語で纏まって説明されていないと言うのが常態なのだと言うことが分かりました.所でその昔使い慣れた VB も先日 excel のマクロで簡単なことをしようとしたら全然覚えていない.if 文の書き方、for 文の書き方も正確には覚えていないと言う有様でした.

最近では MS Word は勿論 OppenOffice の Write も印刷のために保存せず一時的にしか使わないプリントプレビューでしかないのですが Google の Writely は試してみました.文字の大きさの変え方が(見出しのレベルでだけ決まるよう)分からなかったもののこれは人によっては使えそうです.画像を載せたりも出来るし XHTML にも出力出来るし、ブログ(ブログの経験ないので詳しく知りませんが)に載せたり、ローカルに、RTF、HTML、Word、OpenOffice、PDF で保存も出来ます.日本語もちゃんと対応しています.思った以上に使いやすいなものでした.

[to index]  [to top]

06/08 ■(8/23c) 上手い口説き方

生まれたときからいや元へインターネットに初めて繋いだときからブラウザは2つだったのでこういう視点があるとは思いも寄りませんでした.勿論上手い騙し文句だと言っているのではなくまったく当然特に初心者はそうすべきなのです.この上手い口説き文句に気づいてくれたのは 「 Firefox ×?=!」を考えてみる、ブログ。 「セカンドブラウザが必要な理由。」2006-08-22 です.回りに IE しか使ったことのない人がいたらここに書いてあるとおり IE だけ使っているのは極めて危険だし、ついでに IE 6 ブラウザというのはセキュリティーに極めて弱いことで有名で何が起こるか分からないと言うこともつけ加えて Firefox、Flock、Opera を入れるように説得しましょう.またついでにいざとなったとき慣れていないといけないからとタブの出し方とかも説明してしばらく使って慣れて貰いましょう.

06/08 ■(8/23b) MS から Mozilla に協力の申し出

CNET Japan 「Firefoxの開発に協力を申し出るマイクロソフト」2006/08/23 のタイトルを見ると何だ何だととなりますが Vista で Firefox や Thunderbird がスムーズに動くようにとの申し出で、その メールはここで読めます.ちょっと前までは各企業がマイクロソフトにお願いするという形だったはずですが変わったものです.また、Open Source Software Lab at Microsoft というのも出来ているのでもうオープンソースを毛嫌いしたり無視出来る時代ではなくなったのですね.

06/08 ■(8/23) IE 7 が出たら?

Hacking for Christ - IE 7's Effect On Firefox Market Share (August 18, 2006) は公平で優れた分析の rebron - High Level Product Comparative Analysis: Microsoft Internet Explorer 7 を参考に IE 7 が出たら Firefox のマーケットシェアーはどうなるか以下のように書いています.

reborn が示しているように IE 7 は Firefox の市場シェアーを奪えないだろうと考えるのは素晴らしいことだ.恐らくFirefox に乗り換えたユーザが直接 IE に戻るということはないだろう.しかし間接にはあり得る.今 IE 6 の載っている新しいコンピューターを手に入れた人々は「うんくそ!Firefox を入れるか」と思うだろう.IE 7 の載っているコンピューターを手に入れたら多分そのまま IE 7 でやっていくだろう.また一方で、Firefox ユーザーは親族や友達に Firefox をインストールしてやるだろう.だが IE 7 との機能や使い勝手のギャップが小さくてもそんなに熱心にやってくれるだろうか.

私はギャップが広がった方がよいと思う.

ギャップが広がるのは Firefox 3 にならないとねぇ.拡張があること、標準サポートということまだ何ともいえない IE 7 のセキュリティーを無視したら、多分 Firefox 2 も IE 7 も大差はないと一般の人々には見えるのではないかと思います.IE 特化のページを考慮に入れると Firefox の方が不利になるかも知れません.何としてもまだ IE 7 が来ずに IE 6 である中に Firefox のシェアーを伸ばし行かなくてはならないと思います.今年の末の Windows Update が一つの山ですね.先ず殆どの Windows XP SP2 のユーザーは IE 7 を入れるでしょう.ただしデフォルトを Firefox にしている人はその設定は変わらないと言うことだから実際にはユーザー数は減らないと思いますが珍しがって IE 7 であちらこちら見に行くので一時的に IE 7 が増え多様に見えるでしょうね.それがどの位で戻るかが見物です.実際の所 IE 7 が喰うのは IE 6 で Firefox では無いでしょう問題はその後 Windows Vista がやってきて、Firefox はそれを相手にどれだけ延びられるかではないでしょうか.

[to index]  [to top]