Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - MEMO
Permanent Links(2006年7月-4)

MEMO ■ ■ ■ ■ MEMO ■ ■ ■ ■

以下はパーマネントリンク

06/07 ■(7/31c) 改めて Opera 10

CNET Japan 「IE 7からのシェア奪取」:オペラ、「Opera 10」の戦略を明らかに (2006/07/31) 一昨日筆者が読み違いをした記事の CNET 版の日本語訳が載っています.

06/07 ■(7/31b) プラットフォームとしての Firefox

OSCON - Firefox as a Platform: A Conversation with Mike Schroepfer, VP of Engineering for Mozilla (Tuesday, July 25) です.OSCON (O'Reilly Open Source Convention)は O'Reilly 主催のイベントで先週開かれていたようです.そこでの Mozilla の Mike Schroepfer の発言です.この文書は多分これから行われるスピーチの要約だったのでしょうか. Firefox の現状を大雑把に述べています.

Firefox のシェアーの拡大はブラウザ戦争を再燃させた.JavaScript にとってこの7年で最初のメジャーアップデートである JavaScript 2.0 は Ajax アプリケーションの開発をこれまでよりずっと容易にした.それだけでなく Firefox を拡張の豊かなプラットフォームにしてくれた−−拡張そのものは必ずしもオープンソースというわけではないが−−また、ユーザーが彼らのサイトを訪問することなく彼らの大好きなウェブにアクセスする方法を作成することでWeb エクスペリアンスを再定義してくれた.更に、Mozilla は今でも非営利団体ではあるが大きな収入を生み出すようになった.これは Mozilla と Google の強い関係によるものである.これは ginsu knife の広告みたいなものである.さてその Firefox は幾らかというと、それがね、只なのだ.

「ginsu knife の広告」というのは何だかよく分かりませんが、Wikipedia - Ginsu だと調理用のナイフのシリーズで TV ショッピングのキャンペーンで有名なものらしいです.JavaScript 2.0 になったのは知りませんでした.ドキュメンテーションを探したら Mozilla にあって JavaScript 2.0 で Mozilla Japan で「鋭意翻訳中です」とあります.「サイトを訪問すること」というのはライブ・ブックマークのことでしょうか?

06/07 ■(7/31) IE 7 との厳しい闘い

Carnet Web de Pascal - IE7 sera livré via Windows Update (jeudi 27 juillet) です.

マイクロソフトは IE 7 が今年の終わりに Windows Update によって Windows XP に導入されると伝えている.

ここから導き出される3つの明快な事柄は

  • IE 6 が早急に姿を消すであろうと言うこと.
  • 既に多く使われている CSS の使用は更に拍車が掛かり(IE 6 のたくさんの CSS のバグは直されるであろう)、PING のアルファーチャンネルもますます使われるようになるであろう.
  • 多くのサイトが IE 7 用に作り直されるであろう.

開発者から見ると IE 6 より CSS を尊重してくれて仕事がしやすくなり歓迎すべきことである.しかし私のように Firefox や代替ブラウザの擁護者から見ると1独占企業がほぼ世界中の PC に自動アップデートで IE 7 を導入してしまうのを目にするのはちょっとばかり困ったことである.自動アップデート自体はよいことである.しかし困るのは IE を使っていない人にまでこのアップデートは施されてしまうことだ.これでは競争の意味がなくなってしまう.Mozilla や Opera が実直に自分たちのブラウザを単に見つけて貰うことから始め、更に使ってくれるように誘わなくてはならないのにマイクロソフトはボタンを押すだけで数億人の人々に新しいバージョンを提供してしまうのだ....

私には XP 上の IE 7 は私には2重に見える.1つは Firefox によって失ったシェアーをこれ以上失わないようにする歯止めとして、もう一つはあちこちほころびた OS を与えて置いて Vista の到来を待たせるものとして.現在の XP のユーザーに IE 7 を与えることで Vista に対する関心さえも制限すると言うところに危険がある.

IE 7 Beta 3 は「完全な機能」を持っている、そして Beta 4 が9月に、多分 Firefox 2 の出る少し前にリリースされるらしい.現在の Firefox のユーザーの大多数は今更 IE に戻ったりしないだろう(IE 7 は技術の面でも拡張性の面でも Firefox よりずっと下にあるのだから).だが IE 7 の正式版を手に入れたユーザーを新たに説得して Firefox 2 に乗り換えさせるのは難しくなるであろう.ユーザーは IE 7 の新しい機能(これは Firefox 1 のお陰である)を見てしまった後だし、大きなメディアの力もある.

そこで Firefox のプロモーションはもっと活発にする必要がありそれも恐らく現在の宣伝みたいに包括的でない方がよい.つまりブラウザ市場のニッチな部分を狙ってもっとニッチな宣伝文句を採用した方がよい.大衆を Web 開発者と同じ言葉で説得することは出来ない.大衆が均質な相手だと思うのは間違いである.開発者より遙かに不均質なのだ.今年の終わりと2007年の始は面白い時期になりそうだ.

Firefox を使ったことのない人たちが IE 7 を手にしてしまったら Firefox に乗り換えさせるのは現在より遙かに難しく、また今年の末には自動アップデートでそれが実際に起きてしまうのです.Web 標準のサポートなんか何の説得材料にもならないし、目に見えるインターフェースは Firefox が IE 7 に勝るものが無くなってしまうのです.まず、IE 6 の中に( IE 7 が出る前に)出来るだけ Firefox のユーザーを増やすこと.でも3ヶ月ぐらいしかなく高が知れていますね.

戦えるものは拡張しかないでしょう.膨大な数の拡張があってそれがどんなに素晴らしいか宣伝していくべきだと思います.しかし拡張には泣き所があってそれはセキュリティーでしょう.敵は確実にそこをついてくるでしょう.Mozilla の莫大な収入はそれにこそ使われるべきだと思います.作者から Add ons への登録時に動作及びセキュリティーの審査をお金と人材を投入して迅速に安全に出来るような体制がないととても戦えないでしょう.

Webテクノロジー 「『Firefox』、最新版で『JavaScript』関連の脆弱性を修正」2006年7月28日 によると先日の Firefox 1.5.0.5 へのアップデートで修正された脆弱性は「重要度が「最高」とされているものだけでも 7 件の脆弱性が修正されているが、そのすべてに JavaScript が関与している。」とのこと.ということは JavaScript で動く拡張は常に危険性と背中合わせの状態だと言うことですね.

ITメディア 「IE 7の自動更新、日本語版は半年後から」2006年07月27日 は表題通り日本での IE 7 の自動更新が半年先に延ばされたという朗報.ということは ユーザーが IE 7 を見る前に Firefox 3 までも奨められるということです.

[to index]  [to top]

06/07 ■(7/30e) 「(7/29d) Opera 10」の訂正

A blog? with Σαιτω「Towards Opera 10」2006-07-29 Sat で翻訳の誤りを指摘してくださいました.有り難うございます.問題は昨日の記事です.御指摘通り Opera 10 はまだ何もリリースされていません.

ZDNet UK - Opera reveals version 10 vision (July 28, 2006) で表題は「vision」だし「a preview of its plans for the next incarnation of Opera」の 「plans」もすっ飛ばして読んでいました.まだ計画の段階です.

もう一つの御指摘「Opera 9 was released on 20 June, and is intended to combat IE 7's release later this year, according to the company.」もその通りで IE 7 と闘うのは Opera 9 であって Opera 10 ではありません.

今回の読み間違いは Firefox 2、Firefox 3 と平行して考えるという先入観をもって斜め読みして書いてしまったところにあります.当方でコメント欄を用意していないので申し訳ありませんが折角、御指摘頂いても気づかない可能性があります.それでも誤りの御指摘を下されば有り難い限りです.

06/07 ■(7/30d) Thunderbird 2.0 Alpha 1

が出たと Tech Web - Mozilla Debuts Thunderbird 2.0 Alpha ( 7. 28, 2006) で伝えています.Mozilla の発言として「テスト目的だけのもので Thunderbird 1.5.0.x のユーザーは Thunderbird 2 Alpha 1 を使うべきではない.」とのこと.この記事の中から Thunderbird 2 Roadmap にリンクがあったので見ると正式版は秋の終わりとあります.ダウンロードは Nightly から出来ます.

06/07 ■(7/30c) RSS と認証

webビジネス 「IE 7.0 はセキュアな RSS に対応できるのか?」 006年7月28日 は、IE 7.0 が “セキュアな RSS”に対応しているかどうかを問うています.「セキュアな RSS が、企業の秘密情報および有料会員向けのコンテンツの配信、そして採算を取れるニュースの更新などを行うフィードの鍵だからだ。」とのこと.つまりシェアーの大きい IE での対応次第でこの分野のビジネスが発展するかどうかという話です.

Firefox はどうなのでしょうね.ID、パスワードの必要なページのフィードはログインしていないと更新されないと思うのですがどうでしょうか.本体ではなく Sage に例えば Gmail の自分のアカウントを登録すると、ログインしていないと必ず Sage 立ち上げ時に ID、パスワードを聞いてきますがどうなのでしょう.ちょっと問題だなと思うのは Sage の更新を見てアクセスすると必ず、https ではなく http の方に飛ばされます.

06/07 ■(7/30b) Firefox と CSS 3

CSS 3 で予定されているプロパティーは Gecko 1.8 では -moz- を前につけると Firefox や SeaMonkey では使えるものがあります.例えばこのサイトでも使っている矩形の角を丸めるプロパティー 「-moz-border-radius」などです.その一覧がコードの例とその実際の表示付きでヨーロッパ版 Add-ons のサイト Geckozone で紹介しています. Aperçu de propriétés CSS3 avec le moteur de rendu Gecko です.説明はフランス語ですが、実際に作って見るか、コードを見てその下の Voir le résultat というリンクをクリックすればどういうものか容易に分かるので訳しません.載っているものの一覧だけ示しておきます.

  • -moz-background-clip
  • -moz-background-origin
  • -moz-border-radius
    • -moz-border-radius-bottomleft
    • -moz-border-radius-bottomright
    • -moz-border-radius-topleft
    • -moz-border-radius-topright
  • -moz-column-***
    • -moz-column-count
    • -moz-column-width
    • -moz-column-gap
  • -moz-outline
    • -moz-outline-color
    • -moz-outline-radius
    • -moz-outline-radius-bottomleft
    • -moz-outline-radius-bottomright
    • -moz-outline-radius-topleft
    • -moz-outline-radius-topright
    • -moz-outline-style
    • -moz-outline-width

06/07 ■(7/30) ブラウザの違い(その2)

昨日の続きで、 Zillable.net - Les principaux moteurs de rendu (samedi 15 juillet 2006) (主要なレンダリング・エンジン)です.

何日か前にレンダリング・エンジンとはどういうものか解説した.今日は4つの主要な Web ページ用のレンダリング・エンジンを紹介しようと思う.また数日後にはそれらのレンダリング・エンジンの表示の違いの例を示すつもりだ.レンダリング・エンジンは主にブラウザで使われるが他のプログラムでも HTML を表示するには欠かせない.その主なものはメールクライアント(E-mail を読むソフトウェアー)だ.従って以下の主要なレンダリング・エンジンでそれらがメールクライアントでも使われているということも示しておこう.

  • Trident : これはマイクロソフトのレンダリング・エンジンである.これはライセンス付きのものでマイクロソフトのソフトウェアーに含まれるもので Windows にしか対応していない.Microsoft Internet Explorer (Windows のデフォルトのブラウザで83%のシェアーを持っている.)及び Microsoft Outlook (Microsoft Office に組み込まれたメールクライアント)で使われている.
  • Gecko : オープンソースのライセンスの許にあり Mozilla Fundation が開発している.Windows、Mac OS X、Linux の各プラットフォームに対応している.そのライセンスにより誰でも使え、実際たくさんのソフトウェアーで使われてきた.Mozilla Fundation のソフトウェアーでは Mozilla Firefox (ブラウザでシェアーは13%)、Mozilla Thunderbird (メールクライアント)、Mozilla Seamonkey (ブラウザとメールクライアント)、Mozilla Camino (Mac OS X 用のブラウザ)で使われ、Netscape Communications 社の Netscape (ブラウザとメールクライアント)やその他幾つかの Linux 用のブラウザ(K-Meleon、Epiphany 、Galeon など)でも使われている.
  • KHTML : このオープンソースのレンダリング・エンジンは Linux を想定したものであったが Mac OS X にも採用された. Linux 用としては Konqueror ブラウザとそのメールクライアント KMail で使われている.Mac OS X では Apple Safari (シェアー18%)とメールクライアント Apple Mail で使われている.
  • Presto : は私企業の Opera Software で開発されそのブラウザ(シェアー1.8%)とそのメールクライアントで使用されている.

これら全てのレンダリング・エンジンが Web ページを同様に表示出来るようにするため Web ページを書き表す言語(HTML や CSS など)は World Wide Web Consortium (W3C)で定義され標準化されている.従って理論上 Web ページはどれを使っても同じように表示されることになっている.しかし現実は表示には以下の理由で幾らか違いがあるのである.

  • 言語に新しく導入されたものが必ずしも全てのレンダリング・エンジンに実装されていない.
  • 全てのレンダリング・エンジンで同じに表示されると考える Web マスターの誤り.
  • 幾つかのレンダリング・エンジンが W3C の標準を尊重しない.
【原注】シェアーの数字は OneStat.com による.

あまりに分かり切ったことでちょっと拍子抜けですが、この続きが出て多分そこで各エンジンの能力の違いが説明されるのでしょう.名指しでこそ書かれていないけれどどれが W3C の標準を尊重しないかは見え見えですね.

[to index]  [to top]

06/07 ■(7/29d) Opera 10

ZDNet UK - Opera reveals version 10 vision (July 28, 2006) は Opera 10 のプレビュー版のリリースを伝えています.

Opera 10 の正式版のリリース日程はまだ決まっていないという話.新しいバージョンの売りは、ウィジェットの更なる充実と今まで持っていなかった開発ツールを備えると言うことです.

Opera 9 で IE 7 が出る前に IE 6 のユーザーを取り込み、Opera 10 は IE 7 との戦いになるとのこと.Firefox 2、Firefox 3 とまったく同じ構図ですね.

06/07 ■(7/29c) RDF とセマンティック・ウェブ

The Web Kanzaki - ちょっとしたメモ 「RDFとは何か」2006-07-28 です.以前セマンティック・ウェブを採り上げて以来まだ具体的にどういうことなのかピント来ませんが、孫引きすると、

セマンティック・ウェブにおける「セマンティック」とは、コンピュータが何らかの意味(meaning)を理解するようになるということではない。そうではなくて、意味を構成する論理的な要素がマシンによって処理可能となり、最終ユーザの人間に有用な形で提供できるということを表している。

ということですが矢張りよく分かりません.RDF は

RDFのもっともエキサイティングな利用法は、ウェブリソースについての情報(メタデータ)の記述ではなく、実際の世の中にあるものごと、つまり人間や場所や概念といったもの、についての情報や関係を記述するところにあるのだ。

おなじ、「The Web Kanzaki - ちょっとしたメモ 」の前の話 The Web Kanzaki - ちょっとしたメモ 「バーナーズ=リー vs. Google」2006-07-20 は分かるような気がします.おそらく RDF にその情報関連の色々な URI が埋め込まれこれが悪用されると危険だと Google は言っているのでしょう.見当違いかも知れませんが、セマンティック・ウェブ というのは意味ある関連ページの URI を RDF に組み込んでどうにかしようと言うことなのでしょうか.RSS や Atom の配信も恐らく似たことなのかも知れません.あるいは OpenSearch Autodicovery もそうかも知れません.

06/07 ■(7/29b) Thunderbird 1.5.0.5(その3)

やっと米国 Mozilla.org の Download Thunderbird は更新されました.一体何があったのだろう.日本のサイトが先にリリースを開始してアメリカが半日も遅れるなんて前代未聞のことです.

経緯はまず 昨日朝筆者が見つけたのは8時半頃 MozInfo701 - Thunderbird 1.5.0.5 released (27 July, 2006) で最初に知りました.筆者はリンクに導かれてアメリカサイトでダウンロードしたら上書きかと聞いてきたのでを気づきました.その後アメリカサイトは更新無し、日本サイトが先になるなんて思いもしなかったので見に行かなかったのですが.昼頃 「Mozilla Japan 最新情報」で知り日本サイトはリリースを報じてダウンロード出来る状態.夜10時頃だったかまだアメリカサイトは更新されていません.今12時が回った頃見に行くと更新されていました.

何らかのトラブル発生なのでしょうか?多分アメリカのダウンロード関係、自動アップデート関係でシステムにトラブルがあったとしか考えられません.日本サイトはまさかフライイングはしていないでしょう.もしそうでファイルの修正の必要が起きてアメリカでは遅れ修正前のを日本で配布してしまったりしたら大変です.恐らく了承の許に先に配布を始めたのでしょう.

06/07 ■(7/29) ブラウザの違い

初めて訪れる、Zillable.net - Quelles sont les différences entre navigateurs internet? (dimanche 9 juillet 2006) です.

多くの人はブラウザは一つしかないと思っているようだがそれは大きな間違えだ.実際複数のブラウザが存在するしその違いも理解しておく必要がある.

大まかに言ってブラウザは2つの部分から出来ている.レンダリング・エンジンとインターフェースだ.レンダリング・エンジンはユーザーが訪問した Web ページを表示するソフトウェアーの一部である.インターフェースはメニューとかオプションなどの総称である.レンダリング・エンジンはブラウザの心臓部とも言えよう.理解して置かなくてはならないのは、インターネット上のページはブラウザで読み込まれる前は生のテキストでありテキスト形式(正確に言うと HTML というコードと CSS というコードで書かれたテキスト形式)というフォーマットで整形されたものだということだ.そこでレンダリング・エンジンはその整形を解釈して整形に従ってページを画面に表示する.HTML や CSS という言語は標準化されているがレンダリング・エンジンによって常に正確に同じに読み込まれるわけではない.あるレンダリング・エンジンがそれらの言語の一部を読み込みに失敗するということが起こる.(実際、これらの言語は絶えず進化していて、新しいものを読み込む機能も少しづつレンダリング・エンジンに追加されていく.だが幾つかは実装が遅れて取り残されると言うことがある.)その結果あるレンダリング・エンジンは Web ページを完全には表示出来ないということになる.

従って、ブラウザの違いはそのレンダリング・エンジンの質によるということが出来る.勿論ブラウザの違いはインターフェースの機能の違いにも現れ、あるものはタブ機能を持っているとかポップアップをブロックするとかである.だがインターフェースは水面に現れた氷山の一角みたいなものである.インターフェースの相違は楽々見つけることが出来るがレンダリング・エンジンの方はそう簡単ではない.ここではレンダリング・エンジンとは何かを説明したが後日に複数のレンタリング・エンジンの比較をやってみようと思う.

この記事が7月9日付けで「比較」の文は未だ読んではいませんが7月15日付で出ています.明日出来たらそれの訳をしようかと思います.

[to index]  [to top]

06/07 ■(7/28e) Thunderbird 1.5.0.5(その2)

アメリカのサイト Download Thunderbird (現時点ではまです) は一向に更新されず 1.5.0.4 なのに日本の Mozilla Japan のサイト Thunderbird をダウンロード はダウンロード出来ます.ここに各国版もあります.一体どうなっちゃったのだろう?

06/07 ■(7/28d) Firefox Cosplay-a-rama

という題で先日の Mozilla Japan の秋葉原イベントの一部を Firefox Cosplay-a-rama では動画で紹介しています.下の説明を読むとコスプレーは日本が発祥なんですね.これ既に何処かで紹介されていたのかな?

06/07 ■(7/28c) XiTi の調査(7月)

いつも数字のいい XiTiMonitor による Firefox の7月の市場シェアーが出ています.XiTiMonitor - La part d’utilisation de Firefox en Europe dépasse les 20% en semaine : l’écart se réduit avec le week-end

最初のグラフは左が平日、右が週末です.企業でより家庭での方が僅かに使用率が大きいことを示しています.つまり会社では IE が多いと言うことです.2番目のグラフは平日会社で IE を使う率が高い国、リュクサンブール、ドイツ、イタリア、とその逆エストニア、ウクライナもあるということのグラフです.

昨年の7月は世界中で Firefox のシェアーが下がりこれは夏休みが原因とされましたが、今年は増えています.ヨーロッパ全体で一月で1%近く延びています.もう若者だけのものではなくなったことが確実です.サッカーのワールドカップのための拡張が功を奏したのかも知れません.このグラフで見ると Firefox のオレンジの帯がヨーロッパではこんなに太くなりもう IE の独占という言葉は使えない感じがして羨ましい限りです.この表を見て分かるとおり世界全体でも確実に増えていますね.違う調査の数字を比較しても意味はないと思いますが同じ調査の前回との数字の比較は意味のあることです.

06/07 ■(7/28b) Thunderbird 1.5.0.5

がリリースとMozInfo701 - Thunderbird 1.5.0.5 released (27 July, 2006) でで伝えていますが、FTP には出ているものの正式にはまだ置いていません.自動アップデートを待ちましょう.

06/07 ■(7/28) Firefox 2 の目玉は何?

rebron.org - marketing Firefox 2.0 (July 20, 2006) です.最後が結論なのかあまりはっきりした文章ではないような?英語力の問題かな.

Firefox 2 のテーマは安定性と信頼性という言葉の回りを巡っているはずだ.しかし Firefox 1.0 が出てから2年経ったし、IE も安定して信頼出来るとか言いだしている(本当はそうではないが).

Firefox 1.0 では 「Web を取り戻す」、「革新と新しさ」、「ユーザーの信用出来るブラウザ」というのがテーマであった.Firefox 1.5 ではテーマは Firefox 1.0 の成功の上に作られ、ユーザーから要望のあった自動アップデートとスピードやポップアップのブロックやWeb 標準やタブ機能等々の改善が追加された形だった.

どうも「安定性」とか「信頼性」というのは「ほらこういう新しいものがあるよ」と言うほど魅力がないので Firefox の安定性と信頼性(stability and reliability)はもっと強めなくてはならない.安定していて信頼出来る(“stable” and “reliable” )と言う言葉を使った方がもっと Firefox を使う人の数を増やすのに役立つかも知れない.なかなか改善されないない IE でしか動かないサイトの問題は今では少なくなったもののまだ厳然と存在しているのだが.

Firefox 1.5 で自動アップデートが目玉であったように、Firefox 2.0 ではセッションの再現が目玉の機能に違いない.Firefox のトークバックから分かる MTBF(mean time before failure 平均故障間隔)の評価や、Firefox 1.5 以来改善され安定した Web 標準のサポートやうっかり閉じたタブのアンドゥー機能やセッションの再現機能は Firefox 2.0 が安定して信頼出来3つの OS と様々な言語で一貫した動きをするということを明示する方法だ.また、Mozilla も自分自身が安定して信頼出来る、製品を時宜にかなってリリースし、定期的にセキュリティーアップデートの能力のある組織だということを強調する必要があるだろう.

もう一つ別のお勧めはアンチフィッシング機能であるがこれは突出させては駄目だ.というのはこの機能が問題に対して100%は対処出来ないからである.SSL や処理に安全対策が施されているところでは100%でないと駄目であろう.ポップアップのブロックは95%〜98%しか機能しない.まだ少数こっそり逃げ出してしまうポップアップが存在する.アンチフィッシング機能は100%対処出来ないと困るのである.そうでないとユーザーにセキュリティーに関して誤った考えを植え付けてしまい、信頼すべきでないサイトを信頼させてしまうということになる.

一方マイクロソフトは自分たちのアンチフィッシング機能を少しばかり過大に宣伝しようとしている(あるいは宣伝してきている.).彼らの実装も Firefox 2.0 と同じに100%機能するわけではない.しかしマイクロソフトはちゃんと動かない機能やユーザーが本当に望んでいるわけではない機能がお好きのようだ.だがそれは彼ら自身が本日にでも直すべき問題である.一番良い例は P3P であろう.これはオンラインでのプライヴァシーやオンラインで子供を守る試みだが動かないし使い心地も良くなくセットアップも面倒だ.

私は Mozilla が誇大広告やマイクロソフトが同じ機能を備えているからといって機能の過剰宣伝はしないだろうと信頼している.第一に Mozilla はそんなことすべきでないし、第二に今まで Mozilla は爽快にも慎ましげに平衡感覚を備え事実にのみ基づいて語ってきたからだ.

筆者は Firefox 2.0 のベータも見ていませんが恐らく聞きかじりだと今 1.5 で拡張で実現している機能を考えると Firefox 2.0 にこれといった期待する機能はありません.考えてみれば 1.0 から 1.5 だって自動アップデートを除いてこれといって目立ったものはなかったわけで、まあそういうものと思っています.目に見えないところで何か変わっているわけで 1.0 に戻そうとは思いませんし.

[to index]  [to top]

06/07 ■(7/27e) SeaMonkey 1.0.3 もリリース

Mozilla Suite の後継者の Sea Monkey もアップデートされています.
UA: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.0.5) Gecko/20060721 SeaMonkey/1.0.3

06/07 ■(7/27d) 拡張に化けるスパイウェアー

MYCOMジャーナル 「Firefoxの拡張機能を装うスパイウエア「FormSpy」」2006/7/27 によると FormSpy というスパイウェアーは Firefox の拡張 numberedlinks に化けて情報を盗み出すそうです.この拡張は Mzilla Add ons には登録されていませんが実在の拡張です.このスパイウェアーが実際にどういう手順で入り込むのかこの記事からはよく分かりません.これを何処かで拾っていると拡張としてインストールされてしまうと言うことでしょうか?覚えのない拡張をインストールするはずないしそんなに心配はなさそうです.

06/07 ■(7/27c) Firefox 1.5.0.5 リリース

そろそろと思っていたらリリースされていました.先週ぐらいの RC4 と同じものみたいです.
ID: 2006071912
UA: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.0.5) Gecko/20060719 Firefox/1.5.0.5

06/07 ■(7/27b) 拡張と本体

もずはっく日記 「なぜ拡張はバンドルされないのか」2006年7月27日 は非公式としながらも拡張が本体にバンドルされない理由が開発、メンテナンス、責任などの面から述べられています.誠にもっともだと思います.

それで Mozilla Japan のサイトではどういう扱いをしているか見てみました.勿論サイト内検索で探せば見つかりますが、トップページからいって右上のメニューにも何処にも「機能拡張」「拡張」「extension」という言葉は見つかりません.これはちょっとやり過ぎかなという気がします.恐らく Firefox という名前だけでここに来てインストールした人は何処かで何かの偶然で拡張の存在を知る以外永久に分からないのではないかと思います.もし見つかるとするのなら「製品」-> Firefox あるいは Thunderbird のページでその先は Mozilla Addons に飛ばされます.1ページぐらい設けて日本語でテーマとは何か、拡張とは何か、例えばどんなことが出来るか(勿論そこで Mozilla は責任を持たないことを述べればいいわけで)を説明して貰いたいと思います.特に Firefox の一番の魅力は拡張を自分好みにインストールでき膨大な数の拡張が存在すると言うことなのですからもう少し目立った扱いにした方が良いと思います.

アメリカのサイトも日本と同じだろうと思ってみるとなんと右上のメニューに「Add-ons」が有るではありませんか.因みに、Flock でも扱いは同じだと思いますがちゃんと「Extensions」というメニュー項目があっていきなり拡張のページにいけます.

06/07 ■(7/27) Tristan Nitot のインタビュー

Tobecom - Premier entretien : Tristan Nitot (fondateur et président de Mozilla Europe) pour Standblog.org (July 20, 2006) に Mozilla Europe の責任者 Tristan Nitot のインタビューが載っていたので以下ざっと訳します.

Q : インターネットを発見したのは何年ですか?

Nitot : 1985年に最初にメールを送りました.でも Web はまだ存在していませんでした.通信速度は 300BPS (0.3 KB/S !) だったのです.ミニテル(訳注:フランスの情報通信用小型端末機)より4倍は遅かった.

Q : ではあなたが最初に「はまった」サイト(1日に一度は訪れずにはいられないサイト)は何処ですか?

Nitot : Slashdot.org です.1997年のことです.私は最初期の登録者の一人です.振り返ってみるとここは最初の Web 2 のサイトですね.ニュースは読者に書き込まれ、コメントを書き込んだり変更していくのも彼らです.共同で作られる所などブログに近いですね.9年後になってそのコンセプトが一般化したと言えるでしょう.原理はちっとも変わっていません.

Q : 最初にあなたが Web で自分が何かするようになったのは何ですか(ブログであるとかフォーラムであるとか.もしそうならそのどちらですか?あなたが情熱を傾けたサイト、Web に「はまって」しまったことなど体験を自由にお話下さい.)?
また、それはあなたが制作者となった最初ですか(つまりそのブログとかが最初の制作物でなのですか?そうでないのなら他のサイトのことを話してください.)?

Nitot : あちこちページを見て回るよりも先に私が1996年に自分で作った最初のサイトのことを思い出します.それは個人サイト(pages perso)とで、パロディーも載せました.息子、Robin の個人サイトだったのです.彼はまだ生まれていなかったのですよ(妻は妊娠中でしたが).彼が実際に生まれたときにはこの楽しい父として役割と Netscape での仕事から生まれた企画を止めました.その当時のページはまだ取ってあります.こちらから自由に見ることが出来ます.(訳注:このサイトは実際に見られる.最初の言葉は「僕は生まれた!」)

次にやったのはオートバイに関してのディスカッションのページで私はモデレーターをやりました.技術的には難しくなかったけれど、人を惹き付けるようにするのは大変でした.それこそ人間の業ですからね.

Q : 自分でサイトを作ろうという決め手は何ですか?

Nitot : 最初は Web の冒険に飛び込みたいという気持ちです.単に消費するだけではなく作り手になりたいと言うところですかね.

ついで Openweb.eu.org/ に夢中になりました.それはちょうど Web が IE に最適化されるのを人々が気づき始めた頃で、マイクロソフトはブラウザの開発を止めてしまっていた時期です.Web の潜在能力が十分に発揮されるには読む方も書く方も特定の OS (Windows)や特定のブラウザ(IE)を使わずにアクセスしなくてはならないのです.そこで我々はどんなブラウザでもアクセス出来るサイトの作り方といった幾分教育的なサイトを始めました.

Q : 現在のあなたのブログはどんなものなのですか?(主題、アクセス状況他のメディアに対する影響、あなたのブログに対してラジオ、TV、新聞などから取材があったのならそれらもお話し下さい.)

Nitot : 私のブログは平日で1日当たり12000〜15000件のアクセスがあります.週末はもう少し少なくなります.始めはブログでは Web の標準化について話しました.また更にブラウザ(私はヨーロッパにおける Firefox に携わっています)、テクノロジー、フリーのソフトウェアーについても話します.最近ではソフトウェアーの特許の問題と DADVSI 法に関しても書きます.メディアからの取材はよく受けますがそれらはどちらかというと仕事に関してです.

Q : あなたのブログはあなたの人生を変えましたか?またそれはどのようにですか?

Nitot : これはとても魅力的な余暇のようなものです.始めの頃は翌日の記事がなくなるのではないかと心配しました.でも今ではこの4年に書いた記事が3000もあって私の心配は根拠のないことだったと納得しています.またそれは毎日時間を捧げる本当に尊い仕事だとも思っています.幸い絶え間なく更新される喜びでもあります.既にどこかで語っているのですが「ブログとは自分ではこれまであり得なかった天才作家だ」と思います.もっと正確に言うとブログは私の書きたいという欲求を何の気取りもなく満たしてくれるものです.

Q : あなたのブログ記事で一つ選ぶとすればどれを選びますか?(あなたの心に一番残っているもの、あるいは反響を引き起こしたものです.更に多くの人に知って貰えると思うしこの ToBeCom の読者にもあなたのブログがどんなものかよく伝わると思うのですが.)

Nitot : 私は私自身の心を躍らせるようなもの(Web とかフリーのソフトウェアーとか)を読者に語ったり説明するのが好きです.そういう意味で一つ例を挙げれば 「石のスープ」です.

(訳注:この「石のスープ」は読んでいませんでした.昨年の10月に出ています.以下簡単に要約しておきます.話は有名なフランスの民話です.筆者の知っているのは人間の話ですがこれを狐の話にしています.)

ある時狐がとある村にやって来て雌鶏のの家で美味しい「石のスープ」を作ってあげようと言った.雌鶏は始めは怖がったが「石のスープ」に好奇心が駆られて作って貰うことにした.狐は鍋を用意させその中に大きな石を入れて煮始めたがこれだけでは足りないもっと色々なものが要ると言うので雌鶏は村の動物たちに呼びかけた.動物たちはおも思いに様々な野菜を持ってきて鍋に入れたのでそれはそれは美味しいスープが出来上がり皆は大満足.狐は翌朝またその石を抱えて何処とももなく立ち去った.

で、これがオープンソースの Mozilla の例えで、IBM や Google や Sun や多くの人々がそれぞれ知恵を持ち寄って素晴らしく美味しい Firefox を作ってくれる.

Q : あなたの人生になくてはならないお気に入りのサイトを教えてください.

Nitot : Planet.mozilla.orgです.ここは Mozilla プロジェクトの人達のブログを集めています.これは世界中から数千万人の人を惹き付けるのに役立つ素晴らしい試みです.

validator.W3.org.ここはあなたのサイトの文法が正しいかどうかを評価してくれます.

www.DotClear.net.ここはフリーソフトウェアーのサイトで私のブログを公開するのに使っています.

fr.Wikipedia.org.Web が協力とか文化ということで何が出来るかを示すお手本のような素晴らしいサイトです.

Q : もし宜しければ次のよう言葉で自己紹介してください.(職業、研究、行程、情熱、プロジェクト、怒り...この質問は自由で任意なものです.)

Nitot : 私はもうじき40歳を迎えようとしています.長年ソフトウェアーと社会のマネージメントの研究をしてきました.また民間人として Mozilla プロジェクトの責任者の一人です.

Q : 有り難うございました.

Nitot : どういたしまして.

ここは決してブログではないけれど筆者は毎日のように明日書くものがないと恐怖に駆られています.まだまだ修行が足りませんね.

[to index]  [to top]

06/07 ■(7/26c) Firefox のテーマ

Spread Firefox - Quick poll: What theme/skin do you use with Firefox? (07/23/2006) を覗いたらアンケートをやっていました.テーマについてのアンケート「あなたはどういうテーマを Firefox で使っていますか?」です.選択肢は次の5つです.

  • デフォルトのテーマ
  • Mozilla Add ons からインストールしたテーマ
  • 他からインストールしたテーマ
  • 自作のテーマ
  • その他

筆者は Modern が大好きですが何故か直ぐなくなってしまう.今のところ(といってもこの2年)その代替である、Modern Aluminum を使っていますがこれはもう更新されないようです.多分 Firefox 2.0 になったら駄目でしょう.後は何とか似ているものとして Phoenity Modern はインストールしています.ここまでは我慢出来ますがどうしようもないときの為に、Gray Modern もインストールしています.最近、Modern Modoki を知りましたがこれは何と言っても「もどき」で Modern ではありません.タブが暗すぎて滅入ってしまう.もう一つまったく趣の違うものとしては Aquaint は好きです.しかし実用には色々不満があります.Sage の更新か既読かが見にくいとか、カレントタブを自分で選んだ色に出来ないとか.Fusion Alternative 2 はカレントタブの色の問題だけで、これも好きですね.

ここでもテーマの紹介をしようかと思ったことありますが完全に趣味の領域で好き勝手なこと書くしかないし一々インストールしてスクリーンショットを撮ってなんてやっていられないので止めました.

06/07 ■(7/26b) Firefox と Google (その2)

Blogs for Firefox - The Great Love Affair II (Tuesday, July 25, 2006) 「The Great Love Affair II」という題で昨日の続きが載っていました.ざっと要約します.

Google が次に Firefox の為にしてくれることは何であろうか.次の事実から推測すると、

  • Firefox はイギリスの Dell コンピューターにプレインストールされている.
  • Dell コンピューターには Google desktop、Google toolbar、Google search engine、Google の home page がプレインストールされている.
  • 前項のものは Google Pack に含まれている.
  • Google Pack には Firefox が含まれている

従って次に来るものは

  • Google Pack の全部を Dell コンピューターにプレインストールすることである.

Dell は嫌とは言わないだろうし Google にはそうさせる力がある.

Google Pack だけでは駄目でデフォルトのブラウザとしてプレインストールしてなおかつ IE のアイコンはデスクトップから削除とそこまでやって貰えるようにするのは Google の胸一つですね.Dell はマイクロソフトは報復しないと宣言したばかりなので問題なさそうですが.

06/07 ■(7/26) 最初の拡張(その2)

昨日に続き、webmonkey - Your First Firefox Extension (221 June 2006) (あなたの最初の Firefox の拡張)でこれは2ページ目で最終です.

Page 2 - Who's Got the Button?

Extension Developer's Extension は一握りのツールが用意されていてこれからやる仕事がうんと楽になる.その中には対話式の XUL エディターもあって XUL 関係のことをするには素晴らしい.では Firefox を再起動してそいつを発射してみよう.「ツール」メニューの「Extension Developer」の下に発射装置は見つかるだろう.XUL エディターは上下2ペインになっていて上の方に XUL のコードを書き込み、下の方にその内容が反映される.初期画面は名前空間の宣言で始まり、次のような label タグが書いてある.

<label value="Put your XUL here!"/>

HTML と違って XUL ではタグのないものは書けない.ではこの label タグを消して次のと置き換えてみよう.

<button label="Cute as a button"/>

どうだろう凄いだろう、君のやった結果は下の図のようになる.(訳者も実際にやってみて自前のスクリーンショットを撮りました.黄色い1行が書き換えた所.下のペインにボタンが現れました.)

XUL エディター
ボタンが出来たであろう!

次にやることは何かというと、今のボタンをツールバーに載せてみることだ.それには toolbar タグの内側にボタンのタグが囲まれるように次のように書くのだ.

<toolbar> <button label="Cute as a button"/> </toolbar>

もしメニューが欲しければ次のように書けばよい.

<menubar>
<menu label="Menu">
<menupopup>
<menuitem label="Grilled Cheese"/>
<menuitem label="Chocolate Milk"/>
<menuitem label="Fried Pickles"/>
</menupopup>
</menu>
</menubar>

value を追加する

どうだい上手くいったかな?全然駄目だって?どうしようもないな.では我々のインターフェースに機能を加えてみよう.それにはイベント・ハンドラーと少しばかり JavaScript を使うよ.一番便利なイベント・ハンドラーは、というのは用途が広いからだけど、「command」と呼ばれるものだ.それはユーザーがボタンをクリックするとかメニューから選ぶと行った動作を起こしたときそのトリガー(何かを起こさせる誘因)になるものだ.ボタンの属性に command を加えてみよう.そうするとボタンがクリックされると JavaScript を実行することになる.

<button label="Cute as a button" oncommand="alert('Ooh, that tickles!');"/>

どうだい?ちゃんと書けたかな?ハンドラーは外部の JavaScript ファイルから関数を呼び出すようにする.外部にある方が何かと便利なのだよ.その為にはその参照する外部ファイルのポインター(参照相手の場所を示すもの)を window 定義の後に書いておこう..

<script type="application/x-javascript" src="chrome://myextension/content/cutescript.js"/>

梱包して動かしてみよう

多分君はポップアップが出るだけのじゃなくてもっとエキサイティングな有名で人気が出るものを作りたいと言うだろう.でもそれは君が自分でやることだ.今やっているのは初歩の初歩基礎の基礎だからね.さてさっきの cutescript.js だけどこれは後で纏めて XPI に梱包するとして、先ず色々なものの配置をやっておこう.一つディレクトリーを作って MyCuteExtension と名付けておこう.次にこの下にサブディレクトリーを幾つか作っておく.それらは、chrome、content だ.次に好きなテキストエディターで cutescript.js をつくり、content の下に置いておく.cutescript.js には次の記述をしておこう.

function tickle(){
alert("Ooh, that tickles!");
}

次に同じ content ディレクトリーの下に XUL ファイル cutexul.xul を置いておく.その内容は今まで我々がやってきたのとほぼ同じものだ.

<?xml version="1.0"?>
<?xml-stylesheet href="chrome://global/skin/" type="text/css"?>
<window id="yourwindow" xmlns="http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul">
<script type="application/x-javascript" src="chrome://myextension/content/cutescript.js" />
<button label="Cute as a button" oncommand="tickle();" />
<menubar>
<menu label="Menu">
<menupopup>
<menuitem label="Grilled Cheese"/>
<menuitem label="Chocolate Milk"/>
<menuitem label="Fried Pickles"/>
</menupopup>
</menu>
</menubar>
</window>

これが書けたら、この2つのファイルを ZIP で固めて cute.jar というファイル名で chrome ディレクトリーに保存しておこう.元の圧縮していないファイルはそのまま content ディレクトリーに残しおく.まあそいつ等は我々の獣の筋肉組織といったところかな.でお次は何をやる?ちょっとしたインフラの整備だ.contents.rdf というファイルを content ディレクトリーに作って欲しい.RDFRDF の日本語版は多分こちら )は拡張の中で何お役に立つか説明している.具体的に言うと次のようものである.

<?xml version="1.0"?>

<RDF:RDF xmlns:RDF="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:chrome="http://www.mozilla.org/rdf/chrome#">

<RDF:Seq about="urn:mozilla:package:root">
<RDF:li resource="urn:mozilla:package:mycuteextension"/>
</RDF:Seq>

<RDF:Description about="urn:mozilla:package:mycuteextension"
chrome:displayName="My Cute Extension"
chrome:author="Anonymous"
chrome:name="mycuteextension"
chrome:extension="true"/>

</RDF:RDF>

ディレクトリー構成について混乱させたかも知れない.分かりやすく書くと以下の用のなる.

mycuteextension
  | - chrome
    | - cute.jar
  | - content
    | - contents.rdf
    | - cutexul.xul
    | - cutescript.js

Extension Developer's Extension ( EDE )は幾つか役立つツールがあって次の展開でも使うものがあるが、この拡張自身まだ発展途上で色々問題を抱えている(これに関してのフォーラムはこちら).ではメニューの「ツール」 -> Extension Developer -> Extension Builder で、「Extension Builder」ツールを出して貰いたい.出したらそのウィンドウでまず working directory を書いて貰いたい(訳者注:browse ボタンがあるので先ほど作った mycuteextension を指定する.).次に「Edit install.rdf」をクリックして出てきたウィンドウで自分の個人情報や、拡張の情報を書き込み、一番下の欄(訳者注:Min Ver と Max Ver を書き込むようになっている)で対応する Firefox のバージョンを決めておく.Firefox 1.5 から Firefox 2.0 が無難であろう.保存して閉じると Extension Builder は install.rdf ファイルを作ってくれる.

Edit install.rdfで出るウィンドウ
(訳者注:この図は原文にはありません).

次は「Build extension」をクリックする(訳者注: install.rdf を上のようにして作っていないとこれは使えない.次も同様に手順を踏んでいかないと先には進めなくなっている).これは必要ファイルを ZIP で固めて XPI ファイルにしてくれる.次は「Install extension」をクリック.これで新しい拡張が Firefox にインストールされるのだ.ほーら、後は Firefox を再起動すれば君の作ったボタンとメニューの新しい拡張が載っているはずだよ.来月はその取り外し方のチュートリアルをやるからそれまでそのままにして置いてね.

自動のプロセスが巧く動かなかったら自分で手動で install.rdf を書き XPI ファイルを作らなくてはならない.

XPI ファイルを友達に配布しても良いし、Mozilla の拡張の置き場に出しても良い.そうなると誰でも君の拡張を各自の Firefox にインストール出来るという寸法だ.

拡張を作るというのはとても複雑な仕事なのだ.私は君に正しい道を示したつもりだ.間違った大変な道に進まないで貰いたい.実は拡張の作成には様々な方法があるのだ.ディレクトリー構成にやバージョンの管理に関しても色々な流儀がある.こちらのチュートリアルは分かりやすい筋道を提供しているかも知れない.またこちらのチュートリアル(XULPlanet)XULPlanet(日本語版) )も非常に分かりやすい.

一応の内部構造は分かったのだから一番良いのは他の人の作った拡張を見て自分のスキルを磨くと言うことだ.XPI ファイルをダウンロードして(インストールではなく) XPI と JAR ファイルを解凍して Extension Developer's Extension を使ってインターフェースを決める XUL ファイルとそれを動かす JavaScript ファイルを研究すればよい.

結局最後まで訳し更に実際に Extension Developer's Extension をインストールしてやってみました.ただし、 install.rdf の書き出しはやりませんでした.既存の拡張のと見比べてやれば何とかなりそうですが書き込む内容が分からず眺めるに留まりました.このシリーズ来月にも続編が出そうですがそれを訳すかどうか分かりません.webmonkey は日本語版もあるのですが(これもないか調べてみた)4ヶ月ぐらい遅れて出るようです.

所で拡張の Developer Extension ですがこんな拡張があると入りませんでした.これは Mozilla Add ons には登録されていないようですが使い勝手は良いように思います.実際に拡張を作っている人は使っているのでしょうか.まどろっこしくてやっていられないと言うものでしょうか.

[to index]  [to top]

06/07 ■(7/25b) Firefox と Google

採り上げた記事の題名は Blogs for Firefox - The Great Love Affair (Monday, July 24, 2006) 「The Great Love Affair」です.

何故 Firefox は Google と親密な関係を続けなくてはならないか?

それはなぜなら Google は

  • ...経済的に筋肉ムキムキだからか?
  • ...オープンソースを支援しているから?
  • ...マイクロソフトでないから?
  • ...ナンバー1の検索エンジンだから?

これらの答えはどれも正しいだろう.だが次の記事のタイトルこそ何故 Firefox は Google と親密な関係を続けなくてはならないかの1番の解答だ.

Google crushes the competition again | InfoWorld | News | 2006-07-21 | By Juan Carlos Perez, IDG News Service
(訳者注:記事の題は「Google はまたもや競争を潰してしまう.」で内容は6月の検索エンジンのシェアーで Google はダントツのトップで 49.4 %、検索数26億7千万、2位の Yahoo は 23%、12億4千万、3位の MSN は10.3 、また昨年6月からの伸びは Ask が66% の伸びでトップだが、Google は2位で 31 %の伸び、そして検索による広告マーケットは数10億ドルの市場であって Google の得る収入は大変なものであるという記事です.)

もしこの記事を見逃していたら見て置いて欲しい.

これこそ Mozilla が Firerox の成功のためには必要なパートナーのタイプなのだ.

何だかな、可愛い Firefox の為には逃がしちゃいけない今をときめく Google 旦那という感じで後味の悪い記事です.題名の「Love Affair」だって情事と取れるしな...

06/07 ■(7/25) 最初の拡張

といっても Firefox の拡張の第一号は何かといった話ではありません.以前はコンピュータで何かの初歩をざっと見てみようとすると webmonkey と名前が挙がってきました.今はどうか知りませんがざっくばらんで軽快な語り口調で初歩の初歩を解説してくれたものです.偶々、webmonkey - Your First Firefox Extension (221 June 2006) (あなたの最初の Firefox の拡張)というのが目にとまったので訳してみます.よく読んでいないので挫折するかも知れません.その場合は「もう手に負えないので以降略」とします.

Page 1

オープンソースのブラウザ Firefox は10%そこらのシェアーがあるのだが一つ秘密を持っている.

about:mozilla 何てのはもう古いよ.Firefox の秘密は Jessica Simpson のと同じものだ.つまり努力しないでうっとりさせるスタイルの結果でね、うーん...つまり extensions (拡張だ).

君が Firefox の一番クールな機能、All-In-One Sidebar とか MeasureIt を使ってみれば君は今まさにぴかぴかの美しい拡張を見ているってことだ. Firefox の拡張は本体の制作者が思いもよらない特別な機能を追加して本体ときっちり一体となって動いてくれる.可能性は無限で、拡張を作ると言うことは君の望むものを Firefox の枠内で1つのアプリーケーションとして作るみたいなものだ(Firefox というとき以降「あるいは Mozilla 」という言葉も添えられていると思って貰いたい.).

さて今日はその魔法の拡張を作るっていう奴をやってみよう.まずつ扱うのは XUL というマークアップ言語だ(正確に言うと eXtensible [または "XML-Based"] User-interface Language 「拡張可能な[または XML ベースの]ユーザーインターフェース言語」ということだ).そいつはツールバーとかメニューとかキーボードのショートカットを記述するものだ.それにこれは Firefox が内部でユーザーインターフェース(開発者だったら chrome と呼んでいる)に使っている奴でもあるのだ.兎に角 XUL はユーザーインターフェースを提供するものだ.それに JavaScript はその機能を提供する.

XUUUUL

もし君が XML で仕事したことがあれば君を雇うよ.いやいや御免、つまり XML を弄ったことがあれば XUL はなじみ易いってことだ.どの XUL も名前空間の宣言から始める.そしてその中に <tooltip> とか <progressmeter> とタグを書いていく.Firefox の XUL パーサーは HTML や JavaScript のパーサーの直ぐ横にあって似たようなラインで動いていく.XUL の基礎を知りたければ XULPlanetXULPlanet(日本語版) )を見ればよい.膨大で精緻な内容を見ることが出来る.Mozilla は豊富なドキュメントを用意してくれている.

そうこうしている中に我々に残されているのは飛び込むだけだ.拡張はたくさんのコンポーネントから構成されていてそれらは皆ちゃんと同期している.以下は拡張の解剖学の概要である.XPI ファイル、これは拡張のファイル形式で特別な ZIP 書庫である.先ずそれを解凍してみよう.但しこれは標準的な奴で幾つかの拡張だともっと大きく色々なものが詰め込まれているがキーとなる要素は同じものだ.さて解答した結果最も重要なものは install.rdf と chrome ディレクトリーだ.そのディレクトリーの中には JAR ファイルがある.その他オプションのディレクトリー、components、defaults、plugins などだ.既に知っている人もいると思うが、JAR ファイルも ZIP の別の名前だ.で、その中を覗いてみると(他のファイルもあるだろうが)仕事を全部やってのける XUL ファイルが見つかるだろう.

さて我々の拡張を作るには上で見てきたファイルを全部作ればいいのだ.悲鳴を上げる前に目的を達成するのにかなった extension を先ずインストールしておこう.これを動かすには Firefox か Mozilla が必要だ.君が IE しかないというのだったらこの文を全部印刷して公園にでも行って読むんだね.

XPI ファイルを解剖するには ZIP ファイル名を変えて解凍すればよいのですがまた更に JAR ファイルを同様にしてとなると面倒です.XPI にも JAR にも対応してクリックするだけで中身が見えるアーカイバーソフト 7-Zip をインストールしておくと XPI ファイルを右クリックでコンテキストメニューから開けます(7-Zip は Mac 用も、Linux 用もあるようです).

この文章もう一頁ありますが内容は未だ読んでいません.筆者は XPI の中を覗くぐらいのことはしたことありますが実際に拡張を制作したことありません.従って2ページ目は読んでみて内容が手に負えるようだったら明日以降に訳します.訳せない場合もあります.

[to index]  [to top]

06/07 ■(7/24c) 変化の時間(トキ) #8 #9 #10

執筆者の伊藤学さんご自身のブログ、KOMOREBI || blog 「お陰様でもう半年です。」2006年07月20日 で連載が既に10回目になったのを知りました.チェックしているつもりが漏れていました.前回 #7 の時が4月だったので月1回更新のペースですね.

ここのページは Firefox をこれから使ってみよう、あるいは使い始めたという人にはぴったりのページです.何よりも文章が良いし Firefox オタク臭が全くなく、第一回から順に読んでいくと Firefox の良さがじわじわと分かってきます.初心者向けといっても内容が幼稚といった意味ではなく気に入った Firefox というソフトウェアーを公平な目でどういうものか、何が出来るのか、どういう面白い拡張が出来るのかを淡々と説明しています.だから Firefox を人に勧めるときはこれを読んで貰うのが一番だと考えています.

06/07 ■(7/24b) ブラウザのスクリーンショット

ブラウザのスクリーンショット

世の中にある多くのブラウザでサイトがどのように見えるかを検証すると言っても限度があります.このページは以前知っていたサイトなのか、ここで採り上げてはいませんがそのサイトはずっとどこだったか忘れていたら同じなのかどうか、時間が掛かるところを見ると同じかも知れませんが見つかって、兎に角 browsershoto.com - Test your web design in different browsers に行って見たいサイトの URI を入れて「Start」ボタンを押して待っていると、5種類の OS でそれぞれ色々なブラウザとその幾つかのバージョンでスクリーンショットを撮って貰えます.玉に瑕はものによっては時間が掛かることでしょうか.このサイトはドイツみたいなのでドイツが夜中の時間を狙うと速いかも知れません.

06/07 ■(7/24) Vista のオープン化?

ZDNet.fr - Microsoft promet que Vista sera un modèle d’ouverture à la concurrence (20 juillet 2006) (マイクロソフトは競争のため Vista のオープン化を約束)です.

戦略−マイクロソフトは欧州委員会の新しい判決の一週間後マイクロソフトは PC メーカーに次期 OS である Windows Vista をオープンにし、残る問題はどのような形でそれを実行するかだと発表した.

マイクロソフトは本当に戦略を変えようとしているのであろうか?2億8千万ユーロの罰金という2度目の欧州委員会の判決後数日して Vista を含む今後の OS は競合するソフトウェアーに対してオープンにしていくとの発表である.

マイクロソフトの法務部長(directeur juridique)である Brad Smith はワシントンでの7月19日の談話の中でこの率先しての「自主規制」とオープン化を明らかにした.これは主に PC メーカー向けのものであるが、メーカーが望むなら自由に OS にソフトウェアーを組み込むことが出来るというものである.特にデフォルトで何を組み込むかはメーカの選択に任されたとえそれらがマイクロソフト製品の一部でなくても構わないと言うことである.

これはヨーロッパやアメリカの競争に関してのこれまで何年にも渡る非難に対して聞く耳を持つと言うことである.Vista に関してこれを実行することで新たな法的失敗や財政的に余計な罰金から免れたいと言うことであろう.

デフォルトの検索エンジンの変更

Brad Smith によると具体的に例えば Vista の検索エンジンをデフォルトでマイクロソフトが載せているものを競争相手のと取り替えても構わないと言うことだ.これは5月に最大のライバル Google から出された異議に応えるものだ.

Google は Vista が一体化しているブラウザ、Internet Explorer のデフォルトの検索エンジンとして MSN を搭載していることに不満をぶつけている.欧州委員会はその点に関しても別途審議すると言い渡していた.

この発表はあったものの具体的な問題には言及しなかった.例えば IE の競争相手 Firefox や Opera をデフォルトのブラウザとして搭載することとかあるいは OpenOffice.org はどうなのかである.

従ってユーザーは未来の Windows がどれほど大きな変化を受けて手元に届くかはっきりしていない.しかし Brad Smith はユーザーも好みに応じて OS を変更して貰えると保証している.また開発者もライセンスの元にこれまでより多く API にアクセス出来るようになるようだ.

これに関連して ITmedia 「Microsoft、Windows開発の「独禁法対策」自主原則を制定」2006年07月20日 も参考になります.文中「Microsoft 以外のソフトをサポートしたメーカーに対する報復はしないと明記」とあるのはこれまでそうだという噂はやはり本当だったということが明らかになりました.この2つのニュース恐らく同じソースなのでしょうが関心の向け方によって違って見えるには面白いところです.

先日 (7/12) IE の行方 で書いたようにどうも本気でマイクロソフトは体質を変えようとしているような気がします.しかし恐らくそうなるとこれまでの規模は縮小せざるを得ないでしょう.そんなことに耐えられるのでしょうか.突然革新派が粛正されるというどんでん返しがあるのかも知れません.

[to index]  [to top]

06/07 ■(7/23d) Firefox 2 の検索エンジン(解答)

今日の出だしに書いた「Firefox 2 の検索エンジン」はどうなるかの疑問、何もかも 朝顔日記「Re:Firefox 2 の検索エンジン(もしくは SearchPlugin Generator)」2006-07-23 で答えて頂いております.詳しくはそちらを読んだ方が良いのですが.自分用メモの積もりで箇条書きしておきます.

  • 1.5 までの *.src + イメージも 2.0 以降そのまま使え、新しい OpenSearch 形式の xml に書き換えてくれ古いのはバックアップまでとってくれる(プロファイルの searchplugins/searchplugins-backup ).
  • 1.5 までのインストールに使用した Javascript はそのまま使えインストールと同時に書き直してくれる.
  • この XML 形式である OpenSearch Autodicovery は今後汎用的になり IE 7 Beta 3 でも認知してくれる.
  • Osearchplugins.netPlugin List は Firefox 2 と IE 7 両方で使えるもの(殆ど)を配布している.
  • OpenSearch 方式の検索エンジン用の xml 生成してくれるサービスは
    Generate Plugins
    使い方は前記「朝顔日記」にあります.

疑問を投げかけて本当に良かったと思います.更に疑問以上の情報もたくさん頂戴して本当に有り難うございます.

06/07 ■(7/23c) 番組表

といっても TV、ラヂヲのではなく、データバックアップメモ - extended -「はてなRSSでFirefox関連の番組表を作ってみた。」2006/07/22 で作られた Mozilla 関係の「番組表です.こちらのブログは先日触れた、Re:埋没した「宣伝」2006年07月10日 を書かれた方の主催によるものです.それはさておき、当の「番組表」は Mozilla 関係のものばかりブログであるとかソーシャルブックマークであるとか11の切り口から作成されています.この「番組表」は「はてなRSSをテレビ番組表のように表示できる新機能が公開された。」ものでそれを実際に試したとのことです.「番組表」のもつ特徴は時間軸に沿って複数種類のものを表示すると言うことにあるのですが、この試みは面白いものの時間との関係がそれほど意味を持つものではないブログではどうなのでしょう(ニュースなど追っている人には意味があるのかな)、見た目はとても煩雑な感じがするし、横に広がると(文字を大きくしたいために横に広がるのも含めて)見にくいし、そういえば実際の TV の番組表も PC で見るより紙媒体で見る方が見やすいですね.

06/07 ■(7/23b) RSS リーダーと CSS

Sage の前身の名前は忘れてしまったがそれが登場するまでは FeedDemon というのをちょこっと使っただけでそのころはまだ IE 仕様で(その後 Mozilla 対応にもなったらしい)使いにくさは格別でその所為であまり使うことも無かったので CSS がどうであったか忘れてしまいました.読みにくかった印象しかないので多分対応していなかったのでしょう.Webビジネス 「RSS リーダーは CSS には未対応」2006年7月21日 は殆どの RSS リーダー が CSS 未対応を伝えています.

最近では Google Reader が出て以来 Web RSS リーダーが色々あるようですが筆者のように、勿論毎日全部読むわけではありませんが数百も登録していると何と言っても Sage に勝るものはないと思っています.CSS だって自分の好きなようにできるし、Sage 自身もたくさんの CSS を用意しています.だから単独の RSS リーダー が CSS に対応しているかどうかどうでも良いという感じですが、今時 CSS をサポートしていないなんてあきれました.

Sage で時々困るのは更新しているとき何かのエラーがあるらしく延々と読み込みをしているページがあるとそのうちタイムアウトになるのか止まってしまいそれより下に有るものは更新状態が分からなくなってしまうことです.一つづつとかフォルダ単位で更新出来る機能があればよいと思います.もう一つは登録するとき Sage の虫眼鏡で登録すると一番下に登録されてしまい、後で好みの場所にドラッグしていくのも一苦労です.最初からドラッグ&ドロップ出来たらどんなに良いかと思います.

06/07 ■(7/23) Firefox 2 の検索エンジン

Firefox の検索エンジン(右上の検索バー)に登録する検索エンジンは 1.5 までだと、*.src という XML ファイルとアイコン画像の組み合わせでしたが周知の様に *.xml ファイルだけになり画像はその中に、
<Image width="16" height="16">data:image/x-icon;base64,......(この記述を取り出すには以前「朝顔日記」で紹介していた The data: URI kitchen を使えば容易に取り出せる)
の様に書いておけば良いようになりました.

実はその現物は、Firefox 2.0 用検索プラグイン集 1.5.8 で知って、firefox-2.0b1.ja.searchplugins-1.5.8.zip をダウンロードしてソースを見て分かったのです.この ZIP には全部で8つの XML ファイルが入っていました.自作するにはそれらを参考にすれば何とか出来そうですが、自動インストール用の Javascript は現在Mozilla の検索機能 に載っている、addEngine() はもう使えなくなると思います.いや、画像のパスは取って *.src を *.xml にすれば良さそうですね?しかしそれはもう必要ないのかも知れません.Firefox 2 からは自動検出されるという話ですから.しかしちょっと不便なのは今までだと検索エンジンからそのサイトを知るということがありましたが、そのサイトに行って自動検出ということでしょうか?

制作配布はさておき Firefox 2.0 あるいは ベータをインストールしたとき現在使っている検索エンジンはどうなるのでしょうか?全部無視されるのか書き換えてくれるのかその辺の事情を探したけれど見つかりません.

[to index]  [to top]