Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - MEMO
Permanent Links(2006年5月-2)

MEMO ■ ■ ■ ■ MEMO ■ ■ ■ ■

06/05 ■(5/31) 踵に噛みつく

Telegraph.co.uk - Firefox snaps at Microsoft's heels (28/05/2006)「Firefox Microsoft の踵に噛みつく」です.これは Mozilla や Firefox など聞いたことのない人への紹介文です.co.uk はイギリスですがイギリスはヨーロッパの中でも Firefox のシェアーの低いところでこういう記事が出るのでしょうか.

「Mitchell Baker は普通の技術者のようには見えない(訳注:Mitchell Baker は技術者ではなく弁護士出身、記者は一貫して技術者と思っている様子.).彼女を最初に見て際だった印象を受けるのは赤く染めた髪と優雅なゆったりとした着こなしで経済人とは見えない.

しかし彼女は Mozilla Foundation のトップであり世界で最も重要なインターネット界の事業家である.2004年11月に Firefox ブラウザをリリースして18ヶ月後には5千万人のユーザーを獲得し、シェアーは世界全体で15パーセントに登っている.読者は Mozilla について聞いたこと無いかも知れないがその理由はこの Mozilla Foundation が複数の株主も投資家も数百万ドルのサラリーを貰っている重役もいないからかと思う.

Mozilla はインターネットから莫大な利益をかき集めることより自由を求めているのだ.この組織は非営利団体で Firefox はオープンソースで開発が進められている.オープンソースというのは誰でもがソースにアクセス出来、部分部分のの開発に参加出来るのだ.

Microsoft が高い給料を支払った技術者軍団を使っているのに対して Mozilla は少数の技術者と夥しい数の強い意志を持ちハードワークにめげないボランティアによって製品を作り出している.利益や配当や投資や報酬の普通の方程式は成り立たない.Mitchell Baker は趣味として空中ブランコをやり週に2回は飛んでいるそうだが、その彼女が Bill Gates の悪夢となっているのだ.

1999年に彼女は Netscape 社の一部門であった Mozilla に加わりその後2001年には Netscape の親会社から窓際に追いやられ、2003年には Netscape そのものが閉鎖され、Mozilla Fundation に移って今の Firefox へ引き継がれる仕事を継続した.

今日では Firefox はマイクロソフトのインターネット・エクスプローラーのシェアーをむさぼり食うまでになった.IE は長年セキュリティー問題という難問に悩まされ機能としても Firefox には見劣りしている.Firefox はそれほど良い製品でなくてもアンチ企業製品のオープンソースの製品としてインターネットのユーザーから直ちに絶大なる賞賛を勝ち得た.

成功を収めた後でも Mozilla ファンはそのルーツが利他的な所から始まって今では利益を出すまでに成長したことにますます関心を高めている.Mozilla は利益を生むようになったことを隠してはいない.Mozilla は Google をパートナーとしていて搭載の Google の検索エンジンがヒットした際の広告収入の80%を Google から手に入れている.

『我々は数千万ドルの収入を得ている.しかし巷で云われている7千2百万ドルより低い数字だ.』と Baker.

だがファンの一部は Mozilla がものを売ることを快く思っていない.Baker はオープンソースがお金を生み出すことにそぐわないとは思っていないと言う.

『Mozilla 製品の4千万、5千万ともいわれるユーザに我々は良かれ悪しかれ責任がある.私はお金に関してどうするかの話を始めたばかりであるが、そのお金は 8千万のユーザーをサポートするインフラの整備には有効である.確かにお金がどういう意味を持つか疑わしく思っている人たちがいる.彼らには突然 Firefox が不純なものになってしまったのだ.だが私に言わせると、お金自体は問題ではないのだ.哲学的な意味は分からないがオープンソースがお金を生み出して悪いわけがない.』

Baker は収入を製品をよりよくするために費やすことを示し続けていれば Mozillan の良いところは失われないはずだと信じている.現金の一部はまさかの時のためにファンドとしてとっておき、また一部は世界中の開発者のコミュニティーの連帯の強化に当てる計画を持っていると言う.

『開発者の一部は会社と雇用契約をしていない.全員にお金を払うことは難しい.そこでこのことに関して未だ動いているわけではないが協議会みたいなものを発足させようと思っている.』と Baker は語っている.

IE の真の挑戦者として Firefox 登場は Microsoft を立ち上がらせ状況を認識させた.このアメリカのソフト産業界の巨人は Mozilla とオープンソースコミュニティーの行った改革に対して反応を示し始めている.次期 OS である Windows Vista に搭載される IE の新しいバージョンは Firefox から多くの機能を取り入れ、既にベータ版、あるいは試用版として利用可能になっている.それは Firefox のコアーであるタブ機能を備えセキュリティー面でも進歩している.

そこで Microsoft が Firefox の機能を自分の所のブラウザに持って行ってしまったことをどう感じているか Baker に尋ねてみた.彼女はちょっと考えて『Firefox は素晴らしい機能を備えている.それが更に広がっていくと言うことは嬉しく思う.』と答えた.

Bill Gates はこの言葉をノートにとっておくと良いだろう.」

筆者は以前イギリスに何年か住んだことのある友人から、イギリスの庶民というのはものの価値が何でも金額と結びつけて考える.花瓶一つが良いものかどうかを幾らだから良いものである、あるいは悪いものであるという価値判断をする.と聞いたことがあります.文中 Mozilla を知らないのは普通の企業みたいに金儲け主義でないからといった箇所がありますがその話を思い出しました.この文章はどの位の層が読むのか知りませんが階級社会のイギリスの庶民はということです.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/30e) Mozilla とは縁もゆかりもない

ばんぺ〜ゆっ♪「9割の人が、Blog は匿名で作成 」2006年05月30日 で「(5/30b) Mozilla Japan の顔」に応えて筆者が Mozilla Japan 関連の人間かどうか疑問を投げかけておられます.
答えは「滅相もない縁もゆかりもない」です.

06/05 ■(5/30d) Mozilla Japan のイベント

Mozilla Japan イベント情報 から2つイベントのお知らせが出ています.

  • 5 月 31 日、LinuxWorld Conference & Expo/Tokyo
    「Firefox から学ぶオープンソース 〜みんなが主役 Mozilla プロジェクト〜」と題したセッション
    これ明日ですね.
  • Interop Tokyo 2006 にて Mozilla Day 開催(6 月 7 日、有料)

06/05 ■(5/30c) 開発者への報酬

CNET Japan「モジラ財団、開発者への報酬を検討」2006年5月29日(月) 特にこれといった目新しいニュースはなく既に知られていることばかりですが一応リンクを貼っておきます.

06/05 ■(5/30b) Mozilla Japan の顔

デイリーリサーチ 「Blog は匿名で作成」9割以上 (「Blog は匿名で作成」9割以上 ) は最近の日本でのブログについての調査です.その中で注目すべきは「『実名』を公開している人はわずかに6.62%。『匿名』で運営している93.38%を大きく下回る」と云う箇所です.

いつも Mozilla Japan の顔が見えないと書いていますが、Mozilla 関係のブログでどのブログが Mozilla Japan の人のか、あるいはボランティアーにしろ Mozilla Japan に出入りしている人なのか殆ど分かりません.実名を書けとは言いませんが、Mozilla Japan の関係者ならそれと分かることを書いて置いて貰いたいと思います.名前を「鎌倉殿」、「堀川殿」と云った按配に居住地で呼んだり、最近だとサイト名、ブログの題名で呼んだりするのは日本の文化でそれ自体は興味深い事象ですが、顔を見せる必要のある人も有るのではないかと思います.

06/05 ■(5/30) 一つの時代の終わり

Louis Naugès - La fin d’une époque : le double abandon de Dell ! (27/05/2006) 原題は「一つの時代の終わり:Dellの2つの放棄」です.長いので以下は要約です.

「5月25日は90年代から続いた一つの時代を終了させるものとなった.コンピューター界の2人の立て役者が必要不可欠という時代の終了である.立て役者とは Intel と Microsoft である.

世界第一の PC の売り上げを誇る DELL は当初から Wintel と称される Intel と Microsoft の搭載機を売ってきて Wintel のシンボル的存在であった.確かに Linux 搭載の機械も売ってきたがその数は1%を越えたことがない.

DELL はこの一月足らずのうちに2つの発表でこの3社の同盟にひびを入れてしまった.一つはサーバー機に Intel ではなく AMD を搭載するという発表で、この最初の一歩で他の機種にも AMD が採用されていくことになるであろう.

もう一つの発表は1億台の機械に Google のソフトをデフォルトで搭載というものだ.Google はこのために1台当たり10ドルもの金を DELL に支払うことになった.プレインストールソフトを自社ものもので支配を計っていた Microsoft にとっては Google は悪魔のような存在であろう.

ここで重要なのはこれまでの金の流れが DELL -> Microsoft から Google -> DELL へと変わったという点である.

DELL は変化するとき対立構図を利用してきたが今回も
AMD 対 Intel
Google 対 Microsoft
という対立構図である.この変化は一見小さなものに見えるが大きな変動の先触れである.他社も DELL に追従するであろうからこの動きは加速され Wintel 支配の90年体制は崩壊するであろう.

この変動の意味は何かというと選択の自由がもたらされたと云うことだ.それだけ多くの企業に仕事の機会が増えると云うことでもある.
OS 無しの機械
好きな OS の選択
プレインストールソフトの選択、Google、Mozilla あるいは Microsoft
好きな組み合わせ、AMD か Intel、64 ビットか 32/64...」

本当にそういう時代になるのでしょうか.筆者は DELL の PC を使っていますが DELL の機械購入のサイトで今までも狭い範囲ながら選択が出来るようになっています.しかしこのサイトはずっと

「弊社オンラインストアは、Internet Explorer4.0以上、
Netscape4.6以上でのみご使用いただけます。」

となっていて Firefox は使えず腹立たしい限りです.ここが標準サポートのブラウザに解放されたら変化が本物と考えることにします.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/29) Google、Microsoft 検索エンジン

Standblog - Google, Microsoft et Firefox : deux citations (eudi 25 mai 2006) を以下いい加減に訳します.原題は「Google, Microsoft そして Firefox:2つの引用から」ですが引用している本文を当たってみるとめちゃめちゃに長いのでそっちはまったく見ないでということにします.

「フランスのコンピューター界の2人の大物が Google、Microsoft そして Firefox の関係について文を書いている.その最初は、Pierre Chappaz の 「検索エンジンに関しての争い」 である.以下引用する.

『Google は仲裁裁判の延期に関して何の疑いを持っていない.Google はオープンソースで10%のシェアーを持つ Firefox の宣伝に一役買っているがその Firefox にはデフォルトの検索エンジンとして Google を載せている.そして IE 7 と同じに簡単に別の検索エンジンと取り替え可能である.しかしながら状況は対称的とは言い難い.Firefox は Google とは独立した組織のものだからだ.また全ての PC で標準に搭載されているというわけでもない.

Microsoft は将来も IE 7 に自分の所の検索エンジン( MSN )を載せて、Google とか Yahoo といった別の検索エンジンをに搭載するには設定を変更しなくてはならないのだろうか.IE 開発の責任者 Gary Schare の答えはノーである.ユーザーが前もって変更することが出来るといっている.

これは重要な点だと思う.だがこの約束が守られたとして、IE 7 は単発銃のようなものだ.IE 7 が出れば Microsoft はわざわざデフォルトの検索エンジンを変更したりしない数百万のユーザーを自動的に取り戻すことになろう.それに他の検索エンジンを選ぶよう圧力をかけるなんてこと出来ないのだからどれだけ Microsoft に有利か予想は困難だ.』

私はこれはどうかと思う.PC は新しい VISTA に塗り替えられそれは当然 IE 7 搭載だし、検索エンジンは MSN である.かくしてパートナー企業が新しい PC を売りさえすれば MSN のシェアーは延びていく.Google が懸念を表明しているのはこの点で、公正な競争でないと訴えているところなのだ.議論を始めるのが少し早すぎて Google の繰り言にしか聞こえなかったのだが、Google は今や小さな便利な検索窓だけの存在ではない.とはいえ情勢は Google には不利である.

もう一方の文章はは Jean-Louis Gassée の Microsoft mat en 3 coups で魅力的な多方面からの分析であるが私には解説するだけの時間がない.主題はしっかりと補強されているが、細部まで考慮が払われない様に見える.例えば Microsoft が DRM に関して行う莫大な投資である.大したことでないと思えるかも知れない.だが、パートナー企業を潤し、また DRM で守られた文化資産を買い取ってユーザーを IE につなぎ止めておくウルトラ−オーナーシップともいうべきテクノロジーを覗いて見るが良い.ARTE を例に挙げるなら次のような典型的な注意文がある.

『当サイトの VoD (ビデオ・オン・デマンド)は Microsoft の DRM を採用しているため Windows の Internet Explorer のみの対応になっています.』

Microsoft はこのような技術を使って Web の大半を囲い込もうとしているのだ.だから Google が勝てるなんてほど遠い話なのである.」

Google が IE 7 の検索エンジンをデフォルトで MSN にしているのは不当と抗議したことはどうも Google のごり押しと一般に受け取られていたようですが、そうではなくもっと大きな囲い込みに対する正当な抗議であるということですね.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/28b) Table レイアウト

スラッシュドトジャパン 「世間はまだまだテーブル・レイアウトが主流?」2006年05月26日 です.まだまだこんなに Table レイアウトが多いのです.「中央省庁の脱テーブル状況」というのも驚きあきれるばかりです.

06/05 ■(5/28) Washington Post の記事

Security Fix - Brian Krebs on Computer and Internet Security - (washingtonpost.com) - Mozilla to End Support for Older (1.0.x) Firefox Versions(May 24, 2006) は特に目新しい内容はありませんが、Washington Post というネームヴァリューで採り上げてみました.以下抄訳です.

「Mozilla は来週 Firefox のセキュリティーフィックスとその他のアップデートを予定している.だがまだユーザーのいる古いバージョン 1.0 系(現行は最終バージョン 1.0.8)は今後アップデートは行わないということだ.

Mozilla のセキュリティー部門の Dan Veditz の話では何故 1.0 系はやめるかというと、それはブラウザにパッチを容易に当てられるようにする為だという.1.0 系では出来なかったが 1.5 系(最新版 1.5.0.3)ではアップデートが自動でなされるようになったからだ.

Veditz は、Firefox ユーザーの4分の1がまだ 1.0.x を使っていて、その4分の1はきちんとパッチを当てていないといっている.

『1.0.8 ユーザも使用をやめるべきだ.今後一切セキュリティーアップデートはなくなるのだから.』

1.0.x を死守したいという頑固なユーザーは8月のある時期まで待ってくれ.その頃 Firefox 2.0 が正式リリースされる予定だ.2.0 では新しいセキュリティーアップデートシステムも予定されている.それは Macromedia Flash、Adobe、Java などのプラグインの自動アップデートだ.

彼の話だと Mozilla はプラグインがアップデートされていないと警告を発するようにするかアップデートされなければ使用出来なくするかまたは自動的にアップデートするか未だ決めかねているという.

『Firefox のユーザーがどこかのサイトで攻撃を受けたという話は殆ど聞いたこと無いが、もしあり得るとしたら Java によるものだろう.』と Veditz は言う.」

(後1段落は 1.5 系へのアップデート方法なので省略)

遂に、1.0 系は終わりですね.でも使い続ける人がいるのですよね.この文の原文ではそういう人たちを、「diehard 1.0.x fan」と表現しています.
8月に Firefox 2.0 という具体的リリースの月が発言されたのは始めて見ました.それからプラグインの自動アップデートの話も.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/27f) メモリーリークのお知らせ(その2)

Another 朝顔日記「Another 朝顔日記」06-05-27 (Sat) で テスト版では Gmail のメモリーリークが直ったと報じています.どうも Ajax を使ったページの終了後 Leak Monitor はほぼ確実に知らせてきましたが Firefox 本体のバグでそれが修正されたということです.また昨日、Leak Moniter のバージョンアップが来ましたがそれ以降 Firefox の再起動は問題ありません.これは拡張自身のバグだったのかも知れません.「あれこれポップアップ」は相変わらず出ますがこれも Firefox 本体のバグなのでしょう.

06/05 ■(5/27e) Firefox 2.0 Alpha 3

mozilla links - Firefox 2 Alpha 3 review (Saturday, May 27, 2006) で Firefox 2.0 Alpha 3 のリリースを報じています.勿論これはテスト版です.未だ来月にはベータが出てと正式版までには長い道のりがあります.詳細は英語ですが同ページにかなり詳しく書いてあります.

06/05 ■(5/27d) 史上最悪25

PC WORLD - Topics > Consumer Advice >PC WORLD - The 25 Worst Tech Products of All Time 「史上最悪25のクノロジー」です.前書き部分の抄訳です.

「今まで人々に便利さと快適さを与えてきた製品について語ってきたが、これは今ではすっかり色あせたというものの我々の記憶にずっと残っている、きっと制作者本人も『何で俺はこんなもの作ってしまったのだ!』と泣き叫びたい非道い製品ばかりを集めてみた.

最悪だと言っても一応世に知られたものばかりで、PC WORLD が発刊されたこの4半世紀のものから選んだ.

ロケットサイエンスは含まなかったが、PC WORLD のスタッフでノミネートして最悪さ加減をテストして以下の25を選んだ.」

で、原文ではそれぞれ詳しい説明が載っていますが、以下ワースト10だけ名前のみ載せておきます.但し、8位にランクされる名誉を得たおなじみのものだけは名誉を讃えて一部説明を訳しておきます.

  • America Online (1989-2006)
  • RealNetworks RealPlayer (1999)
  • Syncronys SoftRAM (1995)
  • Microsoft Windows Millennium (2000)
  • Sony BMG Music CDs (2005)
  • Disney The Lion King CD-ROM (1994)
  • Microsoft Bob (1995)
  • Microsoft Internet Explorer 6 (2001)
    IE 6 はハッカーやその他の不良どもを容易に呼び寄せてしまう地球上で最も安全でないソフトウェアーとして記憶に刻み込まれている.どれだけ安全でないかというと、2004年6月には U.S. Computer Emergency Readiness Team (CERT) が安全のために IE 以外のブラウザを使うように異例の声明を発したほどだ.その理由は IE を使っていると変なサイトに行くとスパイウェアーを頂戴してしまうのだ.でパスワードやなんかの個人情報が持って行かれてしまう.マイクロソフトは穴を塞ぐべくパッチを出すが直ぐに次の穴が狙われる.その繰り返しで止めどがない.(...)
  • Pressplay and MusicNet 2002
  • Ashton-Tate dBASE IV (1988)

06/05 ■(5/27c) Google と Dell

CNET Japan 「デルとグーグルが提携--第1弾は検索ソフトのプレインストール」2006/05/26 などあちらこちらで報じています.

前々からの話が遂に本決まりになったようです.「両社はこの提携に基づき、DellのPCにGoogleのウェブおよびデスクトップ検索用ツールバーを搭載して出荷するほか、両社のブランドによるホームページを立ち上げる。」手始めに Google ツールバーが載るようです.

CNET Japan には書いてありませんが Google の Dell に払う金額は10億ドル、3年契約で1億台の PC を対象だそうで、1台当たり10ドルですね.Mozilla もそのくらいお金があれば Firefox をデフォルトで載せて貰うのですね.しかし、10年分の収入が必要です.

06/05 ■(5/27b) IE と CSS つづき

Odysseygate.com 「IE7CSS問題のまとめと対策」 とか読むとどうやら先進ブラウザ(Firefox、Opera、Safariなど)、IE 7、IE 6 以前の分岐が必要みたいです.仕事で嫌々でなければ、ブログや自分の個人サイトなどは 「2.IE6以前切捨て派→ハック削除。さっさとインストールしろ」 で行くのが良いかなと思います.そうでないと IE 6 が残り続けてしまいます.Netscape 4.x も甘やかしすぎて消え去るのに時間が掛かりました.

筆者は IE 6 に対応せよと言われたら、先進ブラウザ用 CSS の呼び出しの後に

<!--[if lt IE 6]><link rel="stylesheet" type="text/css" href="shitIE6.css" /><![endif]-->

を使って IE 5 以下は知らんとやりますか.先進ブラウザ用 CSS の中には IE 7 のみに通用する IE ハックを書き込まなくてはならないでしょう.しかし困るのは、 IE 7 をインストールして IE 6 もおいておかないとならないことですね.

「関連リンク」

06/05 ■(5/27) Swarm

Swarm

What is Swarm? です.

まずは右の画像をクリックして大きい画像を見てください.説明を読むと、「web サイトの画像による地図でお互いの繋がり具合を示す.」とあります.見に行ったサイトが真ん中の地球みたいな奴でその周りにリンクしているサイトが取り囲むようにして繋がっています.一つをマウスでポイントするとそのサイトを示す小さい矩形の画像が少し大きくなりそれをクリックするとそのサイトに飛びます.

と説明してもインストールしたわけではありません.ここにあるデモ を見ての予想です.

さてインストールや起動はどうするかというと何とこれは Firefox の拡張でした.ここからインストール 出来るし Mozilla update にも登録されているので安心してインストール出来ます.

Mozilla update - Swarm

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/26c) 絵で見る Windows Vista

CNET Japan - 絵で見る「Windows Vista」ベータ2(2006/05/25) はサムネールが並んでそれが17頁もあります.当然サムネールは17ページ別のが載っていると思ったら短い解説と大きい画像1つと17枚の同じサムネールが載ったページが17あるという構成で何だか見難い作りです.

06/05 ■(5/26b) Firefox が企業に導入されない障壁

CNET Japan - モジラCEO:「オープンソースがいまだに企業のIT部門から敬遠されている理由」(2006/05/25) で Mozilla の Mitchell Baker が企業内に Firefox が導入されることの難しさ、障壁について語っています.それと、莫大な収入の一部をどういう形でコミュニティーに還元するかが少し具体的な形で述べられています.

「Baker氏は『企業は(Microsoftの)Internet Explorerにしか対応していないイントラネットを抱えている』と述べ、「われわれは、こういった企業のイントラネットをどうすることもできない」と付け加えた。」

こちらの方は IBM と連携してやっていくのでしょう.

「利益の一部をコミュニティに還元する方法を6カ月かけて見つけ出すための人材を採用するプロセスを開始」

ということになっているのですね.

06/05 ■(5/26) Opera による Blake Ross のインタビュー

Opera の公式ブログ、Opera Watch - Ask Firefox Founder and Creator Blake Ross (May 22, 2006) で Mozilla の Blake Ross にインタビューするそうです.いずれ内容は同ブログに掲載とのこと.以下全訳.

「Firefox は疑いもなく互換ブラウザの存在の認知に寄与してきた.そして互換性が無く崩れてしまうページの減少にも寄与して Opera ユーザーも恩恵を受けている.

発足以来2年足らずで市場シェアーの10%を獲得するという驚くべきことをやってのけ、これは第一次ブラウザ戦争後何者もなしえなかった数字である.

その Firefox の創始者であり作成者の Blake Ross が Opera Watch でのインタビューに応じてくれた.私の質問ではなくて諸君の質問を彼にぶつけてみたい.

質問したいことがあったらコメント欄に書き込んで貰いたい.その中からトップ10から12位を彼にぶつけてみる積もりだ.

このインタビューは Opera ユーザー向けでないかも知れない.だが Opera Watch はたくさんの Firefox ユーザーも登録している.Blake Ross 自身もその一人だ.全てのブラウザのユーザーは良い機会なのだから質問を考えて貰いたい.

どしどし良い質問を投稿して貰いたい.

しかし『荒らし』の様なのは困る.礼儀をわきまえたプロのインタビューにしたいから.」

インタビューの話とは関係ありませんが、Opera Watch の別のページ を見ると携帯用の Opera も Acid2 テストを通ったと言うことです.CSS に関しては Opera 6 までは Mozilla に比べてお話しにならなかったのですが急速に進歩して Firefox を追い抜いていきます.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/25c) Windows Vista ベータ 2

がリリースされ一般の人にも配布されると 笠原一輝のユビキタス情報局「MicrosoftがWindows Vista β2を公開」 は報じています.日本語版も出るとのこと.

とはいえそんな空いていてパワーのある機械を持っている人はそれほどいるはずもなく、こういう記事で様子を窺うしかありません.それに一般配布といっても「日本では新規ハードウェアと同時購入できるWindows XPのDSP版を購入すると、Windows Vista β2のDVDがもらえるキャンペーンなどが行なわれており、こうしたキャンペーンなどに参加することで、一般のユーザーもβテストに参加できる。」でコンピュータを買わないと駄目なようです.DVD 貰っても古い機械で動くのだろうか.新しいのに入れ替えるなんてことはしないだろうな.
まあこの記事は詳しいのでそれで我慢するしかありません.

06/05 ■(5/25b) メモリーリークのお知らせ

Javascript オブジェクトが終了時にメモリーを解放しないとメモリーリークだと知らせてくれる Leak Monitor という拡張を試しにインストールしてそのままになっているのですが、必ずリークのお知らせがでるものが筆者の環境では3つあります.

  • Gmail を開いて終了する(開いたタブを閉じる)とき
    Google 関係はカレンダーもポップアップを開くなどのことをしてページを閉じるとメモリーリークです.
  • Sage に登録した直後(ブックマークかも知れない?)
  • アンカータグに title があるとその内容と href のURI をポップアップしてくれる ArekorePopup.js という Javascript を使ってポップアップの出たて消えた後.これはある所で配布していて偶に使っているサイトぶつかります.

だからといってどうしようもありません.

「追記」
Another 朝顔日記「Leak Monitor」06-05-25 (Thu) でこの話題に触れてくださっています.
あれこれポップアップでは Leak Monitor は何も云ってこないとのこと、筆者の持っているもののバージョンを見ると「ArekorePopup.js (v1.2.5) 2003-10-04」でいま配布サイト行ってみるとこれが最新バージョンでした.Firefox のバージョンなのかな?
Firefox 終了時のクラッシュ、むむ!この最近 MR Tech's Local Install 付随の再起動ボタンで Firefox を再起動すると再起動しない.タスクマネージャーを見るとタスクが残っているということが屡々あります.また通常の終了ボタンで終了した時も同様です.起こる頻度は続けて毎回起きたりずっと起きなかったりでまちまちです.何かの拡張が問題だろうとは思っていましたが Leak Monitor の可能性大ですね.ただし Tab Mix Plus でセッションの再現を行っていますがクラッシュ後は必ずセッションの再現を行うかどうか聞いてきますが聞いてこないですんなりタブは再現するのでクラッシュという認識はしていないようです.

06/05 ■(5/25) こんなサイト

Standblog - En vrac, au retour d'Amsterdam (mardi 23 mai 2006)「アムステルダムから戻ってきてあれこれ」の中から以下たった2行.

FemFox は華々しく登場してセクシーを売り物にしたサイトですが以前 (2/22b) FemFox 関連 で紹介したようにうっかり喋りすぎた Standblog の主催者 Tristan Nitot はさんざんフェミニストから怒られ揶揄されました.その思いがあるのか今度は何も云わず2行ですませています.

さて今度の Net-actuality を見てみました.トップページにあの Firefox Girl がでかでかと載っています.その写真の上の巻頭の言葉は以下のようです.

「現在一番よく知られているブラウザは Mozilla 財団の Firefox と Redmond の企業の Internet Explorer である.

時と共にこのパンダ印のブラウザが IE の市場シェアーを蝕んでいった.

その間、Firefox をたくさんの人が採用するように IE をやめるべき理由を挙げたリストを作った人がいた.

だがここにはもうあなたが抗いようのない抑止戦力があるのだから直ちに Firefox に乗り換えるべきだと思う:

(その後に Firefox Girl の写真、その下のキャプションは)
でもさわらないでね.Florian のコピーなのだから...」

一番上の横に並ぶタブの左から3番目「Fights」をクリックしたページには色々な対戦が用意されていて、Internet Explorer 対 Firefox どちらを支持するか書き込みが並んでいて今の時点では Firefox 27 対 IE 6 で Firefox の圧倒的勝利になっています.

後で気づきましたがトップページだと思ったのはそうではなくListe des actualitès de la catègorie Firefox「 Firefox カテゴリー」の一番最近の投稿記事みたいですね.ここのサイトは Web 関係の色々なことに関しての BBS を集めたような感じです.しかし分かりにくいページです.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/24c) Firefox 2.0 を体験出来る拡張

mozilla links は最近日本語版が出るのが遅いですね.今日出たの mozilla links - Get Firefox 2 features now (Tuesday, May 23, 2006) を見ると幾つかの拡張を入れると今からでも Firefox 2 と同じ機能になるという記事です.載っている拡張は、

Feedview、Spellbound、Tab X、Session Manager、Microsummarizer、Google Safe Browsing

なんだそれだけのことか、だったらもう今でも Firefox 2 と変わらないのだとちょっとがっかりです.

06/05 ■(5/24b) Acid 2 テストの成績表

このページはポーランド語だそうで書いてある内容は分かりませんが現時点での Acid 2 テストの買うブラウザの対応状況が一目で分かります.Acid2

Firefox は後もう少しと言うところですが、Firefox 3.0 への開発版では既にクリアーしたと言うことですので来年が楽しみです.IE は絶望的です.ページの下の方に行くと Acid 3 という語が見えます.これどんなものか見たことありませんが CSS 3 の実装の検査のものなのでしょうね.

06/05 ■(5/24) Xtech

最近 Xtech という会議がアムステルダムで開かれたようでそれについて、それがどういうものかなどMozilla の Daniel Glazman が彼のブログ Glazblog - Answer to gerv and roc (Sunday 21 May 2006) でインタビュー形式で書いています. 以下はほぼ全訳です.

Xtech とは何?

以前は Web には殆ど無関係に XML だけの会議であったが最近ではブラウザ部門が追加された.昨年の Xtech 2005 もアムステルダムで開催され、Mozilla、Opera、Microsoft が参加した.内容はレヴェルに応じて多岐に渡ったが全てのブラウザベンダーが一堂に会したという点で成功だった.Robert O'Callahan は対して印象に残らなかったと語っているが彼は誰もが彼の話とデモに深い印象を受けたということを忘れている.また Microsoft の講演で皆が XAML というものに始めて接したことも忘れている.

Xtech 2005 は成功だったのですね?

勿論そうだ.95年から98年の International Conferences 同様だと私はこれまで何度も言っている.

Mozilla にとっても成功だった?

成功以上のものだ.Xtech 2005 は 2000年以降のブラウザの革新について広く話しあわれた最初の会議であった.Mozilla の存在があったからこそその言葉が広がり、我々ヨーロッパ人にジャーナリズムに対しもブログにのエントリーに関しても多くの素材を提供してくれた.総じて非常にポジティブなものとなった.

何故 Xtech なのです?

だってこれしかないからだ.1999/2000年以降は International Web Conferences は何の影響力も持たなくなってしまった(W3C のスタッフ Ivan Herman の話だと International Web Conferences も出席者数をまた取り戻し始めたということだが...).昨年の Xtech の出席者数は意味ある数字で大成功だったのだ.

何故 FOSDEM ではないのですか?

FOSDEM はもう一つの Mozilla 関係のイベントだが Web の会議ではない.我々はブラウザに関する会議を必要としている.それに、Opera も Microsoft も FOSDEM には出席しない.オープンソースで無い彼らが出席しても意味がないしね.

何故 Mozilla だけの会議ではないのですか?

年に2回ほど Mozilla 開発者会議は開かれることになった.1回は US/Canada でもう1回はヨーロッパで.でもそれだけじゃ絶対に充分とは言えない.我々は我々自身が競争者と面と向かう必要をめちゃめちゃに感じている.W3C の10年が本番の会議そのものよりコーヒーブレークや廊下での何人か集まっての雑談の方が重要だと教えてくれた.テクニカル会議というのは自分の技を披露するだけの場ではなく闘いの場でもあるのだ.笑い事じゃない.どれだけ重要な情報をこの一年そうした場所から仕入れてきたか君には分からないだろう...だが本当に Mozilla の会議が開催出来るのだろうか?お金と人材の問題であるが...お金の方は大丈夫であろうが人材は大変だ.Mozilla コミュニティーの誰がそういったイベントのために時間を割いてくれるのだろう.プロのイベントオーガナイザーがいるといいのだが...本当にヨーロッパや世界規模で Mozilla のイベントが開けるかどうか心配になってきた.我々はそういう技も時間もなくて本業の技術のことをやっている方が好きだしな.結局我々は能なしってことだけど...

で、Xtech 2007 は?

勿論開よ.声を大にして宣伝していく.Xtech は Web ベースのハイレベルの会議である.参加費用も軽減されるし開催地ももっと安く出来る場所に移るはずだ.Xtech 2006 に出席した人は来なかった人に来年も素晴らしい会議が開かれると伝えなくてはならない.こうやって質の高い講演を招致し今年参加しなかった企業や組織や財団や個人を呼ぶしかない.

「Xtech 関連記事のあるブログ」

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/23b) IE と CSS

まず、ryuzi_kambe の?D - Internet Explorer 7ベータ2の不具合からWebデザイン業界の混乱が見えてきた / デジタルARENA(2006-05-23) 経由で、ARENA 「Internet Explorer 7ベータ2の不具合からWebデザイン業界の混乱が見えてきた」
ついでそれへの批判 自作自演 「IE7 と CSS の話。」Tue, May 23, 2006 です.

Firefox、Opera などの先進ブラウザに IE 7 はどのくらい近づいてきたのでしょう.ほぼ大丈夫ならこれは喜ばしいことです.後は今後もしばらくは大きなシェアーを持ち続ける IE 6 対策をすればよいので何の混乱もないでしょう.悩みの種は、IE 7 が先進ブラウザとまだまだかけ離れていて時代遅れの IE 6 に近くて且つ IE 7、IE 6 の距離もあるということです.IE 7 でも見られるようにすると IE 6 は駄目、IE 6 を立てれば IE 7 は駄目.なんてことになったら目も当てられません.いつも思うことですが特定のブラウザのバグに合わせてページを作るなんて何て理不尽なことなのでしょう.本来はバグを直さなければ即座に駆逐されてしまうといような環境になればよいのですが...

06/05 ■(5/23) カナダの Firefox

DIGITAL HOME - Canada leads the world in Firefox Usage の報道では onestat.com の調査として Firefox のシェアーは以下の表の数字を掲げてカナダが世界で1番だとしています.世界とアメリカとカナダしか載っていないで世界一というのはよく分かりません.
最近の Xiti の調査 だとカナダとアメリカ合わせて 15.6% なので近い数字ですがしかしヨーロッパのシェアーの方が高いはずで腑に落ちません.

Browser World USA Canada
Microsoft IE 85.17% 82.47% 77.41%
Mozilla Firefox 11.79% 12.81% 16.00%
Apple Safari 2.02% 3.69% 2.61%
Opera 0.79% 0.67% 2.15%
Netscape 0.15% 0.26% 0.23%

それはさておき今日の本題はこの数字を見て率直に喜ぶ Firefox ユーザーのカナダ人のブログがあったのでそれの翻訳です.
ブログは Blogger pour rien dire - Le canada, le meilleur participant à la course de Firefox 「Firefox の競争でカナダが一番の協力者」です.
以下に抄訳を載せます.

「いつからか読んでいないニュースサイトを幾つか開いたままにして置いた.今夜もそんな中から「カナダに於ける Firefox の使用状況」という記事にぶつかった.私はカナダの男性も女性もインターネットを見るのによい習慣を持つようになったと知って心地よい驚きを感じた.自分からそうしたのだろうかあるいは息子や従弟や甥などフリーソフトの推進者の誰かから勧められて IE から Firefox に乗り換えたのであろうか.私はたったの3回の勧誘で母をほぼ乗り換えさせたるのに成功した.今のところ世界のシェアーが 12% なのにカナダは 16% で嬉しい限りだ.

『このブラウザはタブ機能とライブブックマーク機能で賞賛を得ているが世界のシェアーが 12% であるのに対してこの国では 16% を獲得するに至った.』

これで安心せずに人々に OpenOffice も広めていこう.特に学校とか中小企業で.」

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/22) なぜオープンスタンダードが大切か

News Forge - Why open standards matter(Sunday April 09, 2006) は日付を見ても分かるとおり1月以上前の記事です.オープンスタンダードが重要なのは誰が考えても明らかで今更という感じがしていて訳すのを躊躇していました.今改めて読むと何故オープンスタンダードが、消費者ばかりではなく産業にとって重要かがよく分かるので、以下いつも通りにいい加減な訳です.

「私はオープンソースは良いことであると想っているが、オープンソースの宗教的熱狂的原理主義者には与したくない.Windows に換えて Linux を使わない人を断罪するようなのは私企業の囲い込みと表裏一体である.

私は最近 LinuxWorld Boston のサブ会議に出て公共部門の IT インフラはオープンスタンダードでなければならないというマサチューセッツ州政府の人達の試みなどの話を聞いた.そのほかフリーソフトウェアのコミュニティーやスポンサー企業などの人たちの話を聞いた.中でも面白かったのは、 Institute for Defense Analyses の David Wheeler の話とハーバードロースクールの Luis Villa の話であった.

Wheeler はこんなたとえ話をした.魔法の食物というのがあってこれさえ1年間ずっと食べていれば全ての必要な栄養は得られる.最初の1年はこの食物の料金は1ドルである.ただこれを食べている間他の食物は毒になりまた永久の食べられなくなってしまう.『さて、次の年この魔法の食物の値段はいくらに上がると想いますか?』と彼は問うた.『皆さんは私が Microsoft や Red Hat を揶揄していると思うかも知れませんが違います.私たちは供給者を必要としています.問題の本質は依存性ということです.』更に彼は別の話を出してきた.それは1904年のボルティモアの大火事の話だ.回りの州からたくさんの消防士が駆り出された.しかし彼らはただ突っ立って建物がが燃えるのを眺めているほか無かった.彼らの持ってきた消火用ホースが消火栓に合わなかったからだ.標準の消火ホースの連結器があったらそんなことなくて済んだのに.オープンスタンダードというのは特定の会社への依存、従属を避けると言うことなのだ.

オープンスタンダードというのはその性質上プラットフォームを問わず、協力して開発され、ヴェンダーは中立を保ち、コマーシャルベースの知的所有権を主張しない.話を聞いている中にハードでもソフトでもどのようにヴェンダー企業がが自分の所だけにロックしないように変化していけるが分かってきた.ホースの連結器で例えるならもしオープンスタンダードがないと一つの消火栓製造会社が自社製の消火栓の仕様にだけ合わせたホースの連結器をも製造しその特許を主張し他の弱小会社を圧迫して独占が始まるということなのだ.そうでなく消火栓がオープンスタンダードなら色々な会社がホースを作ることが出来、市場は自由な競争の場となる.

さて一方の Villa の話である.彼は『私はオープンソースということさえ嫌なフリーソースの頑固者だ』と自己紹介していた.政府のソフトウェアー調達の話になると彼は『オープンソース採用の法制化は正しくない.選択の自由を阻害してしまうからだ.』と主張した.

政府機関で働く聴衆に彼が語りかける.『2006年にはあなた方のデスクトップは Linux にはならないでしょう.』しかし、今から Firefox とか OpenOffice.org とかのオープンスタンダード準拠のソフトウェアーを使い始めるなら将来 Linux にスウィッチするのが遙かに容易になると続け『多分あなた方はスウィッチしないかも知れない.しかし少なくとも選択はあなた方のものなのだ.』と結んだ.

私はこれらの主張にまったく同意する.産業はオープンスタンダードを必要としているのだ.そして今からでもその方向を進めなくてはならない.」

あの魔法の食物は麻薬と同じですね.マイクロソフトは麻薬の売人ですか.もうあまり効き目がない薬なのに中毒患者がたくさんいます.Firefox や OpenOffice.org で解毒しなくてははなりません.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/21c) オープンソースの寓話

ryuzi_kambe の?D - オープンソースのたとえ話 (2006-05-19) 経由です.
果物の樹のお伽話 が3つ PDF で見られます.「これは、オープンソースの考え方を理解するためのたとえ話です。たとえ話なので、分かりやすさを優先しています。そのため、正確さは犠牲になっているかも知れません。」とのことです.

未だちらっとしか覗いていませんが、明日当方もオープンソースの話を翻訳物で用意してあるのでこれも紹介しておきます.

06/05 ■(5/21b) IE に Javascript で拡張

doron's blaahg - Javascript Extensions for IE (May 20, 2006) で Firefox の様に Javascript で IE の拡張が出来ると伝えています.

実際は IE そのものではなく IE エンジンを使った別のブラウザ Maxthon というブラウザでのことです.最後の所を訳します.

結局の所、我々が長年掛かって作ってきた Mozilla の拡張システムほど強力なものは出来ない.しかし Javascript を使って IE の拡張が出来ることは立証された.マイクロソフトは何故 IE 7 に導入しなかったのだろう.恐らく .NET 戦略を土台から崩す可能性があるからではないだろうか.

(4/26d) IE の Add on で紹介したように IE の拡張は作成がめちゃめちゃに難しい様です.それが Javascript で出来てしまとなるといつかきっとそのようにしてくるのではと恐ろしいですね.

06/05 ■(5/21) 日本での Google

これはだいぶ以前に書くつもりでいた記事です.
あれほど世界を制覇している Google は日本で Yahoo に大きく引き離されています.でそれは Firefox のシェアーが日本で低いのと同じに何か日本特有の要因がある様です.

日本のビジネス「日本のグーグル、ヤフーに勝てない理由」2006/4/27 ではその問いに答えています.

「2006年3月の調査では、米Googleのシェア54.5%に対し、米Yahoo!は28.2%だった。さらに欧州ではGoogle優位が目立ち、英 Googleは70.4%、仏73.7%、独は66.3%といずれも圧倒的だ。これに対して英Yahoo!は15.6%、仏は11.7%、独は10.1%と大きく水を開けられている」に対して日本では「ヤフー検索は64.5%、グーグルが34.7%。MSNが16.0%、gooが5.5%」という数字を出しています.でその理由を書いていますがそれは本文を見てください.

ところで始めてインターネットを使うようになったとき検索はなぜ Yahoo なのでしょうか?IE のブックマークにデフォルトで入ってはいないと記憶していますが...筆者は Google が出来る前は Goo とか Infoseek を使っていたと思います.

当サイトのアクセス・ログだと Google 10に対して Yahoo 1と圧倒的に Google が有利です.Firefox を使う人は Google が好きと言うこともないのでしょうが、筆者の経験だと Firefox 同様に Google は日本では知られていないと言うのが最大の理由だと思います.しかし一度 Google を知った人は先ず間違いなく Google を使います.この点は Firefox より確実な感じです..

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/20c) RSS フィード

一昨日は えむもじら から、昨日は 朝顔日記 「Re:これは困ったな」2006-05-19 から、この Mozilla 関係ブログの両雄とも言うべきブログから、当方の RSS 及びパーマネントリンクについて御指摘をいただき、色々改善を試みました.

先ず取り敢えず、「朝顔日記」のご提案通り RSS からのリンクは過去ログ、アーカイブとしている方がパーマネントリンクなのでそちらの方に貼るようにしました.

最初からそうすれば良かったのにそうしなかったのは、過去ログの方はいわば倉庫扱いで1ページに1月分を詰め込んで HTML としては重すぎる 100KB を越えるページなので抵抗があったわけです.しかし今月は分量が多すぎる予感がして15日を境に倉庫は2つに分けることにしたため、また今後も重ければ分ければいいので、巧い偶然が重なってそれでパーマネントリンクの方は一応の解決と想っています.
さてそうなると、倉庫でない方の MEMO のページはいらないわけでどうしようかと思っています.多分来月からどうにかするつもりです.

RSS の方は実際に存在する XML ファイルを使うと W3C FEED Validation Service で警告が出て、実害が Sage でも出ることが分かりました.更新がなかなかされないのです.理由はよく分かりませんが XML を呼び出してリロードすると更新されます.なぜキャッシュを見ているのか不思議です.Perl で実際の XML ファイルではなく出力すると警告も出ないし更新もします.で、結局 RSS フィードは Perl で出力の
http://beau.g-com.ne.jp/cgi-bin/extension/rss/rss.cgi
にします.

その間、Atom というのはどうか調べ一応あまり色々なものを載せないごく簡単なのは W3C FEED Validation Service も通るのが出来ました.Atom の良いところは HTML のタグがそのまま使え、画像などものせられる点です.色々見ると Atom のみ配信というところは少なく、RSS と両方作ってユーザーが選ぶというところが多いようです.
本当ならこのページを読み込んで後は自動でというプログラムをつくればいいのですが、もっと野蛮に、タイトルと内容と日付を書き込むとあとは自動でデータが作られ、そのデータを Perl が読んで RSS に加工するということをやっているため、Atom 用に別データを作るのが面倒で(本当はこちらだけの方がタグがそのまま使えるので簡単)同じデータを使うのですが、それだったら Atom のありがたみが無くなってしまいます.まあそんなわけで Atom は見送りです.

「えむもじら」「朝顔日記」という Mozilla 関係の超有名ブログから御指摘、ご教示頂それぞれの主催者の方には厚く感謝の意を述べさせて頂きます.

RSS 配信を始め、更に両ブログからリンクを頂きこのところのアクセス数の急増には驚いています.まったく偶然に IE もサポート開始ししたのですがそれまで IE のアクセスは 3% 〜 5% だったのが 15% 〜 19% に伸びその影響も幾分あるようです.

06/05 ■(5/20b) Google ブック検索

「えむもじら」経由で Google Japan Blog 「『Google ブック検索』書籍の募集を始めました!」 2006年5月19日 を見ました.書籍の内容から出典である書籍を探すという検索が日本でも開始の準備として出版社へのどんな書物を登録するかの問い合わせが始まったというニュースです.

既にそういう検索が海外では2004年から英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ポルトガル語、オランダ語で始まっていたというのは始めて知り驚きました.

試みに「mortsauf」というバルザックの「谷間の百合」に出てくる人物の名を Google Book Search で検索をかけるとちゃんと出てきます.その先は書物が画像で出てきて文章はコピー出来ないようになっています.

昔バルザックの小説をたくさん読んでいた頃、登場人物の人名辞典という厚さ10cmもの本を購入したのですが、バルザックの「人間喜劇」と総称される100余りの小説群は互いに独立した小説でありながら同じ登場人物があちらこちらに出てきてそういう辞書があると「彼はこれこれの小説とこれこれの小説に出てこういうことをする」といったことが分かり重宝しました.そのうち Google Balzac Search、とか Google Soseki Search とかも出来るでしょうね.

06/05 ■(5/20) IE 専用ページ

Standblog - Respect du client : bonnet d'âne pour Arte, Air France ...et Microsoft ! (jeudi 18 mai 2006) です.

「ある高級店が革靴着用のお客は入店お断りと言ったらどうか想像して貰いたい.常軌を逸していると思うだろう.こんなことが実際に行われているのだ.Air France と Arte と Microsoft が Web 上で行っていることだ.

脈略を明確にするために Web の歴史を紐解いてみよう.Web は15年ほど前に Tim Berners-Lee によって造られた.そこにはコンピュータの機種が何であろうと情報発信が出来、情報を受け取れるという基本的な考えも含まれていた.彼は当時ジュネーヴの CERN (欧州原子核共同研究機構)の研究員であった.そこは国際的研究センターで研究者達が自分の資料を持って集まってくる.ところが相互接続が出来ない状態であった.従って研究者達が相互に情報をやりとり出来なかった.そこで Tim Berners-Lee は標準のフォーマットを決めることにした.すなわち HTML である.また標準のプロトコルとして HTTP を定めた.更に資料を指示する固有な URI という概念も定められた.それ以来 Tim Berners-Lee の指導する W3C の庇護のもとに資料を表示する CSS とかその他 XML や DOM 等々が標準として定められた.

標準の良いところというのは互換性という点だ.具体的に言うと Mac で作成されたものが Linux のサーバーを経由して PC (多分 Windows が載っている)で見たり、BlackBerry (訳者注:カナダの会社が開発、製造している通信機能を備えた携帯端末)や あるいは携帯電話(シンセーサイザーを備えたもので好みとあればブラジルの海岸で)で見聞きすることが出来る.

Web が発明されてから15年経った今利用者数は数千万人にものぼっている.それなのに未だに標準の重要性を理解しないものがいる.私は今朝次のようなサイトを3つ見つけた.

それらの述べるサイトでは Firefox では巧く機能しない.最近の Xiti の調査 ではフランスでシェアーが 17.4% ある Firefox で駄目なのだ.

三つの会社はなぜ 17.4% を無視するのか理解に苦しむ.Firefox というのは進んでいるユーザがインストールして使っている現代ブラウザで、そういう人たちこそ Arte のヴィデオを見、飛行機で旅行をし、コンピュータを買うってことが分かっているのだろうか.

Firefox をサポートしないサイトを作るということは商売の縮小につながり、ARTE、Air France、Microsoft は商売のプロとしてあるまじきことではないだろうか.

最後にジャーナリストの Bertrand Lemaire が Monde Informatique に書いた同じ主題の記事を引用しておく.

『Firefox はビル・ゲイツでさえ敬意を払うブラウザで人口の20%が使用している.この20%の人は自ら選択して自分のコンピュータにインストールしたのだ.その人達の階層は高学歴で平均より収入が高い.更に一般大衆(訳者注:vulgum pecus と言うラテン語を使っていてよく分からないが軽蔑の意味を含めて野卑な大衆という感じです)から自らを区別するこのブラウザに誇りを抱いている.もしこのブラウザで巧くいかないサイトがあると彼等はがみがみと大いに文句を言う.顧客としてあるいは潜在的顧客として注意を払うべきなのは彼等である...』」

ヨーロッパが階級社会だという側面を見た感じです.日本で Firefox が延びない理由の一つに先進国では比類無いほど階級無き社会だということに気づきました.筆者を含めて日本での Firefox ユーザーは恐らく一番野卑なる大衆の中でも収入が低い部類の人が多くて、他の先進国では初期の学生、若者が主流であった段階が過ぎてエリート達が使う様になったのでシェアーが増大したのではないでしょうか.ところが日本はほぼ全員が野卑なる一般大衆なので伸びを期待するのはなかなか難しいのかも知れません.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/19c) これは困ったな(つづき)

RSS フィードに関して XML を実際に存在するファイルとして書き出さないで Perl で生成するだけにして、というのは以下を呼び出すということですが、

http://beau.g-com.ne.jp/cgi-bin/extension/rss/rss.cgi

こうしてW3C FEED Validation Service で検証した結果は、Warning なしでいきなり「Congratulations!」でした.どうもこのサーバーで拡張子が .xml では文字コードが巧くいっていなくて RSS Reader によっては巧くいかないことがあるのかも知れません.

サーバーに負荷をかけるので直接 Perl の呼び出しは良くないと思ったのですがまあ背に腹は代えられない今後こちらで行くことにします.

RSS Reader に登録されている物好きの方がおられるなら申し訳ありませんがもう一度やり直してください.

06/05 ■(5/19b) これは困ったな

昨晩10時過ぎから急にアクセスが多いのに気づいてリファラーを調べたら えむもじら 「 Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ-MEMO」2006年5月18日(木) 22時54分 からでした.そのものズバリのタイトルで当方の不備を御指摘下さっています.

「質量共に Mozilla ウォッチャーなら必読のサイトですね。」は褒めすぎでいい加減ながら翻訳が多いので量は確かにあるものの質に関してはまったく恥ずかしい限りであります.また必読というのは、ブログ「えむもじら」こそ冠せられるべきものです.

パーマネントリンクの件は悩むところです.特に Google からのリンクが直ぐ切れてしまうのは問題だと思っています.言い訳をいうとサーバーのスペースをケチっているためブログのように1ページ1話という形式を取っていないので現行の形式だと難しくなります.もともと Web 1.0 の発想から拡張の紹介の余白に覚え書き程度のメモとして発足したのでこういうことになってしまいました.

RSS は5月16日から配布することにしました.これは自作の Perl と Javascript を組み合わせて RSS1.0 (これしか知らないので)の XMLを生成しているものです.かなり野蛮で JS に書いたデータをそれ用のの HTML を立ち上げると Perl で XML を生成すると言うだけのものです. XML のソースは
http://beau.g-com.ne.jp/cgi-bin/extension/rss/memo.xml
ですが W3C FEED Validation Service で検証した結果は

W3C FEED Validation Service の結果

Warning
This feed is valid, but may cause problems for some users. We recommend fixing these problems.
Your feed appears to be encoded as "utf-8", but your server is reporting "US-ASCII"

と出てはいるものの一番下で

This is a valid RSS feed.
[Valid RSS]

のアイコン使ってよろしいと出ています.

RSS リーダーは Sage でしか検証してていませんが今このページのものは全部拾っていてリンクも間違いなくその箇所に行きます.

Warning の内容「文字コードは utf-8 であるがサーバーが対応していなくて US-ASCII で出力している」が問題なのでしょうか.それだと借りているサーバーにお願いするしかありませんが、フィードの XML のソースをブラウザで見ても文字コードは utf-8 で文字化けもないしこの辺りのことはさっぱり分かりません.

恐らく改善策としてはブログのスペースを借りてブログとして発足すれば良いのだと思いますがそれは何時の日になることやら.いずれにせよ 「えむもじら」の主催者の方にはいつもながらのご忠告感謝いたします.

06/05 ■(5/19) あなたのコンピュータは誰のもの?

WIRED NEWS - Everyone Wants to 'Own' Your PC (May, 04, 2006) です.機械の入った単なる箱であるコンピュータは普通の家電とは違ってそこで色々なことが出来るだけでなく買った本人が知らない中にもっと様々なことが勝手に使われているという警告の文です.1ページャだと思って訳しだし下まで行ったらもう1ページありがっくりしました.かなり意訳ですが全訳です.

「テクノロジーがその所有者に使えるのならそれは解放であろう.しかし、所有者の異議にも拘わらず他のものに使えるというのならそれは圧政と同じだ.あなたのコンピュータは今戦いの最中にある.闘う相手はワームやウィルスやトロイの木馬やスパイウェアーや自動アップデート機能やデジタルの権利の管理と言ったものである.誰がコンピュータを所有しているかの戦いである.

あなたは当然お金を払って買ったのだからあなたがコンピュータの所有者である.しかしあなたのマシーンの中で何が行われているかどれだけコントロール出来るのだろうか?

ハッカー言葉で言えばあなたのコンピュータは他人に「乗っ取られ」ている.

これまではパスワードを嗅ぎ回ったり銀行とのやりとりを盗んだりの目的で送りつけられるワームやヴィールスやトロイの木馬等の手段で外からコントロールされることが問題であった.

だが現在はことはもっと複雑になってきている.あなたのコンピュータを支配しようとあらゆる種類のものが競っているのだ.メディア配給会社はあなたに売りつけた音楽やヴィデオであなたが何をするかコントロールしようとしている.あなたではなく実際の所有者の意に従ってソフトウェアでマーケティング情報を収集したり広告を送りつけたりする会社もある.消費者だけではなく提携している他の企業を喜ばしてお金を稼ぐ会社もある.これらの会社は皆あなたのコンピュータを乗っ取っているのだ.

例を挙げてみよう.

  • Entertainment software:  昨年10月 Sony は rootkit と言うのを出した.これはハッカーが他人のコンピュータを乗っ取るのに使うソフトウェアーと同じものだ.音楽 CD をコンピュータ上で演奏させると密かにインストールされる.Sony が認めないことをさせないようにするツールである.つまり DRM システムである.もしハッカーが同種のものをインストールしたら違法である.しかし Sony は消費者のコンピュータを乗っ取ることが合法だと思っている.
  • Antivirus:  あなたはアンチヴィールスソフトが当然 Sony のそういった奴を検出してくれると期待するであろう.ところがさにあらずである.Symantec を始めその他のアンチヴィールスソフトも検出してくれない.Sony そのように依頼しているからだ.自分で購入したソフトウェアーは自分のためになるよう機能して貰いたいのが当たり前なのにそうはいかない.
  • Internet services:  Hotmail はあるアドレスをブラックリストに登録してそこから来たメールは Spam として処理される.だがマイクロソフトからひっきりなしに送りつけられる広告メールを止めようとしてもそれは出来ない.
  • Application software:  IE のユーザーはクッキーを停止したりポップアプップ広告を出さないようにする機能が備わっていると思うかも知れない.他のブラウザーはそういう仕組みを持っているが IE はそうではない.マイクロソフトはソフトウェアーだけをあなたに売ったのではなくビジネスパートナー企業のために広告も売ったのだ.
  • Spyware:  Spyware は大したものではないがあなたの同意無しにコンピュータ内部の情報を本との所有者に報告してしまう.を
  • Internet security:  Windows Vista のファイアーウォールはプロテクションの半分を止めてしまう.マイクロソフトの言い分だと大企業ユーザーがデフォルトでそれを望んでいると言うことだ.だが馬鹿げたことだ.マイクロソフトはアドウェアーや DRM スパイウェアーをデフォルトでブロックしないと言うことなのだ.
  • Update:  自動アップデート機能はソフトウェアー会社があなたのコンピュータを乗っ取る別のやり方だ.セキュリティー対策としては便利であるものの、料金未納であなたのコンピュータを止めたりその他違法なことをしないようベンダーを信用するしかない.

サービスを装うアドウェアーや Google Desktop search 等も皆これらの例の中に入り他の企業があなたのコンピューターを乗っ取ろうとする試みである.

コンピューターを乗っ取ろうとする技術には元々不安定さがつき物だ.そんな技術がコンピュータの合法的な所有者とは別の人間に勝手な振る舞いをさせているのだ.その結果乗っ取られたシステムは攻撃を受けやすくなる.

Sony の話を思いだして貰いたい.DRM システムは最も不安定なシステムなのだ.ハードディスクの中で rootkit がどんなことしているかあなたの目から隠している.それだけあなたの安全性が脅かされているのだ.

好き勝手にさせておくとあなたとあなたのコンピュータの関係を根本から変えてしまう.あなたのコンピュータは不便で信頼出来ない間抜けなブラウン管となってしまう.

あなたはこうしたものと信頼出来るあなたの境界を踏み越えたりしないソフトウェアーを使うことで闘うべきなのだ.提携企業を隠したりあなたをマーケティングの材料として扱う会社はボイコットすべきだ.そしてオープンソースのソフトウェアーを使うべきなのだ.オープンソースのソフトウェアーは隠し事をしたり提携企業を隠したり裏でマーケティング活動を行ったりしない.

過去に力の解放であったはずのコンピュータが未来でもそうであるとは限らない.お金を払って購入したコンピュータの背後には巨大な政治的、経済的力が控えていると言うことを忘れないでいて貰いたい.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/18) CSS ソング

css -> di13774n73 に CSS の歌が載っています.一番上の横長の黒い長方形の右向きの白い矢印を押すと演奏が始まります.
一応、歌詞を以下に訳しておきます.

CSS by di13774n73

CSS ああそうだ CSS
僕のカスケーディング・スタイルシート
僕のカスケーディング・スタイルシート

CSS ああそうだ CSS
お前の margin お前の padding
僕を深みに沈めてしまう

お前は女王
XHTML の
W3C がお前を認めたのだ

CSS ああそうだ CSS
screen で print で
僕はお前を head に置こう

CSS ああそうだ CSS
お前は右や左に float する
お前はボックスの位置を決める

div 真ん中に色を配し
border は時には dotted
下線をつけて groove する

CSS ああそうだ CSS
お前は幸福をもたらす
Web 制作者に

CSS ああそうだ CSS
お前の background url は
僕に翼を与えてくれる

お前が重なり合っているとき僕はお前が大好きだ
ああ美しい僕のスタイルシート
div id としてあるいは class として
時には span として


CSS ああそうだ CSS
お前の body の中に
僕は div id を置いている

CSS ああそうだ CSS
お前は変幻自在
ページはコードで一杯だ

Zen Garden には
お前の滝(cascade)が流れている
お前は難なく紛れ込む
中括弧の中に

僕はお前のセマンティックを適用するが
なんてお前は厳格なのだ

CSS ああそうだ CSS
僕がセミコロンを忘れると
全てがひっくり返ってしまう

全てが巧く折り重なって
分列行進をしている
お前への賛歌として
僕の小さなスタイルシート


歌詞の中の CSS の属性は皆 CSS Tutorial の該当箇所にリンクしていますがそれは割愛しました.Zen Garden は CSS をさわる人なら誰でも知っていますが、歌の中のリンク先はフランス語版だったので英語版に変えました.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/17c) 「セキュリティで保護された」

高木浩光@自宅の日記 「IE 7のセキュリティ改善を台無しにするIE 7 Beta2日本語版」2006年05月13日 です.折角 IE 7 Beta 2 の英語版では一応の改善がみられるセキュリティーの設定が日本語版では曖昧なものになっているという指摘です.
ActiveX というのはクリップボードにアクセスして来るなんて知りませんでした.

06/05 ■(5/17b) Mozilla にできて IE にできない 101 の機能

偶然に英語の原文に出会い日本語翻訳があるので行ってみたら昔見たことがある様な気がして日付を見ると2003年1月でした.今の Firefox にも通用する内容なのでリンクを貼っておきます.

06/05 ■(5/17) Firefox 初心者

今日の記事は昨年末にちょうど Firefox 1.5 が出た頃の11月の末に書いてネタが無くなったときにでも載せようと思っていましたがそのまま忘れてお蔵入りにしていました.ところが昨日の「(5/16) IE から Firefox へ」のどのようにIE から Firefox に移行でき、そのためにはどういう経過が必要かを読んでみるとこういう文もあっても良いかなと今日載せることにしました.

Firefox 初心者はこれからどんどん増加してくるのでしょうが、先ず殆どの初心者は IE からの乗り換えで IE というのが何の設定もしないし、拡張を入れたりしないわけで、同じ積もりでいるとどこに Firefox の魅力があるか分からないまま使っているということが有ります.時々見えないサイトがあって Firefox は不便で駄目なブラウザだから使いたくないと言いだしたりします.というかそう言う可能性の方が多いと言えるでしょう.筆者の経験から見てもタブで開くと言うことさえ知らずになぜ慣れている IE でなく Firefox なのか疑問に思う人もいるようです..
ではどんなことを先ず知って貰うのがいいか、筆者の経験で以下幾つか上げてみます.

  • 基本的なマウスジェスチャーを知って貰う.
    • Ctrl + マウスホイールで文字の拡大縮小
    • Ctrl + 0 で文字サイズを元に戻す
    • マウス中ボタンクリックでリンクを新しいタブで開く
    • タブ上のマウス中ボタンクリックでタブを閉じる
  • 基本的なキーボードショートカットを知って貰う.
    • Ctrl + T で新しいタブを開く
    • Ctrl + F でページ内検索バーを開く
    • Ctrl + L でロケーションバーにフォーカスを移す
    • Ctrl + K でサーチバーにフォーカスを移す
  • サーチプラグインを知って貰う.
    希望するものを幾つか入れてみせる
  • 拡張のインストール方法を教える.
    • 機能的なもの、タブ関係のものなど入れてみせる
    • 無くてもいいが面白そうなもの、お天気の Forcastfox とか入れてみせる
    • RSS に興味があったり、あるいは全く知らない人には Sage を入れる
    • その他、ソースを好みのエディターで編集したいとかの好みに合わせてどういう拡張があるか教える
  • テーマのインストール方法を教える.

と言ったところでしょうか.相手のブラウザを使う目的やコンピュータ自体の知識の度合いに合わせ、分量も一度に全部は無理そうなら段階的教えていくとか色々変化させます.

[to index]  [to top]

06/05 ■(5/16b) Darin Fisher 氏のインタビュー

CNET Japan 「主要開発者が語るグーグルとFirefoxの深い関係」2006/05/16 00:04 に先頃 「Mozilla Party JP 7.0」でも講演した Google の Darin Fisher 氏のインタビューが3ページに渡って載っています.

IBM、と Google の両方に勤めた経験のある氏のそれぞれの会社の Firefox への取り組みの違いが冒頭語られますが興味深い内容です.Firefox こそ Gbrowser と言うのはもう決定的ですね.後半の新しい Gecko エンジンによる Firefox 3 の話などとても内容のあるインタビューです.

06/05 ■(5/16) IE から Firefox へ

H3RALD.com :: Articles :: An IE Lover's Guide to Firefox (Fri, Nov 25th 2005) 「IE 愛好者の Firefox への案内」は昨年の11月末の記事ですが IE を使用していた人がどうやって Firefox の魅力にとりつかれていくかを語ったもので、例えば誰かを Firefox に勧誘する際気を付けるところはどこかよく分かります.
以下抄訳です.

「Firefox を使い出してから実はもう2年近く立っているので IE がどうであったか忘れてしまった.それはそれとして、IE を使っているときに Firefox のユーザーに Firefox のどこがいいのか尋ねてみると、彼は「Firefox が IE よりはるかに優れている」といったことを述べた後、滔々と Firefox の機能の自慢を始めるであろう.タブブラウザとかセキュリティーとかポップアップブロックとか拡張といったことを.だが実は IE ユーザーはそれを聞いてうんざりしてしまう.もう絶対 IE を使い続けるぞという気持ちになってしまう.

IE 愛好家というのは IE のことを記事にしたりしない.というのは IE こそが唯一のブラウザでそれについて言及しようと言う気持ちにはならないからだ.日常の慣れきった当たり前のことにわざわざ言及しようなどとは思わないのだ.

コンピュータを買うとき他に特別なものを購入しなくてもこれだけでインターネットは大丈夫か聞くが「他には必要ない」といわれて実際 WindowsXP で問題なくインターネットに繋がるし誰でもそうしていると思っていた.
使っている中にこれがインターネット・エクスプローラー6 と言うものだと言うことが分かってくる.普通は OS の一部になっているのだからそれがブラウザと呼ばれる独立のものだなんて直ぐには気づかない.

そのうちに PDF を見るものだとか音楽を聞いたりヴィデオを見たりするソフトもくっついているのだと気づいてくる.それから Google Toolbar という重宝なものがあるのに気づく.ツールバーに余計なものまで入ってしまってそれらを非表示にしたり、HOME Page を最初のものとは違うものに出来るようになる.

OS も Windows 以外に Mac、Linux、Solaris 等があるのを知る.友人が Firefox だか Firebird だかを愛好していてこれはどの OS でも動くのだと説明してくれるが私にはその意味がよく分からない.それのどこが良いのか聞くと「うぜー IE よりすぐれているんだよ」という答え.
彼の言っていることは理解出来ない.私の知り合いは全員 IE を使っているし、ビル・ゲイツが大金をかけて開発したと聞いている.

友人は Firefox をダウンロードしろと言う.それに無料だとも言う.だから何なの?IE だって無料じゃないか.ともかくサイトに行って内容を読んでみることにする.Firefox は Mozilla Fundation が開発し数々の賞に輝いている.また宣伝のためのサイトもあってそこでは7千万のダウンロードがあったなどと書いてある.良さそうな雰囲気で愛好者がたくさんいるみたいだが IE とは違うのだろうなと想像する.

兎に角ダウンロードしてみることにした.いつものように IE はダウンロードに警告を出してくるが何をダウンロードするときも同じなので気にしない.
でインストールして最初にやったことは 長年蓄積した IE のお気に入りをインポートしたことだ.これは素晴らしい.全てちゃんと Firefox のブックマークに登録された.フォルダまできちんと反映されている.またブックマークの管理は IE のよりずっと使いやすい.

だが始これはひどいものだと思った.というのは私のよく行くサイトの表示が崩れてしてしまうからだ.IE を使わなくなった今でもちゃんと表示出来ないサイトがある.それだけでなくプラグインが無いと駄目なサイトもある.一番非道いのはマイクロソフトのサイトで Windows のアップデートが出来ない.

友人はとにかく使え、IE よりずっといいのだからと言っていたが実際は全然違っていた.IE と Firefox はまったく別物なのだ.用語なんかも全部違っている.しかし私は Firefox と友人にもう一度だけチャンスを与えることにした

友人はポップアップブロックのことを教えてくれた.でも XP sp2 ならそれが出来るし、その前は Google Toolbar がやってくれた..
アドレスバーに「Firefox」と打ち込むだけで http://www.mozilla.org/products/firefox/ に行けるという Google の "I'm Feeling Lucky" という機能を知った.これは確かに IE では出来ない技だ.だがまだしっくり行かない.IE だって語の後ろに「.com」とか「.net」とか入れれば同じことが出来る.

次にタブブラウジングのことを習った.これはバグだらけだったけれど MSN toolbar で IE でも使えた機能だ.しかし Firefox のはたくさんのタブを開けて安定していてマウスのボタンやキー操作でリンクを新しいタブで開いたり出来て素晴らしい.慣れるのに多少時間が掛かるが慣れてしまえばもうこれ無しではいられなくなってしまう.

今度は PDF を開いたり音楽を聴いたりヴィデオを見たりするのはどうするのか聞いてみた.プラグインをインストールすればよいと教わった(訳者注:昔の ZIP 版などは確かプラグインなど入っていなかったと記憶しています.Firefox1.0 以降でバージョンアップ以外プラグインをインストールした覚えはありません.).それで段々分かってきた.Firefox というのは赤ん坊みたいなもので色々教えて育てていくものだと言うことが.

赤ん坊はプラグインを入れてやると歌を聴いたり映画を見たりその他のファイルも見られるように成長していった.さらに色々な検索エンジンとかも入れてやった.IE で不満だったのはこの点だ.IE でそれをやろうとすれば一々ツールバーを増やしていくしかなくそれでは Web ページを見る空間が無くなってしまう.

IE を使っていた頃は Web を見られさえすればよいと考えていた.確かに最初の何もない状態の Firefox はがっくりさせるがそのうちに自分好みのブラウザへと育てていくクリエイティヴなものだと分かるとなんてエキサイティングなものだと考えに変わってしまう.

Firefox には拡張とテーマがある.好みの拡張機能をどんどん追加していくことが出来る.正直なところブラウザにそんなことが出来るなんて考えてもいなかった.拡張は莫大な数のものが用意されている.またテーマは外観がまるで別物になったみたいに好みのものを入れることが出来る.

さてそれで IE から乗り換えるかどうかの問題である.一晩寝ずに考えるほどの難問であるが個人的に言うと私は乗り換えた.Firefox で見られないサイトの時だけ IE を使えば良いのだ.それが私に出来る妥協点だろう.問題は Firefox が Web 標準をサポートしているのに IE はそうではなく、標準をサポートしていないサイトがあるということいだ.Firefox が出てくる前に多くのサイトは IE に合わせたサイトを作ってしまったのだ.それが今でも残っていてあるいは「IE でご覧下さい」なんて云うサイトもあるがこういうところは標準に準拠していないと言うことだ.
更に標準に準拠していないマイクロソフトが独自に作った ActiveX というのがある.Windows update が自動で行えるようになっているのはこれを使っているからだ.ActiveX が無くても私は対して困りはしないがもし必要となったら Mozilla Project の開発しているのがあるのだ.もし IE に変えたいと言うのであれば IE View という拡張があってそれを使えば Firefox で見ているページを即座に IE で開くことが出来る.

ブラウザ戦争が再び勃発したみたいである.Firefox はその機能、革新性、コミュニティーのサポートから次第に有名になってきたからだ.乗り換えるというのは怖いものだ.人々が無理矢理そうさせようとするかも知れない.クールだとか皆が使っているという言葉に乗っては駄目だ.先ず自分で試してみること.動作を理解すること.使い方を時間をかけて勉強すること.Firefox はそれをするだけの価値があるものだ.」

途中、Firefox と IE の用語の対象表とか、代表的な拡張やテーマの説明がありますがそれらや同じことの繰り返しは皆割愛しました.
ここに書かれていることは筆者自身の体験でも、人に勧めて使い方を覚えていく経緯でもまったく符合するものです.最初にタブの使い方、マウスやキー操作をしっかり覚えること、ここまで来てタブブラウジングのありがたさを味わうともう IE には戻れません.しかしそれまでが大変.タブブラウザを見たことない人は先ず新しいタブが出てくることを知りません.デフォルトでリンクは新しいタブになっている方がいい気がします.タブがマスター出来て拡張のことを知るともう虜になります.
最初の宣伝文句が「速い」とか「安全」とかというのはどうも違う気がします.「速い」だったら Opera が一番だし、安全というのはちょっと抽象的すぎると思います.
自分の好みで造っていく Firefox の魅力にとりつかれたらたとえ Opera の方が速く、仮に安全だとしても Opera には乗り換えないでしょう.
それから IE でしか表示出来ないサイトは何と言って納得させたらよいのでしょう.多分、Web 標準云々といっても通じないでしょう.IE View を入れてしまうしかないのかな.

[to index]  [to top]