Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ - MEMO
Permanent Links(2006年2月)

MEMO ■ ■ ■ ■ MEMO ■ ■ ■ ■

06/02 ■(2/28b) The Superbrowser

という題名のこの記事 Splasho - The Superbrowser (February 26, 2006) 、Mozilla update にある Firefox の拡張の総数は 1148 だそうですがその中有名なものを100個インストールしてボタンも全部出すとこんな感じになると言うのをスクリーンショットで示しています.(View in own page) をクリックするとまた大きい画像になります.また、右クリックのコンテキスト・メニューもスクリーンショットがありますがこれはスクロールして上から下まで見えます.
感想が載っています.

「ちょっと感動的だな.私の大して立派ではない機械だと速度がちょっと遅くなったが拡張のインストール時以外クラッシュはしなかった.困ったことはステータスバーが一杯になってもう一つのモニターにまでブラウザを広げてみないと見えないことだ.こうでもしないとまったく知らない拡張が沢山あることが分かった.まあ100ぐらいはインストールしてみることを強くお勧めする.」

「拡張あれこれ」で紹介している Firefox の拡張の数は今のところ142で、その多くはインストールして試していますが決してそれだけ全て乗せて Superbrowser 化しているわけではありません.念のために.

06/02 ■(2/28) Firefox、標準、Web の未来 (その2)

昨日に続き Standblog - Firefox, les standards et l'avenir du Web : l'historique de la relation avec Google(samedi 25 février 2006) 2回目で「Google との関係の歴史」です.
ざっと要旨だけです.

「忘れがちだが Google との関係は Mozilla 1.0 のときからあった.その時既にアドレスバーに"I'm feeling Lucky" を採用していたのだ.

そして Firefox では検索エンジンに Google を採用することが当時も今も大局的に見て一番よい方法であった.その後 Google だけではなく Yahoo!、Amazon、eBay、Answers.com が加わりまたユーザーの好みで好きな検索エンジンが搭載出来るようになった.

Mozilla 開発チームには常時40人ものパートナー企業の人間が働き、それなくしては無料で異なるシステムに対応したブラウザの存続と技術開発は続けることが出来ない.」

最後に、Mozila 1.x ではHOME Page を www.mozilla.org にしてきたが Firefox では Google になっている.これは理にかなったことで毎日 Mozilla のトップページを表示しても帯域の無駄使いだしサーバーの負荷も大きい.それより Google がトップに来る方がユーザーにとってもどれほど便利なことだろう.」

昨日は他人の記述をダシにして長々と自分の考えを書いてしまいました.今回のも大して面白みがないので載せようかどうか迷ったのですが昨日「その1」と書いてしまったので載せました.次回はつまらなかったらもう止めにします.
本当は書いて貰いたかったのは Google が自分でお金を払って Firefox 開発のために人を雇っているのは周知の事実ですが Google といい IBM といいなぜ自分の所でブラウザを開発しないで、Firefox をGbrowser ないしは IBMbrowser としたいのかです.その方が安上がりということだけでは無いように思いますが...

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/27) Firefox、標準、Web の未来 (その1)

という題で Tristan Nitot が何回かに分けて書いています.Standblog - Firefox, les standards et l'avenir du Web : l'importance des parts de marché (jeudi 23 février 2006) はその1回目で「市場の重要性」です.
ざっと要旨を以下に書いておきます.

「最初にまず Mozilla プロジェクトの使命を繰り返しておく.『インターネット上で選択と革新を可能にすること』であり、Mozilla Foundation も100%子会社の Mozilla Corporation もその共通の目的のために邁進している.

1999年に Netscape が事実上死に絶え、マイクロソフトは IE 5.5 を出し、このバージョンが技術革新の最後のものとなった.次の IE 6 というのは WindowsXP 用に名前を変えたものに過ぎない.それからというもの IE の独占が続き、選択の自由も技術革新も失われた.マイクロソフトが稼いでいるのは Windows と Office によるもので、ブラウザというものはお金を生み出さないので誰も新たな試みをしなかった.その中で Opera は健闘したが残念ながら市場シェアーのなさは状況を変えることが出来なかった.

その5年の独占のすえに Firefox が誕生し、IE の市場を奪うまでになった.そのときになって始めてマイクロソフトは技術革新を思いだし IE 7 を出そうと決心するにいたったのだ.従って市場シェアーと言うものが如何に重要かが分かるであろう.」

あまり新鮮みのない話しですが、何故 Opera ではシェアーを稼げず、Firefox でなくてはならなかったのか.その疑問を解いてくれれば良かったのですが.よく考えると不思議なのです.筆者は Mozilla Suite の時代からずっと使っていて、 Mozilla 1.0 が出るとき多分 Mozilla Foundation (このとき未だこの名前は存在していなかったかな?)では大いに意気込みがあったのでしょうがなにもおこらなかった.バージョンが 0.9.7 から 0.9.8 に移るのとまったく同じに正式版が遂にリリースされたというのに祝祭的気分などどこにもなかった.それが2002年のこと.IE の独占は3年目でした.ところがその2年半後の Firefox 1.0 のときは大騒ぎです.Mozilla 1.0 は IE に勝りこそすれ少しも劣ってないブラウザでした.何が違っていたのでしょうか?

Opera では駄目で、Mozilla Suite も駄目で Firefox なら何故良かったのか.筆者はこう推測します.
まず Opera は何故シェアーが延びなかったか、有料だったこと、及び Netscape の影をしょっていなかったため.Mozilla Suite はなぜ駄目だったか.Netscape の影をしょいすぎていたため.

IE に代わるものとして人々が求めていたのは Netscape でした.だから縁もゆかりもない Opera は誰も関心を示さず、それに無料版は頭にあんなに大きな広告をくっつけていたのじゃ誰も使いたがりません.もうブラウザは無料と決まっていたのです.また Opera はタブブラウザになる前タブではなく小さいウィンドウを大きいウィンドウの中にたくさん開くと言う奇妙なインターフェースでそれが不評と言うこともありました.もっと言えば CSS のサポートとか技術的に劣っていたし、IE や Mozilla を詐称するのがデフォルトで、詐称しないで Opera だと非道かったという記憶があります.
で一方の Mozilla です.皆が求めてやっと出た Netscape 6 が重いしバグだらけだし、あれで本当にもう Netscape は終わりだと誰もが感じたはずです.一般の人は開発元が別に Mozilla というブラウザを出しているとは知らなかったものの Mozilla があの Netscape の開発元だと知ると近づかなかったでしょう.だから Mozilla は昔からのほんの一握りの Netscape ファンが継承して、これが開発途上の凄いものだと知っている僅かな人だけで地下に潜っているかのようでした.筆者は特に Netscape ファンではなく、むしろ Netscape 4 の非道さに参っていて もっぱら IE を使っているうちに偶々 Mozilla とは 0.9.5 で出会って(この頃はかなりましなものになっていました)バージョンアップが速くどんどん良くなる姿を目にし CSS のサポートが標準志向だと気づき段々ファンになっていきました.しかし常に Netscape の影は頭から離れませんでした.Netscape 7 が出れば矢張りインストールして見たくなります.しかしその点 Firefox を使っているとあまり Netscape が気になりません.殆ど便りのない遠い親戚みたいなものです.
さて、ではなぜ Firefox はシェアーが延びたのかです.恐らく完全に Netscape の影が薄れた時代に登場したという幸運があった様な気がしてなりません.更に時代は IE の5年の独占状態というか Windows、MS Office、IE にどっぷり浸かったマイクロソフトの支配に飽き飽きしていた時代で、その時に正式版がリリースされ、またそれが Netscape の縁続きだと知っても「だから何よ」という時代に生まれたという幸運に恵まれた.それまでに地下に潜って老舗 Netscape 以来の開発チームとファンに支えられて IE を凌駕するそして魅力たっぷりの見たところ Netscape の影がのないまったく別のブラウザに育ち、このときを待っていたというばかりに世に名乗りを上げた.と言うのが筆者の考えです.
勿論、筆者も Mozilla 1.0 が出たときと同じに Firefox 1.0 が出てこうまで延びるとはまったく気づいていなかったし、この「拡張あれこれ」を始めた11ヶ月前もまったく気づいていませんでした.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/26b) 近未来

ryuzi_kambe の?D 「AJAX に思うこと」2006-02-25 は近い将来起こりえることを的確に言い当てていると思います.

「機械語、アセンブリ言語、BASIC、その他のインタプリタ言語を操って、今からみるとよりコンピュータに低いレイヤーに直接アクセスすることでコンピュータを操作していた。」のが「DOSやもっと高度なオペレーティングシステムが普及するにつれそれらの操作が自動化され、ユーザやプログラマから隠蔽されるようにな」ったのと同じように、「Google Page Creator は静的な HTML ビルダだが、もしそれが AJAX を包含したコンテンツビルダになったとしたら、まさしくそういった HTML や CSS の隠蔽が行われることになるのではないだろうか。」

全文引用してしまいそうなので端折ってしまいます.
PC や OS は Web へのゲイトウェイに過ぎなくなって Web が全てのプラットフォームになる時代がもうそこまで来ている、しかし「けして良いことばかりをもたらすことにはならないだろう。」と言うお話しです.

06/02 ■(2/26) Gmail のユーザー CSS

以前 URI id と言う拡張で紹介した Gmail のユーザー CSS ですが、Firefox 1.5 以降はこの拡張無しでユーザー CSS が使えるようになっています.この紹介した CSS 配布と別のサイト SkinGmail.com で同じものをで配布しています.また他に何種類かあってスクリーンショットが見られます.

但しここの配布はどれも URI id を前提にしているのでこの拡張を必要としない Firefox 1.5 以降では直す必要があります.配布される CSS ファイルは、userContent.css です.もし既にこのファイルを自分で作っている人はダウンロードした userContent.css 内容をコピーして自分で作成ファイルの方に貼り付けます(末尾にでも).もしなければそのままプロファイルフォルダの chrome の下に置きます.
その上で以下のように直します.

  • body#mail-google-com は全て body にする.
  • 一番上の行の直前の行に 、
    @-moz-document url-prefix(https://mail.google.com/mail/){
    または
    @-moz-document url-prefix(http://mail.google.com/mail/){
    を追加
  • 最終行の直後の行に
    }
    を追加

2. の2つあるのは Gmail を https:// で見ているか、http:// で見ているかの違いです.
Gmail NotifierGmail Manager の拡張から見に行くとデフォルトは、https:// です.Google Toolbar だと http:// だったはずです.両方対応させたいのであったら

@-moz-document url-prefix(https://mail.google.com/mail/){
CSS の内容
......................
......................
}

@-moz-document url-prefix(http://mail.google.com/mail/){
CSS の内容
......................
......................
}

とトップだけ変えて同じものを2度書く必要があります.

Gmail は初めから自分でソースを見てやろうとすると Javascript で書き出しているし改行無しでびっちり書いてあるのでかなり面倒です.ここで拾ってきた CSS を元に改造すると非常に楽です.
また、改造するにしても自分で初めから作るにしても Javascript で書き出しのソースも表示してくれ且つ改行して非常に見やすくしてくれる拡張があります.それは、View Rendered Source Chart ですが使ってみると便利さが分かります.
尚、userContent.css は例えばコメントとかフォント名とかで 2バイト文字(日本語とか)を使う場合は必ずUTF-8形式で保存する必要があります.そうしないと文字化けする可能性があります.

ユーザー CSS とは別にGmailの見栄えを変える Gmail Skins という拡張が最近出来たようです.試していませんが恐らく決まった範囲内でしか変更は出来ないのでユーザー CSS ほど自由には出来ないでしょう.また Firefox をクラッシュさせたりすることもあるようです.


使い勝手(3/2)に追加
tetsunoitaの日記
[to index]  [to top]

06/02 ■(2/25c) Flock 0.5.12

Flock が更新されています.えむもじら 「 Flock 0.5.12 リリース」2006年2月25日(土) では自動更新が使えるとありますが Help メニューの 「Check for Updates」をクリックしても無いと行ってきました.Firefox も人によって自動更新機能が上手く働かないようですが未だ不安定みたいです.勿論オプションの Advances -> Automaticlly check for updates は全てチェックを入れあります.

06/02 ■(2/25b) Google.org

Google がこういうのを始めました. Welcome to Google.org - the philanthropic arm of Google.「philanthropic arm」は何て訳すのだろう.人類愛事業(部門)っていう感じでしょうか.兎に角世界の貧しい人々のために11億ドルを使って様々な事業を行う様です.

06/02 ■(2/25) WengoPhone

WengoPhone

Daniel Glazman のブログ WengoPhone extension for Firefox, beta 0.66, available ! (Thursday 2 February 2006) で報じられ、また、NewsForge - OpenWengo's VoIP Firefox extension ( February 20, 2006) で詳細が分かり、何とか試したいと思うものの相手がいないことにはどうしようもなく呼びかけても Skype で皆満足しているので乗ってくれず使い心地が分からないのでどうしようかと迷っていましたが、さっき見ると mozilla links - OpenWengo extension for Firefox ( hursday, February 23, 2006) にも載っているので急遽書くことにしました.

OpenWengo の開発するオープンソースの製品です. WengoPhone Classic というスタンドアローンのソフトウェアーとして先に開発され、大分前から予告されていましたがやっと今月になって Firefox の拡張として一般公開されました.スタンドアローン版より拡張版の方が音がよいらしいです.SIP というプロトコルを使った VoIP (voice over IP)で同じプロトコルを使っているものとなら通信出来るとのこと.Skype より良い点はエコーがないことらしいです.音が遅れないで届くと言うことでしょうか?SkypeOut のように一般電話にも 0.20 ユーロでかけられるそうですがどういう風に課金されるのか詳しいことは分かりません.

インストール後 Firefox を再起動するとサイドバーに WengoPhone の画面が表示されます.メールアドレス、パスワードを入れますが、幾ら入れても蹴られるのでよく見ると一番下にアカウントを未取得なら取るようにとリンクがあり、クリックすると、 Your nickname、Your password、Your e-mail を入力するページに飛び、入力後先に進んで OK ならさっきのサイドバーのメールアドレス、パスワードをアカウント取得のと同じものを入れればもうそれで使えるようになります.承認されたというメールも直ぐ届きます.
ツールバーのカスタマイズでボタンを出しておくと、サイドバーの WengoPhone のオン/オフが出来ます.この拡張は Windows 版で 1.43MBite、Mac 版で 2.18Mbite もあるので入れるのは覚悟がいるかなと思いましたが Firefox を立ち上げてそんなにメモリーを喰っている様子もありません.
最初に書いたように相手がいなくて試せないのですが、話の最中にサイドバーを Sage に切り替えたりしたら切れてしまうのか、それと音質がどれだけ良いか知りたいところです.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/24) Page Creater

Page Creater

CNET Japan 「グーグル、ウェブサイト作成サービス「Page Creater」を公開」2006/02/23 によると「Googleは2月23日、ブラウザ上でウェブサイトが作れるサービス「Page Creater」を公開した。Googleが実験中のサービスを公開するGoogle Labsからアクセスできる。」そうです.

このサービスを使えるには Gmail のアカウントが必要です.作成したサイトの URI は http://アカウント名.googlepages.com/ となるようです.日本語も対応するし画像などものせられる見たいです.
上の画像のあるページに行って下の方の、I have read and agree to these Terms and Conditions のチェックをした後「I am ready to create may pages」ボタンをクリックすると作成ページに勧めます.

Gmail のアカウントを持っているとこれからもますます色々のサービスが受けられ便利なのですか筆者が勧めた人(inviteした人)の2人に1人はアカウントを取ろうとしません.今では invite の必要もなく取れるのですがなぜだかよく分かりません.人徳のなさに因るのかな?

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/23b) Firefox 2.0 アルファーは3月に延期

clubic.com - La première version alpha de Firefox 2.0 en mars (Lundi 20 Février 2006) で2月に出るはずが3月に延期と報じています.それも Mozilla Fundation の発表だそうです.IE 7 Beta2 や Opera 9 Beta2 の影響があるのかも知れません.後出しの方がこれは有利ですよね.この報告では正式版は今年の第3四半期に出ると云っていますがきっと第4四半期でしょうね.1.5 と同じに11月かな?

06/02 ■(2/23) 2007 Microsoft Office のお値段

もうあちこちで出ていますが例えば PCWEB 「米MS、「Office 12」改め「2007 Microsoft Office」の詳細を発表」2006/2/17 に今年中にリリースされる予定の MS Office の新しいバージョンの値段が発表されています.何だかそんなに安くなっていない感じです.OpenOffice 2 が出てからと言うものマイクロソフトの稼ぎ頭のOffice は価格をどう設定するのか注目でした.まったく同じ機能が備わったオープンソースで標準フォーマットサポートの OpenOffice 2 がマイクロソフトのと殆ど同じ機能を持ちしかも無料である現在果たしてどれだけ売れるのでしょうか?ただ聞くところに因ると、日本国内の企業は全面的に乗り換えというところはあるものの概ね何だか解らない理由で乗り換えようとしないところが多いとか.何だか解らないと言うのは企業は無駄な経費削減を削減するはずなのにそうし無いという意味です.

OpenOffice.org 関連リンク

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/22b) FemFox 関連

一昨日から FemFox.com 関連にして書きましたが、フェミニストサイトを中心に FemFox.com を最初に紹介した Tristan Nitot に対して特に女性の裸体の商品(広告)化に対して猛然と反発があったようで、もう Firefox は止めて Safari にするなんて言われています.彼は「単に発見しただけで...」と防戦しきりです.そう言ったわけでいろいろ彼を揶揄する面白い写真が出ています.


揶揄する面白い写真

  • 写真1
    これは Tristan Nitot 自身の載せた自分の写真.
    載っている言葉は「以前私はデブだったが Firefox を使ってからは前よりましになった.」
  • Episode 1
    このサイトはフェミニストのもの、Tristan Nitot ここから怒られています.文面は FemFox をもじって Firefem にしてあります.多分「女性を燃えさせる」という意味が込められているのでしょう.また、「マッチョ」で「異性愛的」で「美的」な Firefox 宣伝サイトだと言うもじりも入っています.
    この写真の顔は Tristan Nitot の様ですがこんないい身体だと喜んじゃうのではないかな.. 写真に載っている一番上の言葉は「あなたの同僚はウスノロだろうか?」、一番下は「不意のポップアップをブロックする」.
  • Tous a poils pour Firefox !
    これは Tristan Nitot のブログからリンクしているもの.「Firefox にみんなで毛を」と言った意味なのかよく分かりません.このリンクの後に「(毛皮反対動物愛護の)ブリジット・バルドーを呼ぼうかな.でも困るのは彼女自身が脱いでしまうかも.」という言葉が面白いので載せました.
  • Firefox pub alternative
  • La Blogosphere se met a nue pour FireFox
  • Les arguments décisifs pour promouvoir le logiciel libre
    この漫画は文字が良く読みとれません.題名は「無料ソフトのプロモーションのための決定的論議」.

06/02 ■(2/22) タブ一杯コンテスト

世の中には面白いことをする人たちがいます.先日の Inside Firefox - About the Firefox "memory leak"(February 14, 2006) の記事「Firefox のメモリーリークと思えるのはメモリーリークではなくてタブの履歴をメモリーに格納する仕様だ.」という報告を受けてそれならと、どれだけたくさんのタブが開けるかのコンテストを始めた人がいます.メモリーリークだったら今後修正される期待があったのに仕様じゃスペックの低い機械の人は堪りませんね.「何だよ、ふざけるな」という怒りをジョークに変える辺り面白いです.

theory.isthereason - The Furious Firefox Tabs Contest! (2/17/2006) 「Firefox の怒れるタブコンテスト」 です.
エントリーは、たくさんのタブを出した様子のスクリーンショットを Flickr に載せればそれで成立します.
また、 Flickr のタグは “furiousfirefoxtabs“ にすること.コメントに自分の機械のスペックも書いてくれると良い.
優勝者には Web 2.0 service 「Newsvine」のアカウントをくれるそうです. タブを開きすぎた障害は全て自己責任でと断りもあります.
関連記事Monkey Bites - Firefox's Furious Tabs

Flickr で“furiousfirefoxtabs“ を検索すれば「作品?」がいくつか出てきます.いくつか挙げてみます.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/21) 性的表現

一昨日採り上げた Femfox.com というサイトはどういう風に受け止められているかあちこち見てみました.欧米のブログしか載っていないみたいですが、こういうのって面白いのじゃないというのが(助平な男性のブログしかみていないからか)大半ですが、たとえば BlogZiNet - Firefox peut-il être sex(iste) ? (vendredi 17 février 2006) では宜しくないと言っています.

例えばダウンロードページにある「エピソード5」という壁紙の一つは全裸の女性の全身像の顔と両の乳房と局所の4カ所をにっこりマークのようなのがついたブラウザを思わせる小さな矩形で隠し、「ポップアップはうんざりだ」というメッセージがついています.
確かに「ポップアップの除去」というのは Firefox の宣伝文句ですがこういった「欲望」「快楽」「誘惑」と言った手段で人を惹き付けるやり方が果たしてオープンソースのフリーのソフトウェアーの宣伝として相応しいのか、こういうのって普通の商業主義のやり方ではないかと疑問を呈しています.

筆者自身このサイトが本当に女性によるものかは疑問を感じています.うまくアクセスの多い Tristan Nitot の Standblog Spread Firefox に紹介させてしまったやり口のうまさは感心しています.

Firefox というのは考えてみると「ファイアフォックス子」や「pornzilla」とか何故かセックスアピールと結びつきやすいと言うのは正体は牝狐からなのかちょっと不思議な感じがしますが、それはさておいてフェミニストには怒られるかも知れませんが、人類の半分以上の女性が他の動物と違って1年中発情期の姿で男性の前にいるのだから性的表現というのはもう宿命的なものではないかと思っています.もし人間が他の動物と同じに限られた時期しか発情期の無いと想像してみるとその時期以外は女性は女性の姿をしていなくてむくつけき姿をしている、たぶんそれだったら性的表現は生まれなかったのではと言う気がします.

今年は生誕300年の Mozart Year ですが Mozart のオペラ「魔笛」で意気地がなく女好きのパパゲーノの前に現れる女性パパゲーナは最初醜い老婆の姿で現れ私があなたの恋人だと名乗り、しかい、げんなりするパパゲーノに一瞬だけ現れる若い美しい女性としての姿を目にしてからというもの、パパゲーノはその女性がもうなかなか現れなくついには自殺してしまおうとまで追いつめられてしまう.男というのはそう言うものですかね.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/20b) Thunderbird 1.5 のバグ

そう言えば >Thunderbird 1.5 から添付ファイルを削除出来るようになっていたのですね.以前は特別な拡張が必要でした.ところが折角のその機能にバグがあると bonbonniere 「添付ファイル削除に関するバグ」February 20, 2006 でヘッダーを示して詳しく説明しています.
削除は添付ファイルを「ローカルフォルダ.rdf」というファイルに変換して行うらしくそのファイル名が MIME エンコードされず文字化けすると言うことです.英語版だったらどうなのでしょうか?
更に添付ファイルを削除したメールを「新しく編集」を実行すると、「Deleted:ローカルフォルダ.rdf」という添付ファイル名で送信してしまう。(送信できてしまう)そうで、それを Thunderbird で受信した場合、他のメールクライアントで受信した場合結果が違うらしいです.

06/02 ■(2/20) Firefox のリードは危うい?

Leslie Franke - Is Firefox Falling Behind in the Browser Wars?(Wed, Feb 15, 2006) です.
以下抄訳

IE 7 Beta2 の公開以来 Firefox の勢いは落ちている、1997年に IE が Netscape を追い抜いた状況に似ているという指摘があちらこちらで見られる.10%から15%の市場シェアーを得た優位性、セールスポイントが急速に失われつつあると言うのである.だがそう書いている連中は本当に解って書いているのであろうか.私自身 Firefox をデフォルトのブラウザとして使っているが、第一に Firefox が過去にも現在もブラウザの技術革新の旗頭であるとは思わない.むしろその栄誉は Opera に与えられよう.第二にベータバージョンの IE と Firefox 1.5 や Opera 8.5 との比較というのはリンゴとミカンを比べるようなものである.少なくとも Opera 9 の新しいベータ版(これは多くの意味ある変更が加えられている)や直に出るこちらも重要な変更のある Firefox 2 アルファー と比較すべきではないか.

Firefox の勢いが落ちるというのは次のような3つの論拠が考えられる.IE 7 はセキュリティー面でもう遅れを取らないという点.Firefox には大変なメモリー喰いという問題がある点.Firefox のユーザーインターフェースは IE 7 が持っていってしまったという点だ.

先ずセキュリティーについてだが IE 7 は決定的な改善が行われた.次にメモリー面で言うと今ではメモリーリークは完全に修復されたが使用メモリーが大きい.充分なテスト無しで導入された Gmail にメモリーリークの疑いがあるが、原因の大部分は拡張にある.Session saver、NoScript、IE Tab などの拡張や FlashGot と Filterset.G Updater の組み合わせにメモリーリークが見られる.Mozilla は add-on site に拡張を登録する際充分にテストを行う必要がある.それに加えて「進む」「戻る」の高速化のためタブの履歴をメモリーに置くのでたくさんのタブを開と膨大なメモリーを喰ってしまう.いずれにせよ問題の多くは 1.5.0.1 で解消され、3月に出る予定の1.5.0.2 では更に、2.0 ではほぼ解消されるであろう.

インターフェースの面は例えば今 Firefox だけに備わっているものも次のバージョンでは Opera にも備わると言ったものである.だが、Firefox は Opera や IE と違って単なるブラウザを越えているのだ.ブラウザベースのプラットフォームであるからだ.Greasemonkey scripts は Firefox 上で走る.多くの人はそんなに拡張を入れていないが、Web Developer や Performancing はそれぞれ Web 開発者、ブロガーにとって必須の拡張で、Firefox はもはや無くてはならないソフトウェアーとなっている.

従って、Firefox はもう駄目かも知れないなんていう心配はまったく根拠のないことである.Mozilla は今後も有意義なチャレンジを続けていき、マーケットシェアーも延ばして行くであろう.ブラウザの市場でも革新とリーダーの位置を保ち続けていくことは間違いない.セキュリティでは今でさえ Firefox の方が IE 7 より上なのだから今後もリードし続けるのは間違いない.メモリーの問題も平均的なメモリー搭載のユーザーに起こることで充分積んでいるユーザーの問題ではない.Firefox 2 の改善と強化予定のリストをみると確実に今後もブラウザ業界をリードし続けて行くであろう.

これを書いた人のことまったく知りませんが、Mozilla の内部の人なのでしょうか?非常によく分かっていると感じます.また筆者がいつも思っている、Firefox が単なるブラウザを越えていると言う点を強調していることも嬉しい限りです.

ブラウザベースのプラットフォームに関連して

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/19b) Femfox.com

FemFox

Standblog - Féministes de tous les pays, tombez moi dessus !(vendredi 17 février 2006) です.Femfox.com という女性ばかり集まったサイトが Firefox を応援することだけのサイトとして立ち上げられたと報じています.(因みに「Femfox.com」の「Fem」はフランス語の女性を表す語「Femme」で Femme + Firefox となっています.)

冒頭で、Standblog(上のリンク) の主催者で Mozilla Europe の創設者で責任者の Tristan Nitot に賛辞を送っていて当の Tristan Nitot は「私はこのサイトを陰で操っているわけではない.見つけたばかりのサイトだ」と断っています.

Femfox.com の 「Why this site?」に以下のようなサイトの趣旨が述べられています.

「このプロジェクトは31歳の若い女性、このサイトのマネキン(顔の一部が載っている女性、上の写真もそうなのでしょう)でもある女性によって始められた.最初はの未完の小説とちょっと変わった Firefox プロモーションの為だった.

素晴らしい内容掲載の計画は直ぐに実行に移された.というのはソフトウェアーうあテクノロジーのマーケティングキャンペーンでこういうのは今までになからだ.議論は Firefox に焦点を絞って行われこのソフトの技術的な優位性や Firefox を使うことの利点が語られる.しかしこういう趣旨を説明したとしてもあまり多くの人の関心を引くことはないかも知れない.」

その為我々はこのキャンペーンを人間の感覚や情緒に訴えていくものにしたい.Firefox がテクノロジーのたまものであるという以前に日々の人間の感覚や情緒に訴えていくものだと言うことを示したい.」

(以下省略、Femfox.com を見てください.英語で大丈夫です.)

Firefox だけでなくコンピューターのソフトウェアーの世界に人口の半分以上は存在する女性の影が全然見えてこないのはどうしてだろうと思っていましたがこういうのが現れるのは良いですね.
ここのダウンロードページに行ったら凄い(こう表現しておきます)ユーモアたっぷりの壁紙や素敵なバナーがあったのでバナーを一番下に貼っておきました.


06/02 ■(2/19) Flock の更新

久々に Flock が更新されました.いきなり新しい版をダウンロードを促して来てダウンロード後うっかり上書きインストールしましたら大変、拡張がまったく載っていない.ちょっとまごつきましたが、ユーザースタイルシートが効いていないのに気づきプロファイルフォルダーが別の所に作られたのだなと気づきました.
いままで Windows だと Flock のプロファイルフォルダーは Mozilla の下にあったのですが、Mozilla や Thunderbird と並び、いわば格上げされたところに作られていました.
未だよく様子が掴めませんが新しくなったのは右のスクリーンショットの様に今まで右にあったこれは何と呼べばよいのか、「Collection」選択ボタンが右だったのが左に行き、その中に Flickr や ブログ関係や何かが格納されるようになっています.
拡張ですが、今までのものは使えません.install.rdf の該当部分次のをように直す必要があります.問題はバージョンの所です.プロファイルが変わったので大して入れてはいないのですが全部これまでのを書き直して新たにインストールで問題なく動きます.

<!-- Flock -->
<em:targetApplication>
<Description>
<em:id>{a463f10c-3994-11da-9945-000d60ca027b}</em:id>
<em:maxVersion>6.02</em:maxVersion>
<em:minVersion>0.2</em:minVersion>
</Description>
</em:targetApplication>

なお、ユーザーエージェントは以下です.
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.0.1) Gecko/20060217 Flock/0.5.11

その後矢張りバージョンを変えても問題を生じる拡張がありました.それは Tab Mik Plus です.これが入っていると「favorits」の中の動作がおかしくなります.追加が出来ないし、リンク先に飛ばない等です.


[to index]  [to top]

06/02 ■(2/18) DOMインスペクタ

Firefox を「カスタム」モードでインストールすると DOMインスペクタ を導入出来ますが使い方が最初はよく分かりません. 三軒隣の斜め向かい 「DOMインスペクタの使い方」2006年02月16日 ではインストールから使い方までスクリーンショットつきで詳しく解説しています.
DOMインスペクタは Firefox の外観に変更を加えたい人、Web ページの構成を知りたいひと、Ajax 等使ってみようと言う人にはうってつけの手引きとなります.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/17b) Firefox 1.0.8 と Firefox 1.5.0.2 の予定

Mozilla Developer News - 1.0.8 and 1.5 Update 2 (1.5.0.2/1.8.0.2) Preliminary Schedules(Fri, Feb 17, 2006) で Firefox 1.0.8 と Firefox 1.5.0.2 の公開へ向けての予定が出ています.
最終リリースは Firefox 1.0.8 が3月13日、Firefox 1.5.0.2 は4月3日となっていますが予定は変更の可能性ありということです.

06/02 ■(2/17) Open Ajax

IBM が中心になって2月1日から Open Ajax と言うコミュニティーを開いたようです.Gmail などで使われている、Ajax (Asynchronous JavaScript+XML) の開発ツールやライブラリーなど配布していくようです.デバグツールなども含まれるようです.Javascript コンソールや DOM インスペクターは Firefox 経由と言うことになるのではと思います.また、現在の状況ではブラウザによって対応が違っているのですがその標準化も目指していくようです.
JavaScript は手軽で非常に便利なスクリプトですが危険だったり遅かったりで敬遠されがちですが今後もっと使われるようになるのでしょうか.

関連記事
[to index]  [to top]

06/02 ■(2/16b) Win Media Player が危ない!

mozilla links - Windows Media Player vulnerability may affect Firefox users(Wednesday, February 15, 2006) が報じています.

Windows2000、WindowsXP、Windows2003で IE 以外のブラウザ、当然 Firefox は含まれますが Media Player のプラグインが攻撃を受け PC 内で悪意あるソフトウェアーをリモートコントロールで実行されてしまうと言うことが解ったそうです.
対抗処置は Windows update を直ぐ実行しなさいと言うことです.タスクトレーを見たらアップデートの予告が来ていました.

06/02 ■(2/16) ソフトウェアーの未来

LMI Blog - Open Source et économie du logiciel: l'avis de Tristan Nitot (Mozilla) (10 février 2006) に Tristan Nitot のインタビュー(多分公開インタビューとでもいうのか、出だしに「紳士淑女の皆さん、Mozilla Europe の責任者 Tristan Nitot です」と言う紹介がありますので)が載っています.
以下その抄訳.

「ソフトウェアーの将来、とくにフリーのソフトウェアーと商業ベースのソフトウェアーの位置づけについてどう思われますか?

私の考えは普通とは違っていると思います.フリーのソフトウェアーが最後は勝ち残り商業ベースのソフトウェアーは死んでしまうと言うのが普通の考え方でしょう.でも私の考えは違います.白と黒の間に無数のグレーゾーンがあります.商業ベースのソフトウェアーにも確実に未来はあります.それも今までより一層輝かしい未来です.今まではは新しいバージョンが出るたびに大変高い値で売られてきました.数年後には莫大な利益を生み出しました.しかしそう言うことはもう続かないでしょう.ソフトウェアーを開発するには最初に多大なお金が必要です.それには大きなリスクを負うことになります.投資の必要があっても必ずしも金鉱を掘り当てる訳ではありません.一方フリーソフトは開発費用を相互負担するという素晴らしいやり方をします.ソフトウェアーというものはお金を掛けずにコピー出来るので、ブラウザの場合について言うと普段は競合関係にある Red Hat、Sun、IBM、Novell、Google... などの人々を上手く動員出来ます.高価なソフトウェアーでもその気になればそうひた人々が集まって技術を提供すると言うことは実現すると思いますが.

でもそう言うモデルで投資の見返りは何ですか?

大きなポータルサイトにとってはユーザーの便宜をもっと改善できるし、もっとマイクロソフト離れした魅力的なサービスを提供するのに役立ちます.ビジネス関係のサービスをやっている人々にとっては、もっと進んだソリューションを提供するのに役立ちます.Firefox は XML、SVG、XSLT、RDF... 等のプラットフォームとして使えるので、IBM なんかにとっては専門の技術を売る端末として使えるのです.既に存在している OS/2 などもブラウザを必要としています.いずれにせよ、フリーソフトは必ずしも利他的とばかりは言えません.経済的見地から言ってフリーの名の下の互助的実践は企業のモデルへの平手打ちでさえあるかも知れません.確実なことはもう誰もめちゃくちゃにお金儲けは出来ないと言うことです.

資本主義の危機と関係ある話ですか?

純粋に資本主義の話です.これまでよりよくなるがそんなに稼げないと言うことです.現在ではブラウザでは大したお金は稼げません.単純にお金を稼ぐ以上に賭け金が必要なのです.それも他の理由のために必要なのです.他のサービスの提供の値段を下げるという為にです.これはまったく違ったモデルでしょう.

市場でどの辺ががフリーソフトによるものかあるいは逆にフリーソフトが周辺的なものに過ぎないのか見分けがつきますか?

市場は3つに分けて考えられます.第一には非常にユーザー数の大きいもの、世界で数百万のユーザーがいるアプリケーションです.OS、オフィス用ソフト、メッセージソフト、ブラウザ、場合によってはフォトレタッチソフトやオーディオ/ヴィデオのプレーヤーなどがそれに当たります.選択の自由が大事な分野で、フリーソフトやオープンなフォーマットがチャンスを生かせる分野です.第二はその対極と言うべき分野です.何かを分かち合いたいという人の作ったソフトウェアーでユーザー数は数十人から数万人と言ったものです.例えば Firefox の拡張なんかこれに当たります.市場に乗せるのは難しいでしょう.ある時期シェアーウェアーとして配布されたものはこれに当たります.第三はソフトウェアー市場の隙間、ニッチな場所に展開されるソフト群です.数は減りつつありますがでも数百万のニッチがあります.お金を払っても良いという人の為のパッケージソフトの領域です.

マイクロソフトはこれから何をしようとしているか、Windows Live との関係でお話し下さい.

マイクロソフトは進化しているように思えます.無料ソフトの宣伝の中でこの方がライセンスソフトより儲かるなんて言っています.商業ベースからのモデルチェンジです.しかしこれはどちらの分野の中でも最悪です.製品を売らずに経費を維持しようと言うのですから.だから IE というのはナンセンスというのが私の考えです.費用がかかって見入り無しというのですから.マイクロソフトはそれほどまでに肥大化し過ぎてしまったのです.」

結局全部訳してしまいましたが翻訳者の無能に因るのか何だか論旨が良く掴めないインタビューでこの人は Firefox とオープンソフトのフリーソフトのことしか頭にないと言った感じですね.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/15b) Firefox のメモリーリークは解消されている.

Inside Firefox - About the Firefox "memory leak"(February 14, 2006) で、「メモリーリークを疑われている Firefox はすでに David Baron らの大変な努力の結果解消しているはずだ.それでもメモリーが漏れていると思うのはキャッシュをメモリーに入れる機能の所為だ」と述べています.

キャッシュをメモリーに入れる機能については既に (1/9) メモリー喰いの Firefox で抄訳しましたが、この Inside Firefox でもほぼ同じ説明がなされているようです.

それからこのInside Firefox には書いてありませんが恐らく幾つかの拡張やプラグインでメモリーリークがあるらしいです.またセッション.セーバー機能のある拡張は大量にメモリーを消費するようです.

関連記事(2/16 に追加)

06/02 ■(2/15) トップ ブラウザ

GameSHOT.com - Firefox may overcome IE as the top browser(Feb 9, 2006) です.べた褒めですが以下抄訳.

「最近の報告だと Firefox は能力においても安全面においても IE を凌いでいる.

ある記事では IE のマーケットシェアーは85%だそうだがそれだけで能力を比べることは出来ない.Fernando Lopez が言うには『マイクロソフトは Firefox の素晴らしい機能を取っていって IE 7 に載っけている.だが良いところをみんな持っていってコピーしても拡張機能は持って行かれやしない.IE 7 を無料の office パッケージになんて出来ないだろう.私は Gmail、Google Toolbar、Mozilla カレンダーといった殆ど全てを日々の仕事で必要としている.IE 7 じゃ私を Linux から Windows Vista に乗り換えさせるものがあるとは思えない.』

たとえ IE が Linux で動くようになったとしても 無料の Firefox があるのに誰がわざわざお金を払って IE を載せるだろうか.製品にお金を払いたくないと言うのではない.無料でしかももっと優れた製品があるのにお金を無駄にしたくないと言うだけの話である.」

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/14) Google Desktop 3

が発表されましたが、Electronic Frontier Foundation (EFF) - "Google Copies Your Hard Drive - Government Smiles in Anticipation"(February 09, 2006) で警告を発しています.

「Google Desktop 3 の新機能としてユーザーのコンピューターの中の Word ドキュメントや PDF ファイルやスプレッドシートファイルやテキストファイルを Google のサーバーに置けるという機能があるそうでその設定をオンにしていると、もし Google がアメリカ政府の召還に応じた場合、あるいはハッカーがパスワードを盗んだ場合もプライバシーが著しく侵害される.」

「アメリカ政府にそんなことさせるのは捜査令状無しでずかずか上がり込んできてあなたのコンピューターの中の税金関係の書類でもロブレターでも医療関係の書類でも勝手に押収されるのと同じだ.」

Gmail も Yahoomil も本当はかなり危険ではありますね.アメリカ政府の手に渡れば当然同盟国の日本の手にも渡る可能性はあって外の出来事ではありません.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/13b) Netscape 6 の暗黒時代にエンジニアチームが見た夢

Another 朝顔日記 「Firefox 開発の軌跡」06-02-13 (Mon) で知りました.
Firefox の開発リーダー Ben Goodger がブログ Inside Firefox - Where Did Firefox Come From?(February 06, 2006) に書いた長い長い文章の全文翻訳が出ました.主に Netscape 時代の苦悩が書かれています.今をときめく Firefox がその過去にどのような軌跡をたどってきたか読む勝ちのある文章です.

(1/25) 8年前 では Tristan Nitot が簡単ながら同様の Firefox の過去を振り返っていますが、Netscape 時代から関わって苦労を共にしてきた人々には Firefox が成功を博した今でこそ「どうだ思い知ったか」と言う気持ちが一様にあるのでしょうね.我々としては賞賛して応援を続けるだけです.

06/02 ■(2/13) Songbird

BoingBoing - Songbird, the "open source iTunes killer," flies today(Wednesday, February 8, 2006) にプレビュー版がリリースされたばかりの Songbird (英語、Windows 版のみ.但しヘルプで言語を選べるので日本語は問題なし)の開発リーダーで元 Winamp の開発者 Rob Lord への電話インタビューが掲載されていました.
以下インタビュー、一応全訳.

Songbird

BoingBoing  何でこれを作ったのですか?

Rob Lord  音楽やヴィデオやまたダウンロードする場所についてももっと選択のチャンスがあった方が良いという考えからです.例えば IE だったら microsoft.com にしか繋がらないって状況を想像してください.これが昨今のデジタル・メディア・プレーヤーの状況なのです.Fairplay (原注:アップルの著作権 DRM)は我々の世代の8トラックですがこのフォーマットもユーザーがそのサービスを受けるやいなや時代遅れになってしまうかも知れません.Songbird はどんなミュージックストアーでもラジオでもヴィデオでも P2P のネットワークでもまだ出来ていないものにさえ繋がるのです.iTunes のサービスは初期の AOL や Prodigy のサービスみたいに壁で囲われた庭みたいな決まった店でしか買い物が出来ません.Songbird 対 iTunes は Firefox 対 そうした古いオンラインサービスの関係みたいなものです.Songbird は世界に開かれた音楽のブラウジング体験を提供します.

BoingBoing  RIAA(全米レコード協会) から文句が出るのでは?

Rob Lord  FAQ で書いて有るとおりです.「我々は音楽を盗まないしユーザーの皆さんも同様です.今興りつつある多様で合法的なデジタルメディア市場として DigitalConsumer.org の憲章をサポートしています.」

BoingBoing  誰が資金を出しているのですか?また今後もどうやってお金を稼ぐつもりですか?

Rob Lord  私が資金を調達しました.またサイトに「寄付」のボタンも付けるつもりです.Tシャツとか小物も売っていきます.

BoingBoing  いろいろなソースに繋げられる機能の他に Songbird は何か出来ますか?

Rob Lord  構造から言って革新はなかなか難しいのです.デスクトップで出来ることは人気のあるメディアプレーヤーはみな似たり寄ったりです.インターネットに繋げて何が出来るかは別にすると大抵同じことしか出来ないのです.リッピング、ミキシング、メディアへの焼き付け、演奏、プレイリストの整理、といった按配です.しかしネットワーク上のサービスは全体として未開発分野です.例えば(Winamp の同僚の) Justin Frankel は一緒に演奏出来るサービスを作り出しましたが、今のところ商業ベースのメディアプレイヤーでサポートしているものはありません.そう言った種類のサービスを Songbird で使えるようにしていきます.

BoingBoing  何故色々なストアーから音楽を取ってくることがそんなに大事なのですか?

Rob Lord  何故ブルーグラスはあるところから買って、トランスミュージックは別の所から買おうと思わないのですか? lastfm みたいなコミュニティーのある一方で特別なニッチなもののコミュニティーがあるのじゃありませんか?あなたの好きな音楽がどれもワォールマートのような一カ所で手に入ったとしてもそれを望みますか?恐らくいろんな場所、コミュニティー、ソーシャルネットワークと繋がった方が豊かな体験といえるはずです.

BoingBoing  どんなものが供給されるのですか?

Rob Lord  オープンなフォーマットです.だから Songbird で聴けるのです.そして新しい聴衆の耳に届くのです.
Songbird は Mozilla Fundation の Firefox や Thunderbird と同じプラットフォームである XULRunner で出来ています.Firefox は今や広く使われ、400もの拡張があり、単なるソフトウェアーであるだけではなくなっています.
Firefox は IE とは本質的に異なっています.しかし iTunes あるいは Windows Music と Songbird は本質的な違いはありません.

BoingBoing  Songbird のロゴはキュートでまるまると太った口笛を吹く鳥のイメージですね.でも後ろから吐き出しているガスみたいなのは一体なんですか?オナラみたいですね.

Rob Lord  済みません.声が良く聞き取れません.(ビービーガーガービービーガーガー)

Songbird を実際に入れてみました.まだプレビュー版の所為かとても落ちやすいですが、iTune や Windows Media Player や Winamp と同じに普通に使えます.

ダウンロード Songbird Home
[to index]  [to top]

06/02 ■(2/12b) 拡張の問題

Firefox には一体どれだけの数の拡張があるのだろうか.400とか900とかいう数が言われていますが今後もますますその数を増し、そして拡張こそが Firefox の最大の魅力となっています.しかしながらトラブルの原因となるのは先ず殆どが拡張の不具合によるものです.またよく言われるメモリーリークも拡張のなせることとも言われています.

こうした状況で silvervineの日記 「mozillaZine.org:Mozilla ブロガーらが addons.mozilla.org レビュープロセスにつ」2006年02月11日 の翻訳はMozilla ブロガー達からもう少し何とかしなくてはと言う懸念が表明されていることを伝えています.

今の拡張によるトラブル発生は何と言っても初心者から見ると対処の出来ない Firefox 自体の不具合と見えるのは確実でこれがシェアー拡大の足かせとなる可能性もあります.また拡張の安全性については Mozilla は何も云っていません.悪意ある拡張というものが作れてしまうのかどうかその可能性はあると思います.だからこそあるサイトで始めて拡張をインストールしようとすると警告が出るようになっているのだと思います.あまり有効な警告とは思えませんが.

公式サイトから拡張をインストールしても不具合があることがたまにあります.公式サイトに拡張を置くには検査を受けるらしいですがとてもスタッフが足りないし、厳しい査定をすれば拡張のアップデートに時間が掛かりすぎるでしょう.また公式サイトのものだけ安全で他は危険と決めつけたりしたら、今の自由に多くの人が作成するという機運はそがれてしまうでしょう.多分拡張の不具合、安全性の問題が今後 Firefox の最大の問題になるのではないかと感じます.

06/02 ■(2/12) IE 7 / Opera 9、ベータ2 そして Firefox

IE 7 と Opera 9 のベータ2が相次いでリリースされたわけですが、FredCavazza.net - IE 7 / Opera 9 : le choc des beta 2(le 8 février 2006) ではそれぞれの新機能を纏めています.

IE 7

「CSS のサポート状況は遅れていてとても追いつきそうにないのでむしろインターフェースを見ていこう」のっけからこれです.追いつきそうにないと言うことは正式版でも駄目と言うことなのでしょうか.

タブ機能が備わったことが先ず採り上げられています.で、全治的に Firefox と感じが似ていること、面白いことにタブに関してのショートカット(Ctrl+T 、Ctrl+W、Ctrl+clickCtrl+Tab、)が Firefox と同じだという指摘です.

次にはタブのサムネール機能です.これは Firefox だと幾つかの拡張で解決されていますね.その方が自分の好みのスタイルに出来てずっと言いと思います.

最後は、RSS フィードの取り込みです.これも Firefox だとブックマークに取り込み、更に Sage のような素晴らしい拡張が用意されています.

Opera 9
  • 相変わらず優れたタブ機能
  • 前バージョン同様広告無し
  • 明快なインターフェース

それぞれのタブに小さな閉じボタンが付いた.

Wiget を載せられるようになった.拡張みたいな形になるのかと思っていましたが、画面の上にダイアログみたいに乗る、カレンダーとか時計と言った便利ツールですね.

一番大きな変化は、BitTorrent のサポート.これは Firefox でも拡張 AllPeers のリリースを待つばかりです.

矢張り IE 7 は一生懸命に Opera、そして Firefox を追いかけているという印象です.Opera をとるか Firefox を取るかは多分趣味の問題になるのでしょう.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/11) OppenOffice が独立した Fundation になったら.

vnunet.com - Sun encouraged to consider giving up OpenOffice control(08 Feb 2006) .2頁の長い記事ですがあらましは以下の通りです.

OppenOffice の開発責任者 Louis Suarez-Potts の談として報じています.
OppenOffice が Sun の手から放れて独立した非営利の Fundation のものにすべきで、Sun は OppenOffice の知的所有権を寄贈すればよい.オープンソースのアプリケーションは一つの営利企業の影響力が大きいと自由に開発する機運が衰え、優れた協力者が集まってこない.この優れた開発者は当面 IBM を指していて、IBM はアプリケーションライセンスで、IBM の Workplace に組み込んでいるが、そうするとそれぞれ IBM のと Sun のと二つの OppenOffice になってしまう.

IBM の開発するコードは非常に優れている.IBM の側でももし OppenOffice が独立した Fundation のものとなるならいつでも話し合う用意は出来ていると言っている. OppenOffice は Open Document Format (ODF) (標準フォーマット)で書かれていて、IBM の製品の幾つかは ODF をサポートしている.

後は Sun の解答次第のようです.Sun は何を躊躇しているのでしょうか.IBM の支配が怖いのでしょうか?もう世界は Google と IBM を中心に動き出しているのだからこの動きは止められないと思います.
筆者も最近は MSOffice でなく OpenOffice を使っていますが、ほぼ同じに使えます.しかし日本では殆どの人が OpenOffice の存在を知らず、これは Firefox と似た状況ですね.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/10b) 何でもかんでも Mozilla 製品

The Mozilla Desktop(February 9, 2006) でこのブログの主催者のデスクトップを公開しています.画像は Windows ですが Linux でも同じ画面を再現して毎日半々に使い分けているそうです.載っている画像をクリックすると大きい画像が Flickr で見られます.
それぞれのアプリケーションが何であるか言い当てられますか?

06/02 ■(2/10) Google と Dell

Blogs for Firefox - Firefox Preloaded on All Dell PCs?(Wednesday, February 08, 2006) では「Dellは現在、Googleとの提携を検討して」いて「この提携が実現した場合、Dellは自社製の新しいPCに『Google Toolbar』や『Google Desktop Search』といったプログラムのほか、GooglがDellユーザー向けに用意する専用ホームページを盛り込むことになる」という CNET Japan 「「ツールバー戦争」本格化か--デル、グーグルとの提携を検討」2006/02/08 (原文はCNET - Forget browser wars, prepare for toolbar wars)の報に、この「といったプログラム」Google Pack を指すのならその中には Google Toolbar の載った Firefox が含まれるのでこの3年以内に Dell の PC に Firefox が標準に搭載されるのではと期待していますが、ちょっと期待しすぎですね.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/9b) XULRunner

スラッシュドット ジャパン 「Mozilla プラットフォームで開発してみませんか」2006年02月08日 で「XULRunner」のプレビュー版を公開を報じています.「XULRunner」は見たこともないので何とも説明出来ませんが、XUL (XML-based User-interface Language)を使ったアプリケーションの開発ツールだったと思います.これを使って作ると拡張も作りやすそうな感じがします.JBuilder を使って Java のアプリケーションを開発すると言うのに似ているのでしょうか.
これを使って開発されたアプリケーションは、ウェブオーサリングツール Nvu、メディアプレイヤー Songbird(これについて最近海外ブログで沢山記事が載っています)、Skype に似た IP 電話クライアント WengoPhone などだそうです.

ダウンロード先 Mozilla Developer Center - XULRunner

06/02 ■(2/9) Google の本当の功績

R30 「書評「ウェブ進化論―本当の大変化はこれから始まる」・上」February 07, 2006 は書評として書かれたものですがその当の本に書かれていない「ある非常に重要な1点」というのが「Googleの本当の功績が、『ネット上での情報の組織化の効率性を現実世界よりも高めるイノベーション競争に火をつけた』ことにあるという点だ。」と主張.
で、核心部分は

「『インターネット技術のイノベーション』と言いつつ、実際のイノベーションのスピードはカフェ・サロンや友人のネットワークに依存するという矛盾が」「Googleとブログが登場したことによってこの様相が根本から覆った。」「つまり『情報の組織化』が、ある日突然現実世界を介さずともネット上だけで効率的にできることを、人々が発見してしまったのだ。」

筆者がこうして毎日何とかネタを探してこれるのも Google とブログがなければあり得ないことです.でも時にはあっちこっちからネタを引っ張ってきて何を引っ張ってくるかの判断は別にしてこんな主体性のなさはどうなのだろうかと思うこともあります.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/8b) セキュリティーホール 「中」から「高」に

PC WEB 「Mozilla製品のセキュリティ・ホール見つかる - 重要度「中」から「高」に」2006/2/8 によると

「Mozilla Foundationは7日(米国時間)、Mozillaプロジェクト関連のクライアントソフトに発見され対策済のセキュリティホールを、危険度「中」から「高」へ引き上げた。対象となるアプリケーションは、Firefox 1.5とThunderbird 1.5、およびバージョン1.0以前のSeaMonkey。今回の対応は、2月1日のセキュリティ勧告後、Linux版Firefox 1.5でも問題が確認されたことを反映したもの。

発見されたセキュリティホールは、Firefox 1.5が稼働するホスト上で任意のコードを実行される脆弱性を抱える。有効な対処方法は、JavaScriptを無効にするか、Firefox 1.5.0.1へアップデートすること。Thunderbird 1.5とバージョン1.0以前のSeaMonkey、およびSeaMonkey 1.0のメール機能にも同じセキュリティホールの存在が確認されているが、JavaScriptを有効にしないかぎり影響は受けない。Mozillaプロジェクトでは、同製品のJavaScript機能を有効にしないよう呼びかけている。」

ということです.また、Firefox 1.0.x や Mozilla Suite 1.7 以前は安心とのこと.

06/02 ■(2/8) よきライバル Opera

恐らく技術面で Firefox の一番のライバルは Opera で、これまで並んでバージョンアップを重ねています.Firefox 1.5 に先んじて Opera 8.5 そして多分 Firefox 2.0 に先んじて Opera 9.0 が出るのでしょう.Opera Labs - Opera 9 Technology Preview 2 (Feb 07, 2006) では Opera 9 Technology Preview 2 の新しい機能が述べられています.いくつか以下に載せてみました.

  • Opera Widgets
    Widgets という AJAX の小さなアプリケーションが載るようになったみたいです.割と簡単に作れる様でその作り方のチュートリアルも載っています.Firefoxの拡張に当たる部分をこの Widgets で行うのでしょうか.Opera ファンには楽しみが増えたみたいです.
  • BitTorrent
    これはファイル交換を行うプロトコルですが、搭載されるようになった模様.Firefox だと AllPeers という期待の拡張が行おうとしているものですがこちらは未だに COMMING SOON ですね.
  • Customize your search engines
    好きな検索エンジンを検索バーに登録出来る機能.もちろん Firefox は当初から出来ますね.
  • Thumbnail preview
    Firefox だと様々な拡張で実現しているタブのプレビュー機能です.こちらで纏めてそれぞれの拡張の特徴を比較しています.タブのサムネイル表示
[to index]  [to top]

06/02 ■(2/7c) Firefox 1.5.2 と Firefox 1.0.8

silvervineの日記 「mozillaZine.org: 2006年 1月 30日月曜日 mozilla.org スタッフミーティング議事録」2006年02月06日 で1月 30日の mozilla.org スタッフミーティング議事録の翻訳をしてくれています.

もう Firefox 1.5.2 と半年間はサポートするという 1.0 系の 1.0.8 が予定されているのですね.

06/02 ■(2/7b) 拡張のコンテスト

Mozilla Developer News - Extend Firefox Contest ? Finalists Announced(Tue, Feb 7, 2006) で最終ノミネート作品が決まったと報じています.
200以上の拡張がエントリーした中で19個の拡張がノミネートされています.

新作の拡張ばかりかと思ったら、おなじみのもの(Adblock、All-In-One Sidebar、IE Tab、PDF Download、Sage、ScrapBook、Viamatic foXpose、Web Developer)がたくさん入っています.
ちょっと何だと言う気持ちです.筆者なら、Sage、Web Developer、ScrapBook を推したいですね.
Adblock はメモリーリークがあったりして駄目な拡張のはずですが.Adblock Plus を使えとどこかに書いてありました.

06/02 ■(2/7) Mac 版 IE

この1月31日で Mac 版 IE はサポートは勿論配布も停止になりましたが、PC WEB 「1月26日〜2月1日のアクセスランキング - 続くDS、終わるMac IE」2006/2/3 のアクセスランキングでは PC WEB 「Mac版Internet Explorerの終焉 -1月31日付でダウンロード提供を終了」2006/1/30 の記事が2位になっています.それだけ衝撃的なことだったのでしょうか.もう前から解っていたことだし出来はどう考えてもひどいブラウザでしたのに.

Mac 版 IE はバグだらけでしたが CSS の解釈自体は Windows 版よりもずっとW3C の標準仕様に近くなぜバグを直そうとしなかったのか不思議です.技術的に Mac OS でそれ以上出来なかったのか、経済的理由に因るのか Safari が出る前は結構使っている人が Mac ユーザーには多かったような印象を受けますが、あっ他の選択肢がなかったのかな? でもその辺のマイクロソフトのやり方は理解出来ません.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/6c) 各ブラウザの CSS 対応

昨日の記事で IE 7 Beta2 の CSS 対応を纏めたサイトが見つからないと書きましたが、同じ日に出ていました.Lincage Note 「Internet Explorer7 β2を含めた各ブラウザのCSS2.1実装状況」2006年02月04日 です.

IE 6、IE 7 Beta2、Firefox、Opera を表で比較しています.ちょっと困る結果ですね.IE 6、IE 7、Firefox など先進ブラウザの3分割になりそうです.お願いだから IE 7 は先進ブラウザの仲間に入るよう頑張って貰いたいです.

06/02 ■(2/6b) Firefox 1.5.0.1 へのアップデートは重要

CNET Japan 「Firefox 1.5にセキュリティアップデート登場」2006/02/03 によると 1.5 から 1.5.0.1 へのアップデートはセキュリティー上重要らしいです.当サイトの訪問者にも未だ  %の人がアップデートしていません.自働アップデートが巧く作動しない人もあるようでその所為なのでしょうか.だったらファイルを取ってきてインストールすれば済むのですが.

全部で8つの脆弱性のうち 「Mozilla ではこのうち1つを「重大」、4つを「中程度」、そして3つを「軽微」に分類している。Mozillaのセキュリティ警告によると、これらの深刻な欠陥が原因で、脆弱性を抱える Firefox が動作するシステムが乗っ取られる可能性があるという。」と有ります.
また 「セキュリティ監視会社の Secunia では、今回のアップデートを「非常に重大」に分類している。」

1.0.7 は別系統で 1.0.8 が出るのかも知れません.しかし 1.5 の人は急いでアップデートすべきです.

06/02 ■(2/6) こんな詐欺 Firefox 1.5 は $37.95.

FreeDownloadHQ.com と言うところを Google で検索してみると Firefox 1.5 が 37.95 ドルで売られています.まさかこんなのには引っ掛かるとは思えませんがご用心.
Robert Accettura's Fun With Wordage - Firefox for only $37.95? (Sun, Feb 5, 2006)では友達に Firefox を紹介する際は必ず正しいダウンロード先を教えるように注意を喚起しています.英語版の Google や Yahoo で「Firefox」で検索するとこの詐欺サイトが引っ掛かります.
筆者が実際に行ってでたらめの氏名、メールアドレスを入れて見るとこういう画面が出てきました.そのスクリーンショット.

詐欺
[to index]  [to top]

06/02 ■(2/5) IE 7 Beta2 はどう

自分では入れていないので、というのは入れると IE 6 に上書きされてしまいそれでは困るので、しかしスタンド・アローン版もあるらしくそれを入れればよいもののちょっとめんどくさいしそれほど興味があるわけではないということで、IE 7 Beta2 については全て聞きかじりでしかわかりません.

CNET Japan 「IE 7ベータ版に多数のバグ--ユーザーからの報告続出」2006/02/02 などバグが沢山あると言うことはあちこちで報告されていますが未だベータ版でそういったバグを消すために一般公開しているので出るだけバグが出れば本番では多分ちゃんと直してくることでしょう.
見かけとしては、一段と Firefox 的になってきたなで特にこれは凄いというのは無いようです.

Firefox ファンは IE 7 Beta2 が非道いものだったら良いと思うでしょうが、筆者は優れたものであって欲しいと思います.特に日本のように IE のシェアーの大きいところだと、Firefox と余りにも違いすぎると困ります.一番気になるのは、CSS のサポート状況ですがそれが差があると、折角 XHTML1.0 strict で書きたいところが HTML4.1 transitional で書かなくてはならないとか、それが嫌なら IE 用に別ページにするとか、かつての Netscape 4 化してしまったら本当に面倒くさいからです.それに当分は IE 6 が健在なのだし、Firefox、Opera、Safari など先進ブラウザ用、IE 7 用、IE 6 用なんて分けなくてはならないことになったら目も当てられません.
で、CSS サポート状況はどうなのでしょう.と書いたもののまとめて CSS 対応状況を書いたページが見つかりません.部分的に書いているところを拾い読みした感想ではそれほど良くはなっていないと言うところでしょうか.ページが壊れてしまう何て云うところもあるようです.正式版では直してくれるのだろうか.

CSS ではありませんが「Ajax についても、これまで ActiveX コントロールとして XMLHTTP リクエストで扱われていたものを、JavaScript のネイティブオブジェクトとして扱うようにになり、他のブラウザとの Ajax アプリケーションの互換性が向上した。」というのは朗報です.

本当は凄く良いものを出してくれた方が多分 IE 7 の正式版より早く出る Firefox 2 の開発チームの励みになるのではと思うのですが...

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/4) Mozilla インターナショナル

PKB - Links to International Mozilla Sites (Fri, Feb 3) です.このブログの主催者 Paul Kim が以前提案していましたが、Mozilla の Web サイトに各国サイトへのリンクを付けるべきだという提案が漸く実現した模様です.
本人は未だ満足していないようですが、mozilla.org の各ページの一番下に、international Affiliates: として

International Affiliates: Mozilla Europe - Mozilla Japan - Mozilla China

がつくようになりました.まだたった3カ所しかローカルは無いのですね.その3カ所に日本は入っているのですから Firefox のシェアーももっと延びて欲しいです.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/3) Firefox のアップデート

確かに当サイトはいろいろ拡張を案内しているのでメジャーアップデートの時、11月末の Firefox1.5 のとき、1月12日の Thunderbird 1.5 のときはそれまでの拡張が動かなくなるのでダウンロード場所を見に来られる方々が多く、普段の1倍半から2倍のアクセスが一週間ほど続きます.しかしマイナーアップデートの時は、ここを開設以来 1.0.4 とか 1.0.7 とかの時は別にアクセスは増えたりしませんでした.ところが今日は午前中からアクセスが多くちょっと驚いています.明らかに、Firefox 1.5.0.1 の影響だと思いますが何故なのでしょうか.
筆者自信の入れている拡張で対応していなかったのは3つだけでそれも拡張の作者のミスで昨日も書いたように Firefox 1.5 およびそのマイナーバージョン、例えば、1.5.0.1 とか 1.5.0.2 とかに対応するように、

install.rdf に
<em:maxVersion>1.5.*</em:maxVersion>

と書くべきように決まっているのに 1.5 と書いてしまったから起こる事柄です.多分慌てて新バージョンをインストールしようと思っても作者は気づかず新しく作り直してはいないでしょうし、インストールし直しても多分インストール出来ないのではと思います.
従ってマイナーバージョンのアップデートで拡張が対応していなかったら昨日書いたように、別の拡張で直すか、直接それぞれの拡張の install.rdf というファイルを書き換えるしか有りません.
筆者は 1.0.7 から 1.5 へのメジャーバージョンアップで入れている拡張の半分ほどが対応していなかったのですが殆どこの手で動くように出来ました.但しメジャーバージョンアップの時は何が起こるか解りませんので元に戻す手段を知っているか、そのときはそのときという覚悟がなければお勧め出来ません.

尚、同じことを 朝顔日記 「Firefox 1.5.0.1 にアップデートして拡張機能が使えなくなったら」2006-02-02 で詳しく説明してくれています.

それにして理解出来ないのは今日のアクセスの多さで、それだけたくさんの拡張の作者が 1.5 と書いてしまうミスを犯すとは思えないのですが、あるいは何らかの不具合が発生しているのかちょっと不安になります.

Firefox は 1.5 から自働アップデートになって立ち上げた状態でもアップデートを知らせてくれます.同様に、拡張も拡張マネージャーを開いてしばらく眺めているとアップデートがある場合はその拡張の所にボタンが出て知らせてくれるのでボタンを押すとしばらくしてアップデートが始まります.ボタンが消えると終了で、Firefox を再起動するとアップデートが反映されます.偶にはも拡張マネージャーを開くとよいでしょう.

日付は2月3日になっていますが今これを書いているのは2月3日の夜11時50分頃で、その時点でこの日一日でアクセスした人の Firefox のバージョンに因る割合を載せておきます.自働アップデートなのに Firefox 1.5 から Firefox 1.5.0.1 への移行があまりありません.自働アップデートを断る人が多いのでしょうか?
(  )内は前の日、前の日の 1.5.0.1 はリリース候補版.

  • Firefox 1.5.0.1  49.2%(6.2%)
  • Firefox 1.5      46%(87.9%)
  • Firefox 1.0.7    3.8%(4%)
  • それ以前       0.5%(1.0%)
  • Firefox 1.6a(テスト版)  0.6%(1%)
[to index]  [to top]

06/02 ■(2/2b) Firefox 1.5.0.1 公開

既に 1.5 を入れているので Firefox 1.5.0.1 への自働アップデートが先ほど行われました.
幾つか対応してない拡張がありましたがこれは完全に拡張の作者のミスで 7-zip で install.rdf を開いて、

<em:maxVersion>1.5</em:maxVersion> -> <em:maxVersion>1.5.*</em:maxVersion>

としてインストールし直せば問題なく動きます( 7-zip の使い方インストールサイトは (11/18) Firefox 1.5 RC 3 に書きました).Nightly Tester Tools と言う拡張で直しても問題有りません.
ユーザーエージェントは
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8.0.1) Gecko/20060111 Firefox/1.5.0.1

06/02 ■(2/2) セマンティック Web

先日の (1/24) 豚の貯金箱 のところで触れた「セマンティック Web」と言う言葉、semantic というのは「意味論」という意味で最初に見かけたのは文化人類学関係だったか semiology 「記号論」と対立概念として出てきて、内容に触れるのが「意味論」でもっぱら記号構造を論じるのが「記号論」と言う文脈だったと思いますが、その「セマンティック」に「Web」がくっついたら「意味論的 Web」で何のことやら解りませんでした.
セマンティック Web 研究所 と言うサイトを知って「セマンティックWebとは」という項目を読むと何となく解ってきました.
今までは検索にしても内容を問わないいわば「記号論」的世界で、ある語を検索すると文脈を問わずにその語を含んだページが結果として表示するだけだったのが、各ページが文脈をコンピュータに知らせてやると言うことにしておけばその文脈で検索出来ると言ったことだと解りました.その文脈を知らせる手段として RDF のような XML の一形態に文脈に相当する情報を書いておき、各ページからそれを呼べるようにしておけば、その RDF を解釈するツールでページの内容が解ると言った按配なのですね.
RDF がよく使われているのはブログでそこに書かれているのは数日分の見出しや、各ページの内容でそれを RSS リーダーで読めば内容の一覧を知ることが出来るといったやりかたも従って「セマンティック Web」に当たるようです.

[to index]  [to top]

06/02 ■(2/1c) IE 7 Beta2 リリース

対応は WindowsXP SP2 のみのようです.最終的には、Windows Vista、Windows XP Professional x64 Edition、及び Windows Server 2003 で動くらしいです.

06/02 ■(2/1b) SeaMonkey 1.0 の正式版リリース

SeaMonkey 1.0 の正式版リリースされていました.リリース候補と殆ど同じみたいです.ダウンロードやリリースノートは以下から.英語版のみで、Windows (32bit)、Mac OS X、Linux (x86) が揃っています.インストーラーだけでなく圧縮ファイルもあります.

06/02 ■(2/1) 検閲

先日 Google 応援した司法省の要求を拒否している問題、こちらの方は法廷闘争になったようですが、これを採り上げなくては公平とは言えないでしょう. CNET Japan 「グーグルの中国向け新サイト--検閲の実態を探る」2006/01/30 です.どのようなものかは内容を読んでください.3ページに渡っています.嫌々やったと好意的に解釈しますが Google にしては随分杜撰なものを作ったようです.米国政府の検索語の開示要求と中国政府の事前検閲とは性質が違いますがどちらも人権に関わるという点では同じです.当然ながら人権団体などから抗議の声が挙がっています.Google としては各国の法律は遵守、及び膨大な市場を手放す訳にはいかないと言っています.
中国政府の要請を拒否したら締め出しを食うでしょうが、それで損をするのは Google だけでは無く一般の中国人も検閲語、検閲されたサイト以外の情報を Google で見ることは出来なくなってしまうと言う問題があります.例えばYahoo、msn、など大手検索会社が共同で中国政府の要請を拒絶したら一般の中国人は大変な損失を被ることになるでしょう.
しかしながら、1930年代にインターネットが普及していて Google が存在していたとしてナチスドイツ政府がユダヤ人の運命についてすっぱ抜いたサイトのアクセスを制限する法律があって法の順守を Google にせまったらそれでも各国法を順守なんて言って良いのでしょうか.余談ですがユダヤ人の絶滅運動があったと言う事実は連合国は確実に掴んでいるのに戦後の軍の移動に使用するため鉄道網は全く爆撃せず、もし鉄道網を爆撃してずたずたにしていればどれだけ多くのユダヤ人が絶滅収容所に移送されずに済んだかと怒っているユダヤ系の人もいます.
なお検閲はフランスのような民主主義の先進国と言われる国でも行われていて、チャイルド・ポルノ、ナチス、人種差別サイトは検索出来ないようになっていて Google はそれに従っているそうです.

[to index]  [to top]